Hatena::ブログ(Diary)

ミルトスの木かげで このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

God Bless you!!
(ミルトスの花)

Christian spiritual formation is the process of being conformed
to the image of Christ for the sake of others.
M. Robert Mulholland Jr.

ブログを移転しました。こちらにお越し下さい。よろしくお願いいたします。
http://rhythmsofgrace.blog.jp

2007-07-30

今、伊丹です

03:31 | 今、伊丹ですを含むブックマーク

 土曜日は京都、日曜日は大阪、そして昨夜から伊丹の妹のところに来ています。

 京都では、中学時代の同級生で母教会が同じのMちゃんと、Mちゃんと同じ教会のOさんが半日観光につれていってくださった。嵐山と清水。この日はこの夏一番の暑さだったそうで、温度計は41度を指していたけれど、清水では風があって、そんなに暑さを感じなかった。夜は、Oさんのお宅でバーベキューを囲んだ交わり会。ニューライフ教会の豊田牧師をはじめ、何人かの方々も来てくださり、とても楽しいひと時を過ごした。

 日曜日はニューライフ教会へ。ここは私の母教会の姉妹教会にあたるとも言える教会なので、私にとっても初めてという気がしなかった。

 あー、本当はもっと書きたかったのだけれど、これから出かけてきます。

 (伊丹もセミの鳴き声がすごいです…)

きょうこfromHCKきょうこfromHCK 2007/07/30 06:03 はちこさん、ご無沙汰しております。
いま伊丹にいらっしゃるんですね〜!
私は現在は大阪市内在住ですが、以前は伊丹の隣、川西市に住んでいました。
JR駅前のダイヤモンドシティにはもう足を運ばれましたか?
アメリカのショッピングモールにはかなわないかもしれませんが、
色んなお店が入っていてとても充実していますよ!

はちこさんがこんなに近くにいらっしゃるなんて、不思議な気分です^^

yokoyoko 2007/08/02 08:45 はちこさん、ブログにものっけましたが、
広島でお好み焼きを食べるなら、
いろいろな通なところはあると思いますが、
アクセスが簡単なのが、広島駅の駅ビルの中にある、
「麗ちゃん」です。
スペシャルというメニューには確か、牡蛎が入るはず。
となりが「よっちゃん」なので、間違えないでくださいね!

くじらくじら 2007/08/02 09:42 お〜〜〜 日本なんですね!なんだか、うれしいです!

はちこはちこ 2007/08/03 04:56 きょうこfromHCKさん
伊丹のダイヤモンドシティには行けませんでしたが、八尾のアリオモールに行きました。ここは日本最大とのことで、本当に大きかったです。シカゴのうちの近所のモールよりもずっと大きくてきれいでした。^^

yokoちゃん、
「麗ちゃん」、名前はどこかでみた! うちは結局「みっちゃん」に行ったんだけど、みっちゃんにも牡蠣のお好み焼きはあって、夫はしっかりそれを注文していました! だけど、さすが本場は美味しかったけど、デトロイトの「よっちゃん」の広島風お好み焼きがいかに本場に負けず劣らず美味しいかを、あらためて思いました!

くじらさん
そうなんです、日本ですよお〜! ^^

2007-07-27

明日から関西旅行

06:27 | 明日から関西旅行を含むブックマーク

 明日の早朝、京都に向かって出発です。京都、大阪、伊丹、神戸、広島とまわって、3日の夜行で帰ってきます。あさっての日曜日は、大阪のニューライフ教会。T田先生、よろしくお願いいたします。

 今日の午前中はぼぼる母と会い、午後からはぼぼるパパとケンは池袋にウルトラマンフェスティバルに行ってきた。女性陣は、エミとま〜やが美容院で髪を切ったり、買い物したり。(八王子の駅で、八高線がHachiko Line となっていて、おっ!と思った。笑)

 さあ、これからパッキングだ!

 そういえば、明日から出かけるという時に限って、左目の上まぶたのまつげの際あたりを蚊にさされ、お岩さん状態です。(-_-;)

heidiheidi 2007/07/27 07:10 私は昔「ハチ公線」だと思ってました。(^_^)

jackjack 2007/07/27 07:13 いよいよ関西ですね〜

ちょうど梅雨明けで本格的に暑くなってきたところなので、体調を
崩さないようお気をつけて...

うちの教会ではこんどの日曜は賛美集会です ^-^v

はちこはちこ 2007/07/27 07:57 heidiさん
渋谷のハチ公にも、八高線にも親近感を覚えます。(笑)3年前に山形に行った時、「蜂子皇子の墓」というのがあって、「はちこの皇子だっ!」となぜか喜んだのを覚えています。

jackさん、
いよいよです〜。東京もついに蒸し暑くなってきましたが、関西はもっと蒸し暑いのでしょうか。覚悟しなくては。
賛美集会、祝されますように!

マリマリ 2007/07/27 08:23 関西旅行楽しんできてください!私も関西出身なのでうらやましいです。今でも関西弁を聞くとうれしくなります。

はちこさんって中村佐知さんっていうんですね?(もしかしてペンネームかも?)関係ないですが、うちの母親が中村佐知子っていうのでとっても親近感がわきました。

erinaerina 2007/07/27 08:48 I’m glad!です。
ちょうど昨日の夜にウルトラマンフェスタのことを知って教えたいっておもってたのです。
でも、さすが。
情報は収集済みでしたね。
帰ってこられた後、忙しいですか?
もし良かったら夏休みをとって、お会いしたいのですが。
あいている日があってお会いできたらうれしいです。

yukayuka 2007/07/27 19:36 ますます楽しんで下さいね〜

♪Sunny♪Sunny 2007/07/27 20:05 今頃京都におられるのでしょうか…。
お会いしたかったですが、明日メッセージ担当のわたしはいま缶詰めになっております。
今週は忙しくて前倒しにできなかったので…。
日本滞在が祝されますよう、お祈りしています。

heidiheidi 2007/07/27 22:36 そういえば、はちこさんは何で佐知さんがはちこさんだったんでしたっけ?(笑)今日は東京も暑いですが、関西はもっと暑いんでしょうね。子供達にも久しぶりに会いたかったですが、そのうち又シカゴに遊びに行きますね。(^_^)蚊にさされたの?先週でなくて良かったかな。気をつけて旅を楽しんでくださいね。(^_^)

はちこはちこ 2007/08/14 17:17 マリさん、
そうです、本名が中村佐知です。お母様が中村佐知子さんなんですか! よろしくお伝えください!

erina ちゃん
ぼぼるパパたちが到着した後は、旅行、旅行でゆっくりできなくて、会う時間がとれなくてごめんね。子どもたちに日本のいろんなところに連れていってあげたいと思うと、つい過密スケジュールになってしまって… erina ちゃんもまたシカゴに来てね!

♪Sunnyさん
お祈りありがとうございます! ♪Sunnyさんのこれからのご奉仕の上にも主の祝福がありますように!

heidiさん
うちの夫が私のことを「はちこ」と読んでいたので、それをそのままHNにしたんですよ。
またシカゴにも来てくださいね〜♪

2007-07-26

ようやく…

03:11 | ようやく…を含むブックマーク

 今夜は、ついにぼぼるパパとエミがシカゴからやって来ます。今頃高速バスかな…

2007-07-25

「どこ愛」〜Every Woman's Battle〜

21:05 | 「どこ愛」〜Every Woman's Battle〜を含むブックマーク

 

 『チョット聞けない男女のお・は・な・し』(いのちのことば社刊)の著者、水谷潔先生が『あなたはどこに愛を探していますか』を絶賛してくださっている。水谷先生は、小さな命を守る会の主事で、「命と性の日記〜日々是命、日々是性」という大変興味深いブログをなさっておられる。

 その水谷先生、『あなたはどこに…』に「どこ愛」というニックネームまでつけてくださり、先生のブログでも、「『どこ愛』に学ぶ女性の性」というタイトルで4回シリーズで取り上げてくださった。

 その中で、


 すべてのクリスチャン女性は必読!性的葛藤を覚える女性は超必読です。男性たちも大推薦です。未婚の男性は女性が聖母でも天使でもない自分と同じ性的罪人であること、等身大の女性を知って欲しいです。その点については、既婚男性も同じかもしれません。女性不信や危機感を抱くのでなく、妻の心と性についての深い理解を得て、性生活に限らず結婚生活全体の質的向上につなげていけたら最高だと思います。(7・11)

 

本気で思います。キリスト教界に「どこ愛」ブームが起こらないかと。女性の性とそれについての聖書の指針が広く知られたら、どんなにかクリスチャン女性たちが幸せになるだろう、クリスチャン男性たちもどんなに愛情深い夫たちになるだろうかと思います。(7・12)

とおっしゃっておられる。私も、「どこ愛」は、今までおおっぴらに語られること少なかったけれど、原書のタイトルの通り、「すべての女性の戦い」として女性たちが大なり小なり経験するある種の葛藤に、神様の光をあて、聖書的な指針を与えていると思う。

 「どこ愛」を読んでくださったあるクリスチャン既婚女性は、性的誘惑の問題に関してはジョシュア・ハリスの「誘惑に負けないために」をすでに読んだから、「どこ愛」は読まなくてもいいかなと思っていたけれど、読み比べてみるとやはり前者は男性向き&若者向きであり、ある程度の年齢の女性にとっては、「どこ愛」の方がしっくりくる、とおっしゃっておられた。ある30代の独身女性は、職場で既婚の上司との間に誘惑を感じることがあると語ってくれた。今や30代以上の独身女性は少しも珍しくない。そして現代のこの世の風潮の中にあって彼女たちが直面する誘惑や葛藤も、一昔前よりずっと熾烈なのかもしれない。(ちなみに、本書の著者は、全成人女性のうち約10%は性的誘惑や葛藤を覚えることは全くない生活を送り、10%は依存症的ともいえる問題を抱え、残りの80%はさまざまな程度の何らかの誘惑や葛藤を持っているだろうと言っている。)

 水谷先生は、ブログで男性の性についても語っておられるし、結婚のこと、中絶のこと、恋愛のことなど、幅広いトピックについて、理想論としてではなく、現場でいろいろな状況を見て、関わってこられた経験から具体的な提言をなさっておられる。なかでも、神様が人間に性欲を与えられたのは、恋愛するためでなく結婚するためである、とおっしゃられているくだりがあり、本当にそうだなぁと唸らされた。今の社会では、恋愛を偶像視してしまう「恋愛至上主義」みたいなものがはびこっていると思うが、それは、神様が人間に与えられた異性を慕う思いや性欲を、おもいきり履き違えているのだ。

 私自身、自分の中にさまざまな誘惑に揺さぶられてしまう弱さがあることを重々認識している。そしてこの戦いは、既婚者であればまず夫婦の関係、そして既婚でも独身でも同性同士の友情という安全で恵みと真理のある場所で、みんなでスクラムを組んで戦っていくべきものなのだと思う。神様、この戦いにおいても、私たち一人ひとりが勝利を得、あなたが与えようとしてくださっている最上のものを豊かに楽しむことができますように。

 水谷先生のブログより、「『どこ愛』に学ぶ女性の性」シリーズ

ゆみりんゆみりん 2007/07/24 23:39 どこ愛!いいですね、ネーミングが。
テーマソングでも作りますか?この際?

