Hatena::ブログ(Diary)

みやきち日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-29-Fri

「米軍で軍役についている同性愛者と両性愛者は合計約66000人」UCLA調査で

カリフォルニア大学ロサンゼルス校ロースクールのウィリアムズ・インスティテュートの研究で、米軍で軍役についている同性愛者と両性愛者は約66000人と推定されたというニュース。

以下、この研究をおこなったGary J. Gates博士のことば。

「米軍の公式方針ではレズビアンやゲイ男性やバイセクシュアルは性的指向について沈黙を保つよう要請されているが、米国国勢調査局のデータによると、推計66000人のLGB男女が軍務についている」

“Despite official policy requiring that lesbians, gay men, and bisexuals remain silent about their sexual orientation, data from the US Census Bureau suggest that an estimated 66,000 LGB men and women are serving in the US military.”

UCLA’s Williams Institute Estimates 66,000 LGB People Are Serving in US Military

「統計によると、"Don't ask, don't tell"ポリシーのために5億ドル以上のコストがかかっている。このポリシーを廃止すれば、納税者の納めた税金がかなりの量節約されることになるだろう」

“Ending Don’t Ask/Don’t Tell will save a substantial amount of taxpayer dollars since estimates suggest that the policy has cost more than half a billion dollars.”

UCLA’s Williams Institute Estimates 66,000 LGB People Are Serving in US Military

ちなみになぜ"Don't ask, don't tell(DADT)"のために5億ドル以上ものお金がかかっているのかというと、LGBを解雇した後、いなくなった人材の穴を埋めるために1人当たり22000ドルから43000ドルかかるからということらしいです。それまでにかけた教育コスト等を全部ドブに捨てるわけですから、そりゃ費用もかさむわ、ってことですね。さっさと廃止すればいいのに、こんなもの。

単語・語句など

単語・語句意味
contend(強く)主張する
compatibility適合性、両立[共存、調和]の可能性
active duty戦時[戦地]勤務
reserve force《軍事》上陸予備部隊
US Census Bureau米国国勢調査局