Hatena::ブログ(Diary)

小宮日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

らき☆すた・七ならべ| COM将棋の基礎知識

2003 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2005 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

2003-04-30

並列分散&新刊PREY

http://homepage1.nifty.com/kazuf/renewal.html

 ナノテク・並列分散・AI

 うーむ読みたいけど3千円は高いな(^^;)

 ジ○ンク堂で読もうかな(^^;)

 ドレクスラーは「創造する機械」という本を10年前に神保町で買いました。TRONで有名なパーソナルメディア出版でした。

ISBN:4893620894


 並列分散処理も、最近のはパソコンを複数くっつける話ばかりで、検索エンジンをSETIみたいにネット分散させようとか、ネットでくっつければ地球シミュレーターを越えるとかそんな話が多いですね。

 そういえば、生命シミュレーターというものが立ち上がってるようです。


 現在のノイマン式以外の非ノイマン系の計算機の研究ってどうなんでしょうね。最近は全然聞きませんが。

 昔はデーターフローとかありましたが。

 ニューラルネットもパターン認識用でなにか下層な感じな使われ方が多い。

google:非ノイマン

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/970331.htm

 シャープはこんなもの作ってたのか。

物語の体操(大塚英志

ISBN:4022643005

 朝日文庫で新刊で本屋にあったので購入。

 タロットカードで物語の大枠を作ってみよう。

 が面白い。

 さっそく物語カードをJavaScriptでさっそく作ってみました。

 24種のタロットカード風のカードから物語の構造を作ります。

 ここからイマジネーションを膨らませて<プロット>を作る。

 大塚さんは「物語作成筋肉の訓練」なので、百個ぐらい作ろうと書いてます。

 短期間で作った割りにけっこういいデキかも。

 確率的には意味は無いと思うけど、タロットの精神に則ってプログラム内部でも順番にカードを引いています(・∀・;)

http://props.tripod.co.jp/nvl/card.html


 あいたぁ。

 検索したらすでに作ってる人がいるしぃ。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Christie/5336/jokab.html

 2chの創作文藝板の倉庫にもスレあるし(;´Д`)

http://book.2ch.net/bun/kako/1030/10306/1030642926.html

松下ΣBOOK開発

http://artifact-jp.com/mt/archives/000417.html

(人工事実より)


 記憶型液晶?

 記事を読んだら「電力消費0で表示し続ける液晶」を媒体にして表示する仕組みらしい。

 なるほどね。面白いね。ページをめくるときだけロジックが動いて、表示し続けるにはロジックはいらないわけだ。

 半年ぐらい持つらしい。まさに「本」感覚。

 それでも普及は難しいのだろうが(^^;)

[]みさきニュース関係

 アク解見てると、いくつかでリンク貼ってもらってます。

 ありがとうございます。

 色々とやばい運営ではありますが、個人的に新しいものが好きであえて運営してます。


みさきニュースポリシー

 記事の見出しの著作権は各ニュースサイトにあります。

 よって、リンク先から警告があれば速やかに巡回から外します。

 他にこの手の試みをやっている所が皆無の為、あえて実験で運営してます。

 言い訳ですが、『検索エンジン』のキャッシュと近いと考えられませんか?

 いや考えてください。お願い。実際、自動取得して辞書で検索した結果ですので……。


 sawadaspecial.comさんの記事取得がおかしいのは文字コードの問題らしい。プログラムいじる気力が無いので、巡回から外す。

 新聞系も若干取得してみるテスト。せかいのまんなかなどのホットトピックス系へリンクを貼っておく。

 カテゴリヒット率を上げるべく辞書を追加。

 「眼鏡っ|たん|妹」など「萌え」系を強化。

匿名で

 はてなポイントが送られてきた。

 いわゆる投げ銭というやつか。

 誰か判りませんがありがとうございます。

地元ネタ

 よく行くレンタルビデオ屋

 に期限があるので昨晩深夜に返してきましたが。

 いつも大濠公園を通りますが、

 昨夜は中の州を通っていきました。ちょっと怖かった。

 大濠公園は昔殺人事件もあったし、中の州を通ると半径100mぐらい

 だれも居ない空間になる。道がぬかるんでるし。

 そのレンタルビデオ屋は横に移動してるんだけど、

 元地にだだっ広い空き地が。

 よく考えたら大濠ボールがなくなってる[・∀・]

今日のお絵かきチャットの落書き

しかし、16色CGの頃となんら変わらない気が……

2003-04-29

萌え萌えアニメ日記のりなもさんもRD-X3

http://www.asahi-net.or.jp/~RG8S-SZK/hobby/NIKKI/2003/200304.html#1993_5

 RD-X3を買われたようです。

 もともとクリポンお持ちだから鬼に金棒でしょう(うちも二台体制)

 最近はあまりアニメを見て無いので足が遠のいてしまいました。


 福岡では「成恵の世界」はやってないみたいだし。LASTEXILEとかもないし。

 フジテレビが毎回ネットされないのが辛すぎる。

 地上波デジタル放送で「地方は金が無いので!」とか泣き言シンポジウムをよく見るが、いい方法がある。

 衛星放送で「東京で流してる放送を全国でそのまま放送すればいいのである」

 インフラは、BSデジタル放送を利用すればいい。


 これで情報の格差が無くなるし、地上波局はいらぬ設備投資に金をかける必要が無い。

 視聴者も東京のみアニメが地方で見られるようになり、一挙両得である。どうだろうか(w


 RD-X1研究はひさしく更新して無いな。

 古い日付のままの最新情報のページはせめて撤去するべきかもしれない。

更新日記

http://homepage1.nifty.com/kazuf/renewal.html

 AWAKINGは誤植でした(^^;)


 ジェット戦闘機のコンピュータの話題は、以前CSのディスカバーチャンネルのジェット機特集ですこし見ましたが、

 将来的には、無人機の方向は進化しそうでした。今でも旅客機でも自動操縦なので、人間は安全弁のようなものでしょうけど。

 ステルス機なんかは、一番隠密に飛行できるルートはコンピュータが割り出すので、自動操縦で飛ぶことになってるみたいでした。

 あと、目視で外を見てもあまり意味が無いので、コンピュータが分析した映像をVR的に見て飛行するインターフェイスも研究されてるみたいで、

 これは「宇宙のステルヴィア」というアニメがすでにネタでやっていました。

[]プロジェクトX「自動改札機」

 地元だと、私鉄の西鉄なんてつい最近まで自動改札じゃなかったんですよ(;´Д`)