女性の性に関すること、私もよく教会でも
もうちょっと大胆にたとえば、若い世代に
対して、どうして神様は性というものを
与えて下さったのか、その目的とか、
この今の世界でその清くそして恵みとなりうる
性がどんなに悪用され、その目的を失って
いるか・・・。そして悲しいことに夫婦間でも
同じことが起こっている・・・。そういうことを
取り上げてくれないかなと、今でもよく思います。
だから、はちこさんがこの本を訳してくださったこと、
本当に神様の御業あってのことだなと思います。
早熟な子供たち、たくさんの見なくてもいいものに
さらされている子供たちに、神様が造られた
性の素晴らしさ、そして誘惑との戦いを教えていく
ことは、これから益々、大切になっていくでしょうね。
ハンツヴィルのシスタと、ぜひシェアしたいので、
楽しみにしています!

ヤンキー牧師ヤンキー牧師 2007/07/25 04:17 「どこ愛」名付け親、水谷です。私自身も目が開かれましたし、多くの女性がこの書物が示す真理を必要としています。これからも応援していきますよ。「あなたが与えようとしてくださっている最上のものを豊かに楽しむことができますように」とは最高の祈りの言葉ですね。感涙もの!

はちこはちこ 2007/07/25 08:46 『ゆみりんさん、
コメントありがとうございます。とても励まされました。
>神様が造られた性の素晴らしさ、そして誘惑との戦いを教えていくことは、これから益々、大切になっていくでしょうね。
アーメンです。 
主にある姉妹同士で一緒に学ぶって、素晴らしいですよね。アメリカに戻ったら贈りますので、お待ちくださいね!

ヤンキー牧師さま
おお、ようこそおいでくださいました。^^ 先生に絶賛していただき、私も大いに励まされました。サポートを感謝します。先生のお働きのうえにも、ますます主の油注ぎと導きがありますように!』

まりまり 2007/07/28 11:56 この本、探してみたのですが、まだ私が利用している複数の図書館(東京都内)では所蔵していないんですよー。いっそのこと大学図書館に購入希望も出し、自分でも買おうと思っています。秋に受ける洗礼の準備に、とも思うのですが、性についても御言葉を通じて語り合える、考えさせられることも信仰の道なのだと思うからなのです。

などなど、色々考えていたら日本での教会や伝道の在り方、その難しさなどを思い知らされました。今の教会で青年会メンバーが行っているバイブルスタディーの会に、この本を採り上げてもらえないか提案してみようと思います。
信仰というのは、とてもダイナミックなことですよね。もちろん不安もありますが、私にとって洗礼を受け、信仰の道に入ることはとてもわくわくする出来事で、今も日々目を開かされています。
この本を訳してくださったはちこさんに心から感謝です。

はちこはちこ 2007/08/14 17:22 まりさん
その後、本書を手にする機会はあったでしょうか。キリスト教書なので、一般の図書館ではなかなかみつからないかと思いますが、ぜひ皆さんの町の図書館にも本書購入をリクエストしてください!そうすれば、普段キリスト教書に縁のないノンクリスチャンの女性の目にもとまって、聖書にも興味をもっていただけるかもしれません。
青年会でのバイブルスタディーでも、ぜひ用いていただけたらと思います。秋に受洗なさるのですね! 本当にわくわくしますね!まりさんのこれからの信仰生活も、主にあって大いに祝福され、主の豊かないのちに与る日々となりますように!

2007-07-23

スーパーとかテレビとか

07:57 | スーパーとかテレビとかを含むブックマーク

 今日は一日のんびり。子供たちを連れて近所のスーパーに行ったり、一緒に日本の報道番組をみたり。

 スーパーでは、みんは写真を撮りまくり。子供たちはそれぞれにお気に入りの日本の食べ物があって、迷わず選んでいた。3人に共通していたのが「柿の種」。でもみんな、ピーナッツは残すのよね。

 報道番組は、子供たちは結構興味津々で、「これは何?」「今のはなんて言ったの?」と矢継ぎ早の質問。柏崎の地震関連のニュースや、2009年の皆既日食に関するニュースは特に子供たちは釘付けだった。

 番組の中の話題系のニュースでは、「激戦区を勝ち抜いた女将」とか何とか言う美味しいお店の話があって、そこでやっていたラーメンや焼鳥に、子供たちの目はハートに。

 どうってことない一日だったけど、子供たちと一緒に時間を過ごしているのが単純に楽しかった。

 明日は浅草橋と浅草へ。ケンが一緒でなければ、もっといろんなところにも子供たちを連れて行ってあげたいのだけれど、ケンが一緒だと、体力的にも興味的にも、一日にあんまりたくさんを詰め込むのは難しい。いくつか見たいところを絞って、夕方には帰って来るつもり。

一休みは続く

19:14 | 一休みは続くを含むブックマーク

 昨日は、お昼寝もしたのに、夜も早々に休んでたっぷり寝ました。そろそろ、今週末からの関西旅行のために体力温存モードに入らないと。 子供たちは、木曜日にはパパとエミが来る!と喜んでいる。

 パパといえば、21日の記事のコメント欄でのtd_okudaさんとぼぼるパパのやり取りが興味深いです。

 こちら。http://d.hatena.ne.jp/mmesachi/20070721#1184985786

 一休みといいつつ、もしかしたら明日は子供たちを浅草に連れて行くかも。仲見世通りを見せてあげたら喜ぶんじゃないかな、と。でもちょっと遠いんだよねー。

 それにしても、連日のこの曇天と、ものすごい湿気にはやや気が滅入りますね。蒸し暑いからと冷房をいれると、今度は体の表面が冷えてしまって辛いし。

 3年前に日本に来たときは、梅雨明けが早く、連日30度を超える猛暑でした。37度なんて日もあったくらいで、「脳みそが煮えくり返る暑さ」とまで言われたり。今回も猛暑になると聞いていたのでその覚悟をしていましたが、期せずして日本の梅雨を満喫(?)しています。

erinaerina 2007/07/23 00:45 いつでも会える距離にいる、と思うとなかなか機会がないですね。今週末からは関西なんですね。ぜひ、機会があったら祇園祭りに足を伸ばしてみてください。格安で浴衣が売っています。私は先週末、宵山ということもあり5000円で着付けまでしてもらっちゃいました。浴衣、草履、帯、手提げ込みの価格でしたよ。
今日は浅草に出れましたか???

はちこはちこ 2007/07/23 01:12 浅草は、今日じゃなくて、明日! erinaちゃんも来る? 雷門から仲見世通りを見て、それから浅草橋に出て問屋街で文具とかビーズを見ようかと。

京都で浴衣を買う… いいかもしれない! 娘たちに着せてあげたい!

yukayuka 2007/07/23 01:40 浅草の仲見世通りを入って、「浅草ROX」っていう所の近くに、確かROX通りとかいう路地を入ったあたりなんですが、洋食屋さん「ヨシカミ」っていうお店があります。そこの店長さんは、私の中学時代の同級生なんです。お店は、古〜くてきれいな外観ではありませんが、昔ながらの洋食屋さんの味を楽しめますよ!倉敷は、明日にも梅雨明けしそうなお天気です!

フィベフィベ 2007/07/23 05:27 はちこさん
先日は、楽しい交流をありがとうございます。
あっというまに時間がたちましたね。

京都で浴衣を娘さんたちに着せると言うのは、いいアイデアですね。
きっと日本で美しい、いい思い出になるのではと思います。
ケンくんには、ジンベさんを着せてみてもいいかも〜。
甥っ子がよく小さい頃は、着てました。お祭りの時などに。

最近の日本のこの気候は、なんだか不順ですね。
気温は高くないけど、湿度が高いのだと思います。
特に土と木の無い都会だともっと大変だと思いますよ。

ぼぼるパパとokudaさんのコメントの会話も私も
深いことを言われているなと思って読んでました。
・・・・でも、途中でここ!というところで英語を使われていたので
意味がちょっと伝わりにくかったです。^^ゞすみません。英語力不足で。

私が今行っている教会では、色々な集まり(セルグループ)があります。
ありすぎて教会側がよく把握していないのか、外から来た人は
初めはよくわからなくて、教えてくれる人もあまりいないので
この集まりに参加できるようになるのが難点なんですけど・・・・

「ステップ」という集まりがあって
自分の子供頃、幼児期、幼稚園、中学・高校など、その時期によって
起きたことを集まった人たちと分かち合ってみことばと祈りを持って
お互いに助け合うというものがあります。

いい集まりと思うのですが、(この時に分かち合われた事は外に言うことは厳禁)
話を聞いたり話したりするメンバーが入れ替わったり
また、人の話を聞く訓練が出来ていないこともあってか、
なかなか自分のことを話すのは難しいですね。

