Hatena::ブログ(Diary)

ゲームブック 温故屋

2015-07-03

イベント御礼

先月は、新潟・大分・北海道のイベント委託の形で参加しました。
ご購入くださった皆様、ご興味もってくださった皆様、そして運営スタッフの皆様、まことありがとうございました。
また、「北海道コミティア」のカタログに紹介文を書いてくださったお二方、ありがとうございました。励みになります。小学生のお子さんが遊んでくれたとのこと、とてもうれしいです。

それでは今後とも「ゲームブック温故屋」をよろしくお願いいたします。
なお、amazon在庫が残りわずかになっている『ゲームブック ある剣士物語』ですが、近々再納品する予定です。

2014-11-08

北海道COMITIA1

明日(9日)おこなわれる「北海道コミティア1」に、
『ゲームブック ある剣士物語』を委託しています。

北海道COMITIA1(併催:Elysian28)
日時 2014年11月9日(日)11:00-15:00
場所 ホテルさっぽろ芸文館(旧北海道厚生年金会館)
「ゲームブック温故屋」スベースNo. わ37
「北海道COMITIA1」公式サイト

参加予定の皆様、よろしくお願いいたします!
作品情報などは、温故屋のホームページをご参照ください。
ゲームブック温故屋のホームページ


ゲームブック 温故屋
水本シズオ

2014-09-04

「コミティア109」感想など

先日の「コミティア109」の感想です。

★来場者数
今まで何回か参加した「ゲームマーケット」や「文学フリマ」とくらべると、来場者数はかなり多め。ただ、漫画やイラストがメインのイベントのためか、小説ブースの通りはやや閑散としたようす。前述2つのイベントとくらべると、体感的には少し寂しく感じられました。
なお、各イベント(東京開催)の総来場者は下記のような感じだそうです。
・ゲームマーケット 5000人
・文学フリマ    3500人
・コミティア  1万5000〜2万5000人


★ゲームブックを知っている率
「コミティア」に一般参加される方は、ゲームブックの存在を知らない方も多いのではと思っていました。なので今回、コミティア向けに制作したゲームブックは、筆記具不要のごく簡単なルールのものにしたわけですが、ブースに訪れてくださった方の多くは、ゲームブックをご存じのようでした。
ただ、久しぶりにゲームブックに触れる方がほとんどだったので(これは文学フリマも同じですが)、既刊よりも、ルールが簡単な新刊のほうが受けは良かった気がします。
なお、これまで参加した各イベントでブースに訪れてくださった方の「ゲームブックを知っている率」は、だいたい下記のような感じ。あくまで、私の体感ですが。
・ゲームマーケット 98%
・文学フリマ 80%
・コミティア 70%


★思い出のゲームブック
ブースに来て下さった方の何人かと、お話しさせていただくこともできました。記憶に残っているゲームブックについて伺ったところ、多くの方があげたのが下記3点。
・『火吹山の魔法使い』
・『ソーサリー』シリーズ
・『ドルアーガの塔』シリーズ
やはり定番中の定番の名があがります。
おもしろかったのは、3人もの方が「トルネコ」のゲームブックをあげられたこと。これまでのイベントでは、「ドラクエ」のゲームブックをあげる方は何人もいらっしゃったんですが、「トルネコ」はなかったような。


それでは今日はこのへんで。
今後とも、「ゲームブック 温故屋」をよろしくお願いいたします。
通販に関しては、来週あたりにご報告できるかと思います。


ゲームブック温故屋
水本シズオ

2014-08-31

コミティア109、ありがとうございました

「コミティア109」、終了しました。
温故屋のゲームブックをご購入くださった皆様、
ブースに立ち寄ってくださった皆様、
周辺サークルの皆様、スタッフの皆様、
そのほか今回のイベントにかかわられた皆々様、
ありがとうございました。
とても楽しいイベントでした。

今後とも「ゲームブック 温故屋」をよろしくお願いいたします。
イベントのくわしい感想などは、後日あらためてブログに書く予定です。


ゲームブック温故屋
水本シズオ

2014-08-24

アナログゲームのサークル(コミティア109)


コミティア109
開催日:2014年8月31日(日)
場所:有明・東京ビッグサイト東5・6ホール
コミティア公式ホームページ
温故屋のブースは、「え21a」になります。


今月末、「コミティア109」にサークル参加します。
「コミティア」とは、「創作(オリジナル)」ジャンル限定の同人誌即売会。
参加サークルは3500くらい。けっこう大規模なイベントです。
漫画作品がメインのイベントですが、小説で参加するサークルも少なからずいます(温故屋も「文芸」ジャンルでの配置になっています)。

あと、「アナログゲーム」のサークルもいくつか参加しています。
詳しくは、下記サイトをご覧ください。
テーブルゲーム部
いくつかのサークルさんが集まり、スタンプラリーも計画しているようです。
(※温故屋はスタンプラリーに参加していません)


ゲームブック 温故屋
水本シズオ
ゲームブック温故屋のホームページ
↑温故屋の頒布物は上記ホームページをご覧ください!