指先の温度。

この日記の半分は戯言で、もう半分は『ミルクティー』 で出来ています。
なかのひとが忙しいと更新が止まります。

 | 

2004-08-19

[]

http://www.president.co.jp/pre/20030901/002.html

via http://d.hatena.ne.jp/material/20040817#p1

そういうサービス中心の社会になればなるほど、クレームの質は変わる。お客が求める満足の内容が、「冷える冷蔵庫」という製品品質ではなく、自分を正当に扱ってほしい、自分を認めてほしいという欲求に変わるからだ。それが満たされないと、「罵倒」になってしまう。「なんだ、おまえの言っていることは詐欺じゃないか」と、いちばん痛いところ、いちばん相手が傷つく言葉を選んでクレーマーは言いつのる。

(略)

成長企業にとってのいちばんのクレーム対応策は、不必要なクレームを受けない仕組みをつくることだ。例えば、アマゾン・ドットコムのクレーム処理の窓口の電話番号を調べることは、かなり難しい。クレーム対応窓口の電話番号を掲示していないからだ。ソフトウエア会社も同様で、マイクロソフトに電話でクレームを告げることは、一般の人にはほぼ不可能。ソニーでさえも、ソフトウエアには「お客さまサービスセンター」の電話番号を書いてはいない。

 なぜ、それが重要なのかは、スーパーを例にとるとわかりやすい。高度成長期はスーパーのレジに長蛇の列が出来た。そのときの最大の顧客サービスは、できるだけ早く会計を行い、お客の財布からお金を効率的にとってあげることだった。そのお客の列にクレーマーがいたら、後ろに並んでいるお客全員が迷惑する。だから成長期にある会社は、不必要なクレームを聞いてはいけないのだ。

 極端に言えば、クレームを聞かない、顧客満足度が低い企業ほど収益率は高くなる。お客が列をなす成長企業ほど、クレームは「宝の山」ではなくて、実を言うとお金を損しているということになる。

http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20040819#1092891901は、これとまったく逆の方向性のように感じますが、それがはてなのよさなのでしょう。

声なき声は掬い上げようがないですから、声が大きな人の意見が大きく反映されてしまうのは無理からぬことです。しかしながら、それは多くの一般ユーザにとって本当によいことかは分かりかねます。

アンケートなどを活用して、「声なき声」を掬い上げていけるような運営を期待します。>id:hatenadiary

ところで、

以前より登録可能であった、

に加え、

を認め、さらに

  • 多くのユーザーにとって有益であるキーワード

を登録可能とする。

は、

(原則)キーワードにできるのは名詞だけです。:「名詞縛り」の貫徹

(例外)名詞以外は「有用性」が認められるものだけがキーワードにできます。:「有用性」のある語はキーワードにしたい

  • 多くのユーザーにとって有益であるキーワード

と書き直したほうが良いと思いました。

なぜならば、「名詞である新語・流行語およびジャーゴン」は当然にキーワード化が認められるべきですから、新しく加えようとしている領域は「用言である新語・流行語およびジャーゴン」のはずで、当初の書き方だとそれがわかりにくいと思うからです。また、「多くのユーザーにとって有益であるキーワード」の内容を未定義でユーザサイドに投げるのは運営サイドの怠慢と言ってよいと思います。問題のキーワードを無理やりにこの部分にねじ込むことにより多くのトラブルが発生しうると容易に予測されるからです。これを防ぐためには、どういうものが許されるのかの例示をきちんとしておくことが肝要でしょう。

それを踏まえて。

(原則)キーワードにできるのは名詞だけです。


(例外)名詞以外は「有用性」が認められるものだけがキーワードにできます。

  • 多くのユーザーにとって有益である自立語
    • 例えば、
      • 新語・流行語
      • ジャーゴン
      • 解説が百科事典的に詳しいもの

今回の議論の目的は「例えば」以下に何を入れるか、ということを考えることでしょう。

品詞総当りならば、

  • (原則)キーワードにできるのは名詞だけです。
  • (例外)名詞以外は「有用性」が認められるものだけがキーワードにできます。
    • 語レベル
      • 動詞→新奇性基準により判別
      • 形容詞→新奇性基準により判別
      • 形容動詞→新奇性基準により判別
      • 副詞→新奇性基準により判別
      • 連体詞→新奇性基準により判別
      • 感動詞→新奇性基準により判別
      • 接続詞→原則不可
      • 助詞→原則不可
      • 助動詞→原則不可
    • 句レベル
      • 語に准じて判断する。