相手がどんな人なのかよくわからないうちに色々と内面を語るのは
勇気がいります。
もう少し、一工夫が必要なのかも。
アメリカから来た分かち合いだそうです。

自分の弱さを勇気を出して仲間に言うことによって
その重いものが軽くなったり、悪い習慣から抜け出せることが
できると思います。

日本人は、なかなか自分の内面を人に出さないし
聞く仲間がかえってさばいたり傷ついたりすることもあるので
聞く訓練も必要なのかなと思ったりします。
リーダーにもよると思いますけど。。。
いい集まりだと思いつつ、考えてしまいます。

はちこはちこ 2007/07/23 08:14 yukaちゃん、
「ヨシカミ」ですか、メモって行こう! 東京は、まだぐずついてますね。今日の天気予報では、今年の夏は、冷夏になるって… あれれ、猛暑はどうなっちゃったの?(笑)

フィベさん、
土曜日は、本当にありがとうございました! とっても楽しかったですね♪

フィベさんの教会でも、「12ステップ」をやっているんですね! ご指摘の通り、結構メンバーの入れ替わりが多いというか、週によって集まる顔ぶれが違ってたりすると、なかなか、「心を開ける親密な関係」を築くところまでいかないんですよね。また、リーダーの力量というか、配慮というか、そのへんも重要ですよね。
教会を大きくするというコンセプトから出たセルグループは、日本の教会でも随分前からありましたが、親密な関係の中で主にあって共に成長するコミュニティーというコンセプトのスモールグループは、多分まだ日本の教会では新しいのかもしれません。フィベさんが感じておられる問題点、よくわかります。私がアメリカで行っている12ステップベースのスモールグループでも、同じことを感じました。
今回日本で何人かの方たちと話している中で、12ステップ系のスモールグループに対する、同様のためらいを何度か聞きました。

12ステップ系は、マニュアルがかなりしっかりしているのですが、日本の教会に取り入れていくなかで、やはり一工夫が必要なのかもしれないですね。

heidiheidi 2007/07/23 08:25 はちこさん、土曜日は楽しかったですね!私達だけカキ氷から始まって、一番食べましたよね。(笑)ビリーズブートキャンプを35分やっただけで、足の筋肉がちょっと痛いです。でも効いているって感じが嬉しい。いつかはちごろーにシカゴオフ会でもアレンジしてもらおうか?(笑)

かつをかつを 2007/07/23 08:51 本当にご無沙汰しております。ねこの聖書のかつをです。
今日、久しぶりにブログを読ませていただいたら、なんと日本に滞在中!そして私の住む和泉多摩川近辺の馴染みの深い地名の数々、ホライズン、よみうりランドの温泉まで〜〜。
こんなにはちこさんと急接近していたとは、本当に感激してしまい、思わず書き込みさせていただきました。
どうぞ思い出深い日本での夏休みをエンジョイされますように。
できれば、お会いしたいです…はちこさんとお話しするのが夢です。
これから毎日ブログチェックします!

erinaerina 2007/07/23 09:45 明日は仕事なので、終わりが5時半です。
もう一日早く分かってたら午後、お休みをもらったのに…。
残念です。
ちなみに、浅草橋まで足を伸ばすなら、帰りは馬喰横山から乗るのがお勧めです。
東日本橋という駅と直結している線なのですが、時間を調べて帰ればちょっと時間はかかりますが橋本まで一本で帰れます。
橋本まで一本で帰った場合はほぼ確実にすわれますよ。
橋本から横浜線なら立っている時間も限られていますし。
あと、地図を見てもらえば分かりますが、浅草橋から東日本橋、または馬喰横山までは問屋街なので、3000円の水着屋さんとかも運よければみつかりますよ!!
浅草橋では都営浅草線方面の出口をでて、右手にビーズ屋さん。そこから10分ほどで先の馬喰横山です♪

さおりさおり 2007/07/23 10:42 はちこママ!!関西にやっと来るのね〜〜!!!
神戸ではどこに行く予定??会えたらいいけど。。でもさおりも実は結婚式のブライズメイドをするために、木曜にアメリカに行くんです。入れ違い・・( ´△`) アァ-
大阪にはいつくるのかな??沙織は家は神戸で、働いてるのは大阪だから
またちらっとでも会えたらいいなあ☆

はちこはちこ 2007/07/24 05:46 heidiさん
土曜日は楽しかったですね! ビリーズブートキャンプをやってるなんて、 heidi さん、偉い! 私にはちょと無理かな。秋からヨガでもやろうかと思っています。

かつをさん
お久ぶりです! 私も、きなこちゃんやあずきちゃんにお会いしたいですー!(あ、かつをさんには会わなくてもいいという意味ではなくて。笑)

erinaちゃん
またタイミングがずれちゃったね。お仕事してるんだから、急に言われても普通無理だよね。今日は、浅草橋で文具とビーズやアクセサリーを見て、浅草では仲見世どおりを歩いて、それから花やしきに行ってきました。お天気が良くて、ちょっと暑かったー! 子供と一緒だと、行動に限りがあるけど、それでも楽しかったです!

さおりちゃん
そうなのよ、ついに関西デビューです!? そっかー、さおりちゃんは木曜日からアメリカなのね。見事に入れ違いだぁ。 私たちは今週末から関西です。
お母様の具合は、その後いかがですか?

じんくんじんくん 2007/07/24 05:50 柿の種は我が家でも人気です。
自分も子どもの頃から遠足のおやつに買っていた。
それも、ピーナッツなしのをね。
はちこさんの行かれる先では、ピーナッツなしはないですか?
http://www.naniwayaseika.co.jp/index2.html
進物用のあの缶は懐かしいです。
テーマソングがあるなんて知りませんでしたが、面白いですよ。

はちこはちこ 2007/07/24 06:06 じんくんさん、
うちの近くで見かけるのは柿ピーがほとんどですが、たまにピーナツなしの大袋を見つけることもあります。
ご紹介くださったサイト、元祖柿の種のサイトですね!感激。日本にいる間に注文しちゃおうかな。

はちごろーはちごろー 2007/07/24 07:50 シカゴオフ会は特別会計が必要かと(笑)。でも楽しいひとときでした^^
ビリーズブートキャンプにヨガ。こちらはなぜか太極拳。自分らしくて
いいかなと思います。

heidiheidi 2007/07/24 08:48 >はちこさん

柿の種はヨーロッパ旅行の供です。6袋分入っているのを持って行きます。軽い偏頭痛とか気持ち悪い時は、油っぽいものが受け付けないので、これとコーラが命綱になったりします。(^_^;;

>はちごろー

意外な気がしました。太極拳の方が負荷がかかって良さそうだけど、私は動きが遅いのがじれったくなるかも。(笑)

さおりさおり 2007/07/24 09:51 ががーん。
本当に入れ違いだね・・涙
いつまで関西にいますか??
沙織は木曜に帰ってきます。

お母さんの事知ってるの??お祈りしてくれてたのかな・・。
知らない所で知らない人に祈られてるんだね。
ありがとう。
お母さんの体調は今はいいです。
手術は8月中になりそうだよ。
またお祈りください。

はちこはちこ 2007/07/24 19:19 はちごろーさん
ほほう、太極拳ですか。意外といえば意外だけど、似合っているかも。

heidiさん
ほほう、柿の種を持ってヨーロッパ旅行へ。でもわかる気がします。食欲のない時でも、柿の種なら食べられそう。
あの動きの遅いのが筋肉を鍛えるのにいいらしいですよ。体の内側の、核となる筋肉を鍛えることが大切らしいです。

さおりちゃん
神戸は1日までかな。その後広島に向かいます。
お母さんのこと、JCFNの祈りの勇士で祈っていますよ! 手術8月中ですか。覚えて祈ります!

2007-07-22

一休み/ネルソン氏の証

04:16 | 一休み/ネルソン氏の証を含むブックマーク

 連日の強行軍で、さすがに今日は疲れが出てきたため、午後はお昼寝をした。昨日は新宿で数名の友人と会って楽しいひと時を過ごしたが、そのときのことはまた後でゆっくり書こう。

 今朝の東京ホライズンでのジェフ・ネルソン氏のコンサート礼拝はとてもよかった。氏が賛美を導き、メッセージはいつものように平野先生。ネルソン氏は歌も歌われるんですねぇ。とても素敵な声でした。CDでは、ピアノ演奏だけみたいだけど。

 ネルソン氏の証が、私も共感できる話で、非常によかった。今回、間一髪で日本にこれなくなるかもしれなかった話。

 アメリカ出発の当日、空港でチェックインしようとしたら、「あなたのパスポート、期限が切れていますよ」といわれたのだそうだ。あわててマネージャーに電話したら、郵便局のパスポート課に連絡してみたら、とのアドバイス。話を聞きながら、私は内心、「ダメ、ダメ、郵便局のパスポート課の人なんて、全然役に立たないよ。うちもそれでひどい目にあったのだから」と思っていた。

 電話して、何とか一日でパスポートを取れませんかねと聞いてみたものの、答えは「不可能ですよ!」そりゃそうだ。とにかく現在のアメリカのパスポート発行状況は最悪なのだから。しかし郵便局の人は、「それでも、念のため、パスポート用の写真だけは撮っておいたらどうですか、どうせいずれは必要になるだろうし」と言った。そこで彼は写真を撮る場所に向かった。歩きながら、マネージャーの電話番号をメモしてあった紙の裏側をひょいと見てみた。昔の御言葉カレンダーの切れはしの裏に書き留めてあったもので、そこには、「With God, all things are possible」と書いてあった。何をどうすればpossibleになるのかわからないものの、それに励まされつつパスポート写真を撮った。そのとき、カメラマンのおじさんがある電話番号をくれて、「ここに電話してみればどうですか」と言った。その番号は、ワシントンDCのコングレスマン(下院議員)のものだった。私は内心、「そうそう!コングレスマンだよ!」とにっこりした。私も、イリノイ州のコングレスマン、バラク・オバマ氏のオフィスに電話し、とても助けてもらったし。

 ネルソン氏は、コングレスマンに電話してもそんなに簡単に通じるのだろうかと半信半疑だったものの、すぐに電話は通じ、今すぐワシントンDCの彼のオフィスにいらっしゃいといわれた。空港の人に、ワシントンDC行きの飛行機はありますか、と聞くと、「一便だけありますが、これから5分で出発です」といわれ、彼は大慌てで走って乗り込んだ。DCに着き、コングレスマンのオフィスに到着すると、コングレスマンがじきじきにネルソン氏と会ってくれ、「ネルソン氏のパスポートの更新をexpedite(迅速処理)でやってください」という手紙を書いてくれた。

 ネルソン氏は、その足でパスポートオフィスに向かった。私自身、日本に来る二日前にシカゴのパスポートオフィスで朝6時から並んだが、ネルソン氏も、いったい何時間待たされることになるだろうかと思いつつ並んだそうだ。しかし、彼の名前は15分後に呼ばれ、ただちにパスポートが発券された。空港でパスポートが切れていますよと言われてから、新しいパスポートを手にするまで、その間わずか7時間だった。

 普通だったらありえなーーーーい! でも、With God, all things are possible!! ハレルヤ!

