岡崎図書館事件について その1

ポリスに電凸するひろみちゅ先生はマジで偉大。それにしてもひでー話やな‥‥。

[]あにゃまる探偵 キルミンずぅ #39「ガッツだケン!伝説の妖怪に用かい!?」

あにゃまる探偵 キルミンずぅ #39

A::ネズミにしかなれないことに悩むケンくん。@ヒョウ仮面の家族! @パルスくんも棺を見つけられない。不服そうなカノンさん。

@学校。スフィンクスアニマリアン説。マーメイドがえろい。ですよねー。ケンくんの不調に気付くカノンさん。カノンさんはちょっとむくれた顔がカワイイ。アップの子登場、クラスメイトプロフィールによればエリナさんである。@ケンくんにアタックする上目遣いカノンさん。しなを作るがいけずにされる。カノンさんもいい加減あきらめればいいのに。

@二ツ木氏のバナナ型電話。@誰からも優しくされないカノンさんが不憫である。

@妖怪のほこら。いつもながらかわいらしいリコぬこ。しっぽを横に揺らす。ジジイ登場。アマノイワートってナンデスカ?

B::TAMAOのきぐるみモードは相変わらず巨大である。

@牙組新リーダーは新井である。珍しく機能している牙組ディフェンスライン。頭脳派の半田。くたびれポチ姉がかわいい。唐笠の真似をする器用な地井。

@流れるように戦闘向けアニマルに変身するリコ、ポチ姉、TAMAO. 地井を撃退する。@ママンの話を聞いている双子がかわいい。

@ケンくんキルミンズ脱退。予想外の展開である。@何でもないところで転けるカノンさん。切れるカノンさん。誘い方がエロチックである。上目遣い。

(作画監督:藤田正幸、本田辰雄、Kim Hyeon Ok, Kim Jun Hwon)半分韓国っぽいがそこそこいい作画。

序盤から中盤にかけてTAMAOに焦点があてられた回が多く、TAMAOの成長っぷりが著しいところで、お次は停滞しているケンくんをメインにした話が増えてくるようだ。

コメント
0件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
mjq
mjq