[]

http://d.hatena.ne.jp/cc2/20040820#1092936168

感想書いてね♪ と言われて必ず言う。

 「気が向いたら書くし、気が向かなかったら書かない」

 それは傲慢なのか。感情の表現を義務づけられるなんて、正気の沙汰じゃない。傷つくのがいやなくせに、褒められる以外はいやなくせに、奴等は平気で言うんだ。「思ったことを素直に書いて下さいね」なんて。

世には、

  • 意見の否定

  • 人格の否定

を分けて考えられない人が居て、そうした人に何気なく「意見の否定」をかますと、向こうは「人格の否定」と受け取るので猛反撃されたりします。

アイディアの場合はその二つを分けて考えることは比較的容易でしょう。しかしながら、全人格をかけて構成するアートの場合はその二つを分けて考えることは難しいことになります。

それを考えると、改善余地を指摘する行為、というのはすさまじくリスクの高い行為と言えます。

アイディアの場合はともかく、アートの場合はそれを行うことにより創作意欲そのものを殺してしまいかねないからです。角を矯めて牛を殺しては意味がありません。場合によっては、全面的な肯定こそが最大の支援となりうるでしょう。

逆にアイディアの場合は、指摘しないことにより「裸の王様」状態になることが容易に予測されます。「引用しても構わないが、肯定的な引用だけにしてくれ」、という宣言をするのはその意味では非常に危険な行為だと思います。だから、指摘はせねばならないのですが、そのために「打ち首」になるリスクを背負うのも面倒です。王様が裸でも困るのは王様だけですから。

いずれにせよ、自分への批判を冷静に受け止められる人だけが、成長していけるのでしょう。

genesisgenesis 2004/08/19 19:21 こんにちは。私も原案の「多くのユーザーにとって有益であるキーワード」では曖昧すぎて、もとの木阿弥ではないかと思っておりました。mitty案のようにした方が、練熟していていいですね。▼ ただ、「解説が百科事典的に詳しいもの」というのには不安があります。あとからいくらでも加工できる説明文の質を判断基準にすると、【暑い】の教訓を活かせないのではないでしょうか。▼ 「有用性」は、解説文が真っ白であっても判断できるものであることが望ましいかと思います。

mittymitty 2004/08/20 02:10 こんにちは。今回のルール改正は、「名詞縛り」をどこまで緩めるかという話がメインになると認識しております。そのことを分かりやすくするためには、あのように書いたほうが良いと思ったのです。▼確かに、キーワード本文はいくらでも改定可能ですから、そこに判断基準を置くのは議論を呼ぶところだと思います。しかしながら、「暑い」の本文が削除・サルベージの繰り返しの中で充実していったのもまた事実です。あの一文は、こうした「望ましい緊張関係」を上手く取り入れられないものか、というあがきのようなものだと思ってください。▼基準、ということを考えると、まぎれがないことが最重要ですから、genesisさんのおっしゃるとおり本質的な部分に判断基準を置くのが、現実的な判断でしょう。ただ、本文をのぞいた属性を考えると結局「捕捉機能」しか残らないので、「この文字列を以て捕捉されたいか否か」を考えるしかなくなる気もします。

mutronixmutronix 2004/08/20 15:24 [意見と人格]もうちょっと捻った話だと、「私はあなたと冷静に意見を交換するつもりだ…あなたが私に対してフェアな態度である限りはね」のように、一見、意見と人格の二つを分けているようで実はあんまり分けていないような人と、話をするのは、やっかいかもしれません。

勿論人間ですから堪忍袋というものがあるでしょうし、フェアな態度で接することは人付き合いというレイヤでは重要なことかも知れませんが、それを最初に宣言されてもなぁ、と思います。

