Hatena::ブログ(Diary)

ミルトスの木かげで このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

God Bless you!!
(ミルトスの花)

Christian spiritual formation is the process of being conformed
to the image of Christ for the sake of others.
M. Robert Mulholland Jr.

ブログを移転しました。こちらにお越し下さい。よろしくお願いいたします。
http://rhythmsofgrace.blog.jp

2007-01-12

More on Power for Living & DeMoss Foundation

| 13:22 | More on Power for Living & DeMoss Foundationを含むブックマーク

 その後たいして新しい情報は入っていないのだけれど、検索しているうちに、アメリカや日本だけでなく、これまでにドイツやタイでも同財団による同様のキャンペーンが行なわれていたことがわかった。私が見つけられなかっただけで、他の国々でも行なわれているかもしれない。

 ドイツでは宗教的または政治的な広告というのは法律で禁じられているため、広告はすぐに取りやめになったそうだ。一方タイでは、日本同様、彼らの独得な手法が人々の疑惑を生み、タイの福音的クリスチャンの団体(The Evangelical Fellowship of Thailand: EFT) も『パワー・フォー・リビング』について調べたらしい。その結果、この無料配布の本は未信者向けの福音的な書物であることには間違いなく、期間限定のキャンペーンでもあるので委員会としては厳しい措置は取らないという声明が出された。しかし、EFTは「今後は二度とこのようなことがよその国でも繰り返されるべきではない」という警告も出した。(こちら参照)このキャンペーンが「too blunt and might affect religious relations among people in the country」つまり、単刀直入すぎて、波風が立つかもしれないから、ということらしい(religious relations among people が何を意味するのか、よくわからないけれど)。 本が福音的であると認めたうえでこのような警告を出すとは、福音が未信者に届けられることよりも、波風を立てないことの方が大事だというのだろうか。

 タイでの反応といい、日本での反応といい、何がそんなに人々の不安をかき立てたかといえば、アーサー・デモス財団が「正体不明」の印象を与え、Power for Livingのサイトもほとんど情報量がないし、彼らの広告の仕方も極端で、通常のキリスト教の伝道方法とはまったく違っていたからだと思う。せめてみんなが安心できるような、著名な教会や団体の肩書きがどこかにあれば、もっと素直に受け入れられたのだろう。クリスチャン人口が0.5%のタイでは、40万件もの本のリクエストがあったそうで、それでタイの教会が喜んだのかと言えばそうではなく、逆にとまどい、難色を示した。なぜか。福音的な本だと分かったのなら、外国の財団がお金を出して福音伝道のためにこれだけ一肌脱いでくれたのだから、喜んでもよさそうなものではないのか? 

 イエス様がこの世で福音の働きを始められた時のことを思った。イエス様も一切の肩書きももたず、ただ神の言葉だけを語った。民衆は彼のメッセージに大いに反応したけれど、当時の宗教家たちはそれを好まなかった。逆に、イエスのことを疎んじ、挙げ句の果てに罪人に仕立て上げ、殺した。

 Power for Livingの件は、クリスチャンに一石を投じている気もする。私たちが本当に信頼するものは何なのか、と。人間が好む評判や肩書きなのか、それともただ神の言葉なのか。自分たちにとって慣れている心地良い方法、理解できる方法なら受け入れ、そうでないなら拒絶するのか。(もちろんアーサー・デモス財団はそんなことを考えているわけでなく、純粋に福音を宣べ伝えたくてやっているのだろうが。)アーサー・デモス財団のやり方は、タイの福音的教会のコンフォートゾーンを越えていて、彼らには受け入れられなかったようだが、果たして日本の教会はどう反応するのだろう。

 CMやウェブサイトを見ただけでは、彼らが伝えているものが本当に聖書の言葉なのかはわからないので、クリスチャンが不審に思ったり警戒するのは当然だし、健全だとも思う。私も疑い深いから、このCMを見たらきっと真っ先に「ちょっと待った、あなたたち、誰?」と言うだろう。そうでなくてもカルトや異端が蔓延しているのだから、安全な団体ならもっとわかりやすく安全であることをアピールしてよ、と思ってしまう。でも、こういう時代だからこそ、肩書きや看板に惑わされることなく、私たちが本質を見極めて判断できるようになることが必要なのかもしれない。

