Hatena::ブログ(Diary)

ミルトスの木かげで このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

God Bless you!!
(ミルトスの花)

Christian spiritual formation is the process of being conformed
to the image of Christ for the sake of others.
M. Robert Mulholland Jr.

ブログを移転しました。こちらにお越し下さい。よろしくお願いいたします。
http://rhythmsofgrace.blog.jp

2007-01-10

アーサー・デモス財団

| 20:07 | アーサー・デモス財団を含むブックマーク

 日本では今、アーサー・デモス財団 (Arthur S. DeMoss Foundation) とかいう財団が、Power for Living という本を無料配布しますと大々的にキャンペーンをやっているそうですね。この財団についてアメリカでの情報はありませんか?と延岡のT牧師に聞かれたのですが、私はまったく聞いたことがありませんでした。でもグーグルで検索したら、Apologetics Indexというサイトで解説されているのがみつかりました。

-http://www.apologeticsindex.org/a81.html

 このサイトによると、アーサー・デモス財団はカルトではなく、正統的な(つまり、異端やカルトではない)キリスト教と判断されているようですね。 なんでも、デモス氏はNational Liberty Life Insurance という保険会社を創立して成功し大金持ちになった人で、非常に伝道熱心なクリスチャンだったそうです。この財団は1955年に設立され、1979年にアーサー・デモス氏が亡くなった後は奥さんがその後を継いだそうです。

 取材などには一切応じないため、いろいろ詮索されたようですが、カルトではなさそうだとアメリカの一般のメディアも報道したそうです。

 本を無料で配布するだけで、それ以外、一切何のコンタクトもしてこないし、もちろん何かを売りつけることなどもないそうです。

 無料配布されているPower for Living という本はジェイミー・バッキンガムというキリスト教の牧師によって未信者向けに執筆されたもので、内容も福音的なものだそうです。

(ちなみに、Apologetics Indexはカルトや異端、新興宗教などについての調査をしている個人運営のミニストリーらしいです。)


 追記(1/13):アーサー・デモス財団について知りたい方は、こちらの記事もご参照ください。

 -アーサー・デモス氏に関するタイム誌の記事(かなり詳しい)

メモ:Authenticity

16:22 | メモ:Authenticityを含むブックマーク

AUTHENTICITY: We recognize that we are all imperfect, and therefore we live our lives free of pretense, relying completely on God to transform us.

 We know we are not perfect so we don't hide our flaws and failings as we develop our character and are transformed to be like Jesus. We have all learned the hard way that hiding our spiritual defects prevents us from bringing everything we are to God. What we don't bring to God, He can't heal.

 Therefore, we are open with each other and with the Holy Spirit who can change and heal us. This freedom from pretending allows us to relax and enjoy our lives, our church, our family, and our friends without the pressures of having to be something we aren't. ...

cf. Philippians 3:12, James 5:16

(From Parkview Christian Church: 7 Core Values)



AUTHENTIC CHRISTIANS ARE TRANSPARENT

 If you have been in the church very long, you know there are people who are evasive and others who are downright deceptive.

 And there are those who are in denial; they have issues in their lives and their relationships that they never acknowledge or deal with. These are the kinds of people who often are the source of division and confusion in the church.

 Authentic Christians are transparent. What you see is what you get with them. They have learned through hard experiences that the transparent life is more likely to bring them the joy and peace of the Kingdom, so they are honest about what is happening in their own lives and they are honest about issues they have with other people.

 Transparent people learn the wisdom of living according to John's plea that we be transparent in our relationship with God, with ourselves, and with other people (see 1 John 1:7-9).

 That is, we live in confession of our sins, we find forgiveness of our sins, and we walk in truth and light with God and with others.

