ほのぼの日記

ページビュー
25997

2017年07月29日(土) ナミアゲハチョウの観察記録 このエントリーを含むブックマーク

雲の多い晴れ日で相変わらず蒸し暑い一日でした。

午後歯科の通院、何度通院しても椅子に座ると緊張の連続で嫌なものです。

ナミアゲハチョウの観察記録が一応完成して印刷してみました。


f:id:miyotya:20170729204824j:image

から4齢幼虫までです。


f:id:miyotya:20170729204819j:image

終齢幼虫に脱皮するところから蛹になるまでです。


f:id:miyotya:20170729205153j:image

蛹の中で成虫になる準備が終わり、蛹の殻を破ってアゲハチョウが外に出てきたところまでです。


f:id:miyotya:20170729205149j:image

徐々に翅を伸ばして完全に翅が伸びたところまでです。


f:id:miyotya:20170729205707j:image

翅が伸びて徐々に移動しながら翅を閉じたり開いたりして、翅の乾くのを待って夏の空に飛び立つ瞬間までの観察です。


まだ不十分で、果たして教材として使ってもらえるかどうか分かりませんが、私としても貴重な記録なので大切にしたいと思います

もう一点、以前、国蝶の「オオムラサキ」を飼育しておられる方のお宅に訪問したことがあって、オオムラサキのオス・メス・終齢幼虫・蛹・抜け殻・食草・成虫のエサなど、撮影してブログ掲載してあります

それも印刷して担当者にお渡しする予定です。


オオムラサキブログhttp://d.hatena.ne.jp/miyotya/20120615」です。

関心のある方、ご覧いただければ幸いです。

happy-ok3happy-ok3 2017/07/29 22:03 こんばんは。オオムラサキのブログ、拝見しました。
見事ですね。
今回のナミアゲハチョウの観察記録、とても素晴らしいです!
中々、こういう場面を見る事も無いので、また、丁寧に説明が書かれているので、わかりやすいです。
小学生なら、難しめの漢字は、フリガナがあると、より分かりやすいかもしれないです。(余計な事なら、スルーして下さいね、ごめんなさい)素晴らしいです。生きた辞書のようです!喜ばれるとおもいます。
お疲れ様でした。

matsukentomatsukento 2017/07/30 07:53 miyotya様、おはようございます。
ナミアゲハチョウの観察記録、分かりやすくまとめられています(o^_^o)v!!!
これなら教材としても、十分通用しますよ〜。
それにしても動植物の観察って、根気がいります♪
私にはとても真似ができないでちゅ。
私も小学校1年生か2年生の時に、夏休みの宿題で、アサガオの成長を絵日記で描いたことを、思い出したっちゃぁ〜(^o^)ノ!!!

osyousanosyousan 2017/07/30 09:29 素晴らしい出来だと思います!
拍手!
私がmiyotyaにたどり着いたきっけかはオオムラサキのブログでした。
幼虫の愛嬌のある顔が大好きになりました。

jun_111230jun_111230 2017/07/30 09:39 こんにちは!
オオムラサキのブログ見ました。
いつも詳しく、載せているので、何か専門的にやられてると思いましたがそういう経過があったのですね!
とてもいいとおもいます。
のほさんもセミの羽化を載せてるし。
気持ちが落ち着いたら私も庭を眺めて、ひと時を過ごしたいと思います。

miebabamiebaba 2017/07/30 12:59 このようにきちんと纏まると、とても分かり易く、素晴らしい資料だと思います。
子供さん達にも大いに参考になるのでは? 拍手!!

ブルーメブルーメ 2017/07/30 16:34 柑橘類にいる7日くらいの幼虫がナミアゲハチョウでしょうか。よく似ています。こんなに綺麗な模様の蝶になるんですね。貴重な成長記録です。

ceneciocenecio 2017/07/30 16:40 すばらしいですね。写真もすごいんですが、このコンパクトな賢いまとめ方が!!羽をゆっくり乾かしているところは、見ている側も至福のひとときです。雨の日にかえったうっかりさんは、まる一日うちのベランダで過ごしたことがありました。元気でね〜と手を振りたくなりますね!

miyotyamiyotya 2017/07/30 21:17 happy-ok3 さん、こんばんは。
褒めていただきありがとうございます。
まだ、アドバイスをありがとうございました。
教材用としてはルビを振ったものを一部用意してあります。

miyotyamiyotya 2017/07/30 21:20 matsukentoさん、こんばんは。
どういう風に作ったら見やすいか、色々工夫してこの形に
落ち着きました。
まだ決まったわけではないですが、一応きちんとまとめて私の記録として残しておきたいと思ったわけです。

miyotyamiyotya 2017/07/30 21:22 osyousanさん、こんばんは。
ありがとうございます。
osyousanさんとは、オオムラサキがご縁だったのですね。
オオムラサキはさすがに美しい蝶ですね。

miyotyamiyotya 2017/07/30 21:25 jun_111230さん、こんばんは。
オオムラサキのブログも見ていただいてありがとうございました。
「のほさんもセミの羽化」も素晴らしかったですね。
そうです、気持ちにゆとりが出来たら、庭や畑をじっくり眺めて見て下さい。
きっと素晴らしい出会いがありますよ。

miyotyamiyotya 2017/07/30 21:27 miebabaさん、こんばんは。
ありがとうございます。
資料の作り方に悩みましたが、結局これに落ち着きました。
まだ決まったわけではないですが、使っていただければと
期待しております。

miyotyamiyotya 2017/07/30 21:30 ブルーメさん、こんばんは。
柑橘類にいる幼虫は、ナミアゲハの他にクロアゲハも同じような
色をしています。
私は今年クロアゲハの羽化も見ましたが、素人には幼虫の時は
見分けがつかなかったです。

miyotyamiyotya 2017/07/30 21:34 cenecioさん、こんばんは。
cenecioさんにほめていただくと一層嬉しいです。
≪雨の日にかえったうっかりさんは、まる一日うちのベランダで過ごした≫
そうでしたか、雨だと翅の乾きも悪く、大空へ飛び立つのに迷ったのでしょうね。
cenecioさんこそ、色々な種類のアゲハを飼育しているのですから、
素晴らしい観察記録が出来ると思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/miyotya/20170729