 自分にとって、自動改札との出会いはむしろ「市営地下鉄」でした。

 なので、どっちかというとラッシュを抑えるためというより、人件費削減のようなイメージで捉えてました。

 あんまり人が乗りそうも無いとこも自動改札だし。っていうか、JR博多駅なんかいまだに自動改札じゃないないし。


 当初は、パンチ穴あけた切符だったんだなあ。で、オープンテープを見ていて、紙に磁気を塗って情報を載せようというアイデアを思いつく。

 横の切符を縦にする軸のずれたカム(?)のアイデアも良かった。子供と渓流釣りにいって川の流れをみて気がついたってとこが激しくドラマだな。

 あと、開発者とメンテ担当の間の話もじーんとくる。メンテ担当が酔っ払いに文句を言われたり、精神的苦痛を上に嘆願するとことか。ドラマ的。

 DQN客に「切符は縦に入れろYO!」と言ってしまいたいとこだが、「横でも縦にする」このへんはソフトのインターフェイスとかも同じだ。

 使用者には苦労はさせない。これは開発者が一人苦労すれば、利用者の10万人の苦労を減らせる、につながる。

 色々と興味深い話でした。


 立石電機といえばオムロン。

 オムロンといえば、ソフトバンクの子会社になってますが、かつては「オムロンのモデムは高級」で憧れでした。

 どうせ俺はAIWA製使ってたさ(;´Д`)

[]モンド研究所

 平成オタク談義(岡田さん、唐沢さん、ゲストはあさりよしとおさん)

  1. アポロ計画

 米国は宇宙開発に初期にドイツ人の力が大きかった事実を隠蔽しようとしているらしい。

 月面着陸船は立ったままで操縦、睡眠していたらしい。

 立ったままで操縦が合理的なののよ。ってのは宇宙のステルヴィアでもあったが。

 野田昌宏さんの宇宙系のネタ本の話も出ていた。

  1. ビデオデッキ

 J9という初期のベータデッキを6台購入して全TV局を同時録画していたマニアの話が凄かった。

 全機種オートチェンジャー装備で、常にオートチェンジャーが動いているので、そいつの部屋はうるさくて仕方が無いらしい(w

 (チェンジャーはよく失敗するらしい。交換に1〜2分かかる)

 そういえば、唐沢さんとあさりさんは二人とも北海道の出身だから、地元ネタで盛り上がっていた。

 北海道SF系の再放送が頻繁で、マニアが多いのだ、とか。 

[]カレイドスター三話まで

 あの舞踊の精(?)って天使な小生意気の小悪魔っぽいなぁ。

 っていうか、あいつは単に占いしてるだけでなんの役にも立っちゃいねえ(w 必死に風呂に入れようとするところが笑。

 いじめ→先生の突き放し

 までは王道パターンまっしぐらに進んでいる。

 最近は明日のナージャが全然つまらないので見るの止めたところでしたが、同じ踊りモチーフでも全然「そら」の方が好き。

 なんかナージャって受動的でのれない気がする。

 ま、今週のキスシーンだけは見たけどね(;´Д`) 朝日が凄げえ(w

しつこくお絵かきチャットの落書きを展示

これは某3Dサイトのロボット娘がモデル

隙間に描くので変形。なんか変な小人とか一杯(^^;)

猫耳かリボンか不明

 ワコムタブレット関係の過去スレ読んだ。

 どうもペン先がプルプル震えると思っていたら仕様だったのか。

 画面の周波数を上げるかタブレットをCRTから遠ざけると改善するらしい。知らなかった。

 Intuos2からは改善されてるらしい。わたしのは1だから。

 あとスレで紹介されていた人物画の教習サイト。

http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/index.html

 めちゃくちゃいいことが描いてある[・∀・]ウマー

ヨロイ娘

 クリックすると全表示。

 勝手にイラスト化してみますた[・∀・]

 遠近法がオカシイけど、そんなのまだマスターしてないもん。

 というか主線が……。アプレットは筆圧をサポートしてないようで。

その他

 RKB放送:26:30 ガンパレード・マーチ

 やっとGPMの放送枠がわかった。

 まだ一回も見て無いけどなんとか録画しよう。

 今日だし。野球でしょっちゅうずれそうな感じ。


 IEがどうも調子がおかしかかったが、ついにアドレスバーが出なくなった。

 IEだけ再インストールしたいのだが、なかなか削除できない。消えたようでも残ってるらしく、改善されない。

 画像の保存で全部BMPにするという病気も治らないままである。


 Googleがさっそく「みさきニュース」を拾い始めて、検索で来る人も出始めた。

 相変わらずGoogleのrobotは仕事が速い。

 今、世界中で一番働いているのはGoogleのrobotかもしれないな。

 この作業をもし人間が全部手作業でやるとすると、きっと病気になってしまうだろう。

 ひとつネタを。検索してると「みさきニュースに紹介してもらった」というアニメキャプチャサイトがあった。

 見もフタも無い言い方すると、「みさきニュース」はただのプログラムなので、「意思はありません」。

 しかし、たとえ機械だろうと、ソフトだろうと、ある紹介を通して客が来れば、それはそれで作者は(・∀・)ウマー

 なのである。

 そう考えると、なにかSF的なできことだとは思いませんか? うふふ。

かまだいつきかまだいつき 2003/04/30 23:31 intuosのぷるぷるですが、シングルデバイスの設定にすると、多少改善するようですよ。

mkomiyamkomiya 2003/05/01 02:45 確かに多少いいですね。マルチモニターで2560x1024だと60KHzまでしかえきないのでかなり震えますね。

mkomiyamkomiya 2003/05/01 02:48 いやマルチでも75でてる。なのにマルチを止めるとほとんど震えません。共鳴?(んな馬鹿な

mkomiyamkomiya 2003/05/01 02:52 きっと三菱とSONYのモニターの電磁波が混ざってスカラー波になってるんだYO!(;´Д`)

kmdkmd 2003/05/07 12:21 セカンダリのモニタが正面に電磁波を出すやつなのでは(笑)。

2003-04-28

お絵かきチャット

 お絵かき掲示板ってのは知ってたけど、

 お絵かきチャットとかあるんですね。びっくり。

 大きな紙にみんなで落書きしているような感じ。

 外人向けのお絵かきチャットで絵描いて練習してます。

 外人だとあんまり上手い人がいないので丁度いいっす(・∀・)


 一人で紙に書いててもつまらないけど、

 お絵かきチャットなら、まわりに別の描いてる絵が見えて面白い。

 でも、絵描いてる横で自分も絵を描くというなんか変な感じ。


 つうわけで練習で描いたもので試しに日記に掲載してみる。

 せっかくでかいタブレット持ってるのに使ってなかったけど、

 お絵かきチャットのおかげで使うようになった。良かった。

2003-04-27

絵の練習をしてます。

 ラノベ板の倉庫を見ていると、

 努力ができないやつがラノベ書きを目指しているんじゃないか。

 とかあった。

 マンガを描くには、それころへろへろになるほど絵を描いて覚えないとだめだが、

 それができないやつが小説を書いているんだろうと。

 確かにそういう側面はあるんだろうなあと頷いてしまった。

 たしかに小説はただの文字だから誰でもすぐ書ける。

 そりゃさ、絵が描けるんなら俺だってマンガ描きたいよ(;´Д`)


 というわけで今更ですが、マンガの練習をしてみる。無駄骨っぽいが。

 とりあえず顔をひたすら描く。

 しかし斜めになったときの両目の間隔と位置とかどうやって決めればいいんだ。

 立体を二次元に脳内で写像する作業って難しい〜。

 なんか顔を描くって座標とか配分とか考え出すと、限りなく理数系に属している気がする。

 本棚を漁っていると『弓月光の少女まんが家入門』コバルト文庫(昭和59年)とか見つかったので読んでみる。ISBN:4086106795


 レッスンその1

 可愛い娘ちゃんを模写しよう!

