雑種路線でいこう

2008年08月12日

払いたい奴だけが追加で私的録音録画補償金を払うってどう?

今日とある家電メーカーの方と話していて思いついたこと。補償金については追加でカネを払ってでも自由に複製したい人、どうせ複製しないから払いたくない人がいるのと、権利者サイドで規模全体を拡大したい!って意見がある訳だが、結局のところどっちが正しいのか水掛け論で決まるはずもなく、どうにかならんものかなと考えたんだけど、いいこと思いついたよ。払いたい奴だけが追加で月額の私的録音録画補償金を払うことにして制度間競争させるの。

イメージとしてはこんな感じ。まず従来通り機器に対する上乗せで補償金がある。で、そのままだと機器の振る舞いとしては現行のダビング10と同じ。それからHDレコーダはネットに繋がっている前提で、クレジットカード番号とか入れて毎月いくらかの私的録音録画補償金を支払うことに合意すると、EPNモードに切り替わり、何世代でも自由に複製できるようになって、コンテンツの複製や再生の履歴を記録、ネット経由で送信される。各個人から毎月支払われた補償金は、この複製・再生履歴に基づいて、従前よりも正確に補償金を分配される、みたいな感じ。

私的録音録画補償金を利用者から代理徴収する機器メーカーなりポータルが利用者の課金情報を握るから、彼らはアカウントを利用して補償金だけでなくVoDサブスクリプションサービスを売ってもいい。毎月100円とかでテレビのコンテンツを何世代でも複製できるようになるんだったら僕は喜んで登録するし、そうやって補償金の規模が拡大し、しかもクリエイターへの分配が正確になるんだったら一石二鳥じゃないかな。

shakaijinshakaijin 2008/08/12 20:53 その法案が出来たら、法案通すときの議事録に「補償金の月額はGDPの1兆分の1から5兆分の1を目安とする。(今なら500円から100円ぐらい)」とか入ってると暴利にならなそうで、いいなぁ…と思ったり。あ、まぁ、市場が決めるという前提はおいといてだけれど…

とくとく 2008/08/13 09:37 補償金を求めているのは大雑把に集めて大雑把に分配する時にマージンを取りたい権利者団体なので、より正確な利用実績なんて欲しくないと思いますよ。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
雑種路線でいこう by 楠 正憲 is licensed under a Creative Commons 表示 - 改変禁止 2.1 日本 License. このブログは楠正憲の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の所属する組織とは何ら関係はありません。