密偵おまさの市中視廻り日録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-06-07-Mon

[]ファーバーカステル パーフェクトペンシル 13:20 ファーバーカステル パーフェクトペンシル - 密偵おまさの市中視廻り日録 を含むブックマーク

先日、地下鉄の中で紛失してがっかりしたばかりですが、もう一度、購入したものが、届きました。

よく考えてみると、たかがえんぴつに3000円?!という気もしないではないのですが、気持ちの問題が大きいですねぇ…。

えんぴつのキャップに、シャープナーが仕込まれている、っていうのはまぁ、いまどきその気になれば日本メーカーだってできると思います。ただ、色だとか質感、全体のデザインとなると、なかなか「これって、いい!」と思えるようなものが作れるかどうか…。

そして、シャープナーの刃が、これまたステキな切れ味なのです。欲をいえば、削りカスがこぼれることなく収納できると、もはや言うこと無しですが。必ずしも、ゴミ箱のあるところで使うとは限らない、というか、そうじゃないシチュエーションの方が圧倒的に多いので。

今回は、失くさないように、ミケブログさんを参考に、キャップにしっかりリボンを結んで、ペンダント仕様で行きたいと思います。

2010-05-27-Thu

[]ここ3ヶ月で手書きに目覚めました 12:53 ここ3ヶ月で手書きに目覚めました - 密偵おまさの市中視廻り日録 を含むブックマーク

最近、手書きが楽しくて、特に万年筆で文字を書くのが好きで、デジタル方面は留守にしておりました…。

その間に買ったものは

ペリカン 万年筆 A レッド ペリカーノJr 正規輸入品

ペリカン 万年筆 A レッド ペリカーノJr 正規輸入品

[rakuten:kdmbz:10059023:detail]

などなど。

Moleskine Large SquaredとLamy SafariRhodia no.11は相変わらず、愛用しております。これが弾みになって、ここまで文房具が増殖してしまいました…。

情報カードは、学生時代卒論を書くのに参考文献やら、年表からの抜書きやらで使っていたことがあるのですが、今回はPoICシステムなるものに挑戦中。

情報カード1枚に1テーマで、思いつき・引用を記入し、そのカードに日付と時間を振っていくことで、時系列に管理する、というシステムです。たまったカードレビューすることで、新しい発送や発見を促す、ということだそうです。詳しいことははじめに - PoICを読んでいただければと思うのですが。

今のところ、カードをためる一方で、新たな発想や発見を発表できるほどには至っておりません…。この辺が今後の自分への課題です。

で、その筆記に最初は無印プラマン(正式な名前はなんだっけ…)の青を使っていたのですが、Lamy Safariを使ってみたところ、これが楽しいんですよね。それこそ万年筆を常用するのなんて、大学卒業以来のことだと思うんですけど。

Lamy Safariは鉄ペンと呼ばれているそうで、要するにペン先がスチールなんですが、万年筆を愛用されている方のBlogなどを読むと、金ペン(ペン先に14Kとか18K、24Kもあるらしい…)は書き味が別モノだということで、いずれは金ペンにもチャレンジすることになるんだろうなぁ…。うーん、ハマりだすと結構どっぷりイキそうなのが怖いです。

今のところ、Pelikan M200が23Kゴールドプレートだそうで、これはたしかに、紙への当りが柔らかくて、このペンがメインの筆記具になっています。

でも、鉄ペンくんたちもそれぞれに味わいがあって、これはこれで好きだ!と思えます。

ただ、たったままとか、劇場の客席などでの筆記は、紙の方が安定しないので、ということで、プレッピーというプラチナ廉価版も持ち歩いています。

ほかに、ジョッターなるものやら、手帳最高峰ともいうべき?!SMYTHSONのPanama Diaryなんていうものにも手を出してしまいました…。すでにかなりどっぷり状態といえるかもしれません(汗)。

ちなみに、PoICに使っているのは、5×3の方眼カードなのですが、それ以外のカードは、日々のTask Listを朝、書き出したり、お芝居を見ながら気づいたことをメモしたり、以前はこの日録に書いていたようなことの短い版を書いてみたり、ということに使っています。