 レッスンその2

 いろいろな表情!


 って感じの章立て。まず可愛い娘ちゃんを描くから入るところが弓月先生だな(・∀・)

 堅い本だと「人体デッサンから始めよう」とか書いてあって、即挫折パターンなんだが。

 この本はさらに自伝と新人賞入選時のマンガまで載っていた。

 そういえば、前回のBSマンガ夜話で「いしかわじゅん」が「弓月は車描くのがへたい」とか文句言ってた気がするが。弓月さんも始めて買った車はアルファロメオだったらしい(二台目がポルシェ)

AWAKING PROJECT

http://homepage1.nifty.com/kazuf/renewal.html

 反応がありました。

 更新日記はいつも愉しみに読んでおります。アイデアとか見識も広がりますので有りがたいです。


 新刊には追いついてないですが、立花隆さんの本はありがたく読んでます。以前、入院したときに同室の人が立花さんの信者で勧められてから読み始めました。


 最近、立花さんを批判する本を目にすることがあります。2chでも専門のスレでは、ときおり批判を見ます。

(たとえば2chの某スレでも、文藝春秋のロボット記事を指して『自販機をロボットと混同している。所詮立花は文系』のような批判が出ます。しかし、SF板の「ヨコハマスレ」では、「自販機は光合成しているらしい」「自販機は植物になってるのかな」「アルファさんも自販機かもしれなないなぁ(いい意味で)」という話が出てきたりします)


 「あらゆる分野に首を出して網羅的に語ろうとする知の巨人的な立花さん」だって「細かい突っ込みは当然可能でしょう」

 ただ、現在は専門家細分化されていて、「その道の専門家の言葉」でも「誰も突っ込めない」なんてことは有り得ないと思います。

 専門化細分化している世界だからこそ、あらゆることを網羅的に俯瞰的に関係付けて考えようとしている人は貴重だと思います。


 そういえば、浅田彰さんだったかな、

 昔は、「あらゆることを広く薄く把握していることが最善」

 と言っていたと思います。(オールザットウルトラ科学あたりも同)


 しかし、最近は、

 「狭い専門分野できるだけ深く知る。そういうのを二つの分野ぐらいもっておく。そしてそういう専門家がネットを通じて連携することが大切」

 と微妙に言ってることが変わってきている気がします。

 これは予想外のネットの浸透による変化もあるのでしょう。

http://www.coara.or.jp/~morimori/chitowa.htm#kyouyou


 昔だったら「あるていどなんでも詳しいマニア専門家」がコメントするのが普通でした。なんでも知っているのが凄いことでした。

 現在は時代が変化して、

 「TVでコメントするような専門家」が「素人のマニアにつっこまれる」ような時代になってしまい。

 広く深く知っている人が、狭く凄く深く知っている人に、特定の分野で負けてしまい。

 他では全部勝っていても、ある一点の「負け」で全否定されてしまう時代のような気がします。

2003-04-26

[]みさきニュースhttp://props.tripod.co.jp/news/

「今日のなんでやねん」さんで取り上げて頂いた。

http://kitaj.no-ip.com/tdiary/20030426.html#p05

>これ,分類まで自動なのか

 そうなんです。自動で分類やってます。


 わたしが調査したところ、バルクニュースやRSSがらみの自動取得サイトだと、たんに記事を取得して羅列するだけのようです。

 凝ったものでも、被アクセス数でソートする「せかいのまんなか」があるくらいではないでしょうか

http://bulknews.net/

http://webmania.jp/~keitsuda/ 


http://homepage1.nifty.com/kazuf/renewal.html

 ここのAWAKING Projectに触発されて開発しています。

 米国だとGoogleNewsという物凄いものがありますが、この種のサービスはまだ国内は皆無だと思います。

 キーワード分類は、「キー」「カテゴリ」が対の辞書を利用しているだけです。さほど高度な処理はしてません。

 要点は、カテゴライズに優先順位を儲けていることで、

 たとえば、


 仮に、以下の記事を仮定すると、

田村ゆかりアニメ祭に出演」

 田村ゆかり声優

 という辞書が合った場合は、すみやかに「声優」にカテゴライズされます。

 もしない場合は、「アニメアニメ」で「アニメ」にカテゴライズします。

 より具体的なカテゴライズを優先して行っているわけです。


 開発はHSPなので、コンパイラもタダです。インタプリタなのでデバッグも楽です。C++とかJavaとか使えば見かけはカッコイイですが、

 プログラムは動けばいい。アルゴリズムの実現がキモである。

 と常々思っているので問題ありません(なので職業プログラマには向きません。しくしく)

[]改良

 カテゴリ化に失敗した記事を別ページで一覧しました。

 辞書にキーを若干追加。


 4/26夜の場合は「155/199」%のカテゴリヒット率。

 失敗しているのをみると、

 俺ニュースの微妙な言い回し、

 Brainstormの抽象化されたヘッドライン

 に失敗してます(;´Д`)

 あとwiredのカルチャージャンルも難しいようです。

久しぶりに人工無能・制作でも再開するか。


 今、考えているアルゴリズムは、


  1. まず文章の分解
  2. キーの学習
    1. 新規はそのまま記憶。クラスの初期数値は乱数
    2. 既に記憶済みの場合は、文のカテゴリから単語のクラスを修正
  3. 単語クラス辞書を利用して入力文からメタ文章抽出
  4. 依存関係辞書から出力文を生成

 依存関係辞書の学習はどこかのBBS(たとえば2ch)から前後の依存関係を仮定して大量学習する。


『文のカテゴリから単語のクラスを修正』

 このクラス修正にニューラルネットを使えないかと思案中

[]2chブラウザ「chradio」

 別インターフェイス作成

http://props.tripod.co.jp/2ch/

 自分用によく行きそうな板のみ表示(別途一覧も可)


 独自のCGIを使ってますが、


 例えばSF板のスレ一覧は、

http://cgi.mediamix.ne.jp/~t5523/user-cgi/a/sh.cgi?shell=&url=http://book.2ch.net/sf/subject.txt

 で呼び出せます。

 フレームに対応するために

 スレ一覧は「th」

 内容は「view」

 と呼び出されるようになってます。


 このCGIは外部から自由に呼び出してかまいませんので、

 HTMLのフレームが判る方は、自分用にカスタマイズして使われてかまいません(うーん、そんな人いないかな) 

2003-04-25

[]みさきニュース

http://props.tripod.co.jp/news/

 自動生成のニュースページ復活させました。

 色々と巡回するのが面倒なんで、自分も楽だし。

 前回は、新聞社サイトのリンクの是非で休止しましたが、

 巡回先から新聞社は外して再開します。

(もっとも個人ニュースサイト新聞社に直リンしてたら同じだけど)

 これはプログラムで自動取得して、自動でカテゴリ分類して生成しているので、

場合によってはアホな分類をしてくれることもあります。ご愛嬌で。


 俺ニュースが報じてた、カメラ搭載ラジコンで犬を追いかけるムービー。犬が可愛いっ!