何らかの報復の可能性をちらつかせて、一方的にフェアな関係を強要するというのが、アンフェアなのだとは、考えないのでしょうね、そういう人は。

ところで僕は中学校は田舎の方の出身ですが、クラスに一人、「オレを怒らせると怖いぜ、でもお前が裏切らないならオレは優しいぜ」みたいなことを言うヤンキーがいました。偏屈ながら当時から小心者だった僕は「そういうの脅迫っていうんだよ馬鹿」という言葉を言えずに唯々諾々と彼の腰巾着でありつづけたことは、言うまでもありません。

hmorihmori 2004/08/21 06:08 もう、最近はキーワードに関して何が良いのかわからなくなっています。
多くの人に有用という時点で、あまり専門的な事を書くわけにもいかず、また、「矩形波」が多くの人有用かていうと有用じゃないし、「基板」なんてのを書いたら、誰でも知っている単語になってしまうかもしれない。「暑い」を消す理由ってなんなんだろうね。逆に多くの人が有意義かどうか判断させたらどうでしょう。私は有意義だというように具体的に書けるキーワードは5%も無いと思う。逆に言うと95%は削除されてもさしつかえのないキーワードという事になる。また、有意義には2つあると思う。1つはキーワードの解説やキーワードそのものが情報的価値を持っている事。もう1つはキーワード補足が役に立つキーワードであること。このどちらを評価基準とするかによってわけられる。自分が守るべきキーワードは、編集を一度はかけて、メールを受け取れるようにすべきかな。と思うぐらいかな。
私は同じ事を何度も色々な場所で書いたけれど、ああやってアンケートで歴史を知らない人に問い合わせて、それを解釈して運営方針にするという方針だと考えて、それならば、私は考えても無駄なので相手しないことにします。

mittymitty 2004/08/23 00:40 http://g98765421.exblog.jp/907444/とかhttp://www.silenth.sytes.net/reading.php?id=42とかを見るに、そういう人は、もとより人を「信頼」できないのではないかと思いました。▼「信頼」できないからこそ、自分にとって害をなさないことを外的に保証する機構に頼らざるを得ないので、それがそうした言動に結びついている気がします。

mittymitty 2004/08/23 00:47 [ああやってアンケートで歴史を知らない人に問い合わせて、それを解釈して運営方針にするという方針]これはまさにその通りだと思います。とはいえ、わたしやhmoriさんのように一部のキーワードに詳しく、かつ、声の大きな人たちの意見に大きく引きずられてしまうのも不健全だと思うので、これはこれでよいとも思うのです。

『貴方は辞書の価値をわかっていない。辞書の個々の語すべてが大多数に有意義な語であることは必要ではない。語彙のカバー率の高さが辞書の価値を高めるのであって個々の語についてそれが大多数にとって有意義でなくとも大多数に害悪でない限り有意義だといえるのだ。世の辞書のすべての語が1割以上の利用者に有意義というのか。否、語彙のカバー率を高めているという面で十分に有意義なのだ。』と言ってる人が居ましたが、マイナーなキーワードにはこうした点で「有用性」を付与できるかもしれませんね。

hmorihmori 2004/08/23 06:38 上の、「貴方は辞書の価値をわかっていない」という部分、感動しました。ただ私はカバー率よりも、説明の美しさを主に評価しています。実際、はてなでは嫌われる this や is といった解説が美しい辞書を見ると涙が出るぐらいうれしい。逆に大辞林みたいに、「ある事例、状況において」なんてやられた日には、このボケ(あ、言葉が悪いか)っと言いたくなります。

 | 
2003 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 |
言及ISBN/ASIN
  • カラフル
  • 行為の経営学―経営学における意図せざる結果の探究
  • マンガでわかる統計学
  • 数字に弱いあなたの驚くほど危険な生活―病院や裁判で統計にだまされないために
  • ベイズ統計学入門
  • そして、楽園はあまりに永く―されど罪人は竜と踊る〈5〉 (角川スニーカー文庫)
  • 南青山少女ブックセンター〈1〉 (MF文庫J)
  • ROOM NO.1301―おとなりさんはアーティスティック!? (富士見ミステリー文庫)
  • ROOM NO.1301〈2〉同居人は×××ホリック? (富士見ミステリー文庫)
  • ゆびさきミルクティー 1 (ジェッツコミックス)
ACR WEB アクセス解析