Hatena::ブログ(Diary)

妖庵 ―あやおり―

2018-07-10

四万六千日 (旧暦 皐月廿七日)

 そ言や。
 ドルマ王女が学園内でやってた烏除け。烏の死骸を吊すってヤツ。

 あたしゃ、雀除けや鳩除けと解釈してましたよ。こいつらの被害に困っている農家は、烏の死骸を喜んで貰ってくれる、と。
 烏に囲まれた環境で下手に烏なんか吊したら「ここの連中は我々の敵だ」と烏たちに認識されて玄関を出るたびに帰宅するたびに襲われまくるんじゃねーか? とね。(;^_^A

 念のため、ぐぐってみましたら、烏除けとしてもアリだそうですね。
 もっとも、実際に使うのは精巧なダミーが多数派だそうですが。そりゃー死骸じゃすぐに腐っちまうからねぇ。わざわざ乾燥させてから使っても、限界あるし。

 実はウチのご近所にも一軒、模型を吊してらっしゃるお宅があります。
 もちろん農家じゃないので、たぶんあれは鳩除けだと思う。