http://www.robertsondex.pwp.blueyonder.co.uk/movies.html

2chのラノベ新人賞厨房専用スレはよく見ている。書き込みはしないけど。

http://cgi.mediamix.ne.jp/~t5523/user-cgi/a/sh.cgi?shell=&url=http://book.2ch.net/magazin/dat/1051013780.dat

 やはり似たような努力をしている奴らを見ていると、元気をもらうこともあるし。

 ま、名無しなんで交流があるわけじゃない。関係性なんか超えたところにメタ的な交流があるような感じ。


「ラノベ作家はスタメン落ちの二軍か?」って感じで最近は煽り煽られスレが進んでいく。

268-269は気持ち悪い(;´Д`)

 語尾が、

>ククク…作家志望の崩壊パターンはいろいろあって実に興味深い。

>わしはその様をブラウザ、あるいは2chビューアーで眺めながら、酒をたしなむのを

>人生最高の愉悦と感じておる。

作者が死んだweblogはどうなる?

http://cgi.mediamix.ne.jp/~t5523/user-cgi/a/sh.cgi?shell=&url=http://news2.2ch.net/newsplus/dat/1051187491.dat

速報板ですが、

「無料サイトは作者が死んでも残り続ける」

これは小説アイデアとして考えていたのですが、現実にすでに起きてきているようですね。

このスレを読んでいると、「出会い系で知り合った彼女に殺された高校教師の残ったままの日記サイト」なんかにリンクがあります。

日記を読むと「空き巣に入られて300万程度被害にあい、金が無いのでパソコンヤフオクで売ってなんとかしている」みたいな記述もあります。

 もし、この事実ならこの人が最後は殺されているのです。

 他にもガン闘病の少女がウェブ日記をつづったものへのリンクもあります。最後に親族の手「娘は永眠しました」という書き込みがあったりすると、これはマジで泣けそうです。

 不謹慎かもしれませんが、かなーり小説になるネタです。

 わたしも昔参加していた創作系BBSで、参加者で亡くなった方がいました。一度しか顔は見たこと無いのですが、現実世界ではなくネットを通したつきあいの人が死んでしまったことがなにか変な感じがしました。

最近、司馬遼太郎さんのエッセーを読んでます。語り口がやさしいし、機知にとんで、生々しい。

 司馬さんは30歳越えてから小説を書き始めてますが、

 「わが小説のはじまり」という文章は参考になりました。


「自分の世界はわかりません。わかると自己模倣がはじまります」

司馬さんの知人の言葉「文章は意識の流れやさかいな」

他に知人の言葉で「いいものを書こうとするな。悪しきものを書け」

みたいなのがあったんですが、どこにあったかわからなくなりました。

ルパンラピュタロボット

スーパーマンに出てくるらしい。宮崎駿スーパーマンからパクッてるとは思わなかった(;´Д`)

 ダイソーで百円で売っているアニメスーパーマンで確認できるらしい

kanosekanose 2003/04/25 05:52 宮崎駿氏の元ネタといえば『やぶにらみの暴君』なんてのもあります。

mkomiyamkomiya 2003/04/26 01:14 宮崎さんは物語に関しては元ネタだらけですね。あまりオリジナリティとかは意識してなさそう。

かのせかのせ 2003/04/27 21:17 『やぶにらみの暴君』はカリ城のビジュアルイメージの元になってるんですよ。宮崎氏は日本の若いアニメ制作者はコピー世代といっているのでオリジナリティーは気にしていると思うんですが。

2003-04-23

 最近は堅い評論とか読んだりなんでなんか気が重い。

 頭もずーんと痛い。

 つうわけで、久しぶりに「ロストユニバース」を見てみた。

 やっぱいいわ。軽妙な会話。アクション。

 神坂さんの小説よりだんぜんアニメの方が好きだけど。

 考えると、この手のラブコメ風スペオペってほぼ絶滅状態だよな。

 ラノベで見回してもないし。(電撃でA/Bなんとかって男二人組みのあったけど。すごい判りづらい話だった)

 アニメは、宇宙モノは残ってるけれども。なんか違うよな。

 スペオペを現代に蘇らせる手法はないものか?

 現在は、スペシャリストの時代だから。それぞれの専門家の話になりやすい。じゃないと、リアリティがない。

 主人公がスペシャリストだと持たないので、学校を世界にくっつけてしまう。

 非スペシャリストが活躍できる世界がないものか。


 見てて気がついたけど、

 自分が前かいた小説だけど、

 カースナ、ティフィレン、ファールって

 ケイン、キャナル、ミリィ

 と組み合わせがそっくりだな(;´Д`)

 深層心理で似てしまったのかな……。


 テレ東のLAST EXILEってアニメは高評価みたいだけど、

 こっちでは放送して無いみたい。

 公式サイトの説明だけ見てると、アリソンとラピュタが混ざったような感じがするな。

シグマリオン3発表

http://news.lycos.co.jp/topics/business/docomo.html?d=23impressp03&cat=14

 3は無いかもと思ってたけど、3が出るそうだ。

 開発は従来どおりNEC。

 800x480解像度にアップしてますね。大きさがシグマリオン2と

ほぼ変わらないとこが凄い。USBもついているし。5万なら安いな。

 なかなか素晴らしい仕様です。

 シグマリオンは1万円で叩き売りになったので、2も一万円ぐらいになるかも(^^;)

 相変わらずH"は使えないようにプロテクトされてるらしい(^^;)

[]オリックス石毛監督解任

http://news.lycos.co.jp/topics/sports/orix.html?d=23jijiF372&cat=1

 石毛は今、死ぬより辛い心境と思う。

 しかし、個人的には『ざまあみろ』と思っている。

 私は選手時代から石毛が嫌いだった。西武の森監督も悲惨な末路をたどったが、石毛もそうなるとは。うひひ。プロ野球は怖い世界だ。

 恥とか温情なんて言ってられない。

 選手時代は陽気で熱血って印象だったが、監督になって陰気な顔ばかりしていた。監督と選手では要求されるものが違うのだろう。

 それに比べて巨人の原監督。選手時代はお坊ちゃん扱いでマスコミはバカにしていたが、監督になっていつも余裕の笑顔である。

 王監督巨人監督時代「盗塁できる選手がいない」ことから散々マスコミはけなしていたが、パリーグでダイエーは盗塁数が多い。

 監督はめぐりあわせで、勝てない時は実は選手が育っているだけのこともあるだろうが。

2003-04-21

 よく行く創作サイトが突然消滅したので心配しました。

 こういうのは落ち着かないものです。

 理由がわかったので安心しましたけど。

[]「宮崎駿の<世界>」(ちくま新書)

