Hatena::ブログ(Diary)

読書メモ帳 RSSフィード

主に読書メモ

2016-10-11

再送: Miyata HidenariさんのLinkedInつながりリクエスト 12:05 再送: Miyata HidenariさんのLinkedInつながりリクエストを含むブックマーク 再送: Miyata HidenariさんのLinkedInつながりリクエストのブックマークコメント

<title></title>

 
 
Miyata HidenariさんからLinkedInのつながりリクエストが届いています。 忘れないうちに対応しましょう。
Miyata Hidenari
浄土真宗布教使(フリー)
Miyataさんのつながりリクエストを承認する
"はてダ 読書メモ帳投稿(mixa59)さん

LinkedInでつながってください。よろしくお願いいたします。

- Miyata"
本メールはLinkedInのつながりリクエストをご案内するものです。LinkedInは、あなたのメールアドレスを知り合いの紹介機能に使用します。配信を停止するには、ここをクリックしてください。
本メールはに送信されています。
サポートおよびご質問については、LinkedInのカスタマーサービスまでお問い合わせください。
© 2016 LinkedIn Corporation, 2029 Stierlin Court, Mountain View CA 94043.LinkedInおよびLinkedInのロゴは、LinkedIn登録商標です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20161011

2016-10-03

再送: Miyata HidenariさんのLinkedInつながりリクエスト 16:46 再送: Miyata HidenariさんのLinkedInつながりリクエストを含むブックマーク 再送: Miyata HidenariさんのLinkedInつながりリクエストのブックマークコメント

<title></title>

 
 
Miyata HidenariさんからLinkedInのつながりリクエストが届いています。 忘れないうちに対応しましょう。
Miyata Hidenari
浄土真宗布教使(フリー)
Miyataさんのつながりリクエストを承認する
"はてダ 読書メモ帳投稿(mixa59)さん

LinkedInでつながってください。よろしくお願いいたします。

- Miyata"
本メールはLinkedInのつながりリクエストをご案内するものです。LinkedInは、あなたのメールアドレスを知り合いの紹介機能に使用します。配信を停止するには、ここをクリックしてください。
本メールはに送信されています。
サポートおよびご質問については、LinkedInのカスタマーサービスまでお問い合わせください。
© 2016 LinkedIn Corporation, 2029 Stierlin Court, Mountain View CA 94043.LinkedInおよびLinkedInのロゴは、LinkedIn登録商標です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20161003

2016-09-26

LinkedInつながりリクエスト 19:29 LinkedInつながりリクエストを含むブックマーク LinkedInつながりリクエストのブックマークコメント

<title></title>

 
Miyata HidenariさんからLinkedInのつながりリクエストが届いています。
Miyata Hidenari
浄土真宗布教使(フリー)
日本 山口県
はてダ 読書メモ帳投稿(mixa59)さん
LinkedInでつながってください。よろしくお願いします。
Miyata
Miyataさんのリクエストを承認する
本メールはLinkedInのつながりリクエストをご案内するものです。LinkedInは、あなたのメールアドレスを知り合いの紹介機能に使用します。メール購読を停止するには、ここをクリックしてください。
本メールはに送信されています。
サポートおよびご質問については、LinkedInのカスタマーサービスまでお問い合わせください。
© 2016 LinkedIn Corporation, 2029 Stierlin Court, Mountain View CA 94043.LinkedInおよびLinkedInのロゴは、LinkedIn登録商標です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20160926