 もし今イエス様がこの地上にやって来られ、2000年前のように働きを始められたとしたら、恐らく彼も、何の肩書きも推薦状ももたず、ただ真理を語り、愛を示すだけだと思う。その時私たちには、それがイエス様だと気づくことができるだろうか。


CHIEKOCHIEKO 2007/01/12 18:36 まったくアーメンです。

はちこはちこ 2007/01/12 18:57 CHIEKOさん
コメントありがとうございます!

yukayuka 2007/01/12 20:08 昨日、ママさんBible studyの行きがけに、牧師婦人からこのCMを観た感想を伝えられました。「クリスチャンシンガーが出演してるって言う事は、大丈夫なのかしら。」とか、スッキリしない部分があるような話し方でした。
>もし今イエス様がこの地上にやって来られ、2000年前のように働きを始められたとしたら、恐らく彼も、何の肩書きも推薦状ももたず、ただ真理を語り、愛を示すだけだと思う。その時私たちには、それがイエス様だと気づくことができるだろうか。

私も、上からの知恵を頂きたい。そして、見極める力が欲しいです。

はちこはちこ 2007/01/12 20:31 タイの教会は、彼らのやり方は気に入らなかったようですが、本が福音的で教義的にも正しいものであることは認めたそうです。アメリカでもこのCMが流されていた頃は話題になっていたらしいのですが、私はTVは見ないから全然知らなかった。
私の印象では、この財団は自分たちの正統性を主張することには興味なく、まだ福音を聞いたことのない人に福音を届けたい、ただそれだけなんじゃないかなぁという気がします。

erinaerina 2007/01/12 23:55 知らないことは怖いことですよね。
私は今、目の前に乞食の格好をしたイエス様が現れたら。
今、サラリーマンの格好をしたイエス様が現れたら。
イエス様の格好をした悪魔が現れたら。
最後のを信じてしまいそうです。
心の目を見開くことの大切さってありますよね。
人は聞きたいことしか聞かない。
見た目で判断する。
怖いことですね。

td_okudatd_okuda 2007/01/13 12:38 う〜ん、TVで見て何だろうと思い、WEBで見てもよく分からなかったので、引っ掛かった人間なので、何とも。WEBを見ても、ここの財団のパンフレットが良かった、という間接的な感想だけが述べられており、内容についての記述もなければ「神」という一般語しかないという状態では判断材料があまりになく。聖書とかイエスとか書いてないからこそ反応しやすい人達もいたのかも知れませんが、怪しまれても当然のやり方に見えるのも事実ですよね。

はちこはちこ 2007/01/13 17:39 erinaちゃん
私たちは何を基準に判断するのか… 
鳩のような素直さと、蛇のようなさとさが必要だとつくづく思いました。 yukaちゃんも言っていたように、上からの知恵、識別力(discernment)が欲しいですね。

td_okudaさん
ですよね。 私も、Power for living のサイトを見た時、ありゃー、これじゃあ怪しまれるのも無理はないよー、と思いました。「中身を見てみる」をクリックしても、そこに書かれていることは特に聖書のメッセージとはわからないし、「本の詳細を読む」をクリックしても、本の詳細ではなく、久米さんたちの短い証が載っているだけだし。 一般の人たちは何だこりゃと思うでしょうし、久米さんたちがちゃんとしたクリスチャンだと知っているクリスチャンは戸惑うだけでしょう。私たちの目からみたら、あまり効果的な戦略とは思えない気がしちゃいますよね。でもね、この型破りで強引すぎるかのようなこのやり方に、何か主のお心が隠されているような気もするんですよね。私たちには意味不明に見えても、神様はこれを通して誰にリーチアウトするおつもりなのか、ちゃんと分かっておられるはずだ、と。
私たちはまだこの本の内容を知りませんが、他の国のクリスチャンが吟味した結果では、確かに福音的なものだということらしいです。だとしたら、この本を通して一人でも神様の愛に触れる人、聖書の真理に目が開かれる人が起こされることを祈りたいと思うのです。