雑種路線でいこう

2005年10月16日

地デジ問題の落とし処

前の会社にいた頃なので4年も前のことだが,地デジの反対運動を手伝っていたことがある.地デジ反対論をぶつ僕に対し,総務省に近い当時のボスは「ちゃんと向こうのお偉方も分かって,悩んでるよ.誰も傷つかないように軌道修正するんじゃないか (だから君たちが下手に騒ぐと向こうも引っ込みがつかなくなるから気をつけようね)」なんていってたけど,ずるずるとここまで来てしまった.膨れ上がるアナアナ変換費用をどうにかするために,昨年は電波利用料問題が火を噴いた訳だが...

放送局というとキー局のことしかみんな思い浮かべないが,こと地デジに関してはローカル局経営問題だった.もともとは衛星やネットになればキー局が直接,日本全国に番組を配信できるので,キー局からのCF配信代行手数料で成り立ってきたローカル局存在意義がなくなってしまう...という議論だったのが,この間コピーワンス見直しやIP再送信を認める方向の情報通信審議会答申が出たので,ネットが放送チャネルとして認知されることは確定し,残るはアナアナ変換や中継局のための膨大な投資をいつ打ち止めるのか,という議題に移りつつある.

ちょっぴり悲観的というか現実的な見通しを書く.2007年ごろから放送を含めた魅力的なコンテンツは一通りネットで視聴できるようになる.2011年,地デジはそれなりの視聴者を獲得するけれども,いくら中継局に投資してもカバレッジは地上アナログ放送ほどには上がらない.いずれ財務省から「で,いくら投資すれば足りるか正しく試算できてるの?」と突っ込みが入った時点で,BSデジタル/地上波デジタルをサイマル放送とすることで,中継局投資を打ち止めつつデジタル放送ユニバーサルサービス化を実現する方向へ方針転換するのではないか.NHKユニバーサルサービス義務も,島嶼については衛星でカバーしているという建前だし.その頃には既に破綻しているBSデジタル各社を系列キー局が吸収合併しているだろうし,カネのかからない再放送や通販番組適当に流していたBSデジタルを地上デジタルとのサイマル放送にしても,放送局としては困るどころか経費が減って助かるだろう.誰もアナログ停波で空く予定のVHF帯など使いたがらず,アナログテレビを使い続けるひともいるということでアナログ停波は中止.そして放送デジタル化という政策の無謬性を守り抜くために数千億円をどぶに捨てた関係者たちは,その頃には責任を問われない別のところにいる,それだけの話だ.数千億円で他に何ができたかを考えると片腹痛いが,使ってしまったお金を惜しんでも仕方ない.

それよりも地方局の存在意義というフィクションを守るためにネットの可能性を矯めるという従来の政策*1を,郵政民営化問題の隙を突いて早業で撤回した総務省に拍手を送りたい.数年前の議論を振り返ると,これはかなりすごいことだ.つまり,Apple革命を起こすどころか,ごく最近,総務省が無血革命を起こしていたのではないか,というのが僕の私見である.

税金の無駄遣いを責める相手は今の総務官僚やARIBではなく,まだ引き返せた頃の放送行政担当官や,何度も通信・放送融合を睨んだ法案を廃案にし続けた与野党政治家たちではないか.まぁ彼らを断罪せずに済むからこそ,無血革命が実現したんだろうけど.

放送局の人たちも役人たちもこの事実を漠然とは認識してはいるのだが、ここまで話が進んでしまった段階では後戻りが出来なくなっているのだろう。

Life is beautiful: アップルにして欲しい次の革命

*1:これは恐らく総務省の本意というよりも,与野党を問わず政治家の意向だった

isrcisrc 2005/10/17 01:00 週刊誌ネタだから嘘か本当か知りませんが、最近総務省が慌ててIP再送信を認めたり通信放送融合に乗り出したりしたのは、経産省寄りである内閣府の制改革・民間開放推進会議が通信放送融合をターゲットにしようという動きがあったからだそうです。ちゃんとやってますから手出し無用、と言うためのポーズだった、というのであれば拍手を送るような話ではないですね。

mkusunokmkusunok 2005/10/17 01:23 その手の駆け引きは毎度のこと♪今後の進捗は注視する必要がありますが,経緯とか動機は問わず,結果さえちゃんと出してくれたら拍手しちゃいます.数年前はいくら経産省から揺さぶってもビクともしなかったんだし

hasenkahasenka 2005/10/17 16:18 すごいね。(ここ)有名ブログ所をバッサバッサ。鋭い切れ味。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mkusunok/20051016/p1
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
雑種路線でいこう by 楠 正憲 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License. このブログは楠正憲の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の所属する組織とは何ら関係はありません。
Connection: close