mizuno_takaakiの日記

テクニカルライター水野貴明の日々の雑感を記した日記

アクセス解析でホームページの集客を極める本  詳解RSS  Googleまるごと使い倒しガイド―Web検索だけじゃない!  俺流amazonの作り方―Amazon Webサービス最新活用テクニック  Googleのすべてがわかる本  Webアプリケーションテスト手法  JavaScript: The Good Parts  ウェブアプリケーションのためのユニバーサルデザイン  入門 自然言語処理 

2007-12-23

[] 一度も植民地になったことがない日本 15:15

世界の文化の違いとか、そういったことにすごく興味があるので手に取った一冊。

一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)

一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)

国際結婚をしてヨーロッパに住んでいる著者が語る、文化の違い、日本感などを書いている。へ絵、と思うことがたくさん書いてあって一気に読んだ。

たとえば、バカンスの考え方の違い。ヨーロッパ人はバカンスを長くとることは有名だけど、彼らはその間、ただ「何もせず」過ごすらしくて、日本人である著者にはそれがつらいとか。マダガスカル人は「自分たちはアジア人」というメンタリティを持っていて、日本人には親近感を持ってくれているとか。アジア圏では、電化製品は中国製などの新品よりも中古の日本製が売れる(ここまでは知っていた)けど、ヨーロッパ人にはそれが理解できていないこと。日本流の気配りをヨーロッパでやると、「言われたことだけやれ」と怒られてしまうことなど。経験を元に書いてあるので、非常に興味深いし、説得力がある。

なぜ「南蛮人」は「蛮」という時が入ってしまっているのか、という考察もおもしろい。ヨーロッパ人は風呂に入らなかったので、当時から清潔だった日本人にはやたらと野蛮に見えたんじゃないか、という。イエズス会では、日本に布教に行くときには風呂に入れ、というお達しが出てたらしい。

あと、「ダッチ・アカウント(割り勘)」とか「ダッチ・ワイフ」「ダッチ・オーブン」などの言葉は、なぜ「ダッチ(オランダの)」という言葉が入っているか。それはイギリスとオランダが敵対国だったため、よくないこと(や「代用品」)の意味で「ダッチ」を使ったんだそうだ。ダッチ・オーブンって、オランダにはないらしい。甚だ失礼な話だよな。

とにかく、外国人から見た日本や日本の姿、というのはおもしろい。自分たちが気づかないことにいろいろと気づかせてくれる。News Weekには「Tokyo Eye」という日本在住外国人のリレーコラムがあって、これが本当におもしろくておすすめなんだけど、それにも通じるものがあった。

そういえば「Tokyo Eye」に以前「茗荷」に関するコラムがあって、茗荷を英語では「Japanese ginger」というけど、日本にはショウガもあるよ!ミョウガは全然別物だろう。ミョウガ最高!みたいなコラムでおもしろかったことを今思い出した。

sekiyasekiya 2008/01/02 03:00 ご無沙汰してます。

ダッチワイフって、南方アジアに進出したオランダ人船乗りが抱き枕を知って、暑い日に快適と利用していたのを見たイギリス人船員が「あいつら生身の女に相手にされなくてこんなものを抱いている」と馬鹿にしたのが始まりだとか聞いた覚えが。少々できすぎな話なので、真偽の程は定かではないけど。

外国から見た日本人の姿、と言うと「世界の日本人ジョーク集(早坂隆著)」なんていうのも面白いかも。
沈没する豪華客船から乗客を避難させるために船長が、
アメリカ人には「飛び込めばあなたは英雄です」
イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」
ドイツ人には「飛び込む規則になっています」
イタリア人には「飛び込めば女性にもてますよ」
フランス人には「飛び込まないでください」
そして日本人に「みんな飛び込んでますよ」
と言った、なんて話しとか。
日本人だけでなく、他の国々の姿も「あー、そうそう、そんな感じ」みたいに思ったりもして。
いまいちピンと来ないのがフランス人だけど、フランス人って天邪鬼だと思われているのかな??