Hatena::ブログ(Diary)

院長の「なんていうか」日誌

2017-01-23

朝から除雪に

f:id:miyake-yuu:20170123222633j:image


冬だからそうなんだけれど、

雪が降った。

一晩でざっと20センチくらいだろうか。


20センチも降ると

駐車場の面積からして除雪がちょっと大変である。

今日は三宅も除雪機を持ち出して

マイ駐車場の除雪にレッツゴー!


どたばたと医院前の駐車場を

患者様のクルマが停まれるくらいにしたが、

スタッフが停める駐車場の除雪を忘れていた。


スタコラサと除雪機とともに

スタッフ駐車場まで走り、

除雪をはじめるがマァ広い。


狭い駐車場だと思っていたが、

除雪をするとなるとこんなに広いのかと

感心というか呆れてしまった。


ようやく終わったのが開始から2時間半後。

ちょっとハードだった。


でも診療も頑張ります。



 

2017-01-22

降りますね

 f:id:miyake-yuu:20170122223505j:image


「冬のリビエラ〜」


こんばんは。

私は三宅チョコ。

バンケンをさせて頂いております。


いやいや肌で感じます。

降りますよこれは。

雪が降りますね。

この間雪山を持っていかれたのですが、

今日の午後にはもうちょっとした山が

出来ていました。

ヨシヨシ。


さっきもごはんをくれる人が

雪かきをしていたので

手伝ってきました。

いやー忙しい。


そうそう。

今日は私の誕生日でした。


ハッピバースデートゥーミー!

2017-01-21

たまごっち3たび

f:id:miyake-yuu:20170121235129j:image


「たまごっち」は1996年に発売された

日本発のゲーム&キャラクターである。


発売当初のブーム時には

あまりに品薄になって

人々の話題をかっさらった。


当時三宅は[雇われ歯医者]だったが、

そこの院長先生がどこからか手に入れて見せてくれたのが

初めて三宅が見た「たまごっち」であった。


『お世話』を要求するこのゲームは、

アメリカでも販売されてなんと

イグノーベル賞まで取ったツワモノである。


しかし日本のブームの衰退とともに

商品が過剰供給になり、

たくさんの在庫を抱えた商品であった。


今販売されているものは3代目。

カラー液晶であり、

ゲーム内のキャラクターが結婚して

子どもが生まれる仕組みである。


娘が持っているので

昔を思い出していじっていると、

たまごっちの機嫌が悪い。

食べ物をあげても一向に機嫌が直らないのである。

娘に対処方法を聞いて三宅は絶句した。


「あー、機嫌が悪かったらアメをガンガンあげて。

 そうしたら機嫌直るから、むし歯になるけど」


なんたることか!

むし歯になったら困るではないか!!

そう目を剥いていたら娘が付け加えた。


「むし歯になったら歯医者に行けばいいんだよ。治してアメあげればイイの!」



ムキー!歯科教育に悪いゲームだっ。