Hatena::ブログ(Diary)

LUNAR このページをアンテナに追加

2009-01-17

[]早くない?

また週末。何だか光速で時間が。

象を見逃し、あろうことかぷすまを見逃し録り逃し、相棒に「送れ、頼む」ともはや電報のようなメールを送った怒涛のような1週間。

ブログ書くのも久しぶり。そうそう、ゴロさんの舞台が決まったそうで。来年の3月。新国立劇場ですか。最近行きましたな。綺麗な劇場だった。別役実さんの「象」ですか。以前にもゴロさんは原爆絡みの舞台に立ってますね。「広島に原爆を落とす日」あれはつかさんの舞台でしたっけ。ゴロさんの舞台は思索する作品が多いような気がする。そういうイメージを喚起させる人なんでしょうな。クサナギさんは着物舞台が続いてますが(とはいえ2年越しだけど)他のテーマでもぜひ見たいな。


さて、先日自己啓発本について、プチ毒を吐いてから、思っていたことメモ

あまりいいことは書いてません。クサナギさんのお仕事をちょっとでも批判しちゃやだという方(実際にいらっしゃいます)は開いちゃだめですよ。


でも、そういえば、好んで読んでた時期もあった訳です。本は好き嫌い無くバリバリ食べましょうが信条なもんで。

自己啓発本の中にも、読み物として面白いものもいっぱいあってね。

眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用

眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用

マーフィーおじさんの本なんかは、すごく納得できるとこがあった訳です。言ってることはすごく荒唐無稽なんだけど、良いイメージを持つことでそれに近づいていく、それを繰り返していくと潜在意識に変化が訪れるというのはよく分かるのですよ。

これも、エッセイとしてもかなり面白かった。要はシンプルに自分を見つめ直してごらんてことだよね。確かにクッキーとミルクというおやつは身体にいいと思います、はい。真夏のクリスマスソングに幸あれ。


考えてみれば、思索・哲学・宗教の本なんてのは、つきつめればみんな自己啓発につながる訳で。最もポピュラーな自己啓発本は「聖書」でしょう。いや〜、聖書はおもろいよ。コーランもおもろかったけど。もしまだ未読の方がいたら、聖書・コーランはオススメします。経典でもいいんだけど(なにせ、聖書なんて世界一のベストセラーだし)

で、象に戻るわけですが、なんで自己啓発本もモグモグ食べるのに、これは投げ出しちゃったかというと、

  • 結局内容がライトノベルだった(まあ、軽い軽い)
  • 作者自らがたどりついた経験というより、あちこちで言われてる自己啓発的な行動をあれこれかき集めて書いた内容だった
  • 幸せを求めるハウツー本だった

この辺かな。これはこれで分かりやすいとか簡単とかメリットもあるんでしょうけどね。夢をかなえるためにこんな近道ありまっせって、それって借り物競争かい。

柔らかい食べ物は確かに食べやすいし消化もいいかもしれないけどあごの力は弱くなるし、そうするといざと言うとき歯をくいしばれないだろ、と自分としては思うわけです。こんなかな、あんなかなと思いながら、あちこちぶつかったり、傷ついたりすることで鍛えられていくもんじゃないんかい?

せっかく、クサナギさんのお仕事なんで、声の部分で楽しみますが…それ以上では無いような気がする番組です。ケチをつけるようで大変申し訳ないんですが.



なんてことを考えてたらひとつ年を重ねました。10代20代の頃に比べると時の流れが早いっす。でも、戻りたいとは絶対思わないな。「今」がいい。そして、これからもそう思えるといいな。

さて、また忙しくなります。皆様日ごとにご機嫌よろしゅう。