Hatena::ブログ(Diary)

みやきち日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-02-11-Thu

米国の科学教師、生徒に「同性愛は精神の病気」と教え問題に

米国の公立大学フレズノ・シティ・カレッジで健康科学(health science)を教えているBradley Lopez教授が、授業中に同性愛は精神の病気だと教えて問題になっているというニュース。

同教授は昨年、同性愛についての「事実」を教えるとして聖書を使用し、

  • 同性愛は精神の病気
  • 同性愛にはセラピーやホルモン療法などの治療が必要

などと語ったとのこと。さらに、「合衆国ではがんで死ぬ人より中絶で殺される胎児の方が多い」「黙示録こそが我々が恐れるべき本当の地球温暖化」とも教えたとのことです。

Lopez教授の生徒のひとりであるJacqui Mahaffeyさん(24)はこの件に関して「とても失望した」と語り、以下のように述べているそうです。

「健康科学という科目に興味を持ったから履修登録したのに、私が受けたのはLopez教授の個人的信念に基づく悪意に満ちた講義でした」

"I signed up for health science because I was interested in the subject, but what I got was hateful lecturing based on Professor Lopez’s personal beliefs,"

US science professor ‘told students homosexuality is a mental illness’ - from Pink News - all the latest gay news from the gay community - Pink News

「私は学ぶために学校にいるのであって、ひとりの教授の宗教的信念や反同性愛的な信念を吹き込まれるためにいるのではありません」

"I am in school to learn, not to be indoctrinated with one professor’s religious views and anti-gay beliefs.”

US science professor ‘told students homosexuality is a mental illness’ - from Pink News - all the latest gay news from the gay community - Pink News

冒頭にも書きましたが、フレズノ・シティ・カレッジは公立大学です。アメリカ自由人権協会(ACLU)は、公費で運営されている大学でこのような授業をすることは憲法違反であるとし、同大学にこの件にどう対処するかの説明を求める手紙を送ったとのこと。

学校側がAssociated Pressに寄せた声明では、同大学は「申し立てられているところの違反について調査し、適切な行動を起こす」としているものの、「機密上の理由から、人事に関してはコメントすることができない」と説明しているそうです。Lopez教授は、今のところノーコメントを保っているとのこと。

仮にも「科学」(science)という語が冠せられた授業で、ここまで非科学的なことを教えちゃいかんでしょう。そもそも、健康についての授業を担当していながら、DSMも、米国医師会や米国精神医学会などの見解(参考:「同性愛者を異性愛者に『転向』させる治療は無意味」専門家が指摘 - みやきち日記)も無視というところがおかしすぎます。百歩譲って、私立の学校ならまだこういう「授業」を歓迎してくれるキリスト教校もたくさんありそうなのに、わざわざ公立大学で何やってるんでしょうねこの教授ってば。生徒やACLUの抗議が功を奏して、早期に問題解決するといいと思います。

単語・語句など

単語・語句意味
empirical経験によって立証できる、経験主義の、実証可能な、経験法則による
indoctrinate教え込む、吹き込む、強化する
the separation of church and state政教分離
confidentiality機密