密偵おまさの市中視廻り日録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-09-08-Tue

今日のコーディネイト 1500908

[]雨だから 08:43 雨だからを含むブックマーク

台風接近中ということで、朝から雨。とはいえ、久々に会う友人と文楽に行くので、ナイロンブルゾンとHUNTERのレインブーツで雨対策して出かける。中は、インディゴで裾にカットワークが施されたカットソーワンピース。ネックラインが横に広いのでコットンブロックプリントストールカバーした。

冷えとりを始めてから、スカートワンピースは秋冬と雨の日が多くなったのは、足元がブーツやレインブーツになるから。とはいえ、真夏ナイロンブルゾン無印ナイロンの折りたためるレインコートは、蒸れて暑いので、パンツをブーツインというパターンがほとんどなのだけれど。

冷房対策に、ギマニットカーディガンも持参したけれど、劇場内はほぼちょうどいい室温だったので、登場するチャンスはなかった。

このワンピースは、3年前に別の友人のお母様の代打で、平泉歌舞伎に行った時に購入したもの。カットソー素材なので、シワがあまり気にならないし、コンパクトになるので購入したもの。ネックラインがやや幅広なので、首に巻物をするか、羽織ものとのコーデがマストという弱点があるので、去年はあまり活用できていなかった。今年は、もうちょっと登場させたいアイテム

[]9月文楽公演@国立劇場小劇場 08:43 9月文楽公演@国立劇場小劇場を含むブックマーク

先日、人間国宝認定された嶋大夫さんは、もともと9月はお休みと発表されていたが、なんと、もう一人の切場語りの咲大夫さんもお休み…。

第一部で、寛治師匠がお元気そうなお姿を見せてくださったので、ホッとした。やっぱり寛治師匠のお三味線、いいなぁ〜。一部は、いわゆる「みどり」狂言で、勘十郎さんと和生さん初役で話題の「伊勢音頭」もあったりするのだけれど、なんかもう一つ乗れなかった。

第二部は、「妹背山婦女庭訓」の半通し(といっていいのか?)。歌舞伎では出ない段から見られて、とても楽しめた。友人も「やっぱり通しで見るといいねぇ」と言っていた。国立劇場設立趣意の根幹であったはずの、「通し上演」をきちんと実行してもらいたい。

團七さん、藤蔵さん、富助さんの「叩く」三味線を堪能できて、満足満足の二部だった。個人的には、呂勢・清治で一段じっくり聞かせてくれたら、もっとよかったんだけど。

このDVDに収録されている公演は、越路さんが出演されてるのか! 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mittei-omasa/20150908