 そんな訳で、ネルソン氏は次の日には無事日本行きの飛行機に乗り、こうして日本での御奉仕を予定通りなさってくださったのだった。主に感謝!

 礼拝の後は、ブログ読者のマリさんとご主人、それからM福音自由教会から来てくださったMさんとお会いするチャンスもあり、それもまた嬉しく感謝なひと時でした。(来てくださってありがとう!!)

micaroonmicaroon 2007/07/22 07:56 はちこさん、本日はお会いできて本当に嬉しかったです。短い時間だったにも関わらず、名前まで覚えていてくださってありがとうございます!感激です〜☆
私にとっても、ネルソン氏の証し(私の場合はパスポートについてではありませんが。)も平野先生のエペソからのメッセージも個人的に本当にタイムリーでコネクトできるところがあって、驚いたと同時に神様の絶妙なお計らいに深く感動しました。はちこさんにお目にかかりたい!という私のミーハーな(!?)思いにも、神様が想像以上の祝福をもって応えてくださったことに感謝です。
これからもブログ楽しみにしています。はちこさんご家族の夏のご予定のためにもお祈りしています♪

yukayuka 2007/07/22 18:57 朝から素晴らしい証に触れて、感謝しています!御言葉は力。御言葉は支え。あぁなんて素晴らしいんだろう。私もこの御言葉と共に歩みたいと思わされました。

はちこはちこ 2007/07/22 19:25 micaroonさん、
コメントありがとうございます! 短い時間でしたけど、お目にかかれてうれしかったです!来てくださって、ありがとう! 神様って、本当に私たちの必要をよくご存知で、自分では予想もしていなかった時でもタイムリーな励ましや指針をくださいますよね。^^ これからもどうぞよろしく!

yukaちゃん、
With God, all things are possible! ほんっとに励まされるよね!
yukaちゃんももうすぐ大仕事があるけれど(!)、そのすべてにおいて、主の御手が置かれ、守られることを確信しつつ、祈っています! 実家に戻るのは何日からですか?

*サヤッコ**サヤッコ* 2007/07/22 20:02 わーぁ!
ハチコママ、ここでシェアしてくださってありがとうございました!
今、私に必要な箇所であり、証でした。
ここには書ききれないぐらい励まされました。

そうですね、私には他でもない、あの方がついてくださってるんですよね!
本当に、ありがとうございました。

そして、本も、楽しみにしています。感謝です!

yukayuka 2007/07/22 23:40 そうそう、大仕事に関して、御言葉を握りしめて行きたいなぁと思ってるところです。
出来れば、陣痛から出産までホーリーラフターでありたいなと。(Denverでの手術準備中がそうだったので)実家へは、8月13日に帰ります。お祈り本当に感謝です!!!
私は、私をつよくしてくださる方によって、どんなことでもできるのです。ピリピ4:13

はちこはちこ 2007/07/23 01:18 *サヤッコ*ちゃん、
ネルソン氏の証、さやっこちゃんの励みにもなってよかった。自分の目で見て「無理だよ〜」と思っちゃうと、ついあきらめたくなるけど、神様には不可能はないことを、いつも覚えていたいよね! 本も待っててね!

yukaちゃん
実家に戻られるのは13日なんですね。ということは、私たちが関西にいる頃、まだそちらなんだ。なんとか、会うか電話で話すくらいのことはできたらいいなぁ!
ピリピ4:13、アーメンです!!

マリマリ 2007/07/23 09:06 日曜日はナマはちこさんに会えて本当に感動でした!思っていたとおりの方でした!素敵な人オ〜ラが出てイエス様が見えました!

お忙しいのに時間をとってお話していただいてありがとうございました。私も旦那もとってもうれしかったです。はちこさんに「お子さんは?」」と聞かれてちょっとドキッとしました。何を隠そう、神様が赤ちゃんを授けてくださいました。私が不育症でなかなか赤ちゃんが育ちにくい体質なのでお祈りしててくださいね。流産して抱いてあげることの出来なかったベビー達の事を思い出しては不安になってしまう日々ですが、今度こそは神様がミラクルをおこしてくださるような気がするので期待して待ちたいと思います!またいつかお会いできますように!

tomotomo 2007/07/23 11:58 M福音自由教会って... micaroonコメントしてるし〜 やはり僕の母教会でしたか(笑)元M福音自由教会会員の別の友人がジェフ・ネルソンの話を彼女のブログ (mixi) に書いていたので、ピーンときました。先日母教会の礼拝に出席した際、td_okudaくんとはちこさんの話で盛り上がって(彼とはそのM福音自由教会でかれこれ10年ぐらいの付き合いです)、世界は狭いと改めて思いました。

はちこはちこ 2007/07/24 05:55 マリさん、
私もお二人にお目にかかれて嬉しかったです。あの時は、ぶしつけな質問をしてしまってごめんなさい! 新しい命が授けられたのですね。あの後からわかったのですか? 神様がおなかの赤ちゃんも、マリさんの心も体も、すべて守っていてくださいますように、かげながら私もお祈りさせていただきます!

tomoくん、
ほんとに世界は狭いですね。td_okudaさんとも土曜日に会っていたんですよ。次回は、一緒に会えるといいですね!

2007-07-21

エミからの電話

21:43 | エミからの電話を含むブックマーク

 エミから電話があった。(エミからの電話はこれで2度目。)

 先週受けた数学の試験に無事合格したらしい。このために毎日パパと大特訓だったので、パスしてよかった。これで秋からは、エミが取りたかったAP Calc(微積分)が取れる。本人が自分で決めたことで、最後まで頑張って、好ましい結果を出せたのは本当に感謝だった。私とパパは、試験に受からなくて再履修になったとしてもそれでいいとは思っていたんだけどね。これでパパも、忙しい中エミにつきあって連日個人講義(?)をした甲斐があったね。パパもお疲れ様でした。

 エミから電話があると、なぜか子供たちがものすごく喜んで、受話器の取り合いになる。子供たちにとって、自分が日本で感じているさまざまな驚きや興奮を分かち合える一番の相手がエミなのだろう。先日も、3人が交互に一時間以上も長話をした挙句、私は結局エミと話さないままに電話を切られてしまっていた。(笑)

 さて、今日はこれから新宿に出る。人に会ったり、他にも片付けないとけない用事がいろいろあるので。

「渇望の旅」

21:43 | 「渇望の旅」を含むブックマーク

 昨日の朝、上沼先生の神学モノローグが配信されてきた。いろいろな人と教会について、また個人の信仰生活について、語り合うなかで何が現代の教会に欠けているのだろうと考えていたが、ここで先生が語っておられる「渇望」ということが、ヒントになるような気がした。

 私の好きな御言葉に、「満ち足りた心を伴う敬虔こそ大きな利益を受ける道です」(第一テモテ6:6)というものがある。この箇所だけ見るならば、渇望を感じることなど、肉的で望ましくないように思えるかもしれない。しかし、先生の文章からもわかるように、私たちが感じる渇望には、主をもっと求めるようにと、神ご自身が与えてくださるものもあるのだ。そこが満たされていないのに、いかにも満たされているようなふりをするなら、その人はいずれ干からびてしまうだろう。(テモテの箇所で言われているのは、敬虔を利得の手段とすることへの警告。教会を自己実現の手段に用いることへの警告、ともいえるかも?)

 せっかくクリスチャンになった人たちが教会でつまづいたり、教会を移動したり離れたりするのは、この「神が与えてくださった渇望」が満たされないことに大きな要因があるのではないだろうか。

 もちろん私たちは、心が求めるものを何でもかんでも追求すべきではない。実際そこには肉的な欲求も多く含まれているだろう。でも、そもそも肉的な欲求に翻弄されてしまうのも、本来満たされてしかるべき霊的な渇望が満たされていないことに起因するのかもしれない。(このあたりは、「あなたはどこに愛を探していますか」にも通じるテーマかも。)

 私の中には、確かに渇望がある。満たされるべき渇望と、死に渡されるべき渇望を、主にあって正しく見極めることができますように。満たされるべき渇望が満たされていない時に、敬虔に見えたいがために、無理をして満たされているふりをしてしまうことがありませんように。また、満たされるべき渇望と勘違いして、自分の欲望のとりこになってしまうことがありませんように。


 先生からは、個別に許可を取らないでも自由に私のブログに引用・転載していいですよ、という許可をいただいているので、ここに謹んで、全文を転載させていただきます。(下線ははちこによる。上沼先生のHPは右側のリンクの欄からリンクされています。)

神学モノローグ

「渇望の旅」2007年7月18日(水)

 ガラガラヘビのことでジョン・エルドレッジ(John Eldredge)の本を紹介した。それで彼の著書をもう一度振り返ることになった。その中に『渇望の旅路(The Journey of Desire)』(2000年)と言うのがある。このタイトルはジェームズ・フーストン師の『心の渇望(The Heart's Desire)』(1992年 邦訳:いのちのことば社)を思い起こさせてくれる。どちらも、私たちの内側に何かを深く慕い求めている心のあることに注意を向けている。物質的に豊かになり、聖書的に福音のメッセージを充分味わっていながら、なお満たされていない心を見ている。

