密偵おまさの市中視廻り日録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-10-17-Fri

[]『人形は口ほどにものをいい』 13:59 『人形は口ほどにものをいい』を含むブックマーク

赤川次郎文楽好きだとは知らなかった・・・。単行本版を買って数ヵ月後に文庫化され、ちょっとガックリ。でも意外にその文庫版は書店で見かけないなぁ。

この原稿を書き始めた時点で、見初めて文楽暦3〜4年といったところらしい。うーん、果たしてどんな感じなのか???

人形は口ほどにものを言い

人形は口ほどにものを言い

文庫版は

赤川次郎の文楽入門―人形は口ほどにものを言い (小学館文庫)

赤川次郎の文楽入門―人形は口ほどにものを言い (小学館文庫)

[]定例公演@国立能楽堂 00:14 定例公演@国立能楽堂を含むブックマーク

職場を出ようと思っていたら、年明けの件でつかまってしまい、出そびれる。まだチケットを発券していなかったので、能楽堂電話で問い合わせると「7時までは、チケット売り場が開いています。それを過ぎてしまわれるようでしたら、受付でお名前をおっしゃってください」とのこと。そうか、開園後30分は夜でもチケット売り場は開いているってことか。

千駄ヶ谷についたら、15分遅刻。時間表をチェックすると、狂言があと10分なので、今から入るのもなぁ・・・と思い、小腹が空いていたこともあり、見所には入らず、初めて食堂に。

とはいえ、しっかりご飯を食べたのでは、眠気に負けそうだったので、和菓子セットなるものを頼んでみた。が、その効果はあまり・・・。

今日お能は「柏崎」。初めて見る曲だけれど、どこかで見たことあるようなあらすじ。うーん、今までに見たどの曲と似ているんだろう??? 

おシテは観世流武田志房さんという方で、地頭が浅見さん、囃子方は笛が六郎兵衛さん。六郎兵衛さんだと、最初のヒシギを安心して聞いていられるなぁ・・・。

後シテの舞事のところは、とてもよかった。

今日は、やたら拍手をする人が見所にいて、おシテの退場の時、ワキの退場の時、地謡囃子方と、4度拍手が起きていた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mittei-omasa/20081017