Hatena::ブログ(Diary)

 ..Untouchables, Intangibles

2014-01-01

2014 new year

明けましておめでとうございます。

最近はすっかりブログの更新は滞りがちになってしまったけれど、今年は少し長い文を書くことにも挑戦したいと思っています。

読んだ本の感想、そこから思いついたことなど書きたいけどどうなるか。。今まで通り、分かりづらい言葉の並びに終始するかもしれません。

ともあれ、今年もよろしくお願いします。

2013-12-08

20131208 memo

私と呼ばれるかけらも、姿勢や語用や仕草として、外へ延びて社会を表す、社会として表される。と試しに考えてみる。

大気圧に対して内圧が張るような状態、または、非社会の非実現だけしかない有り様を認めること(見るー留める)。方法としての一方性を無効化し、少なくとも双方向へ切り換えること。

メタは、その操作的な面白みはさておき、たった一つの次元、三人称であること。

不在に見える三人称は、関係の方法であり支配ではないこと。

内圧を張るのは一つのデモになりうること。

2013-12-01

20131201 memo

建つ、立つ、経つ

人の間であるから、人でなしの隙がある

人という言葉が指し示すもの、量

以上以下か、より未満か

別人以上の自分、別人以下か、別人より自分別人未満か

前者だな(他分と自分は同じ人・数を含み得る)

自分という語用では意識論が先行してしまうので、自体に変えてみよう、

他体以上の自体、他体以下

数を含む間であること、それは数自身ではないこと

数の配列は一直線ではないこと

一つ一つの数を、各質は等しい、としてみる

2013-07-30

から・だ・から

できることしか

  じ・じ自恃、

   は

 ふりかえるとうつっていたもの、

 ひびいていたこと、

    であることは、またない、

(をたのむこと/へ帰ること)

それ、をできることでしか旅行けない、からた、だそれだけ、で、られる、からだ、から、そ・の

だ、終・結、語尾から

その終わり、

から、空、から

へ な

2013-01-19

その波間

largo assai


あ、


と。

あと、

波の跡。

意図、を享けた、波の跡の。

うと。

うとうと。

うとうとうと。

うとう。

うとうとう。

うとうとうとう。

とうとうとう。

 とうとうとう。

とうとうとう。

とうとう。とう。

とう。とうとう。

とうとう。とう。と。とう。

とうとうと

とうとう

問う。

絵と。音。


波の軌跡はどこに曳かれるのか。そのリズムは。


出あう、溜まり、その度、辿られた、結び

溜まりの、海、に、浮かぶ、舟

揺らされた、間の。光? 波?


言葉、昨日、浮かぶ、今日、沈む、明日、

浮かび、明日は、沈み、今日は、言葉は、昨日は

記憶。辿る、通う、駅の。奥の。

目の前の石から、さらに、雪、

毛布。

エサに寄る猫。

目の前の意思。

欠け満ち、月の奥行き、土を繋いだ、深み

やっと。道理で。過ぎる。通りで、送る。

さようなら。こんばんは。おはこんにちは。っす。

おっと。


えっと。

うん

糸。

あと。

跡。

波が。