 立場の違いがありながら、どちらも心の深くに秘められた渇望が疼いていることを語っている。ある意味で決して満たされない心の渇望を抱えながら人生を歩んでいることを見ている。満たしは約束されているが、安易には届かないところにあってそれを慕い求めている。あたかも何かですでに満たされているような錯覚から目を覚まされる。おいしいものを食べ、家庭があり、教会があることですでに求めていたものが満たされている安易な満足感が打ち破られる。心の底になお満たされない渇望が、砂漠で水を求めて彷徨っている動物のようにある。

 背景として、物質的な面でも、教会的な面でもすでに充分すぎるほどのものを手に入れることができ、教えられてきていながら、霊的な面で停滞している現代の福音派のクリスチャンの姿がある。聖書的に正しい教えを説き、また聞き、教会生活を守り、それなりの生活をしていても、自分の洞窟から出られないで、霊的な倦怠期を迎えている現代の教会の姿がある。それでも心は求めている。何かを慕い求めている。満たされることを求めてうめいている。心は叫んでいる。そんな心に寄り添いながら二つの本が書かれている。

 しかし、このテーマは何と言ってもA.W.トウザーの名著"The Pursuit of God"を思い起してくれる。邦訳『神への渇き』(いのちのことば社)はすでに絶版になっているが、2年ほど前にこの本のことで札幌の友人の牧師と話をしたときに、コピーをしたものを持っているというのでくださった。霊的な糧と方向付けをこの本から得ていることが分かった。

 トウザーはこの本を1948年に書いている。日本的には戦後間もなくである。福音的な教会の創設期である。聖書のメッセージに多くの人が耳を傾けたときであった。多くの宣教師が活動を始めたときであった。トウザーはシカゴで牧会をしていた。そんなときに書いた本である。そこで彼が直面していたことはそれから半世紀以上経っても変わっていない。「はじめに」で言っている。

「現代は、キリストに関する教義を正しく説く、聖書の教師は不足していない。しかし、その教師たちの大多数は毎年毎年信仰の基本的要素を教えること満足しているらしく、彼らの牧会には神の明らかな臨在はなく、また彼らの個人的生活にはなんらの変化も起こっていない。不思議なことに、彼らはこのことに気づいていないのである。彼らは絶えず、胸の中に神への憧憬を抱く信者たちを牧会していながら、その憧憬に満足を与えることができないでいる。」

 渇きを感じている信者は満たされる教会、説教を求めて移動する。限られたなかでアメリカの教会を見て、なるほどと思う。半世紀以上経っても霊的な状況は変わっていない。と言うより霊的な求め、渇望はいつもある。国や民族や時代が変わってもある。心の深くにじっと秘められた渇望である。言葉に言い表せなくても、心の深くでいつもうめいている。そして、心は確かに聴いている。ただやたらと言葉に出せば、それは説教に対して聞く耳がないからだ、教会生活に満足していないからだと責められる。そのようにして、心の深くにある求め、時には心の闇、それに触れることを聖書を使いながら巧みに避けてしまう。

 心のどこかがいつも満たされていない思い。何かがいつも欠けているような空虚さ。失ったものが山の彼方の空遠くにあるような憧憬。どこかで傷ついた心がいまだに疼いているような感覚。どこかにほんとうの生活があるのだろうという夢。この人ではなく別な人と生活をしているべきだったという悔い。こんなはずではなかったという諦め。何かをいつも求めていながら届いていなもどかしさ。

 そんな心の疼きを哲学のテーマとしてレヴィナスが押さえているのに驚く。「見えないものへの渇望」が人類が求めているものだと旧約聖書の哲学者として言う。アブラハムが行き先がわからないに出ていった旅を哲学のテーマとして描いている。すべてが見える、これですべてが分かったと言って、哲学が世界のあり方を説明し、人のあり方を説き出すときにイデオロギーとして権力をふるうことを、西洋の思想とナチスのなかに見てきた。見えないものを満たされない心を持って、ただひたすらに謙虚に慕い求める神の民の姿を見る。

 代表作『全体性と無限』の書き出しで言う。「『ほんとうの生活が欠けている』。それなのに私たちは世界内に存在している。形而上学が生まれ育まれるのは、このような不在を証明するものとしてである。だから形而上学は、『べつのところ』『べつのしかた』『他なるもの』へと向かっていることになる。、、、私たちになじみ深い世界から旅だち、私たちが住まっている『わが家』をはなれて、見知らぬ自己の外部、向こう側へおもむく運動としてあらわれるのである。」

 もうひとつの代表作『存在の彼方へ』のタイトルが語っているとおりである。「夏だ。さあ旅に出よう!」そんな思いがまさに哲学だと言う。そんな思いを神学として受け止めことを促してくれる。そして、聖書に対して抱かせてくれる。「見知らぬ自己の外部、向こう側へ」至る渇望の旅である。

上沼昌雄記

ぼぼるぼぼる 2007/07/20 23:53 エミの数学は先週まで1日4時間の集中特訓だったのであるぞえ。積分と超越関数の微分をのぞく高校数学の全般を、4週間でカバー。教科書がまた、電話帳のように分厚いんだよね。中には、グラフの対称性とか、日本では中学レベルのものもあるかと思えば、逆に行列式の余因子展開など、日本では大学教程に含まれているものもあって、まあエミはよくがんばった。試験も4時間だったそうだから、半端じゃなかった。しかし、数学の特訓もそうだけど、エミのために3度の食事をこしらえるほうがずっと大変じゃー。3週間目に入ってさすがにレパートリーが尽きてきたよ〜ん。早く日本に行ってゆっくりしたい。

John Elderedgeでは「Wild at Heart」が良かったな。そこにも書いてあったけど、男性は、冒険のない教会には魅力を感じない、ということはあると思う。(必ずしもハーレイに乗って教会にきたり、みんなでロッククライミングに行ったりとかそういうレベルじゃなくて。)御言葉とその実践が正しく教えられていることは勿論だけど、信徒が長い教会生活を通して信仰を育てていくには、教会が神様と二人三脚で新しい境地を切り開いている、という実感が伴わないとねえ。そのためには、どこで聖霊様が働いているか敏感に察知して、その方向に教会を導いて行くことのできるリーダーが求められていると思う。

あしたの野郎会は、あっきいのキムチ鍋が登場します。

はちこはちこ 2007/07/21 11:16 ぼぼるパパ、

エミの数学の家庭教師、本当にお疲れさまでした。数学科の学科長の先生も、実際の得点よりも、エミの努力を買ってくれてたみたいだったね。
それから、毎日食事の支度もありがとう。(洗濯もしてる?)あと少しだから頑張ってね。日本に来たら、思い切り羽を伸ばしてください。

男性は、冒険のない教会には魅力を感じない、なるほど。必ずしも奉仕に翻弄されるのが嫌とか、そういう次元の話ではなくて、神様と一緒に労しているという実感さえあれば、きっと多少大変でも喜んで頑張れるのかもね。

今頃、野郎会だね。あっきいのキムチ鍋、いいなー!』

ぼぼるぼぼる 2007/07/21 17:41 >(洗濯もしてる?)
はい、洗濯炊事お掃除、植木の水やり、すべてやっております。日頃のはちこの苦労に頭が下がる思いです。
きょうは、とても気持ちのいいお天気だったので、パティオで聖研をやり、キムチ鍋のあと、みんなでPatriot’s Parkに行ってフリスビーやサッカーに興じた。いい汗かいた。

はちこはちこ 2007/07/21 18:27 えー、パティオって、ちゃんと片付いてた? 埃だらけだったんじゃない?
フリスビーやサッカーかぁ。やっぱり野郎会は、女の子の集まりとは発想が違うみたい。(笑)

ぼぼるぼぼる 2007/07/21 21:06 そう、埃だらけだったんで、お客さんが綺麗に拭いてくれました。パラソルの内側に蜂の巣があって、飛んでくる蜂をよけながらの聖研でした。

はちこはちこ 2007/07/22 04:38 お客さんが… うーん、状況がありありと想像できる。(笑)

td_okudatd_okuda 2007/07/22 11:41 >ぼぼるさん
「男性は冒険のない教会には魅力を感じない」…!! 女性が多いせいか、女性/中性っぽい男性しか教会に来にくい/来る理由や魅力を見つにくい理由のひとつは、これかも知れないと思いました。ビジョンとリーダーシップによりダイナミズムが感じられること=冒険と仰っているのですね。

では次に、静謐/安らぎ/受容といった部分と、Vision-drivenなダイナミズムは同じ教会に同居できるのでしょうか。セルグループなどと役割分担することになるのでしょうか?

