Hatena::ブログ(Diary)

院長の「なんていうか」日誌

2016-07-30

上を向いて

f:id:miyake-yuu:20160730214256j:image


先日雲間から陽の光がさす事を

薄明光線、俗にいう『天使のはしご』と

このブログに書いた。


http://d.hatena.ne.jp/miyake-yuu/20160709/1468073156

陽の光


この中で「雲の上に伸びるハシゴを写真に収めてみたいなぁ」

と書いたら早速今日の夕方に上に向かって

天使のはしごが出ていた。

おお!


まめに空を見れば

けっこうあるのかも知れないなぁ。



でも希望を口に出すことは悪くなさそう。


 

 

2016-07-29

夏の決心

f:id:miyake-yuu:20160729231835j:image


もう紛れもなく市内の子ども達は夏休みに突入。


大人になるまで気づかなかったが、

市内の世間もまた「夏休み体制」に入り、

通常ではなく子ども達を見据えながら

特別な日々が続くのである。


夏休み中の子ども達はもちろんたくさん

やって来るのだが、

学校の先生が診療にいらっしゃる比率もまた高い。

逆を返せば日頃から多忙すぎて

歯医者に行くヒマもないのではなかろうか。



頑張って治します。



 

2016-07-28

三宅の短い一日

f:id:miyake-yuu:20160728202945j:image


雨音で早朝に起床。

子どもを学校に送り出して

ゴミも出す。


診療が始まる前にイケメン営業マンが2人

三宅と話しに来てポケモンGOを話題にしていると

衛生士がしびれを切らして

患者様を診療台に通す。


慌てて診療していくと、

思わぬ症例で時間がかかる。

診療で子どもが泣き、

慌ただしくしていると健診の時刻が迫ってビビる。


タクシーに飛び乗って健診会場へ。

すでに子どもが集まっていて

母子手帳が山の様に。


1歳6ヶ月健診だから

ほとんどの子どもが泣く。

泣いてもどうと云う事はない。健康である。

保護者の質問がいつもより多く、

概ね同じ内容の質問であった。


まだまだ子どもの歯みがきについて

知られていない事が多いと思わされる。

しかし気がついたら2時間ずっと喋っていた。


またまたタクシーで帰ると、

お昼を食べる時間もなく

コーヒーがランチに。


自分の診療室に戻ると

どの時間でも子どもが泣いて診療を受けている。

なんだか1日中子どもが泣いている日だ。

そんなんで気がついたら診療も終わり。



短くも充実した1日だったなぁ。



 

雨の日の健診

f:id:miyake-yuu:20160728073511j:image


雨音で目が醒めた。

まさにザーザー降りである。


このところ雨から遠ざかっていたから

植物達に良いだろう。

降り方が夏の雨である。



今日は1歳6ヶ月健診がある。

子どもを連れて健診に行くのは大変だろう。



気をつけていらしてください。