Hatena::ブログ(Diary)

ミヤマ株式会社の緑化推進公式ブログ

2017-07-20

ミヤマオダマキ、その後。

f:id:miyama-kouhoushitsu:20170720105021j:image
↑6/30、種まきから26日目に小さな芽を発見!

f:id:miyama-kouhoushitsu:20170720102244j:image
↑7/19、ゆっくりですが生長中。発芽率は8割ほどでしょうか。こぼれ種で実生したガーデンのミヤマオダマキは生育が早く、すでに数センチになっています。

2017-06-26

6月のガーデン。

f:id:miyama-kouhoushitsu:20170626095829j:image
↑本社フロントガーデンの樹々。
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170626095826j:image
↑白い毬のような花をつけるアナベル(アジサイ)。
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170626095822j:image
↑バス通りからの眺め。Miyamaロゴ下の白い花はカシワバアジサイ

コマツナギの花が咲いています。

ミヤマシジミ保護区のコマツナギが、赤紫の小さな花をたくさん咲かせました。ミヤマシジミの移殖に向けて、着々と準備を進めています。

f:id:miyama-kouhoushitsu:20170626095631j:image

f:id:miyama-kouhoushitsu:20170626095628j:image

2017-06-14

実生。

冬にこぼれたコマツナギの種が発芽し、小さな葉を広げています。本社ミヤマシジミ保護区にて。
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170614130615j:image
↑左端のベージュの丸い粒が種。中央・右が実生したコマツナギ

2017-06-07

梅雨入り

五月晴れから一転、見上げた空は朝からどんよりとした雲に覆われ雨が落ち始めています。ミヤマシジミ保護区域に目を向けると、コマツナギのツボミが膨らんできています。

f:id:miyama-kouhoushitsu:20170609090446j:image

2017-06-05

6月になりました。

6月に入り、長野市では肌寒い日が続いています。先月の猛烈な暑さで熱中症対策を始めた矢先のこの涼しさ、身体に応えます。とはいえ、里山の向こうに眺める北アルプスの残雪もだいぶ少なくなり、季節は着実に進んでいるようです。もうすぐ長雨の季節ですね。
f:id:miyama-kouhoushitsu:20170605113547j:image