 これはぱらぱら拾い読みだけだったの丹念に読んでみた。


 宮崎駿さんは、漫画などの過剰表現がキライであるそうだ。

 たとえば、巨人の星のような「目が燃えたり」「背景が赤くなったり」する漫画から導入された過剰表現がキライらしい。

 たしかに宮崎アニメはかなり実直で細かい映像表現は使わない。

 スローモーションとか、大きな汗とか記号化された笑顔とかそういうものは全然使わない。

 そのへんは宮崎さんが漫画家の道をやめてアニメに進んだ理由なのだろう。

 手塚治虫漫画記号と見抜き、鳥獣戯画のカエルの笑顔が黒目と白目という描写をとらずに(^_^)という記号化された笑顔を採用しているところをすでに漫画的表現であり、漫画のルーツであると言っていた。

 手塚さんは漫画の絵をいくつかの記号の組み合わせと表現していた。アニメも止め絵的なリミテッドアニメを用いた(セル枚数も減るし)。

 そういう意味では今日の日本アニメは手塚アニメの流れであって、

 宮崎アニメは異端なのだろう。

 GAINAXの山賀さんは、うちのアニメ記号的表現を追及していて、

エヴァは世界設定すらつぎはぎの記号の組み合わせでできている。

 と何かで語っていた。

 紋切り型のパーツの組み合わせでも、そこのドラマに本物らしさを作り出すことで、観客は容易に感動する。

 そもそもアニメは実写に対して、本物からなにか抽出して偽者を組み合わせることでより何かを表現するメディアだから、

 記号を組み合わせることでアニメを作るというのは本来もっともなことかもしれない。アニメ漫画的表現を導入することは不自然ではないのかもしれない。

 では、宮崎駿はなぜ記号化された表現を拒むのにアニメというメディアを使っているのか。


 たとえば実際の動作からアニメとしての動きを取り出すときに、対象をよく観察して「らしさ」を抽出する作業に、魅力を感じているのは確かと思う。

 実写で撮影することはどうしても無自覚にそれをフィルムに焼き付けることが避けられないが、アニメは完全に自己がコントロールする作業であり、絵描きがそこから見出したものがすべてである。

 おそらく記号的表現が嫌うのは、記号として落とし込まれたものを再利用する行為は、実際の動きや形を観察して抽出するという作業を放棄することになるからではないだろうか。

(山賀さんは、最近のアニメーターアニメをコマ送りで見て動きを研究しているのでけしからんと言っていた。庵野さんも実際の動きをみて研究しなさいと言っていたい。でも記号の組み合わせという意味ではなんか矛盾しているような気もする)


 宮崎駿戦争は否定しており、自然と人間の羽間で悩む人間でありながら、なぜ兵器が好きなのか?



 実家が飛行機工場だったこともあるだろう。機能美に惹かれることもあるだろう。

 戦争行為はともかく「戦争で熱くなってパワーを出している人間」にはワクワクすると言っているそうだ。

 キライと好きは表裏一体ということはあるだろう。

 これは格闘とか活劇とか闘いのシーンになぜ惹かれるかにもつながると思う。

 そもそも暴力は否定するべきだが、暴力はときにして見ていて面白い。

 スポーツはルールを用いて暴力を押し込めるが、戦争やケンカはそもそもルールはない(実際はあるけど)

 宮崎駿スポーツはほとんど描かない。しかしケンカや戦争はよく描いている。平和とか自然とかとは矛盾するように見えるけれども、燃える心や胸の高鳴りにワクワクするという気持ちには正直に見える。


 そもそも宮崎アニメはなぜこんなにも面白く皆の人気を集めるか。

 自然との共生など人間のあるべき姿を追求しながら、戦争やケンカなどの楽しさも同時に描こうとする。観念や思想ではなくて、その瞬間や過程、体験を大事にする。

 観念や思想はもちろんあるけれど、それは背後であって、あくまで動きや過程や発見などのその場の行為がメインであることも人気の秘密だと思う。

「子どもはこうあるべき」とか「これは本当はこうなんだよ」

 みたいな教条より、

「発見している過程」や「あの木の向こうに池があって、そこには」

 みたいなまるでその場で自然と実際に体験するようなものなのだろう。

 しかし、「子どもがトトロを百回見ました」なんてことが起きてしまい、

 宮崎さんは苦笑する。

 トトロのビデオが自然の変わりになってしまっては、本末転倒なのは確かだろう。

2003-04-20

 そろそろ夏向けの長編の構想を練らねば。

 今回はスニーカーかスーパーダッシュを狙おう。

 富士見は難関すぎるし、どうもファンタジーくさいので自分は合わない感じがするので回避。



 最近はラノベ板をけっこう見ている。

 AV機器板をまったく見なくなったのでそのぶん見てる。

 SF板あたりもチェックしたいところだが、

 早川SF文庫をほとんど読んで無いので、スレを見ても、つまらなそうなんで忌避。


http://that.2ch.net/robot/

すげえロボット技術板とかあったんだ。

しかもアニメ特撮ゲームネタは禁止だって。凄すぎ。

[]

 最近はわりと評論とかノンフィクション系を読んでいる。

 岸田秀さんなんかは昔から好きで読んでいるが、20世紀を精神分析するって文庫を読んだり、古本屋で見つけた司馬遼太郎と海音寺潮五郎の対談を読んだり。

 日本人はすべてを学ばずに、いいところや本質だけを瞬間的に見抜くところがあり、それは長所であるという話などがあった。あと、宗教心がないといわれるが、それは織田信長の弾圧や、キリシタン追放などによってそうなってしまったのではないか? 日本人はむかしは宗教に熱心であったという話もあった。日本人はそういうものだと思っていることもじつはけっこう最近、変わってしまっているだけのこともある。

 岸田さんもどっちかというと歴史よりの人なんで、比較して読むとけっこう面白い。


 岸田さんは「日本は黒船のペリーによって強姦されて狂った」というのが持論のようだが、司馬さんたちが幕末の話しをしているのと合わせて考えるとより面白い。

 そういえば、昨晩はNHKアーカイブで手塚治虫さんが出ていたが、その後司馬遼太郎さんも出ていた。

 ハイブリッドな子どもたちって本も読んだ。いわゆる現代思想的なポストモダンな評論でも男性だとどこかパズルを愉しんでいるような感じがするけど、この女性の本はなにか迫力があった。鬼気迫ってる気がする。

 ハイブリッドな子どもたちってのは離婚で家庭が崩壊した子どもたち肯定的に表現するために著者は用いていた。この著者も親が離婚しているので、どこか自分を癒すために思索している感じが強い。そういう意味では岸田秀さんも自分の神経症を治すために精神分析を研究しているので似ている。


 今のイラク戦争を岸田秀さんはどう見ているのだろう?

 岸田さんはヨーロッパはローマ人に根こそぎ否定された民族で、その恨みをアフリカ、アジアなどの植民地を搾取して晴らしたという見方だった。

 スペインはインディアンを2000万人殺し(誰も非難しない)その上にアメリカ合衆国は成り立っている。

 北朝鮮は温存された大日本帝国の亡霊であり、将軍様は天皇の劣化コピーであると見ていた。

 内的自己と外的自己という形で見ると、日本の外的自己は欧米追従であり、内的自己は欧米憎悪である。その不一致で日本人はすべて発狂している。

 米国の外的自己はなんだろう。

 世界の警察、正義の味方、差別の無い進んだ多民族国家。そのへんか?

