Hatena::ブログ(Diary)

ゲームブック 温故屋

2016-05-28

第二回文学フリマ金沢

「第二回文学フリマ金沢」に委託参加します。
『ゲームブック 山男デン』『ゲームブック ある剣士物語』の2種を委託します。
よろしくお願いいたします。

★石川県
第二回 文学フリマ金沢
開催日  2016年6月12日(日)
開催時間 11:00〜16:30
会場  ITビジネスプラザ武蔵 5F・6F
入場料 無料
ブース番号:委託-05
文学フリマ金沢公式サイト



追記(5月28日18時45分)
日付の間違い、訂正しました。
失礼しました

2016-02-26

幻想迷宮書店

ゲームブックをメインに取り扱う電子書籍専門の制作チーム「幻想迷宮書店」より、名作ゲームブック「ドルアーガの塔」が電子書籍化されるようです。
3月1日配信予定。予定価格は400円。
詳細は下記サイトをご参照ください。

幻想迷宮書店のホームページ

2015-12-12

『ゲームブック ある剣士の物語』通販再開

拙著『ゲームブック ある剣士物語』をamazonに再納品しました。
すでに販売が始まっています。

よろしくお願いいたします。


ゲームブック 温故屋
水本シズオ
作品情報はこちらから→ゲームブック温故屋のホームページ

f:id:mizumoto-s:20140819100827j:image:w260

2015-12-09

『進撃の巨人』のゲームブック(プレイ前)

『進撃の巨人ゲームブック ウォール・ローゼ死守命令850』、買いました。
『進撃の巨人』は漫画も好きで、毎回コミックも買っているのですんなりプレイできそうです。
年内は仕事が忙しいので、正月休みにでもゆっくり時間取って遊ぼうかと。

f:id:mizumoto-s:20151209215238j:image:w260

それにしても、こうして人気漫画がゲームブック化されるのは本当にうれしい。
これまでゲームブックを知らなかった方々も、手に取る可能性がありますもんね。
七つの大罪』『進撃の巨人』で終わりにせず、ぜひ講談社さんと藤浪さんには来年以降も、「人気漫画でゲームブック」をやり続けてもらいたいものです。

〔あらすじ〕
読者が第104期訓練兵の一員となって、進撃の世界を体感するゲームブック。「第104 期訓練兵団」の一員となったきみは、850 年、ウォール・ローゼ(第二壁)南端の最前線「トロスト区」へ配属されたところ「五年ぶりに登場した超大型巨人」率いる巨人たちの襲撃に対して戦うことになります。
さあ、絶望支配する進撃の巨人世界へ、ようこそ。エレンやミカサ、リヴァイとともに巨人に立ち向かえ!


主人公(あなた)は、エレン、ミカサ、アルミン、といった漫画『進撃の巨人』の主要メンバーたちと同じ第104期訓練兵団のメンバー。
ゲームブック版では彼らとの「親密度」を記録する欄があります。どのキャラと深くかかわるかで、違った展開が用意されているんですかね。おもしろそう。

★参考情報
『進撃の巨人ゲームブック ウォール・ローゼ死守命令850』(講談社
著/藤浪智之
原案/諫山創
発売日/2015年12月9日
価格/720+税
ページ数/256
パラグラフ数/315

関係ないですが、amazonの内容紹介、いくらなんでも長すぎでは……。
途中で読むのをやめました。なんかもったいない

2015-11-28

「第21回文学フリマ東京」を振り返ります

「第21回文学フリマ東京」で「ゲームブック温故屋」のブースに訪れてくださった皆様、改めましてありがとうございました。
以前本を購入してくださった方が何人も、感想を述べるため、わざわざブースに訪れてくださりたいへん感激しました。
今回新たに購入してくださった皆様も、まことありがとうございます作品のご感想やご意見などございましたら、お寄せいただけるとありがたく存じます。
以下、印象に残ったことをつらつら書いてみます。

・ゲームブックってもう完全に廃れたの?
何人かの方に聞かれました。いえいえ、1980年代後半とまではもちろんいきませんが、現在でも新作ゲームブックは発売されています。
創土社新紀元社といった出版社が、新作ゲームブックをたまに発売しているほか、過去の名作を何冊か復刊しています。また、リットーミュージックから発売されている「脱出ゲームブック」シリーズは、若い方を中心に人気を集めています。
近々では、12月に人気漫画『進撃の巨人』のゲームブックが講談社系列より発売となります。

・私(ぼく)もゲームブックを書いています
これから書く予定の方もふくめ、何人かいらっしゃいました。嬉しくなってけっこう食いついちゃたので、若干ひかれたかもしれません。相手をしてくださった方々、ありがとうございました、すみません

・「14」に行っても死なないの?
どんなイベントに参加しても、絶対数名の方に聞かれます(笑)ゲームブックファンに会えてうれしいです。
ちなみに温故屋のゲームブックでは、「14」は死の番号ではありません!


以上、簡単にご報告まで。
イベントにかかわられたすべての皆様に感謝申し上げます。
今後とも「ゲームブック 温故屋」をよろしくお願いいたします。
なお、『ゲームブック ある剣士物語』の通販amazon委託)は、早ければ年内中に再開する予定です。目途がつきましたら、このブログでお知らせいたします。

ゲームブック 温故屋
水本シズオ
ゲームブック温故屋のホームページ
E-mail mizumoto.book★gmail.com (★を@へ直して下さい)