ぼぼるぼぼる 2007/07/22 18:00 >では次に、静謐/安らぎ/受容といった部分と、Vision-drivenなダイナミズムは同じ教会に同居できるのでしょうか。セルグループなどと役割分担することになるのでしょうか?

okudaさん、コメントありがとうございます。安らぎ、受容、絆といった要素は、教会のダイナミズムと表裏一体だと思います。自分が受け入れられていると感じられればこそ、教会のビジョンに積極的にかかわっていくことができるわけで、そうなると「神様との冒険」が楽しくなってくるんじゃないでしょうか。だいたい男は臆病なもので、冒険は好きだけど安全だとわかるまでは冒険しない。それから、深い絆作りのためにはたしかにスモールグループのような親密な場が必要だと思いますが、そこにも(というかそこにこそ)リーダーシップのダイナミズムが不可欠ではないかと思います。男性は職場でもまれ、家では奥さんに「あなたが一家の長なんですからしっかりしてください」みたいなことを言われる。(これは、外で戦っている旦那に対しては禁句だと思います。本人が一番よくわかってるんだから。)そういう、自らリーダーであろうと必死に生きている男性が教会で安らぎ、養われるためには何が必要か?それは、イエス様のservant leadershipが目に見える形で実践されていて、そこからインスピレーションや勇気をもらうことではないでしょうか。職場や家庭の問題にせよ、金銭的なことやアルコールやインターネットポルノへの依存症にせよ、自分の抱えている問題を親身になって聞いてくれ、御言葉から適切なガイダンスをもらうことができる。また、そんな不完全な自分にも、神様のためにできることはいくらでもある、というassuranceを与えてくれる。そういう教会だったら、そういうリーダーシップだったら、そのビジョンについていこう、という気持ちになれるんじゃないですかね。

ゆみりんゆみりん 2007/07/22 19:27 うーん、いろんなことを考えさせられました。
私は、とても小さいころから、この空虚感、渇望感を
抱いてしました。
誰も、そうすればそれが満たされるか教えてくれなくて、
子供の私にできたのは”無いものねだりの私が悪い”と
自分を責めることでした。
クリスチャンになって、求めていたものは神様だったんだ!
と、ようやくゴールにたどり着いた気がしたものの、
なんていうか、救われてからのほうが、自分の罪深さ、
神様の偉大さそういうものがコントラストされて、
さまよった時期がありました。
がむしゃらに聖書を読んで、少し霊的に成長した時、
今度は停滞期がありました。
そういうことをクリスチャンや教会員に話すと、
”大丈夫、どうにかなるよ”と言われたものの、
私は満足できませんでした。
渇望感は持っていていいものなんですね、それは
私が霊的に満たされていないとか、そういうことでは
ないのですね・・・。
神様との旅を楽しみたいです、これから、少しずつ。
いつも素敵な記事をありがとうございます。

はちこはちこ 2007/07/23 01:24 ゆみりんさん、お分かちありがとう!
うなづきながら読ませていただきました。
本当に、神様に出会ってクリスチャンになって、そこでゴールインではなく、そこから、本当の旅路が始まるのですよね。昨日のメッセージにもあったのですが、それまでの私たちは「死んだ」者だったのが、イエス様の贖いによって「生きた」者になった。だから、これからが本当の人生なんですよね!その道のりはやっぱり山あり谷ありだし、でもイエス様にしっかり目を留めてさえいるならば、山でも谷底でも、すべてが神様へと続く小道なんですよね! ^^

tomotomo 2007/07/23 12:56 ぼぼるさんとtd_okudaさんの会話を読まさせてもらいました。

男性と「冒険」についての話でしたが、聖書の中には女性でも冒険をした人が多く出てくるのではないかと思います(ルツ、エステル、墓に置かれたイエス様の体に香油を塗りに行ったマグダラのマリアなどなど)。思うに、夫が仕事に行っている間、家庭を守り、子育てをすること自体、大変な冒険なのではないかと... 男性はなかなかこのことに気付かないのかもしれません(この見方自体古いのかもしれませんが、仮に「男性が専業主夫になったとしてできるか?」と聞かれれば、それはそれは大変なことだと男性も実感できるので、そのことからも言えるのではないでしょうか)。

...話は少しそれますが、職業柄、以前こんなことを考えたことがあります。英語の動詞のいくつかは、-(t)ureの語尾を付けると、その動詞の行為から生み出されるものの名詞ができますが... 例えば:
to create --> creature
to expend --> expenditure
ところで、(時期外れですが)「待降節」って、英語でAdventって言いますよね。まあ、こんな動詞はないんですけど、「to google」みたいに、イエス様の降誕を、そして私たちの時代においては、イエス様の再臨を待ち望むのを覚えるということで、to adventという動詞を作ってみると:
to advent --> adventure (!)
なんですよね。なので、イエス様の再臨を待つというのは、つまり私たちがこの世でどのように生きていくべきなのかというのは、決して「来ない待ち人をぼーっと待つ」ような姿勢なのではなく、主にあってadventurousな人生を歩むことなのではないかと...

なので、男性も女性も、いや、一人一人、形は違うかもしれないけれど、神様は「一緒に冒険してみない?」と誘っておられると思うのです。イエス様ご自身も、天から、別世界であるこの世に降りてきてくださった訳だし(ec05を思い出しますね)。そして、それぞれに与えられた冒険の形というのは、他にはあり得ない、神様とその人だけの特権だと思うのです。教会の役割は、その特別な招きを、(男性でも女性でも)その人が見いだせるように、お手伝いすることだと思うのです。

余談になりますが、だからこそ、人生が重なり、結婚という形で二人でともに一つの冒険に預かれるというのは素晴らしい恵みなのではないでしょうか(と、まだ経験してないのに言ってみた...)。

話を戻すと、td_okudaさんが書いておられた「静謐/安らぎ/受容といった部分と、Vision-drivenなダイナミズムは同じ教会に同居できるのでしょうか」という点、確かに人の目から見れば、教会がその2つを両方提供できるか疑問に感じるところだと思いますが、ぼぼるさんも書かれているように、イエス様こそその2つを調和して提供することができる方だと思います。そしてそれは、上に書いたことからするに、女性にとっても必要なことなのではと思います。

神であり、人であるという全く別の2つのご性質を調和してお持ちになっておられる方、イエス様は、正しく私たちがならうべき存在なのではないでしょうか。そしてその方に救われ、導かれ、いつの日か顔と顔を合わせる日が来るとは、神様のなさることは本当に不思議です。

はちこはちこ 2007/07/24 06:00 tomoくん
そうですね、家事育児も確かに冒険ですね。特に育児はハラハラドキドキの連続だし。でも、男性の冒険とは違って、take a chance が、しにくい冒険かもしれません。

to advent --> adventure  これはすごい! 神様を待ち望みつつ生きる人生はそれ自体が冒険。うむ、なるほど。

ん〜、いつかぜひ、tomoくんやtd_okudaさんにもシカゴに来ていただき、ゆっくり語り合いたいものですねー。来年のCCだな、やっぱり。^^

2007-07-20

日本でのお気に入り

07:27 | 日本でのお気に入りを含むブックマーク

 中村ファミリーにとっての日本行きは、里帰りであると同時に海外旅行でもある。なつかしさともの珍しさの両方に溢れている。毎日が心のふるさとへの回帰であり、冒険と新しい発見の連続でもある。

 今、子供たちが日本ではまっているもの。

ケン:ナルトに関係のあるもの。ラーメン。コーラ味のハイチュウ。ファンタ。

ま〜や:ドリア・グラタン系の食べ物。英語版の「サザエさん」。可愛いメモ帳。ファンタ。

みん:「キングダム・ハーツ」の関連商品。ハヤシライス。日本の消しゴム、シャーペン、極細ペン。


 一方私は、日本の薬局が楽しくて。漢方っぽいお茶とか、つい買いあさってしまう。あと目薬。ま〜やがよくものもらいになるのだが、アメリカだと医者にいって処方してもらわないと抗生物質入りの目薬は買えない。ところが日本の薬局では、ものもらいにきく抗生物質入りの目薬が普通に売っている!あと、数種類のビタミンが配合されている疲れ目に効く目薬にも感動。もしかしたらアメリカにもあるのかもしれないけど、見た覚えがないので、さっそく自分用に購入。良さげだったら、ぼぼるパパにも買って帰ろう。そしてメンタームの薬用アクネスUVティントミルク。

 それから日本の化粧品。もちろんアメリカにも良いものはたくさんあるのだけれど、日本ならではのものに心惹かれる。先日は資生堂マキアージュのリキッドルージュをゲット。グロス感がいい!そしてDHCの化粧品。アメリカでも大々的に展開しているが、日本で買う方が安いみたい。愛用しているCoQ10のクリームが、アメリカでは30g入りで40ドル以上するのに、日本では20g入りが800円くらいだった! ナンなの、この値段の違いは。

 日本に来て以来、みんの成長ぶりが際立っている。たとえば買い物の時、ケンやま〜やは見たものわりと何でもすぐに欲しくなってしまうのに、みんはじっくり見て、本当に欲しいものだけを厳選する。値段も考慮に入れつつ、本当に買う価値のあるものか、よく考えている。私がうっかりケンにねだられるままに何かを買い与えようとすると、みんから「ママ、そんなに何でも買ってあげたらダメ! ちゃんとノーと言わなくちゃ」なんてクレームがついたりする。今夜もデニーズで食事した時、ま〜やとケンがデザートを欲しがっても、「外食が多いんだから、デザートはダメ。甘いものばかり食べてたら、体にも良くないよ!」と言う。みん曰く、「私に子供が生まれたら、きっと厳しいお母さんになると思う。愛情はたっぷり注ぐけど、すごく厳しいお母さんになるよ。」 私が、「ママはそういうお母さんじゃない?」と聞くと、「そうだけど、私はもっと厳しくなると思う」と。これはこれは、頼もしい。^^ みんは、何でも子供にハイハイと迎合する親は良くない親だとちゃんと気づいているのだ。

 日本に来る前日、エミがみんにおごそかにこう言った。「ステップアップ、ミホ。私が来るまでは、みんが長女なんだからね。」エミの言葉通り、みんは長女代理の役目を立派に果たしている。

 もう一つ、みんらしいエピソードを。外を歩いていると、街頭でチラシやらティッシュやらを配っている人たちが大勢いる。私がそれらの人たちを無視して歩いていると、みんがある日、悲しそうにこう言った。「ママ、どうして受け取ってあげないの? あの人たちは配るのが仕事なんでしょ? 全部配り終えないと、家に帰れないんでしょ? 受け取ってあげないと可哀相。」折りしもその日は雨が降っていて、配っている人たちは雨がっぱだけで傘もささずに頭をさげながら道行く人に一生懸命ちらしを配っていた。その姿を見て、みんはコンパッション(憐れみの心)を覚えたようだった。そんなみんの優しさに打たれたので、以来、私もなるべく差し出されたものは受け取るようにしている。

 そうそう、話がまったく変わるが、昨日ケンが面白いことを言った。

ケン「日本の方がアメリカより歴史は長いの?」 

みん、ま〜や、私「そうだよ。」

ケン「だから、日本の方が時間が進んでいるの?」 (時差のことを言っている)

