Hatena::ブログ(Diary)

桐原 春子のハーブ・ダイアリー

2017-09-14

朝の庭仕事

薄曇りでガーデニング日和。

蚊よけ対策をしてから庭へ。

f:id:mitioyoneko:20170914111024j:image

小道両脇に伸びすぎたメドウセージオキザリスの剪定や始末、

ついでにバラの‘ムタビリス’や桑やマンサクの新梢の強剪定。

掃き掃除をしてから写真撮り。

f:id:mitioyoneko:20170914111027j:image

光があたりヒガンバナの赤がきれい

庭全体が華やかに。お彼岸の頃の楽しみ。

◎「秋の種まきの時期はヒガンバナが咲く頃です」

そう教えてくださったのは、園芸家の浅山英一先生です。

イギリスで購入したものや100円ショップのものなど、蒔くつもりです。




f:id:mitioyoneko:20170914111049j:image

高い所に酔芙蓉。日時計の庭ではコリウスが立派に。

f:id:mitioyoneko:20170914111054j:image

この酔芙蓉は初めからピンクと白の八重。

こんな感じで、とてもきれい。この花とヒガンバナでいっきに華やかな庭に。

f:id:mitioyoneko:20170914111040j:image

f:id:mitioyoneko:20170914111037j:image

花よりも華やかな様子のコリウス

花を剪定しながら、このまま霜が降りる直前まで楽しみます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mitioyoneko/20170914/p2
ページビュー
1244462