(From "How to Be An Authentic Christian" By Dr. Dobbins)

yukayuka 2007/01/10 19:14 これからこのページをプリントアウトします。ありがとうございます。

はちこはちこ 2007/01/10 20:57 Authenticity という事,昨日教会の学び会で話題に出たのですが、Authenticなクリスチャンとは信仰の歩みをきっちりしている人、という程度にしか考えたことがなかったので、この定義にハッとさせられたのでした。特にthey are honest about what is happening in their own livesというあたり、この数年間ずっと語られていたことと一致していたので…

フィベフィベ 2007/01/11 04:04 それにしても『アーサー』という名前の方は、日本国内ではっ!と驚くような
マスコミに注目される大胆な行動をとる方が多いのですね。
もうひとりのアーサーさんかと思ってました。

ふみこふみこ 2007/01/11 05:09 こちらの働き、ファミリーネットワークの尾山謙仁先生(聖書キリスト教会の尾山先生のご家族かと)が日本では中心に関わっておられますので、安心していただいて大丈夫です。日本語のwebは http://www.powerforliving.jp/index.html になります。

はちこはちこ 2007/01/11 07:26 フィベさん
こちらの「アーサー」さんは、すでに亡くなっておられて、財団の運営は奥さんとお子さんたちがなさっているそうです。それにしてもこのCM、あちこちで話題になっているのですが、そんなにすごいのですか? 私も見てみたいなぁ。

ふみこさん
いい情報をありがとうございます! そうですか、ファミリーネットワークさんが日本の窓口になっておられるのですか。ならば安心ですね! 尾山謙仁先生は、清仁先生のお兄様です。(一目で家族とわかるお名前ですね。笑)

こりんごこりんご 2007/01/12 01:58 はちこさん、たぶん年齢が近いと思うのですが、私たちの世代にとっては久保田早紀さんの「異邦人」、懐かしいですよね。クリスチャンになられて久米小百合さんというお名前で賛美のCDを出しておられることは知っていましたが、少し前からCMが始まって。どのような団体か、また内容に関して一切出ないところが、よくある「人生を改革しよう」「性格をかえて成功しよう」などと宣伝している怪しげな団体とそっくりなので(すみません)、私もこのCMを見るたび頭のなかで「???」と感じていました。タイムリーな話題ありがとうございました。

AzumiAzumi 2007/01/12 03:46 私は北海道在中なのですが、北海道日本ハムファイターズというプロ野球球団の監督が、トレイ・ヒルマンさんというクリスチャンです。昨年ハムは日本一になり、北海道はかなり盛り上がりました。そのヒルマン監督がご自身でトラクトを作られています。また、Power for Livingにも寄稿されているのか、北海道の新聞で彼の写真と冊子のことが広告で載っておりました。福音が広く伝わるきっかけになればといいなと思います^^

はちこはちこ 2007/01/12 07:19 こりんごさん
久保田早紀さんの「異邦人」、ほんとなつかしいですよね。証を寄せておられる4人の方たちは、皆さん福音的クリスチャンとしてよく知られていますよね。でも、power for living のサイトを見てみたら、ちょっと無機質な感じというか、アーサーデモス財団という名前以外はどういう団体がやっているのか全然わからなくて、人々が??と思うのも無理はないなと感じました。ファミリーネットワークさんが関わっているなら、その名前がどこかに出ていると安心するのですけどね。財団の方針なのかな。

Azumiさん
テレビCMだけでなく、新聞にも広告が出ているのですね。そういえばこのPower for Living という本、とても見覚えがあるのですが、私、以前持ってたかもしれません。あるいは教会の図書部で見かけたのかも。多分アメリカでも幅広く無料配布されたのでしょうね。日本でも用いられるといいですね。

joyjoy 2007/01/12 08:47 突然のコメント失礼します。私も現在日本で暮らしていて、このCMを何度も見かけて興味と疑問を持っていました!そして、検索していたところ、はちこさんのブログにたどり着きました。
私にとって、はちこさんの日記がとてもタイムリーで驚きました。
怪しい団体ではないのですね! 私の家族でクリスチャンは私だけなので、家族が見て、怪しい団体だーといっていたのを聞いて、とてもひやひやしていたのですが、これで少しは家族にも話せそうです!
ありがとうございます!!
そして、主に感謝します。

はちこはちこ 2007/01/12 10:16 joyさん、はじめまして!
このCM、相当インパクトがあるようですね。何でも広告費10億円とか聞いていますが、アメリカでは資産家が、自分が支持する働きのために莫大な寄付をすることがよくありますけれど、この財団もそんな感じなのでしょうか。
この記事がjoyさんのお役に立てて良かったです。(^^)Glory to God!

