Hatena::ブログ(Diary)

みやきち日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-07-31-Tue

「『ファイアーエムブレム 覚醒』ではドラゴンもペガサスもOK、でも同性婚はできない」海外から批判

ファイアーエムブレム 覚醒ファイアーエムブレム 覚醒

任天堂 2012-04-19
売り上げランキング : 81

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2012年に日本で発売され、2013年には米国でも発売予定のSRPG『ファイアーエムブレム 覚醒』が、結婚システムが異性カップル限定だという点で批判を浴びています。

詳細は以下。

あたしはシリーズ第1作しかやったことがない(オグマが好きでした)のでよく知らなかったんですが、この『ファイアーエムブレム 覚醒』って、シリーズ過去作のシステムを復活させたり、新たなシステムを取り入れたりしてるんですってね。で、1995年以来姿を消していた「結婚システム」も再登場してるんですって。ただし、結婚できるのは、異性同士のキャラだけ。

以下、ファイアーエムブレム 覚醒 - Wikipediaから引用します。(強調は引用者によります)

結婚システム

支援会話によって異性の仲間同士の絆(支援効果)がSランクまで高まると、2人が結婚することになる。条件を満たすと2人の子供が仲間として加わることも。なお、結婚イベント専用のイラストや告白ボイスは全員に存在するが、キャラクター同士の組み合わせによっては、絆がSランクまで高められない場合もある。

ファイアーエムブレム 覚醒 - Wikipedia

Queertyではこれについて、NeoGAFの議論を紹介しつつ、インテリジェントシステムは18年間結婚なしのファイアーエムブレムを作った後で「世界が1995年以来何も変わっていないかのように」この結婚システムを復活させたと評しています。その後の論理展開がまた面白いです。ざっくりまとめて箇条書きにすると、こんな感じ。

  • 考えられる意見:「中世が舞台のゲームなのだから、同性婚は時代に合わない」
    • 反論:空飛ぶ馬もペットのドラゴンも、中世にはいなかった。
  • 考えられる意見:「日本は同性婚を認めていない11ヶ国のうちのひとつだ」
    • 反論:『ファイアーエムブレム』は、『七王国の玉座』(米国産の中世ファンタジー小説)がドイツとかけ離れているのと同じぐらい、現代のリアルな日本とはかけ離れた世界だ。
  • 考えられる意見:「LGBTのゲーマーは深読みをしすぎだ」

「こういう会話」と例に挙げられているのは、『ファイアーエムブレム 烈火の剣』のルセアとレイヴァンの支援会話です。Queertyにも一部抜粋が貼られていますが、なるほどこりゃあラブラブだわ……!! 参考までに日本語版の動画を貼っておきます。

ファイアーエムブレム烈火の剣 ルセア×レイヴァン 支援会話 ‐ ニコニコ動画(原宿)

D

同性同士をこれだけイチャイチャさせているシリーズが、結婚システムだけ異性間限定にしなければならない理由がよくわかりません。海外にも販売するゲームなら、なおさら。ファイアーエムブレム大辞典まとめWiki - 海外版によると、このシリーズ、『烈火の剣』以降は北米・欧州・オセアニア地域でも売られてるんでしょ? 同性同士で結婚できる国も州もいっぱいあるじゃん、このあたり。わざわざカナダやスペインやオランダやデンマークやニューヨークの子供たちにまで、「結婚は異性間だけのものである」っていうジャパニーズ偏見を輸出しなくてもいいのに。悪意あっての設定ではないにしても、いかにも日本らしい鈍感さだとあたしは感じました。

ベトナムが同性婚を検討する一方、日本はほとんど進歩なし

f:id:miyakichi:20120730211818j:image

ベトナムの司法省が同性婚の導入を検討している一方で、日本ではほとんど動きがない、とQueertyが報じています。

詳細は以下。

ベトナムの同性婚については、上記記事内で紹介されているThe Associated Press: Unlikely Vietnam considers same-sex marriageが詳しいです。こちらによると、ベトナムはもともとゲイの権利擁護に熱心な国だったわけではなく、ほんの数年前まで同性愛は薬物中毒や売春と同列の「社会悪」だとみなされていたとのこと。しかしながらここ5年ほどで少しずつ状況が変わり、政党批判が許されていない国営メディアでさえ、同性愛関連の話題を扱えるようになってきているのだそうです。今では同国のハー・フン・クオン(Ha Hung Cuong)司法大臣が、同居中の同性カップルの財産所持や相続、養子の迎え入れなどの問題に関して法的なフレームワークが必要だと発言するまでに至ったとのこと。

「人権に関して言えば、今や現実を見てしかるべき時です」。ハー・フン・クオン司法大臣は火曜日、国営のテレビとラジオで報道されたオンライン・チャットで述べた。「同性愛者の数は何百何千というところまで増えています。少なからぬ数字です。彼らは結婚の登録なしで生活しています。彼らにも財産があるでしょう。わたしたちは、もちろん、これらの事柄を法的に扱わなければなりません」

"I think, as far as human rights are concerned, it's time for us to look at the reality," Justice Minister Ha Hung Cuong said Tuesday in an online chat broadcast on national TV and radio. "The number of homosexuals has mounted to hundreds of thousands. It's not a small figure. They live together without registering marriage. They may own property. We, of course, have to handle these issues legally."

The Associated Press: Unlikely Vietnam considers same-sex marriage

ベトナムは2013年の国会でこの問題について討議を行う予定だそうです。異性間の結婚と同等の権利が認められるかどうかはまだわからないものの、もしも同性婚が法制化された場合、ベトナムはアジア初の同性婚可能国となるとのこと。

翻って日本はどうかと言うと。Queertyによると、先月米国政府が、オバマ大統領の同性カップルの平等に関するメッセージを強調すべく、アクティヴィストのマーク・ブロムリー(Mark Bromley)氏を日本に派遣していたのだそうですが……話題になった、これ? 何か議論が進んだ? 全然だよね。

Queertyの記事では、日本で多様な家族のあり方が受け入れられにくい理由として、日本では国民の意見がめったに採用されないこと、寛容さに限度があるため異性カップルでさえ多様性が否定されている(夫婦同姓にしなければならない、非嫡出子は相続で不利になる、離婚するとどちらかの親が親権を完全に失うetc.)ことなどが指摘されています。どれもうなずけるものばかりです。このまま行くと、ベトナムに置き去りにされるかもですね、日本。