ワインと将棋とインターネット このページをアンテナに追加 RSSフィード

02月21日(月)

[] 今日のつぶやき

  • 21:13 miztaka: @mesaka2009 はい、自動生成のほうが楽だと思いますのでやってみてください。最新のものにはcreole同梱済なのでインストールする必要ありません。(というかもう配布されてない>creole) #teeple2
  • 20:22 miztaka: @mesaka2009 Entityは Teeple_EntityGeneratorで自動生成したものですか? Entityクラスに getメソッド生成されてないでしょうか??

( webapp/components/entity/Hoge.php )

#teeple2

posted by Tweet2Diary.

02月13日(日)

[] 今日のつぶやき

posted by Tweet2Diary.

11月01日(月)

[] Teeple2にデータベースマイグレーション機能を追加

http://blog.honestyworks.jp/blog/archives/106

[] 今日のつぶやき

posted by Tweet2Diary.

05月16日(日)

[][][][] Java屋のためのPHP5フレームワーク Teeple2

http://code.google.com/p/teeple2/

teeple2は「Java屋のためのPHP5フレームワーク」をコンセプトににseasar2ファミリーのteedaやSAStrutsのエッセンスを取り込んだ、PHP5のWebアプリケーションフレームワークです。

以下のような特徴を持っています。

* 学習コストを極限まで低くしました。(規約をできるだけ少なく、シンプルに)

* ブラウザからURLにアクセスするだけでActionクラスの雛形を自動生成できます。

* URLとActionとのマッピング定義が不要です。

* 設定ファイルを書くだけの入力値検証(Validator)

* 設定ファイルを書くだけの入力値変換(Converter)

* メソッドチェーン型の易しいDBアクセスライブラリ(O/Rマッパー)を提供しています。

* ServletFilterのようなFilter構造を採用しています。

* HTMLテンプレートにはsmartyを使用します。

* HTMLモックアップからそのまま開発に進めるように心がけています。(URLを変えない)

* DIパターンによるシンプルな構成

* Eclipseでの開発に最適化、コードアシストを最大限に活用できる構成にしています。

ずいぶん昔に Teeple1 を作ってから実案件でいろいろ改良を重ね、Teeple2としてリリースしました。

Teeple1はmapleをカスタマイズしたコードでしたがすべてスクラッチで書き直してよりシンプルにしました。フレームワークのコード自体がDIパターンで作られているので非常にわかりやすくなったと思います。

Eclipseのコードアシストを意識した作りにもなっており、CakePHPとかと比べてもかなりいけてるんじゃないかと思ってます。

普段はJavaな人だけど、どうしてもPHPで作らなければいけないとかいうときには是非使ってみてください。

05月02日(金)

[] HTMLモックを完成させたら作業の50%は終わり!って言えるようにしたい

Webアプリを作るうえでHTMLモックを作るという作業はすごく重要だと思います。

この段階でどれだけきっちり仕様をつめられるかが大事。

特に心がけていることは

  • この段階でURIもきっちり決めちゃう
  • デザインもあらかた固める
  • リアリティのある動きをするようにちゃんと作る(ボタン押したときの遷移とかはいうまでもなくajax使うところとかまで含めて。)

ここまでできればできたも同然!ここからはフレームワークに頼ってできるだけ楽に開発を進める。

そんな感じを思い描いてteepleを作りました。

teedaはこのあたりすごくよく工夫されている。しかも開発に入ってもモックはモックで維持できるようになっている。(実際にはなかなか難しいことがわかったが。。)

teepleのテンプレートはHTMLじゃなくてSmartyなので、ずっとモックのままでって言う訳にはいかないけど、

  • モックのURIを変更せずにいける(ファイル配置も変更ぜずに)
  • モック(テンプレート)の配置場所とActionクラスの配置場所を同じに

という点は意識して作りました。

  1. HTMLモックを作る
  2. ブラウザからアクセスする
  3. Actionクラスが自動生成される
  4. Actionメソッドを実装する

こういう流れで、さくさく楽しく開発してもらえたらうれしいです。

(自分もはやく実案件で使ってみたい!)

04月25日(金)

[] teedaやS2JDBCを参考にしてPHP5のフレームワークを作ってみました

JavaにはSeasar2ファミリーがあり、Rubyにはrailsがある。PHPには今のところしっくりくるものがなかったので、自分でフレームワークを作ってみました。

http://my.honestyworks.jp/trac/teeple

mapleをベースに teedaや SAStruts, S2JDBCの仕様を参考にしてページ駆動開発でさくさく開発できるようにしたつもりです。

DBライブラリは仕様は完全にS2JDBCの真似です。申し訳ないと思いつつ、それでPHP開発者がSeasarに親しみを持ってもらえれば、、と言い訳。。

teedaをイメージしてましたが、SAStrutsのほうに近くなりました。テンプレートはsmartyですし。

何かウリを作ろうと思って、URLをたたいたら対応するアクションを自動生成するモードを用意しました。これで結構気持ちよく開発ができるんじゃないかなあと思ってます。

Amazon検索

Amazon.co.jp のロゴ
日記の検索

番組表を検索してRDに予約