Hatena::ブログ(Diary)

映画は中劇 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-01-31

[] 時天空の間垣親方が亡くなった

時天空は飛び抜けた足技の達人でした。

ふつう足技は、他の技との連動として、あるいは相手の意表をかく技として使うものです。佐田の海は差して速攻の流れに乗って外掛けにいくのだし、舞の海の切り返しは左下手投げの反動を利用する技です。海鵬の内掛けは下手投げとのオプションでした。

時天空の足技はぜんぜん違う!時天空は、動きが止まった四つ身から、足技を警戒する相手が腰を引いて逃げるのもかまわず、容赦なく蹴返し、内掛け、ちょん掛け、二枚蹴りで刈り倒してしまうのです。ちょんちょんと蹴返しを飛ばして間合いをはかっている様子は、まるでナギナタ使いのようでした。

元時天空の間垣親方が亡くなりました。でも、彼の相撲が忘れられることはないでしょう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miyakawa_taku/20170131/1485877692