Hatena::ブログ(Diary)

ミヤマ株式会社の緑化推進公式ブログ

2017-09-20

今日のミヤマシジミ

ここに3頭のミヤマシジミが写っているのがわかりますか?
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170920131657j:image
↑両端と中央左手前に注目
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170920131707j:image
↑種の詰まったサヤが目立つコマツナギとメス
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170920131702j:image
↑羽化したばかりのメス

2017-09-19

ミヤマシジミのメス。

台風一過の保護区で、1頭のメスが翅を休めていました。よく見ると翅はボロボロ。羽化してすぐに台風に見舞われ、コマツナギの枝でじっと暴風雨を耐えていたのかもしれません。
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170919174053j:image
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170919174047j:image
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170919174044j:image

2017-09-13

今年さいごのミヤマシジミ!

午前中に羽化したばかりのオスを発見しました。ミヤマシジミは条件によりますが年に3回ほど発生し、成虫が見られるのは1週間ほど。本社保護区では今年のラストチャンスとなります。週末にかけてミヤマシジミに出会えるかもしれません。

f:id:miyama-kouhoushitsu:20170913163046j:image
↑運がよければ羽化したばかりのミヤマシジミが見られます
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170913172241j:image
↑本社保護区のコマツナギ。花が減り枝には種を抱いたサヤが鈴なり

2017-08-28

珍客来了。

このチョウをご存知ですか。真っ黒な翅のその名もスミナガシ。森林性のチョウで市街地で目にするのは珍しいようです。樹木が繁る本社フロントガーデンに面したガラスにとまって翅を休めていました。

f:id:miyama-kouhoushitsu:20170828172000j:image
↑エントランスからガーデンを見ると…
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170828171956j:image
↑翅を広げると5〜6センチメートルですが、存在感は抜群

2017-08-25

ミヤマシジミのメスが羽化しました。

オスの羽化から遅れること2日、ついにメスの羽化が始まりました。
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170825085056j:image
↑翅の裏側が少し赤みがかっているのがメス。翅を開くと表側は茶褐色