みんとま〜や、一瞬絶句してから、地球の自転のことなどを一生懸命ケンに説明していた。

しづしづ 2007/07/20 23:30 またそれぞれ個性が際立ってきたみたい♪
ますます会うのが楽しみ(^^)
マキアージュは私もオススメ♪
その他にもオススメしたい日本の商品はいっぱい(^^)私がいまハマっているのは、コンビにで30円くらいで売っている「ブラックサンダー」というチョコレート菓子。
美味しいから是非食べてみて♪

マリマリ 2007/07/21 04:20 私もアメリカに長く住んでいたので日本に帰ってくるたびに浦島太郎状態で毎回戸惑いもありましたが、ワクワクで楽しいことがいっぱい。食べものは何を食べてもおいしいし、日本でしか買えないものたくさん買って、あっという間に1万円札がどんどん消えていくのにはショック。(アメリカでは20ドル札がどんどん消えていってショックだったのに)アメリカは何でも安いって思っていたけど、意外に日本のほうが安いものいっぱいありますよねえ。質もいいですし。

私が毎回買っていたものは、てからない日焼け止め、ローション、いろんな文房具、クリスチャンブックストアで売ってる日本語で聖書の箇所とかが書いてあるグッズなどなど。消しゴムは絶対に喜ばれますよね。いろんなけしゴムを買ってお土産に持って行ってたらとても喜ばれて、コレクターボックスみたいな額に入れられて飾られていたのを見てちょっとはずかしくなりました。100円とかのものなのに〜。日本の消しゴムたのしい〜!ご存じかもしれませんが、ダイソーとかで売ってるイワコーの消しゴムは見てるだけで楽しいですよ!

http://www.iwako.com/kaimono_2/boringtop.html

明日東京ホライズン行きまーす!きょろきょろとはちこさん一家を探したいと思います!!

はちこはちこ 2007/07/21 10:50 しづちゃん
おお、コンビ二で30円で売っているチョコレート菓子! 早速探してみる!
マキアージュは、今日新色が発売になったんだよね。待ちきれなくて、二日前にすでに出ている色から選んで買っちゃったんだけど。
あ、山形でしづちゃんにメイク教室してもらうのもいいかも!

マリさん
>あっという間に1万円札がどんどん消えていく
そうなんですよ! 本当にその通りなんですよ! 日本に来ると、せっかく久しぶりの日本だし、という気持ちもあって、ついお金を湯水のように使っている気がして、われながら恐ろしくなったりもします。
日本の消しゴム、いいですよね! 子供たち、一杯買いだめしています。(笑)ダイソーのも見てみよう!

明日、ホライズンでお会いしましょう! 私たちは第二礼拝(10:45から)に行きます!

ミセスクレオパミセスクレオパ 2007/07/21 17:53 このたび、みんちゃんとま〜やちゃんの区別がやっとついたので(笑)、このブログをますます楽しめるようになりました♪

みんちゃんは素敵なteenに育ってますね〜。ママを冷静に観察しているところも、さすが次女!? 頼もしくもあり、ママにとっては怖い存在にもなりえるかも〜(笑)。それを一歩引いて受けとめておられるはちこさんもさすが!
ケンちゃんのエピソード、発想がすごくてびっくりです! 時差→歴史と結びつけるところは、科学者の血ですかね〜?

はちこはちこ 2007/07/21 18:25 おお、ミセスクレオパさん! ようこそ〜♪ 先日はお目にかかれて感謝でした!
いやぁ、みんの観察は鋭いです。子は親の鏡といいますが、まさに私がやっていることがみんにうつされるのかもしれません。(時には反面教師になりつつ!?)
ケンのあの発想には、笑いつつもちょっとうならされましたね。子供の発想って、ほんと、面白いですね! 大切にしてあげたいです。
ミセスクレオパさん、これからもどんどんコメントお願いします!^^

ひらめひらめ 2007/07/22 11:12 日本におかえりなさい、かつ、いらっしゃい♪
消しゴムやかわいい文具と言ったら「シモジマ」です。
http://www.shimojima.co.jp/
卸ですが一般でも1個から買えるのですが定価の6掛けくらいで
買えるものが多いのでとってもいろいろ欲しくなるお店です。
保育園のイベントにグッズを買いに行ったり、
クリスマスやパーティにも大助かりです。
総武線に乗られることがありましたら浅草橋でシモジマチェックです。
問屋街なので安くて買いすぎ注意エリアですけれどね〜

はちこはちこ 2007/07/22 19:26 ひらめさん!
ナイスタイミングな情報、ありがとうございます。ちょうど明日、浅草に行こうかなぁと考えていたところでした。浅草橋のシモジマですね、メモしていきます!
楽しそう〜〜!

2007-07-19

ジャパネスク体験?

06:49 | ジャパネスク体験?を含むブックマーク

 今日は曇り空だったけど、やや強引に読売ランドのプールに行ってきた。じゅんぽろちゃんも一緒に。(じゅんぽろちゃんの新居も見せていただきましたが、すっごく良かったー!私も一緒に住みたい。子供たちは、すっかりいつか泊まらせてもらう気になっていた。)

 当初の予定では百合丘にある温水プールに行くはずだったんだけど、よみランのプールの前売り券をすでに買ってあり、払い戻しはしてもらえないそうなので、私の中のケチ精神がむくむくわいて、ついよみランのプールへと足を運んでしまったのでした。

 まだ夏休み前だしこの天候だしで、プールはがらがら。まるで貸切状態。だけどアレですね、こういう場所って、ある程度にぎわっている方が楽しいものなのかもね。水が冷たかったせいもあるけど、子どもたちは今イチののりでした。

 プールサイドにフィッシュセラピーというものがあって、私と潤ちゃんとみんがトライ。小さな魚(めだかよりちょっと大きいくらい?)がたくさん泳いでいる暖かい水の水槽に足を入れると、魚がうじゃうじゃ吸い付いてきて、古い角質を食べてくれるというもの。くすぐったいし、見た目はやっぱり気持ち悪かったけど、にもかかわらず、えもいえぬ快感がありました。このサイトにフィッシュセラピーの様子の写真が出ています。

http://www.okanoyu.com/ivent.htm

 プールはかなり寒くなってきたので早々に切り上げ、その後は隣にある丘の湯という温泉へ。水着で入る温泉ではなく本当に裸になって入る温泉なので、子供たちはどうかと思ったのだけれど、日本のアニメには温泉や銭湯の場面がしょっちゅう出てくるとかで、彼女たちも興味を持ってくれた。そして、いざ、本場の温泉体験へと挑んだのでありました。

 ケンは女湯で大丈夫なのかしらと心配したけど、9歳未満ならかまわないそうで、全然問題なかった。

 じゅんぽろちゃんとは、体だけでなく心まで裸になるような「裸のお付き合い」で、とても感謝な時を持った。じゅんぽろちゃん、ありがとうねーー!

 温泉から出たら、更衣室で子供たちはコーヒー牛乳を。お風呂から出たらコーヒー牛乳って、気のせいかすごく日本的な気がした。コーヒー牛乳のほかにフルーツ牛乳もあって、私は高校時代、部活が終わるとよくコーヒー牛乳とフルーツ牛乳のどちらを飲もうかと真剣に悩んだりしたものだったので、なつかしくなってフルーツ牛乳を何十年かぶりで飲んだ。そしてその後はさらに、小岩井農場のソフトクリームを。さすが濃厚で美味しかった。みんは、もうデイリークイーンのソフトクリームは食べられない、と言っていた。

 そんなわけで、思いがけず子供たちに温泉を体験させてあげられて、なかなか感激な一日だった。

MikaMika 2007/07/19 07:26 はちこさんファミリーが、日本にいらっしゃることを知って喜んでおります。日本では、新潟で大地震が起こって大変なこともありました。ニューヨークでも爆発事故が起こった様ですね。いろいろな場所で、大変な出来事がありますが、わたしは、いつもどうり「はちこさんとぼぼるさんの日記」を見て過ごしました。今度の日曜日は、教会で、兄弟姉妹と共に、説教を聞き、お祈りをしたいと思います。

たかぽろたかぽろ 2007/07/19 08:37 今日は電話でしたが、お話できて良かったです。本当は会社を休んでお付き合いしたかったのですが。新居には、本当に泊まりにいらしてください。景色もいいですし、気持ちいいかと。。。また、よみうりランドでも遊べますし、丘の湯の会員なので、また日本を堪能してください。ソフトクリームも美味しいですよね。神様にまたお会いできるチャンスを下さいと祈っておきます。ぼぼるさんにも宜しくお伝え下さい。

はちこはちこ 2007/07/20 05:10 Mikaさん
ニューヨークでの爆発、知らなかったのであわてて調べてしまいました。テロではないようで、ちょっと安心。新潟の地震も、つい数年前に大地震があってようやく復旧しつつあるところでしたから、ショックもひとしおですよね。友人のご両親がこのときたまたま新潟を訪問していたそうで、今だに連絡が取れていないらしいので心配しています。このような時でも、主の平安の中にとどまることができますように。そして何より、被災者の方々の必要が満たされますように。

たかぽろさん、
ほんとにお話できてよかったです。うまく週末に予定があわせられれば良かったのですが… また次の機会が与えられますように。
丘の湯、いいですねー。私たちもまた行きたいです!

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/20 11:13 魚がうじゃうじゃ吸い付いてきて、古い角質を食べてくれるというもの。>

凄まじいですね。セラピーというので、「魚と触れ合って癒され」系かと思ったら、「古い角質を魚が食べてくれてお肌ツルツル」系だったとは・・・。

っていうか、やっぱりちょっと怖い!

はちこはちこ 2007/07/20 18:31 魚がツンツンつっついてきて、くすぐったいというか、やっぱり気持ち悪くもあり… 特にビジュアルに強烈なものがありました。(笑)
でも、機会があれば、一度体験してみると面白いよ!

