Hatena::ブログ(Diary)

桐原 春子のハーブ・ダイアリー

2018-06-22

ユリの甘い香り

今朝、大きなガラス戸を開けると、百合の香りが押し寄せてきました。

甘く濃厚な香り。

奥の方にもう一輪咲いていました。

f:id:mitioyoneko:20180622102405j:image

f:id:mitioyoneko:20180622102402j:image

一年ぶりに咲いたユリ。

タチアオイに隠れて、気づかなかったのよね。

2018-06-21

今朝の庭・・・ユリ次々と

百合の花がまた咲き加わりました。

アジサイとのコラボに梅雨時期のにぎわいが感じられます。

f:id:mitioyoneko:20180621102117j:image

手前からエキナケア、ラークスパー、あじさいいろいろ、百合

一番奥にはスモークツリーが。

左奥の痛んだツゲの刈り込み部分は、新芽が伸びてきて、養生中。

f:id:mitioyoneko:20180621095831j:image

シェイクスピア・ガーデン、順調で嬉しいです。

f:id:mitioyoneko:20180621095828j:image

上の写真右側のユーフォルビアは昨夜の雨露を連ねて幻想的。

2018-06-20

歌舞伎座百三十年 六月大歌舞伎

本日、歌舞伎座百三十年 六月大歌舞伎(6月2日〜26日)に出かけ、昼の部を鑑賞しました。

f:id:mitioyoneko:20180620214559j:image

昼の部

一、妹背山婦女庭訓・・・時蔵松緑、松也、新悟、坂東亀蔵、彦三郎、芝翫、楽善。

二、文屋・・・菊之助

三、野晒悟助・・・菊五郎菊之助権十郎、米吉、児太郎、家橘、團蔵東蔵左團次

先月は初めての立ち見鑑賞を経験しましたので、本日の予約席での鑑賞は嬉しかったです。

歌舞伎座に到着すると大変な雨で、定位置での写真撮りできませんでした。

2018-06-19

NHK学園国内スクーリング 2

湖山池公園の後、1時間少し離れた場所、岡山県真庭市蒜山にあります、

蒜山ヒルゼン)ハーブガーデン・ハービルへと向かいました。

ww81.tiki.ne.jp/~herbill/

f:id:mitioyoneko:20180618213044j:image

蒜山ハーブガーデン・ハービルに到着し、ガクアジサイが両脇に咲く階段を上がると・・・

f:id:mitioyoneko:20180618213041j:image

壁際の美しいバラの花が迎えてくれました。

f:id:mitioyoneko:20180618213038j:image

ハンギングバスケットも独特な感性。

よく手入れされている様子が一目でわかります。

ガーデンの案内は、筒井千尋さんが担当して下さり、丁寧な説明が始まりました。


f:id:mitioyoneko:20180618213035j:image

期待でワクワク。

f:id:mitioyoneko:20180618213031j:image

庭の中に入ると、白の‘フランシス E レスター’とピンクの‘パレード’の見事な事。

f:id:mitioyoneko:20180618213028j:image

どこを見ても優れもの。時期も最高でした。

f:id:mitioyoneko:20180618213025j:image

蒜山三座の大パノラマにため息。

バスに乗っている時、ガイドさんの説明で見え隠れするこの山々を車窓から探しましたので、こうして見ることが出来て、

感動でした。

f:id:mitioyoneko:20180618213021j:image

f:id:mitioyoneko:20180619173111j:image

f:id:mitioyoneko:20180618213018j:image

古びたレンガ塀を背景に緑いろいろのギボウシコレクション、シダ、アカンサスなどが整然と並ぶ、シェードガーデン。

春と共に目まぐるしく変化する葉の展開も、眺めて楽しいことでしょう。

筒井さんは次々と質問する皆様に、優しい口調で丁寧に答えて下さり、

心まで暖かくなる心地がします。

f:id:mitioyoneko:20180618213014j:image

f:id:mitioyoneko:20180618213751j:image

「ラヴェンダー畑や向こうの野菜畑もごらんください」

ここで解散の筒井さんと記念撮影。