2010-06-23 整理hacks!の目次

[]整理hacks! 04:33 整理hacks!を含むブックマーク 整理hacks!のブックマークコメント

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣

<目次>

1 書籍ハック!―データ集約とアクセス分散

01 プリントアウトは容赦なく捨てる

02 打ち合わせ資料はメールで共有、保管する

03 ファイル名は「プロジェクト名+書類名+作成日」にする

04 ドキュメントスキャナーでデジタルデータに変換する

05 書類をスキャンしてデジタル書棚を作る

06 SugerSyncで「どこでもオフィス」を実現する

07 紙の書類まで持ち運ぶ究極の「どこでもオフィス」を作る

08 リファレンスファイルを充実させ、いつでも最高のパフォーマンスを発揮する

09 ファイルはとりあえずMagic Briefcaseに放り込む

10 外出先、コンビニで必要書類をプリントアウトする

11 パソコンの電源は落とさず、常にスタンバイしておく

12 Google Documents、Picasaを使って他人とファイルを共有する

13 Eye-Fiを使って写真データのアップロードを自動化する

14 重要なWeb画面はキャプチャーをとる

15 SDカードを使い分けて効率的にデータの受け渡しをする

16 紙の書類はクリアフォルダーで時系列管理する

17 100円ノート1冊に情報集約する

18 データ集約とアクセス分散

2 環境ハック!―環境の統一と洗練

19 小物を透明ポーチに入れて整理する

20 出張セットを用意して急な出張に備える

21 充電はすべてUSBケーブル経由で行う

22 ワンツール・マルチユースを実現する

23 ノートPCのACアダプターを三つ用意する

24 仕度とオフィスで同じキーボードを使う

25 Firefoxで環境を瞬時にコピーする

26 Xmarksで環境を瞬時にコピーする

27 机の右側をクリエイティブスペースにする

28 ティッシュとペン立てを固定して秩序を保つ

29 仕切りをつけて袖机の空間を無駄なく使う

30 IMEバーは上端中央に置く

31 デュアルディスプレイで作業環境を広げる

32 机の上とデスクトップはきれいにして帰る

33 環境の統一と洗練

3 情報ハック!―時間軸と空間軸

34 本を捨てて情報吸収力を上げる

35 書評ブログを書いてデータベースを作る

36 オリジナル注釈をつけて本を情報データベースに変える

37 雑誌の記事データベースを作成する

38 新聞は数字とキーワードだけメモする

39 Technorati、 はてブで上司の知らない最新情報を得る

40 RSSリーダーで情報収集を仕組み化する

41 図版の縮小コピーで自分辞書を作る

42 目次をノートに貼って書籍データベースを作る

43 デジタルメモはケータイメールやEvernoteにクリップする

44 Twitterでライフログをとる

45 位置情報を付加して情報収集・整理する

46 タグを活用して情報整理をする

47 テレビ番組は1.5倍速で見る

48 議事録ドリブン会議でプロジェクト情報を冗長化する

49 メーリングリストでプロジェクト情報を冗長化する

50 報告書はピラミッド原則で書く

51 時間軸管理と空間軸管理

4 生活ハック!―ルーチンとサプライズ

52 通販を活用して生活をシンプルにする

53 悩まず同じものを購入する

54 1回分を買いだめして心配の種をなくす

55 コンビニ受け取りで気兼ねなく買い物をする

56 書籍を会社で受け取って評判を上げる

57 二次会に参加しなくてすむテクニック

58 服を時系列に整理して朝の迷いをなくす

59 食事のパターンをつくって栄養管理をする

60 掃除でリフレッシュし、集中力を高める

61 自宅と会社以外の第三の場所を作る

62 ルーチンとサプライズ

5 思考ハック!―情報分割と統合

63 「わからない」まま頭にインプットし、無意識のうちに整理する

64 寝る前にインプットして寝ている間に仕事する

65 アウトプットするときは一つのことに集中する

66 創造性を高めるためのToDoリストの作り方

67 ToDoリストとメールを統合して管理する

68 歩いて考えをまとめる

69 アロマなどの癒しグッズで思考モードをかえる

70 ペンを替えて思考のギアチェンジをする

71 図解して思考を整理するコツ

72 スペースを使い発想を強制的に広げる

73 マインドマップを使って情報のネットワークを作る

74 類語で発想を広げる

75 名前をつけ、レイヤーを上げて整理する

76 情報の分割と統合

6 人脈ハック!―リンクとショートカット

77 1年たったら名刺を捨てる

78 名刺にはすぐ、もらった日付を入れる

79 名刺はすぐにスキャンして閲覧出来るようにする

80 名刺読み取りソフトで名刺検索システムをつくる

81 会った人へパーソナル広報誌を送る

82 ふとしたタイミングに手書きの手紙を送る

83 著名人と知り合うためにセミナーを開く

84 Spyseeで他人の人脈を把握する

85 個人のオリジナル名刺を作る

86 やりたいことを宣言してやりたくないことを回避する

87 イベントにテーマを持たせてニュースを作る

88 人を紹介する仲介者になる

89 リンクとショートカット

89+1 POKENでデジタル名刺交換する

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20100623

2010-03-31 ないた赤おにー本当の友達とは何をする人かを教えてくれるお勧めの絵

[]ないた赤おにー本当の友達とは何をする人かを教えてくれるお勧めの絵本 07:34 ないた赤おにー本当の友達とは何をする人かを教えてくれるお勧めの絵本を含むブックマーク ないた赤おにー本当の友達とは何をする人かを教えてくれるお勧めの絵本のブックマークコメント

ないた赤おに (ひろすけ童話絵本)

ないた赤おに (ひろすけ童話絵本)

有名な話ですが、再読して特にこの部分が泣けました。

「なにか一つの目ぼしいことをやり遂げるには、きっとどこかで痛い思いか、損をしなくちゃならないさ。誰かが犠牲にー身代わりになるのでなくちゃできないさ。」なんとなくもの悲しげな目つきを見せ青鬼は、でも、あっさりと言いました。

