雑種路線でいこう

2008年04月20日

硫化水素どうしてくれよう

また京都府警か。与野党有害コンテンツ規制案で自殺サイトを取り上げていて、連日のように報道されているんで、よく議論になる。警官も被害に遭っているし、本当に危ないんだから止めてねという狙いもあって、警察が積極的にリークし、ネットを叩きたいマスコミも飛びついているだろう。

自殺を、予備も含めて処罰対象にし(法定刑は低くとどめておくべきでしょう)、人命が損なわれないよう、警察が十分動けるようにしておくことを、真剣に検討すべきかもしれません。

2008-04-20 - [話題

硫化水素を発生させる方法がインターネット掲示板に多数書き込みされ、自殺を誘発している恐れがあるとして、京都府警は17日、23のプロバイダー(接続業者)に書き込みの削除を検討するよう文書で要請したと発表した。

「硫化水素作成法」削除を、プロバイダーに京都府警 - MSN産経ニュース

繰り返しネットに製造方法が云々と強調するんだが、もはや硫化水素の製造方法がネットに乗っているというアテンションを高めているのはテレビや新聞であって、そろそろマスメディアも製造方法を踏み込んで説明してないから免罪とはならないんじゃないかな。いまやマスコミ報道で知ってググった奴の方が多い気がするんだけど。

自殺誘引サイト有害サイトカテゴリして取り締まることには反対だが、違法の範囲を広げるのは手ではある気がする。学術的に淡々と硫化水素の作り方を解説するサイトや、当エントリのように硫化水素に対して言及する記事まで責任を問われることはないが「○○と○○を混ぜると簡単に死ねるよ」的な紹介をするサイトは、ガツガツ殺人教唆容疑で取り締まっても構わないんじゃないかな。申し訳程度に「各関係業者向けに犯罪防止対策、並びに手口の警告としてお知らせします。くれぐれも実践は厳禁です。」とか書いていれば免責されるとでも思っているんだろうか。

その方法で周囲に巻き添えがあると知る機会が十分にあるのに、傍迷惑な方法で自殺しようとする奴も、どうして未必の故意があった殺人未遂とならないのか、よく分からない。まあ自殺に成功してしまうと訴えようがないし、未遂に終わった場合も追いつめてどうする、詮無いじゃないか、というのもあるんだろうが。

既に自殺予告に対してはテレサ協がガイドラインをつくっており、現行法制でもきっちり通報の仕組みはあって、裁判所の令状なしでも情報開示に応じているサイトが多いし、少なくとも年間数十件は警官自殺を止めているらしい。それで警官も硫化水素を吸ってしまう訳だが随分と傍迷惑な話ではある。

僕は倫理学が専門ではないので分からないのだが、傍迷惑な自殺が減らないのは病院が安楽死を実施しないからではないか。純粋功利主義の立場から思考実験すると、自殺志願者はきっちり病院で安楽死させてもらい、体中を臓器提供していただいた方がパレート改善になるし周囲に迷惑もかからない気がするが、それはそれで借金が嵩んだら安楽死志願を強いられるとか問題は出てきそうだ。

ともかく周囲の人がみたくないものを見せられ、電車を遅らせ、或いは周辺住民や警官を硫化水素中毒に巻き込むのは自爆テロであって、首吊りも始末する人は面倒だし物件の価値が下がるし、練炭あたりはまだ周囲への迷惑は小さいが、全く迷惑をかけない訳でもないのだから、きれいに死ねればいいという話ではない気がする。硫化水素を吸うリスクを追ってまで警察が自殺を止めようというのもパターナリズムだし、そんなことに税金を使うべきかを含めて様々な意見があるだろう。

まあ死にたい気持ちというのは、現実問題として脳の作用でそういう状態に均衡してしまうことがある割合であるのだろうし、日本は経済的な豊かさや治安の割に際立って国際的に自殺が多い国で、もうちょっと死にたいという気持ちにならずに済む社会をつくっていくべきなんだろうな。死んじゃ終わりなのに、死んで詫びるとか、そういう倫理観的背景も考えられる。

ふと思い出すと自爆テロ第1号って海外赤軍派のテルアビブ空港襲撃事件だし、毒ガステロ第1号もオウム真理教のサリン事件だった訳で、自殺自爆テロに傾きがちな文化的背景があるのだろうか。葉隠の「朝毎に懈怠なく死して置くべし」的な心性で安易に死ぬことを選択のひとつに置くのかも知れないが、人間が切羽詰まるとなかなか正しい優先順位付けで考えられず、追いつめられてしまうこともあろう。