 内的自己は、英国の分家であり、歴史は浅く、文化も浅く、常にUSAと叫ばないと瓦解する求心力を持たない人工国家としての劣等感だろうか。

 自我の違いの矛盾を消滅させるために、違いは抑圧されて意識外へ追いやられる。戦争で、外的自己が肥大し、内的自己は抑圧されることになる。

 ベトナムの戦争犯罪博物館には、下半身の無い死体を持ち上げて微笑む米軍兵士の写真が飾ってあるという。

2003-04-18

なんかまた日記が長くなってるな。注意。

[]アニメ

 ななか6/17(12話までだけど見た)

 17歳にとって6歳のななかはかつて通ってきた道。17歳より6歳の方が好きだと皆が思うけど言えない辛さをもっと突き詰めて欲しかった。でも人間が成長することの意味は? はたして大人になることに意味があるのか?


 ウルフズレイン。昔だったらガンバの大冒険になっていたような気がする。いたちは現在はいないのかもしれない。貴族の感じがいいな。メカデザがちょっと即物的な気がします。


 AT-X再放送中のネオランガ

 15分の番組なんですが、断片をどんどん並行的につないでいく感じで、凄い多キャラの多重世界感。三姉妹視点、軍隊から、TV側から、ヤクザから、ヤサイ屋から、いろんな立場から多視点で交錯していく。

 三姉妹の性格付けとか、軍とかそれぞれの職業人間の見方が、短い尺で感じられるし、こういう演出は凄いなと感心する。

 ただ、なんかヤクザの抗争とか社会ネタに突入していくとなんかだまされてる気がする。

[]映画

 見てない洋画をどんどん見る計画実施中。


 クローンをやっと見た。いままで一番ディックらしい映画かも。悪役の少佐が『妙にいい人』なのがディック的。舞台がチープなのに出てくる人物が端役まで含めてみんな人間味がある。そのへんがブラックユーモア全開(ただし悪意は感じさせない、むしろ物悲しい)。主役も地味だったのもディック的だったです。


 Cube。

 これって箱の中だけの世界なのでそもそも映画は虚構だけど、虚構の中で虚構なわけで。でも世界が虚構でもそこでの葛藤は現実感がある。

 こういうのを見るとなんのために世界観とか現実感を作り出す努力をしているのか意味を考えたくなる。しかし考えたら究極の低予算でも済む映画ですね。おまけのエレベーターの話も役者三人とエレベーター一つで作れる。

2003-04-17

[]プロジェクトX「国産OSトロン」

 簡単に感想を。


 NECが携帯にトロンを採用していかにも上手く動いたような感じでしたが(ゲストは坂村さんとNECの方)

 当時は、スーパー301も外圧以外にも、NECも足を引っ張っていた印象が残ってます。

 文部省がトロンを採用すると、当時は国内を独占していた『98アーキテクチャー』のNECにとっては大きな損なわけで。そのへんの感じがまったくありませんでした。なにか意図を感じます。


 応答性という意味では、ソフトだけではなくハードによりの規格なわけです。

 GMicroというトロンチップを開発するプロジェクトがありましたがNECは参加してませんでした。富士通とか日立、三菱、沖電気なんかがやっていたかな。NECはプロセッサの設計力だと凄いはずなんです。スーパーコンピュータも作ってるわけだし。(V60?なんかの頃は純粋性能はインテルを上回っていたと思う)


 トロンチップはCISCでした。当時は、徐々にRISCが注目を集めてるころで、そのころに坂村さんはCISCの有利性を強く提唱しました。

 トロンの機能に特化した特別命令を用意してやって速度を重視する。

 一時はRISCは猛威をふるったけど、マルチメディア命令のMMXとかはトロンが先取りをしていたように思えます。

http://tron.um.u-tokyo.ac.jp/TRON/proj95/CHIP.html


 トロンのキモは、応答性の速さということだと思う。

 仮身とかユニコードとか、純粋ソフトな技術もありますが、(トロンキーボードとか)、

 やはりなにが強かったかは、『小さくて速いこと』。

 だから携帯でも採用されたし、組込みで上手く行った。最後に匂わせたユビキタスもトロンは有利なわけです。

 マイクロソフトはどんなにがんばっても従来のWindows路線では速度もコードの大きさでも不利なだけ。

 これはWindowsCEとPalmOSを比較するとわかり易い。

 Palmの十倍以上速いCPUを使いながらWinCEは遅い。電力もガバガバ食う。

 それはPalmOSが応答性重視で作られているから。機械が遅くても速く動く。

 でも、速いことがベストではない。Winodows路線であることは、開発環境とか、ソフトの互換性とか、周辺の部分でメリットを生み出しているわけで。

 ビルゲイツだって、はじめてマイクロソフトBASICを作っていた頃は、

 いかに小さなメモリ空間にBASICインタプリタを押し込むかというアルゴリズムの魔術師のような面があったわけです。

 それが過去の資産の継承や、互換性なんかで、OSが肥大していく。でも、それはCPUが速くなるので補ってくれる。メモリも増えていくので補ってくれる。

 しかも、OSの肥大が、ハードの要求を引き上げ、買い替えを促す。それは商売としては非常に上手く働いたわけです。


 あと坂村さんはトロンの無料&公開を強調して、「お金なんか」とお金を卑下するようなことを強調していた。「別にかっこつけではない」

 それはたしかにそうだと思うけど、

お金を要求する」ことはプロならば当然だということも言えますね。当たり前ですが。

 坂村さんは研究者だから金はいらないって言えるけど、でも「名声」は要求しているわけです。別に匿名で配布しているわけではないし。

 金は汚いって言うのはいいけど、名声はどうなの?

 青臭いことを言ってると思うけど、

 人間は金よりは名声の方が最終的には欲しくなります。

 政治家は儲けるかもしれないけど、でも金の為に政治家になってるわけではなくて、あくまで名声のためでしょう?

 周りが凄い凄いって頭をさげてくれるのは魅力がありますものね。


 アポロの月面着陸を見ていて、普通は「宇宙船は凄いな」「月に行きたいな」「宇宙はいいな」と思うところを、

 坂村少年は、「コンピューターは凄いな!」

 と思った。

 そして、

コンピューターには飽きません。30年経ったけど、もっと面白いと思ってます!」

 そういう坂村さんの目は少年のようにキラキラと輝いていました(とさ)


 今日の放送でパイオニアDVDレコーダーはトロン使ってると判るわけだけど、SONYはLinux。東芝は独自? 松下は?