ジョッターは、この5×3カードを入れて持ち歩く道具で、カードの予備を入れるもの+筆記の時の台になる、という感じです。電車の中だとか、立ったままで思いつきをメモする、などといった時に、表紙をめくってページを探すというアクションが省けるので、とても便利です。お芝居を見ながらのメモも、台がしっかりしているので、書きやすいし、書き終えたカードを抜くのも、ペーパーノイズがページをめくるよりも少ない気がします。あとは、ちょっとしたプレゼントに一言添えるというような用途にも使えます。

で、PoIcのカードは、基本、テーブルや机のあるところでしか書かないので、台はなくてOKで、予備のカードと書き終えたカードを入れて置くために、トラベラーズノートパスポートサイズを使っているのですが、メモ系はどこでも書けるというのが身上なので、薄口の用紙で罫線ありと無地を使い分けることにしました。で、最初はお試しに購入してみたジョッターの使い勝手がよかったので、2つめはなんとSMYTHSONのものを…。これで、紙の種類別にジョッターを分けられるから便利!と自分に言訳をしておりますです、はい。

ちなみに、最初に買ったのは、伊東屋オリジナルのもので、こちらもとても使いやすいです。

で、ファーバーカステル パーフェクトペンシルは、何に使うのさ?というと、このメモ書き用です。どうせなら、オサレなのがいいかな?と この鉛筆セットのすばらしいのは、キャップに鉛筆削りが内蔵されているという点。鉛筆自体は、わたしにはちょっと硬いかな?という気もしますが、文字がこすれてしまわない、というところを考えると、この位の硬さがあった方がいいのかも?ということですね。

わたしが購入したのは、キャップの部分がプラスティック製ですが、ここが金属でできているものもあって、鉛筆の軸の色も緑の他に黒や木地のものなどもあるそうです。

金属のやつは、お値段2倍近いので、当分買わないと思いますが…。

そんなこんなで、すっかりアナログ生活に戻ってしまっていた、ここ3ヶ月ほどでした。

きびだんごきびだんご 2010/05/28 09:27 お帰りなさい。引っ越されたのかしらと思ってました(^_^;)
ちょうど昨日、片岡義男「文房具を買いに」の文庫版を手にしたばかりだったので、ちょっとしたシンクロのような気分です。
情報カード、ものすごく懐かしいですねー。

mittei-omasamittei-omasa 2010/05/28 12:29 きびだんご様。ごぶさたしております。
『文房具を買いに』は、2ヶ月くらい前に、単行本を買ってしまったので、この文庫化はちょっとショックなわたしですw。
情報カード、懐かしいですよね。
意外に使い勝手がよいなぁ、と見直しております。

たけしたけし 2010/05/30 01:06 はじめまして、突然で失礼ですが私も花柳章太郎さんに興味をもっております。今は休憩中みたいですが、自分の周りには花柳章太郎さんの事を知ってる人は少ないのでうれしくてコメントさせて頂きました。パソコンにもなれておらず文章もおかしくてすみません。あと、おまささんは以前花柳ごのみと言うサイトの運営もされてましたか?そちらの方にもコメントしちゃいました。失礼致しました。

mittei-omasamittei-omasa 2010/05/31 16:46 たけし様
コメント、ありがとうございます。花柳章太郎は、今となってはご存知の方は少ないですよね。わたしも映像(モノクロ)や写真などでしか知りませんが、舞台衣装の写真集を見て、憧れの人になりました。
ぼちぼちとまた、この日録も更新するつもりですので、よろしくお願いいたします。

たけしたけし 2010/06/03 18:55 ご返事頂きまして光栄です!!
自分は新派の事も花柳章太郎さんの事も全然知らない若輩者ですが、よろしかったらこれからも寄らせて頂きたいと思っております。
まずはお返事ありがとうございました!また文章おかしくてすみません・・

凛花凛花 2010/06/04 00:27 お帰りなさいませ〜(^^)

業務連絡ですが(笑)、「連獅子」の間狂言はomasaさんが仰っていた通り、「宗論」でした。

mittei-omasamittei-omasa 2010/06/04 13:28 凛花様
ただいま〜(笑)。業務連絡、ありがとうございます。今後とも、よろしくお願いいたします。