友だちのために、あっさりと自分を犠牲にした青鬼の心に比べて自分は、真逆であったことを教えられ胸が痛くなりました。青鬼のようにならねばならないと思いました。

本当の友達とは何をする人かを教えてくれるお勧めの絵本

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20100331

2010-03-30 しずかな旅人ー心にしみる話

[][]しずかな旅人ー心にしみる話 07:41 しずかな旅人ー心にしみる話を含むブックマーク しずかな旅人ー心にしみる話のブックマークコメント

しずかな旅人 (ほっとたいむプラス)

しずかな旅人 (ほっとたいむプラス)

3つの話に、最後訪れた旅人が何かをいうという本でした。

「白い花」「黄金の木」「あのころ」の3つでした。

その中の「黄金の木」の話が、印象に残りました。

黄金の樹液がでる木を、その木と友達の男の子とが守る話です。木と男の子が友達だと分かった人たちは、木に近寄るのを辞めました。それを不思議に思った猿が旅人に尋ねます。

「あの男の子が木と友だちだからさ、ほかには、なにもない」と旅人は答えました。

友だちを思う心は、金に勝るということが知らされました。

あのころ、くるくるおどっていた。

人にみせるためじゃない。

ただくるくるおどるのが おもしろかった。

小さな子どもは水のように透明でやわらかい」だからすべてを受け入れることができる。すべてになることができる

心が硬くなると言うのは、それそのものが楽しめたり見たり出来なくなることだと思いました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20100330

2010-03-03 街場の教育論から、就活のヒントを学ぶ(なぜ五秒で内定がきまるのか

[][]書評・街場の教育論-就活のヒント(なぜ5秒で内定がきまるのか) 10:26 書評・街場の教育論-就活のヒント(なぜ5秒で内定がきまるのか)を含むブックマーク 書評・街場の教育論-就活のヒント(なぜ5秒で内定がきまるのか)のブックマークコメント

街場の教育論

街場の教育論

読書メモですが、タイトルに関係有るところを先に挙げます。

P209

でも「会って五秒」でどうして決められるんでしょう。そもそも、何を見て決めているんでしょう。これが就活をしている学生たちには理解不能なんですね。

でも、それはわかるんです。この人といっしょに仕事をしたときに、楽しく仕事ができるかどうか、それを判定基準にしているから。

これは非常によくわかります。受験とはちがう基準で決まるんですね。

以下は、それ以外でなるほど1と思ったメモ。(コメントは随時追記、現時点ではメモのみ)

個人的に非常に学びのある本でした。教育関係、子育て関係に関心のあるかたは、読むべき1冊です。お勧め。

p89

強要教育というのは、要するにコミュニケーションの訓練だと言うことです。

それもなんだかよくわからないものとのコミュニケーションの訓練です。共通の擁護や度量衡をもたないものとのコミュニケーションの訓練。

そうですよね。礼や楽は「存在しないもの」とどうかかわるかの技法です。

専門教育というのは、「内輪のパーティ」のことです。

p102

業界が「そういう人」ばかりになると、「パーティ」がますます閉鎖的になり、「内輪の符丁」がますます暗号化してきて、ついにはそこで何をしているのだか外からわからなくなってしまう。そうなると、やぱりもう誰も来なくなります。

いろいろな学問領域が不人気になりましたけれど、遠慮無く言えば、その理由の過半は「身内のパーティ」にかまけて中高生たちの欲望を喚起するという仕事を怠ったせいだと私は思います。

p105

日本の教育プログラムにいちばん欠けているのは、この「他者とコラボレーション」する能力の涵養だと思います。今の日本の教育の問題というのはもしかすると、ぜんぶがこの一つの点に集約されているのかもしれません。

p129

無知ゆえに不的確である教授はいたためしがありません。人は知っている者の立場に立たされている間はつねに十分に知っているのです。「ジャック・ラカン」「教える者への問い」『自我(下)』p56

問題は「知っている者の立場に立つ」ということです。

p143

学びの場というのは本質的に三項関係なのです。師と、弟子と、そして、その場にいない師の師。その三者がいないと学びは成立しません。

「述べて作らず、信じて古を好む」というのは『論語』の「述而篇」にある言葉です。

「述べて作らず」とは、「私が教えていることは、私のオリジナルではありません。私は先賢のの教えを祖述しているにすぎません」という意味です。

p158

それとは違う境位に、「外部」が存在する、そこに永遠の叡智がある。自分のいる世界とは違うところに叡智の境位がある。それを実感しさえすれば、「学び」は起動する。あとは、自分で学ぶ。