2003-04-16

[]魔法遣いに大切なこと

 録り貯めていたのを見始めました。

 地元はネットしてないので、ファミリー劇場です。

 今、三話まで見ましたが、

 すげーツッコミどころ満載でびっくり(^^;)

 コミック版は評判いいけど、アニメの評判は……だったんで、

 どうなんだろ? と思ってたけど。


 これって原作者はシナリオライターで実写のドラマとして作った作品で、それを新人賞に投稿して落選したので、持込をしてアニメ化に決まったんですよね。

 以前、NHKの金曜アニメ館にゲストで来て裏話を話してました。

 本当は主人公はユメではなくて、ウメだったことなんかも。


 三話のキャバクラのお姐さんが依頼に来る話でおいおい(^^;)


 アンジェラが「魔法は弱い人を助けるためにある」

 って言ったので、「何様のつもり? 人を見下して!」

 と怒ると思ったら、依頼者は逆にアンジェラとユメに依頼してしまった(おいおい)

 その後、

 キャバクラのお客が職務上の事件に巻き込まれて逮捕され

「前科ものとは付き合うな」って言われたってキャバクラ勤務の依頼人が高校生の魔法の研修生相手に涙を流す(おいおい)

 アンジェラみたいな雰囲気の女の子なら

「なに生娘みたいなことを言っているの? バカ?」

「前科ものとはって、キャバクラ勤務のくせになにいってんのアンタ?」

 とかつっこむと思ったら、

 涙ながして魔法で幸せにしてあげたいとか言って、逆にユメに「考えて決めましょう」って止められてるよ(笑

 それでは役どころが逆だ。

「男に合わせたい」とか以前に「キャバクラをやめても食っていける」ようにするのが本筋と思うぞ。

(別に水商売とかそのへんを差別するつもりはないけどね)


 あと、このキャバクラの依頼人が店で靴を買っていて、

たまたま女の子が募金活動をしていたので、靴を買うのをやめて一万円札を募金箱にいれる。「暑いのに頑張ってるね」

 だって(笑

 めまいしてきた。


 募金活動する暇があったらその時間をバイトして、バイト代を寄付しろ。

 そもそも寄付をしないか自分が働いてそれを寄付するか二者択一だろ。

 「街角で募金を叫んで寄付を頼む」なんて行為は、

 他人に金を出させて、自分は声だけだして「すごいいいこと」をした気になってる、手軽に聖人君子になれる最悪の自己満足の見本みたいな行為だよ。

 (近所のスーパーにバカ女が顔写真付でアフリカの子どもへの寄付をつのってるコーナーがあって。アフリカお金を持って行きました。ありがとう!って写真が張ってあった。その前にあんたがアフリカに行く旅行代金を寄付しろよ。現地の団体へ銀行振り込みで)

 寄付の話は、このキャバクラ嬢という人間を否定的に描くための演出ならいいけど、どう考えても脚本家はこれを「正しい行為」と思ってるみたいなんだ。靴を買うと思って箱に入れて梱包までやっていた販売員がどれだけ可哀想で、バカにされてるか全然作者は気がついてない)


 話のすべてが安易な薄っぺらい考え方に満ちていてて

 見てて唖然とした。


 これから、10話まで見て行きます(・∀・)

dragonlightdragonlight 2003/04/17 16:45 3話の後藤さん、魔法士への依頼状の「職業」欄に「キャバクラ嬢」と書いていたのを見て大笑いした記憶があります。

2003-04-15

録りためを視聴

 最後まで見てなかったのでストラトスフォーを全話見る。

 あとキングゲイナーも最後まで見る。


新作では、

[]新デジコ(1・2)見る

 玩具を売りたいのか? 子供向けか? しかしデジコだやっぱり

 って感じで見ててひやひやしました(w

 極悪と子供向けの境界をすれすれで飛んでいく浮遊感を感じました(w

[]カレイドスター

 新作の中ではこれはけっこう良かったです。

 キャラクターが元気で飛び跳ねて生き生きしてました。

 いわゆる女の子が舞台のオーディションを受ける話です。


 これって少女漫画はでは昔からけっこうある話です。

 バレエものやダンスもの、いっぱいあります。

 自分はこのジャンルがすごく好きです。昔はよく読みました。

 今回のアニメもそうですが、展開には普遍的な王道パターンがあります。


 1.女の子が田舎から上京する

 2.オーディション会場に向かうが迷う

 3.やんごとなき理由で遅れる(先生がこっそり見てます)

 4.オーディションは既に終わっている

 5.先輩の女に叱られて、目を付けられる

 6.諦めかけるが、先生役の男性に抜擢されテストされることに

 7.テストの舞台で、やはり失敗する

 8.でも、観客にひきつける何かを見せる

 9.ちょっと自信を取り戻す

 10.失敗を先輩の女になじられて、故郷に帰ることにする

 11.後ろから人が追ってくる。舞台に残れることになる


 こんな感じが黄金パターンです。だいたいこの通りに展開します。

 (満月を探しての1話も変形ですが、だいたいこの通りです)


 その後のパターン。(カレイドスターがこう進むというわけではなく、あくまで黄金パターン)


 その後、先生役の男の人が主人公を特別扱いして教えます

 先輩の女からねたまれて、周りからいじめられます。


 ある程度主人公は伸びますが、先生の男は去っていきます。

 先生は、違う女の子を教え始めます(主人公の同室の娘)

 その女の子がぐんぐん上手くなります。

 先生に裏切られて主人公は悲観にくれます。

 主人公は天性のバネと明るさをもっていますが、

 先生が教え始めた娘は、繊細な感情表現ができます。

 自分がただの人形(の踊り)に過ぎなかったと悩む主人公。


 主人公はその女の子をバネにしてさらに飛躍します

 (先生の謀略です。捨て駒の女の子が可哀想です)


 ここで、主人公はいったん劇団を飛び出します

 別の空気を吸いに行きます

 (元がクラシックバレエならモダンへ行きます。宝塚なら女優の道へ)

 そしてて一皮向けて、劇団に戻ってきます。(別の男ができます)

 (別の男は、先生の男から頼まれて主人公から身を引きます。男は主人公を命をかけて愛しています。でも主人公の将来を考えて諦める。主人公は男から捨てられたと誤解します)


 先生の男は他の演出家と対立して孤立しています。

 主人公は先生の個人公演の主演を演じて危機を救います。

 昔自分をいじめていた先輩の女はパートナーになっています。

 主人公は先生が好きなことに気がつきます。

 でも、先輩の女も先生が好きです。


 主人公は劇団のトップになります。新入生の少女を見て、昔の自分を思い出します。


 先輩の女はケガをして舞台を引退することになります。

 主人公は舞台で頂点を極めますが、なにか満ち足りないものを感じます。

ペンCさんの日記

http://www2.tokai.or.jp/LOOP/

SF大会に行かれたようです。


>ガンダムSEEDのガンダムって電気で動いてるんですよね?

> あれってどうやって宇宙を飛んでるんでしょうか?

> なにをどうやって噴射してるんですか?


 よく考えたらそうですね。って初代ガンダムだって、足から噴射してるわけじゃないし、あくまで貧弱なランドセルだけですよね。

 あれでドムやゲルググのでかいバーニアよりなんで速いんだ?

 ザクなんかどこから噴射してるんだ?


