雑種路線でいこう

2007年07月30日

参議院選挙 雑感

期待に違わず民主党が勝ったが,先々のことを考えると暗澹たる気分だ.いろいろと重要法案は滞るし,官僚の皆様は国会対策で忙しくなるのだろうな.衆参のねじれ現象は政策転換ではなく政策停滞を促し,民主党は衆院の解散総選挙を目指すだろうけど,衆院選を勝つ自信がなければ自民党としては簡単に応じる訳にもいかない.

安倍政権が持っったところでレームダックだし,他にお鉢が回るにしても中継ぎ政権だし,しばらく政治は麻痺し,外交は混乱し,経済は停滞するだろう.個人的には住宅ローンの金利見直しが近いので,これで日銀による利上げが遠のくと嬉しいのだが.

地方の一人区で自民党がこれだけ負けたということは,finalventさんがblogで書いているように,小泉改革で地方の集票組織利益機能を失い,瓦解したということなのだろう.この辺の利益構造が崩れつつあるとなると,有権者を直接味方につけるような政策なら,地方有力者にとって望ましくないものであっても通りやすくなる可能性がある.例えば地デジ問題とか.

情報通信に関連したところでいえば融合法制とかNTT再々編へ向けた準備といった,先を見据えた大仕掛けな布石を打つことが次の衆院選までは難しくなったので,対決路線で世の中の矛盾を炙り出せれば面白いかな,と.例えば格差問題と絡めて,アナログ停波の無期限延期,全キー局の全地域に対する衛星同時再送信解禁,電波に空きのある地方でのコグニティブ無線の解禁,とかいう政策パッケージを打ち出すとかできないかなぁ.

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mkusunok/20070730/senkyo
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
雑種路線でいこう by 楠 正憲 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License. このブログは楠正憲の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の所属する組織とは何ら関係はありません。