ひらめひらめ 2007/01/12 10:59 指のお怪我の具合はいかがですか?
この財団のことが気になってあちこち検索しました。
メジャーな新聞にも一度に掲載されたようですし
(くぐりぬけてしまうこともありますが一応審査もありますので)
はちこさんがおっしゃるようにアメリカの資産家がぽんと
巨額を寄付する行為かなと思うのですが、日本にはあまり
ないことだとですので不可解に思う人たちもいるようです。
それにしてもどういう経緯で日本でこのキャンペーンを?など
知りたいことはたくさんありますがそのうち明かされていくの
でしょうか。興味あります。

はちこはちこ 2007/01/12 12:00 ひらめさん、
指のこと気にかけてくださってありがとうございます。すっかり良くなり、あとは削いだ分が伸びてくれれば完治です!

この財団、日本以外にも、タイやドイツなど他の国々でも同様のキャンペーンを行なってきたようです。でも、ドイツでは宗教的なCMは法律で禁止されているため、すぐに取りやめになり、タイでも、クリスチャンの間で評判が悪かったらしいです。
あくまで想像ですが、彼らの意図は純粋なのだと思います。あまりにも純粋に犠牲的な行為(巨額の寄付とか)というのは、逆になかなか人に受け入れられないものなのかもしれないですね。

pooh3pooh3 2007/01/12 16:24 はじめまして。pooh3と申します。
(Jesus gives) power for living・・・だいぶ世間を騒がせているようですね。
否定的な態度を示す人が多い中で、このようなサイトを発見できてうれしく思います。
否定的な態度をしている人たちを見ると悲しくなってくるけど、
「気持ち悪い」「うさんくさい」とかいってる人たちに、そのような存在(power for living)があることを知らせることができたことがもうすでに神の御心だと思います。やはりすごい。ハンパじゃない。神様は。
実際、さまざまな意見もさらにあると思うけど、あの有名な方々が自分たちにできることを実践しているのを見て、かなり励まされました。
私もなにか行動にしてみようと思います。 

それではつたない文章でした。
失礼します。

はちこはちこ 2007/01/12 18:52 pooh3さん、初めまして!

タイでも数年前に同様のキャンペーンが行なわれ、40万人がこの本をリクエストしたのだそうです。未信者を対象にした福音的な本らしいので、日本でも大勢の方がこの本を手にされることを祈ります。そう、たとえ「うさんくさい」「なんじゃこりゃ」という気持ちからでも、本をリクエストして読んでくれたら嬉しいですよね!

氷結銃士  氷結銃士 2007/01/26 14:03 はじめまして、でも…
あのCMは、不快感をもちます。
大人には『神に』というところから宗教だと推測できるものの、子供には視させたくないCM。
趣旨がはっきりしていないので、今後が不安です。

はちこはちこ 2007/01/26 16:05 氷結銃士さん
コメントを残してくださってどうもありがとうございます!
私はあのCMを見ていないのですが、聞くところ、相当「怪しい」感じがするそうですね。クリスチャンでも不快感を覚えている人が少なくないようなので、氷結銃士さんがそう感じられるのも無理はないと思います。
趣旨に関しては、すでにアメリカでも同様のキャンペーンが二回なされているのですが、希望者に本を無料で進呈したいと、ただそれだけのようです。本が送られて来た後で、再びコンタクトをとってくるとか、集めた個人情報を他所に流すとか、そういうことはないらしいので、どうぞご安心ください。