自殺教唆が表現の自由で守られるべきかというのは、倫理学にも法学にも疎いわたしには判断のつかない難しい議論だが、だからこそ個別のケースで裁判所が判断すべきで、何かにレッテルを貼ってともかく自殺に誘引したら有害だという議論は安直すぎる。自殺件数の推移をみる限り、若年自殺太宰治とかアイドル自殺報道が引き金となっていることを考えると、そんなこと誰も考えないだろうが、いくら自殺の誘引として有意の相関があるからといって、例えば太宰治とか三島由紀夫を発禁にするのは明らかに表現の自由に対する侵害だ。

自殺掲示板の多くも自殺志願者同士、寄り添って明日生きる元気を育んでいるケースだってあるだろうから、自殺サイトなるジャンルがあるとして、全てに網をかけるべきではないのだろう。ただ実際に自殺者が出た場合に、その自殺者が参考としていた自殺方法のサイトがある場合、自殺教唆で引っ張るという線は現実的な第一歩ではないか。そういった判例が出るだけで多くの悪意を持ったサイト管理者が、もうちょっと内容を考えられるようになるだろう。アングラサイトの管理なんてリスクを負っている珍妙な連中の多くは、そういう細かな法律論については意外と几帳面に気にしているようだし。

shakaijinshakaijin 2008/04/20 18:59 まぁ、自殺したくなる人の気持ちは二の次ということで…

raihururaihuru 2008/04/20 20:19 ちなみに硫化水素の発生方法は中二で習ったよ

touhou_huhaitouhou_huhai 2008/04/20 21:47 もっと実例を抑えないと。自殺サイトを参考にした自殺の、それぞれの中身をしっかり見ないと…。どうやったらいいか分からないが。

infantrytankinfantrytank 2008/04/23 09:30 なに、やろうと思えば塩素だっていいわけで。そっちはもっと簡単だと思うのだが。

まりまり 2008/04/23 17:41   中2で習ったんだ もう何十年前だから 忘れてた

リュークwリュークw 2008/04/25 04:19 混ぜるな危険に錆び鉄いれたらいいだけじゃんwww

なまえなまえ 2008/04/26 06:49 もも

mkusunokmkusunok 2008/04/27 00:33 ?

ポール福崎ポール福崎 2008/04/30 22:36 自殺願望からの脱出法!
死にたい人は、何らかの悩み、及び鬱病にかかっていると思われます。
心が病気で、元気が無く、希望も無い。人に会うのが怖い。だから死ぬ。
そんな経験をしているあなたは危ないですよ。
そこで、とっておきの話をしましょう。
あなたを10日間で、元の元気なあなたに、変身させたあげます。
私を信じて実践してください。
1.まず寝ない。眠くなるまで寝ない。決意が必要。だらだら寝ない。2〜4時間で良い。
2.瞑想をする。目が覚めたら,すぐ腹這いか、座禅スタイルになって瞑想をする。凄く心身が闘います(寝たい、不信感、葛藤、邪心、悪霊があなたを襲う)。何かインスピレーションを感じるまで、続けるのが効果的。(脳内の血流入音を聞くような姿勢が大切)
3.祈祷をする。(天のお父様、私を助けてください。と、祈る。何回も繰り返す。悩みも全部報告する。最後、祈祷の終わり方は、以上で私のお祈りを終わります。有り難うございました。アーメン)
4.水行を毎日する(冷たいほど良い)。
以上
これらを10日続けると必ず良くなるはずです。(実験済み)
幸運を祈ります。
ポール福崎
E-mail:paul30000@gmail.com
Blog:d,hatena.ne.jp/paulfuku
profile.ameba.jp/fukuchan30000
www.paulfukuzaki.com

ハルハル 2008/05/13 09:24 興味深いお話だと思いました。
マスメディアはなかなか難しいですね。報じればひたすら加速し、報じなければこれもまた危ういようで、どうしたものでしょうか。
それはともかく、おっしゃるように違法の範囲を広げるというのは良い方法だと思います。有害サイトのような曖昧な言葉や流動的な定義で”削除をお願いする”ような手段では、もはや現状には全く追いついていませんし、この先はもっと遅れをとることになるでしょう。
無論、学術的もしくは文化的な意味があったり、巻き込まれる周囲に対する警鐘という点であれば別ですが、表現の自由は有害なガスを吸わされる公衆のためであれば目を瞑ってくれると思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
雑種路線でいこう by 楠 正憲 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License. このブログは楠正憲の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の所属する組織とは何ら関係はありません。