Hatena::ブログ(Diary)

みっ誌

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

2012-09-28

ストラテラ

| 11:14

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬ストラテラ(一般名=アトモキセチン塩酸塩)の成人期(18歳以上)への適応追加が承認されたようですね。


東京都立小児総合医療センターの市川宏伸顧問は25日、都内で開催されたセミナー(日本イーライリリー主催)で、同社の注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬ストラテラ(一般名=アトモキセチン塩酸塩)の成人期(18歳以上)への適応追加が承認されたことについて、「患者、家族に一筋の光を提供するだけでなく、医療者の治療意欲を高めることになる」と歓迎した。またAD/HDの診断では、うつ病などの精神障害との鑑別が重要と強調した。

 AD/HDとは、不注意や多動性、衝動性を特徴とする発達障害。頻繁に物を置き忘れたり、感情を爆発させやすいことなどが、主な症状とされる。従来、ストラテラの適応は小児期(6歳以上18歳未満)のAD/HD患者に限定され、成人期への投与については、小児期から継続使用している場合にのみ、認められていたが、日本イーライリリーは8月24日、成人期の適応追加の承認を取得した。

 セミナーで市川氏は、成人期の適応追加により、「大人になってからAD/HDと診断された方の治療の選択肢が増えた。AD/HDの適切な認知が向上し、社会の損失を軽減することが期待される」と述べた。また、AD/HDの鑑別診断では、精神障害との見極めが重要だとする一方で、精神障害の背景障害としてのAD/HDや、全く独立して併存するAD/HDを見逃さないよう留意する必要があるとした。【君塚靖】


医療介護CBニュース 9月25日(火)21時29分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120925-00000008-cbn-soci

ヤフーニュースより。



この記事を見てリンク先へ飛ぼうとしてその記事がなくなっている可能性があるので抜粋しました。

ストラテラADHDの中核症状、多動、衝動、不注意に効くらしいです(ADHD子どもへの効果より)。

もし、これが効果を見せたら大きいですよ。

これは僕の想像ですが、効果がでたら・・・

・まったく片付けができないのが改善され、部屋の片づけに取り組める

・じっとしているのが苦手で落ち着かなかったり、身体を動かしている症状が抑えられる

・忘れ物が減る

・計画通り動きやすくなる

・待つことができる

・落ち着いて人の話しを聴ける

といった効果が期待をできる。

じゃあこれがなんで助かるのかというと、これがすごく求められる場合があるんですよね。

会社だったらどうですか?会社で作業をやらないといけないけれど、落ち着きがなくて集中力が続かないとか。

やらなきゃならない!って時に、これを飲んでもし症状がおさえられて物事に取り組めたらいいんじゃないのって思うの。

薬とどう付き合うかは別として、これによって生活することの負担が軽くなればいいかなって思ったりします。

でもねぇ、ADHDの人の直観力(アイディア)とか、想像力、行動力ってのが削がれてしまうようだと困るよね。

それが光るときがあると思うんだけれど、それも抑えられると考える必要がある。

それと、お薬は個人差があるので、過度の期待は持たないようにしないと。

飲む。そして、効果をきちんととらえることが必要。もちろん、副作用もどうなるか気にする必要がある。



ADHDの特徴は・・・

ひとつの作業を仕上げずに他の作業にうつろうとする

定期的に身体を動かさないと落ち着かない

せっかちでイライラしやすい、人にあたる

ときおりカーッとなって乱暴な態度をとる

周りに相談せずに、独断で重要なことを決める

考えずに行動しているように見える

机の物を片付けられない、必要な書類をよくなくす

時間にルーズ、約束が何度も守れない

忘れ物が多い

家事をしているときに別のことに気を取られやすい

極端におしゃべり

次から次へと考えをめぐらせている、思考が多動

怒りっぽい

言いたいことを我慢してイライラすることが多い

欲しいと思ったものを家族へ相談なしに買う

まめに連絡をするなど同性同士の交流が苦手

部屋が片付けられない、身だしなみが雑になる

注意しようという意識が強くなりすぎて行動が遅くなる

(大人のADHD 講談社 監修 田中康雄より)

子どものころは、学校でじっとしてられずにあっちへこっちへと立ち歩いたり、宿題は毎日のように忘れる。

夏休みの宿題はコツコツやることはしないどころから、宿題をなくしてしまうしまつ。

取り掛かったかと思えば、余計な話をしてまったく宿題が進んでいない。

プリントは無くすか、あっても、くしゃくしゃの状態。

学校から親への連絡が本人のところで途絶えることがよくあって、学校行事を知るのが遅れる。

学校へ行く前にも、あわただしく忘れ物がないかの確認を毎回するが毎回何か忘れている。

登校班ではいつも遅れてしまって迷惑をかけている。もしくは、いつも遅くて登校班の班長が呼びにくる。

授業参観で様子を見てみれば、ロッカーや机のなか、周りは散らかっている状態。

先生が話し終わる前に、質問したり答えたりして注意してもなかなかおさまらず。

通知表の先生からのコメントで、落ち着きがない、忘れ物が多いなど毎回書かれている。

すぐに人にちょっかいをかけて、作業の邪魔をしたりする。それも注意するがまったくおさまる様子はなく。

よく怪我をして帰ってきたり、お出かけすると毎回迷子になってしまう。

小さいころだと、突然道路に飛び出したりして、なかなか目をはなすことがなかなかできなかった。

お風呂に入ったり、歯を磨いたり、身だしなみをきちっとしたりすることがなかなかできない。

他の子どもと比べて落ち着きがないと思っていて、大人になれば落ち着くだろうと思ったけれど相変わらず落ち着きはない。

忘れ物もするし、人の話は聞いていないようだし、身の回りのことに関して変化がそれほどない。成長がみられないように思える。


といった感じです。

本人の努力やちょっとした心がけで改善できなくて毎日の生活に困っている方は、一度発達障害の専門のお医者さんへ行ってみてください。

それか本を読んでもいいかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mitsuya758/20120928/1348798465