Hatena::ブログ(Diary)

院長の「なんていうか」日誌

2016-09-30

研修会にて

f:id:miyake-yuu:20160930235316j:image


今日は半日休んで研修会に参加した。

スタッフ全員である。


歯科衛生士向けの研修会なので、

平日という事もあって参加者で男は三宅だけ。

ちょっと緊張したね。




 

 

2016-09-29

ヒーターの季節

f:id:miyake-yuu:20160929230032j:image


さていよいよ気温が下がってきた。

それにしても9月が暖かくというか、

暑くていつになくクーラーを使った。

北見らしくない。

温暖化なのか。


明日の最低気温は6度なので、

さすがにオイルヒーターを入れようかと思う。

ヒーターは自宅でも診療室でも

しまい込む事なく常設されている。


家人は「洗濯物が乾くわ」と喜び、

飼い犬が何故か元気に走り回る。



やっぱり冬に向かうんだよなぁ。




  

2016-09-28

『君たちはどう生きるか』

f:id:miyake-yuu:20160927232623j:image


「この手紙、あんたのでしょ」


またもや母親がなにやら三宅の古いものを

ガサゴソと出してきた。

消印は昭和63年。

三宅が大学生のころ、29年前の手紙だ。


東京に住む叔母からの手紙であった。

叔母はよく手紙をくれたものだ。

今も大切に取ってあるが、

三宅が持っている手紙の束以外にもあったようだ。

思わぬところから出てきたなぁ。


29年ぶりに読んでみると、

親戚の事がたくさん書いてあって懐かしい。

あたかも自分がタイムスリップしたかのよう。

小さい頃は叔母の字が流暢すぎて読めなかったが、

今でも読むのに時間がかかる。


しかしよく読んでみると、

叔母は手紙の最後に本を紹介していた。

全く記憶にない。

完全にスルーしたのだ。

けしからん!


紹介されていた本は『君たちはどう生きるか』という

ジュニア文庫であった。

叔母からみたら大学生でもジュニアみたいなものか…。


そんなワケで29年して本屋に走り、

オススメの本をゲットした。

叔母はどういう思いで・・・。



ゆっくり読んでみよう。