.mjtの日記復帰計画 RSSフィード Twitter

2010-01-19

libcpuとアーキテクチャ記述

LLVMをバックエンドにしたCPUエミュレータライブラリlibcpuが公開されていた。

興味深いのは、libcpuがアーキテクチャ記述のコンパイラを持っていることで、将来的にはこのアーキテクチャ記述からエミュレータを"生成"することも視野にあるようだ。アーキテクチャ記述はPDP1のような渋いアーキテクチャも含まれている(PDPは独特のミドルエンディアンを使う)。

残念ながら完成したUPCL記述は今のところ無いようだが、アセンブラやコンパイラの生成にも使えるかも知れない。

他にJITCを基盤にしたエミュレータライブラリにはqemuが有るが、libcpuはより広いCPUをターゲットとしている。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mjt/20100119/p1