 ダグラムのリニアガンはあれってリニアガンだったんだな。当時は中学生で、リニアとか知識は全くなかったので、疑問にも思わなかった(^^;)

AV機器板のアニオタスレ

http://cgi.mediamix.ne.jp/~t5523/user-cgi/a/sh.cgi?shell=&url=http://hobby.2ch.net/av/dat/1048278111.dat

 なにげに政治色が混入してスレが建て直しになっている(・∀・)

 さすがにバクダットを守るのは憲法違反という判断だろうか。

[]宇宙のステルビア

 文句なし。今期いちおしSFアニメ。横綱相撲。

スタッフは人型ロボットを出すのが恥ずかしいらしい
女の子の首が太すぎだよね
あと赤毛の女の子の胸がなにげに平たいよね
主人公の娘がうじうじしててうざいので
いじめたいよね

2003-04-12

略奪・海賊・測量

http://news.lycos.co.jp/topics/world/iraq.html

略奪横行バクダット

戦争よりこっちが怖いな。無政府状態になると必ず略奪。

[]プロジェクトXを二週分見たけど、

マラッカ海峡の『海賊』は凄い話だ。海賊は死刑が当たり前は当然と思う。真っ暗な海で密室の船で殺害される船員。「殺されると思って涙がぼろぼろ出ました」というフィリピン人の船員。日本人の老船長。銀河辺境シリーズとか思い出した。

 海上保安庁の役人が海賊情報を集めるために現地で走り回り、保険会社の弁護士が2000万円の賞金をかけて密告を待つ。

 こういう事件こそ邦画で映画にすればいいのに。


 ギニアの地図測量の話もさ。

 戦争反対なんて言ってるフランスが、ギニア独立の争いでなにもかもぶっ壊してしまう。国土基本図という地図も奪い去る。地図が無いから道も作れず、川から水も引けず。吸血蝿に襲われながら日本人技術者が決死の測量する。ギニア大統領から感謝の言葉「あなた方が、はじめて対等に向き合ってくれた外国人です」

 いかにフランスが狡猾な国かよく判る。宗主国なんか皆そうだろうな。

http://news.lycos.co.jp/topics/world/iraq.html?cat=2&d=11mainichi1215m128

SCEは大戦略イラク版でも作るのかな。なんか恥ずかしい。

即売会

明日は福岡市早良区の『ももちパレス』で同人誌即売会がある。小さな即売会は行ったこと無いのでちょっと見物に行くつもり。

みさきは
ホモと少年誌マンガはキライらしい
BLばっかだったらどうしよう
あとヒカ碁とかテニスのとか。

[]巨人阪神

 今日の試合は最高でした。星野監督監督なのに「なぜガムを噛んでいるの」なんでだろう?

江藤二軍落ちしたらしい……。

伊良部はどうせならパパイヤ並に太ってみろと言いたい
中途半端はイクナイ
9回裏2アウトから同点になるなんて信じられない
後藤は漢よ

pgarypgary 2003/04/14 02:46 XS40買いました〜(^^)

かまだいつきかまだいつき 2003/04/15 00:06 大体未だに「フランス領ポリネシア」だし、植民地時代の残滓を一番とどめている国じゃん、フランス。滑稽きわまりない。

2003-04-11 復活

10日過ぎたのでひっそり日記復活。

 気が向いたら書くというスタンスでいきます。

業務連絡

 管理するのが面倒くさくので、管理人の仕事はエスケープ中。ご迷惑をおかけしてます。

 あと掲示板は自作なんで削除機能がありません。消すの面倒なんで荒らさないでください。『スレ削除依頼』をしないでもレス付けなければすぐ下がります。荒らし放置してください。

[]モンド研究所『人形作家・四谷シモン特集』

 この人の人形写真は澁澤龍彦「少女コレクション序説」に載っていた写真を見たのが始めてでした。独自の球体関節人形は凄い空間を作っている作家だ。

 途中で澁澤龍彦との親交の話も出てきた。わたしはボークスのドルフィーはわりと四谷シモンの人形を感じる。これはリカちゃん人形とは明らかに違う。

 少女人形は少女よりエロティックである。澁澤龍彦の本に出てき言葉。デカルトが死んだ娘の人形を作った話などからデカルトコンプレックスという言葉もあるが。

 番組で四谷シモンさんが色々とコメントをしていた。(見た目は森本レオとジョージルーカスを足したような感じ)

「人形は人形である」 人形はなにかを追い求めやっと判った。

 含蓄の深い言葉であります。

 四谷先生は原宿で人形教室をやっているそうで生徒が80人ぐらいいるらしい。東京はいいな。

 男性の人形愛と女性の人形愛は違うと思う。男性は人形に理想の異性ようなものを込めたりする。女性は夢にあふれている。女の子の人形遊びはバーチャリリアリティを体験するためのアバターなんだと思う。香山リカのリカちゃんコンプレックスなんかを読んでもそう思うな。リカちゃんはディズニーランドだと思う。男性の人形愛はちょっと違う。

 四谷シモンの人形は洋風だけど、どこか和製のからくり人形っぽさがある。自動人形はオートマトン。オートマトンって大学で習ったけど自動販売機を作るための理論な授業だった。人形の話なんか出るわけないがちょっとつまらなかった思い出がある。

 人形に愛を持っている作家は時々見る。緒方剛志さんなんかはそうだろうな。DOLLというマンガやワークスドールというゲームは、かなり人形愛に溢れていた。ロボット娘作品には案外人形愛を感じないことが多い。ちょびっつなんか人形愛は微塵も感じない。ハンドメイドメイもないな。ちょっと思い出しても無いものだらけだ。結局みんなピノキオなんでつまらない。

 「人形は人形である」そうだ! 人形は人間の代用でも人間になるべき存在でもない。人形が人間になれて涙を流すなんて話は最低である。嫌らしい人間のエゴである。とか言って見るテスト。

 DVDRに焼いておこう。四国に病院ギャラリーという場所があるらしい。行って見たい。毎年、四谷シモンの学校の作品を新宿の紀伊国屋で展覧しているらしい。

 自分はロボットとか人工知能が好きだが、人形も好きだ。ぬいぐるみも好きだった。これは小学校以前からの傾向だ。人形愛のようなイメージ小説に出せるようになればいいかもしれない。

 少女は性から最も離れた存在である。エンプソンという人の言葉である。人形に対してミクロコスモスを見出すような姿勢は人工知能に対する熱意にも共通すると思う。

 とか少女人形を巡ってちょっと考えた。


四谷シモン:公式

http://www.simon-yotsuya.net/accueil.htm

人形といえばプリンプリン物語が再放送始まっている。懐かしい。

タラコ唇の黒人とか出ていたが、大丈夫かNHK

最も。特徴を誇張することが逆に民族の個性を表現し良いことだという考え方も出てきているようだ。

差別は差別をする意識にある。

アップルのPowerBookの看板は、巨人と背が低い人を対照的に起用している。一瞬、差別では? と思った。でも、差別だと思うその心が差別なのじゃないだろうかと。

BJによろしくで、未熟児で障害発生するかもしれことを巡る討論をちょっと思い出した。作家というのは難しいテーマに自分なりの答えを考えそれを表現する仕事でもあると思う。



 パンドレッタは原田知世・特集と、さよならジュピター特集だった。こっちも焼いておく。

 なんか、さよならジュピターは久しぶりに見たくなった。レンタル借りてこよう。

電撃

 結局短編を二編送った。期待はできない。さ、次を書きましょう。今、書き続けなければまた摩擦係数が高くなる。