何度も言っていることですけれども、人間は自分がしたいことしか学びません。自分が学べることしか学びません。自分が学びたいと思ったときにしか学びません。

(略)教師自身が、「外部の知」に対する烈しい欲望に現に灼かれていることが必要である。

p175

日本の教育を「こんなふうにした責任」についは、自分の割り前だけ汗をかく。それに尽きると思います。

(略)問題はすでに起きてしまった。その船に乗り合わせた以上は、この事態について自分は直接の責任がないと思っても、この聞きを脱出するためには他の全員と協力しなければならない。

P180

危機的というのはこの場合のように、中枢的・一元的にコントロールし最適解を選択することができないような状況のことです。


P266

葬礼というのは、一言に尽くせば、「他者からのかすかなシグナルを聞き落とさないための気配り」のことです。それを病人ではなく、死者に対しても行う。

(略)それまでの死者とのかかわりの記憶を細部にわたって甦らせれば、死者が「私」にどうふるまってほしいのか、どういう決断を下してほしいのか、どう生きて欲しいのか、それを推察することは可能です。

P266

弟子に欠けているのは「自分に何が欠けているのかを言い表す言語そのも」だからです。私は自分が未熟であることはわかった。えれども、どういうふうに未熟であって、どうすれば未熟でなくなるのか、その道筋がわからない。それが本態的に「未熟である」ということです。

でも、メンターの前では、自分が未熟であると認める子が少しも不安ではない。メンターとはあmさに「その人の前では自分が未熟であると認めることが少しも不安ではない」人のことだからです。その人の前にいるとき、自分が未熟であると言うことは少しも恥ずかしいことではない人、その人の背中を見ながらあとをついて行くとき、自分が一歩一歩成熟への歴程を歩んでいることが実感される人。それがメンターです。(略)自分がどういうふうに未熟であるのか、自分は何を知らないのか、何がdけいないの過、何を言語化できないのか、それを主題的に考究してゆくことそれ自体が胸の高鳴るような経験であるように、メンターと弟子の師弟関係は構造化されてゆきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20100303

2010-01-07 フリー<無料>からお金を生み出す新戦略ー無料とそうでないものの見

[]フリー<無料>からお金を生み出す新戦略ー無料とそうでないものの見分けが大事 10:20 フリー<無料>からお金を生み出す新戦略ー無料とそうでないものの見分けが大事を含むブックマーク フリー<無料>からお金を生み出す新戦略ー無料とそうでないものの見分けが大事のブックマークコメント

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

競争市場では、価格は限界費用まで落ちる。インターネットは史上もっとも競争の激しい市場であり、それを動かしているテクノロジー(情報処理能力、記憶容量、通信帯域幅)の限界費用は年々ゼロに近づいている。フリーは選択肢のひとつではなく必然であり、ビットは無料になることを望んでいる(P322)

Gmailを使い、twitterにポストし、ブログもほとんど無料、はてなフォトライフも無料という世界で普通に生活をしていると、無料の中で生活していいます。

そのなかでどうやってお金を生み出すかと言うことについての本でした。

大きく分けると、はてしなく潤沢なもの(情報・ビット)は無料で、そうでないものはお金がかかるということを頭の中でハッキリ分けられる世代とそうでない世代との、認識争いのような時代です。

実際にビジネスを動かしている人たちが、そういう感覚がないために、それにいち早く乗っかることができた会社が利益を上げられると言うことですね。とても勉強になりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20100107

2009-11-14 This is it-映画館でみる映画

[]This is it-映画館でみる映画 06:27 This is it-映画館でみる映画を含むブックマーク This is it-映画館でみる映画のブックマークコメント

screenshot

急死したマイケルジャクソンの、開催されるはずだったロンドン公演のリハーサル映像を編集して公開したもの。

評判を聞きつけて映画館に見に行ったけれどもこれは凄い

キングオブポップとはこのことかと思った。

決して、人を怒鳴ったりしない、こうした方がいいとか、私がよく慣れていないだけなんだという低姿勢。

全てのものに気を配り、観客が非日常を徹底的に感じられるようにということ一つを心がけているマイケルのエンターテイナーの姿に感動しました。

ダンスも、歌も、世界で一流のバックダンサー、ボーカルをオーディションで選んでいるにもかかわらず、50才のMJにはかなわないというのが凄かった。

地元の映画館では11月27日まで公開延長が決定。これは是非映画館でみる映画です。

D

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20091114

2009-09-17

[]その後のツレがうつになりましてー読みやすくとりあえず読むべき本 07:40 その後のツレがうつになりましてー読みやすくとりあえず読むべき本を含むブックマーク その後のツレがうつになりましてー読みやすくとりあえず読むべき本のブックマークコメント

その後のツレがうつになりまして。

その後のツレがうつになりまして。

鬱の人に周りの人がどう対処するのがよいのか、鬱の人がどういう思考形態を取っているのかがわかりやすい。

自分も回りも、いつ鬱になるか分からないから、読んだ方がいい1冊

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mixa59/20090917