「とても素敵な庭園のご案内ありがとうございました。ところでいったいどなたがデザインされたのでしょうか」

「今イギリスに出かけておりますが、施設長の小谷幸正が考えリニューアル作業もしています」

とのこと。

どこを見ても感動させられる庭園。間違いなくますます魅力的な庭園となることでしょう。


f:id:mitioyoneko:20180618213748j:image

ラヴェンダーの丘に登ると、先程の蒜山三座の雄大な風景が見られます。

パンフレットを開くとラヴェンダーの紫色の畝が連なっていて、この時期に又来たいと思わせる規模です。

きっと、沢山の方々が、いらっしゃることでしょうね。

f:id:mitioyoneko:20180619173424j:image

看板が楽しい!これはラヴェンダー畑の手前の所。

「こちらのエリア

超リニューアルに向け工事中です。

お見苦しい点がございますが、

どうぞご了承くださいませ」

ハーブなどの勢いの良さに、つくづくと眺めてしまいます。


f:id:mitioyoneko:20180618213745j:image

右をみても左を見ても、ビューポイントが続く。

f:id:mitioyoneko:20180619173239j:image

f:id:mitioyoneko:20180618213742j:image

立派なポタジェがありました。

アンテナを張り巡らせ、流行を巧みに取り入れるセンスに、うれしさがこみ上げます。

イチゴ食べられますよ」

と、筒井さん。

f:id:mitioyoneko:20180618213739j:image

f:id:mitioyoneko:20180618213732j:image

右奥に見えるのがラヴェンダーの丘の一部。

あれから9日目、

少しずつ紫色に色づいていることでしょう。


f:id:mitioyoneko:20180618213729j:image

苗類も豊富にそろえられていて、なんという楽しさでしょう。

沢山のお客様がいらして購入する姿が想像できました。


f:id:mitioyoneko:20180618213726j:image

喉が渇きミルクティーを注文。

疲れ回復にイチゴのケーキもいただきました。

どちらも美味。牛乳はこの地の牛のものとのこと。


f:id:mitioyoneko:20180618213723j:image

帰り際にショップへ。その充実ぶりに時間ギリギリがつらい気持ち。

◎また来たいと思わせる、感動の庭園でした。

梅雨の晴れ間のウキウキ花活け

庭のあちこちで咲いている花を摘んでテーブルに飾りました。

どちらから見ても自然の美が感じられます。

花いろいろの香りが混ざり合って、気持ち良い空間です。

f:id:mitioyoneko:20180619102227j:image

ダリアギボウシ、ラヴェンダー、キンギョソウムラサキツユクサ、ラークスパー、アジサイアナベル、ディル、オカトラノウ、チェリーセージ

アガパンサス、メドウセージ、ヘリアンサス、バラ(‘ムンステッドウッド’、‘ロイヤルサンセット’、‘グラハムトーマス’)。

f:id:mitioyoneko:20180619102222j:imagef:id:mitioyoneko:20180619102219j:image


f:id:mitioyoneko:20180619102216j:image


f:id:mitioyoneko:20180619102210j:imagef:id:mitioyoneko:20180619102207j:image


f:id:mitioyoneko:20180619102204j:image

f:id:mitioyoneko:20180619102421j:image

f:id:mitioyoneko:20180619102418j:image

2018-06-18

クーさんの仔猫3匹

今回の仔猫、3匹一緒の授乳の様子、初めて見ました。

庭の飛び石の所でリラックス。

f:id:mitioyoneko:20180618222744j:image

クーさんは人間にはなつかないノラですが、母としての愛情はたっぷりあるようです。

f:id:mitioyoneko:20180618222736j:image

f:id:mitioyoneko:20180618222733j:image

仔猫たちは飼いたくなる位、可愛いです。

ページビュー
1610673