Hatena::ブログ(Diary)

桐原 春子のハーブ・ダイアリー

2017-12-04

読売文化センター京葉の「桐原春子のハーブ教室」・帰宅し小麦を蒔く

毎月第一月曜日は、船橋のららぽーとにあります、読売文化センター京葉の「桐原春子ハーブ教室」です。

本日は、諏訪に注文した沢山の材料を使った、ハーブ&花の、リース作りでした。

f:id:mitioyoneko:20171204212837j:image

まだ途中の方は、お家で完成させて下さいね。

f:id:mitioyoneko:20171204212833j:image

f:id:mitioyoneko:20171204212830j:image

f:id:mitioyoneko:20171204212827j:image

f:id:mitioyoneko:20171204215632j:image

完成したMさんの作品と記念撮影。


◎どなたでも楽しめるハーブ教室です。

来月1月8日は、香る小さな額です。

どうぞお楽しみにお出かけください。

お問い合わせは下記までお願いいたします。

読売文化センター京葉の「桐原春子ハーブ教室」

住所 船橋市浜町2-1-1 ららぽーと 三井ビル5階です。

電話 047-434-1125 です。


本日12月4日守護聖女バルブの日は小麦をお皿に蒔く日です。

f:id:mitioyoneko:20171204215130j:image

船橋の生徒さんのFさんが作られた小麦を全員が初夏にいただいたのですが、

私は玄関のガラス部分の内側の所につるして乾燥させておきました。

f:id:mitioyoneko:20171204215125j:image

ゴシゴシと小麦を茎から外してもみ殻とわけ、

次は全部を水に放ち、浮いたもみ殻を取り去りました。


f:id:mitioyoneko:20171204215120j:image

底に残ったのは、種のみ。

f:id:mitioyoneko:20171204215117j:image

それをティッシュペーパーに水を注いだもののうえに蒔きました。

あいにくキッチンペーパーを切らしていましたので、ティッシュ3枚で代用しました。

f:id:mitioyoneko:20171204215113j:image

窓辺の日当たり良い場所に置きます。

Xmasにはこの小麦が伸びて、緑いっぱいになるのです。

毎日が楽しみ。

セザンヌアトリエクリスマスに見たこの緑いっぱいのお皿の写真は、

拙著『花とハーブフランス紀行』2004年千早書房刊をごらんください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mitioyoneko/20171204/p2
ページビュー
1661855