雑種路線でいこう

2006年04月26日

個性とキャリアパス

id:naoyaさんからトラバをいただいた.CTOがこういう風に考えていらっしゃる会社だから,血眼になってヒトを探さなくても優秀なプログラマが門を叩いてくるのだろう.はてなさんの場合は自前でサービスを開発/運用されていらっしゃるので,様々なタイプ技術者が活躍され,経営者も意識して適材適所のキャリアパスを提供する努力をされているのだろう.

世の中いろいろな会社があるし,例えばレガシーシステム運用保守とかだと「これ俺の人生の何の役に立つんだよ」とか悩みながらJCL, Cobol, PL/Iとかと格闘するんだろうし,外資系ソフト会社マーケとかをやっていると「3C4Pどれも決められないでどこがマーケだよ.カタログとか広告つくったり,海外のプレゼン翻訳して分かったふりして偉そうに講演したり,どんどん現場から離れて,潰しがきかなくなるんじゃないか」と悩んだり,事業ドメイン起業風土によって,風林火山どのタイプ技術者としての素養が必要なのか,適材適所で素質に合ったキャリアパスを提供できるのか,といった点で,組織によってだいぶ違いがあるんだろうなー,と思うし,はてなにせよGoogleにせよ,そういう意味ではまだハネムーン期間だよね,という気がする.一方で同じベンチャーであっても血眼になって「エンジニアがいねー」とかエージェントに詰め寄る無粋なところもある訳で,チープ革命とかの影響もあるんだろうけど,ことヒトに関してはお金で買えないケースが増えたとゆーことはいえるんじゃないかな.

とはいえ,いうまでもなく世の中には面白くなくても重要仕事が山ほどあるし,むしろそういうものが世の中を動かしていたりするし,必ずしも素敵なキャリアパスを提供できないけど大事な仕事で,どうやって必要となるスキルを持ったヒトに来てもらうかというのは,事故が増えてからみんな痛感するのかなー,とかそこはかとなく心配している.無理が通らなくなってから,世の中の仕組みの方が変わってくるのかなーという気もするけど.

大量に積もった細かいタスク淡々とこなしていける並行処理能力をもったプログラマ。あるいは人が作ったものを丁寧に磨いていける能力を持ったプログラマ。そういう複数のカテゴリの人たちが一緒になって組織を作っていくのです。組織はお互いがお互いの仕事尊敬しあってやっていないと、いずれ崩壊する。だから、僕はこの異なるタイプエンジニアの能力というのをお互いがお互いに認識しあえるかどうかは非常に重要だと思っています。

naoyaのはてなダイアリー - プログラマの種類とキャリア

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
雑種路線でいこう by 楠 正憲 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License. このブログは楠正憲の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の所属する組織とは何ら関係はありません。
Connection: close