Hatena::ブログ(Diary)

miwakitiの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Calendar
<< 2018/09 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2036-07-07-(Mon)

miwakiti's favorites




2018-08-29-(Wed)




f:id:miwakiti:20180828160200j:image:w200

稜線を遠く眺める人生でいるか


f:id:miwakiti:20180828160100j:image:w200

山麓へゆき背中をまあるく抱き抱えたユメと眠れる

2018-03-29-(Thu)

つかのま




f:id:miwakiti:20180329084300j:image:w200


目には見えない魔法使いに、頭から四六時中眠り薬を振りかけられているかのような眠たさで朦朧としながらも、なんとか仕事にでかけた三日間。

佐保川の満開の桜をみていたら、吸い込まれていきそうになった。

こんな眠気に襲われるのは本当に春のせいだけなのでしょうか。眠気のせいだからか、さいきん痛みに鈍くなっている。痛みがなくなったのかなぁ、と思っていたけど、そんなことはないわなぁ。眠いのをとるか、痛いのをとるか、本当に悩むとこです。

花粉のように眠り薬がばら蒔かれていて、うまいバランスで傷みの緩和をしてくれるのなら、ずっと春でいてほしいなぁ。

朝の八時四十分ごろの川沿いは、皆、足早で無口に満開の薄白色の傘のしたを流れてゆく。

わたしはひとり取り残されてゆく。こんなにやわらかくて白いしあわせは本当につかのま。わたしはまた眠ってしまう、眠ってはいけないのに。