ゆみりんゆみりん 2007/07/20 19:03 あー、フルーツ牛乳ってなつかしいですー。
私もきっとコーヒー牛乳かフルーツ牛乳か
すっごく悩むだろうなー・・・?
日本、楽しそうですねー。
みなさんで、いい思い出作ってきてくださいねー。
私も次男(22ヶ月)がもう少し大きくなったら、
また日本に里帰りしたいですー。

やすやす 2007/07/20 20:12 こんにちは〜。はちこさん、元気そうで何よりです。しかし、読んでいて、デピュテーション中の宣教師のようなスケジュールだなと思ってしまいました(笑)。

はちこはちこ 2007/07/20 21:48 ゆみりんさん
フルーツ牛乳、なつかしいですよね!コーヒー牛乳とはまた違った味わいで、どちらも捨てがたい。(笑)
里帰りって、いいですね。ゆみりんさんも、次回帰るときは、思い切り楽しんでくださいね!

やす、
いやー、なかなかハードなスケジュールです。デピュテーションなら一人で移動だからまだいいんだけど、子ども3人連れてなので、いろいろ調整が大変。でも楽しんでいます。 やすも、support raiseが70%満たされたとのこと、ハレルヤだね! 続けて、満たされるように、また他の課題のためにも祈っています!

2007-07-18

充実した一日

21:30 | 充実した一日を含むブックマーク

 昨日も一日フル回転で、午前中から子供たちをポケモン映画に連れて行き、その後彼らを一旦家に帰してから私だけ外出。新宿で浩子さんと落ち合い、1時間半あまり、とても良い交わりを持つことができ感謝だった。浩子さん、ありがとう!

 そしてその後は六本木に出て、父を囲むシンポジウムとやらに出席。今回はちゃんとした服も持ってきてないし、六本木まで出るのは面倒だからパスしようと思っていたところ、はちこ母に行かないとお父さんががっかりするよと言われ、前々日になって出席を決意。前日に慌てて簡単なスーツを購入。(日本はいい!私に合うサイズがすぐに見つかる!)

 一言で言えば、行ってきて良かった。本当に良かった。まずは父の講演があり、生い立ちから始まって、どのように彼の思想やアカデミックな興味が育てられ、変遷していったかが語られ(一種の自分史のような感じ)、それから70歳を過ぎた今、どんな研究テーマを持っているかが熱く語られた。引退記念講演のようなものかと思っていたら、必ずしもそうではなかった。学者とは言え、大学や研究所にいると、いろいろ面倒な雑事はついてまわる。それにおわれてろくに専門の研究ができないという人たちも少なくない。今回、父はそういった面倒な雑事や責任からは引退し、父いわく「もう一度学生に戻って」第3の研究生活に入っていくつもりだとのことだった。

 中でも興味深かったのは、学者としての道を歩み始めて比較的初期の頃、ある理論にすっかりはまり、夢中になって勉強し、その理論のことがものすごくよく理解でき、行間まで読めるような気になっていたところ、ある日突然、その理論がさっぱり理解できなくなってしまうという行き詰まりの体験をしたという話。それまでは行間の文字になっていない部分までわかったものが、急に、文字に書かれていることまでいくら読んでもわからなくなってしまったのだそうだ。また、カナダでの客員教授時代、このまま北米に永住してもいいとさえ思ったものの、一つ困難があった。それは、同僚と競争しながら学部長と直談判をして自分を売り込み、給料値上げの交渉をすることが、日本人の彼にはどうしてもできなかったことだった。(この話を聞いたとき、ぼぼるパパと同じだ!と思って嬉しくなってしまった。ぼぼるパパにもどうしてもこれができないんだよねー。)この時、日本人としての自分を痛感し、それまでソ連研究に従事していたのを、これからは日本研究をしようと決意し、帰国したそうだ。

 講演後の質疑応答の時、今まで理解できていた理論が急にわからなくなるという壁に当たったとき、それをどのように乗り越えたのですか、という質問に、「変な言い方をすれば、私はある意味軽率で、一つのことに執着しなかったのよかったのかもしれません」みたいな答えをしていた。だめだと思ったところでさっと見切りをつけて、方向転換したのだろう。研究活動を続ける中で、何度か壁に突き当たって方向転換を余儀なくされたわけだが、結果としてそれが彼の研究における底辺を広げ、また奥を深めるのに役立ったのだと思う。現在彼がinterdisciplinary なvisionary として活躍しているのも、そのあたりに鍵があるのかもしれない。

 f:id:mmesachi:20070717033147j:image:w330:right講演の後は懇談会。立食パーティー形式で、来賓の方々が次々にスピーチをしてくださった。私と腹違いの妹二人、そして30代前半の従弟の4人は、親族だから出席しているものの、あまり難しい話はよくわからないため、4人でかたまってせっせと食べていた。(笑)若い妹たちはともかく、40半ばの私まで一緒になって食べてばかりいたのは、ちょっと顰蹙だったかも。(汗)

 父の講演を聞きながら、実は彼は学者としては遅咲きだったことを知り、ちょっと意外で驚いた。遅咲きだったかもしれないけれど、息は長い。70過ぎた今でも、後続の中堅、若手の研究者から慕われ、彼らがインスピレーションと方向付けを求めて父のところに集まっている様子に、娘として私も誇らしかった。出席されていた方々も、学会からはもちろん、IT関連の技術界、ビジネス界、そして政界と幅広い分野の方がたがおられ、父の仕事の持つ影響力の広さを思わされた。

こんな風に書いていると、なんだか自慢しているっぽく聞こえるかもしれないが、私が育った環境を知っている人(このブログの読者にはほぼ皆無だろうけど)なら、このような機会に私が与れたこと、そしてこの特別な機会に父やその家族とこんなに幸せで楽しい時間を共に過ごせたことがいかにものすごいことであるか、わかってくれるだろう。このブログを時々読んでくれているらしい妹たちは、「私が結婚したら、はちこお姉さんのような家庭を築きたい、はちこお姉さんの家族は私のあこがれ」とまで言ってくれて、私はもう、涙ウルウルだった。これを可能にしてくださった神様に心から感謝し、主の御名をたたえる。God is good. He is so good. Thank you, Jesus!

(右の写真は、私の妹二人と従弟。)

さー。さー。 2007/07/18 01:32 すごい。すごいしか思い浮かばない。すごいですー。
私は写真の説明が書かれるまで、上の写真ははちこさんだと思った位ですよー!
似てるってか、ウリ双子ーーー!
ご家族のご関係の回復と言うか、改めて集められているところも非常に神様的で・・・本当に主のなさる事は美しくて、麗しくて、涙しかありません(―_―、)

今私は両親の救いに焦点を当てるよう導かれている時なので、余計、励まされました。
ますます主にご栄光がありますように。

yukayuka 2007/07/18 01:33 神様は、今回日本への道を開かれたタイミングや状況の細部にわたって心を配られておられますね。きっと、はちこさんや妹さんたち、従兄弟の方、そしてお父様の事は、神様にはどこにも忘れられた点がなかったんですね。全世界を統べ治めておられる父なる神様。その御業に触れた思いがしました。日本滞在の最後まで、父なる神様の愛は、先手先手で備えてと期待できますね。祝福を引き続きお祈りしてます。
お父様は、研究者だったんだですね。eliも、神様から頂いたcalling(研究者)として、どう仕えていくか祈り求めています。先日の日記にぼぼるパパの「野郎会」の事を話したら「いいなぁ、参加してみたいなぁ。」とぽつり。私は、シュークリームの会参加させて頂こうかな。

馨子馨子 2007/07/18 01:47 事情は存じませんでしたが、はちこさんのご家庭にも色々とあったのですね。
でも、最後にこうして、reunion して下さる神様に感謝です。

お父様がお若い頃の、ある日突然に何もかもがわからなくなった体験、実は私もあります。それでかなり博論が遅れてしまい、今に至っています。なので、あんなありうべからざる事態が起こるのって、自分だけのことではなくって、他の人にも起こりうるものなのだ、と知り、ほっといたしました。(^^)

しづしづ 2007/07/18 02:30 久しぶりにあえて嬉しかったです♪
ほんとに素敵な会でしたね♪
憧れのはちこファミリーに会える日を楽しみにしてます☆☆
また山形で♪

はちこはちこ 2007/07/18 07:59 さーさん、
こんな個人的で独り言っぽい記事にもコメントをくださってありがとうございます。私にとって意義深いことだったので、読む方には退屈かもしれないと思いつつ書いたのですが、それがさーさんにとっての励ましにもなったと知り、感謝です。
私と妹たち、似てるでしょ! 夫にも、眉毛の感じが三人ともそっくりといわれました。(笑)

yukaちゃん
いろんな人から、今回はこのシンポジウムのために帰国したんですかと聞かれたくらい、私がこの会に参加できたことはタイムリーで、かつ意義深いことでした。本当に、主のお計らいを覚えます。
ぼぼるパパも、研究者としての召しを常に念頭においています。彼にとって、研究活動そのものが礼拝行為でもあるのですね。eliさんともきっと話しが合うと思う。いつか、両家族そろって会えるといいですね!!

馨子さん
ある日突然に何もかもがわからなくなるって、研究者にとって恐ろしいことですよね。わかるふりして続けるわけいもいかないし、かといって、わからなくなったことを認めるのも恐ろしいし。だけどきっと、研究者って、そういうところを何度か通りながら、成長していくものなのでしょうね。 馨子さんの博論の上にも、主の導きと助けがありますように!

しづちゃん、
コメントありがとう!娘達に「PC早くかして」とせかされていたら、写真とその説明がちぐはぐになっていました。(今、直しました 汗) 
昨日は本当にいい会だったよね!次は山形。みんなで勢ぞろいするのを楽しみにしています!

snowsnow 2007/07/18 09:33  あいかわらず、美人♪ ご家族も美形ぞろいなんですね。別のMLでも父上の若々しさ+お嬢様の美しさ、成長っぷりが話題になっていたのを拝見^^
 磨き上げた輝きに、乾杯♪

はちこはちこ 2007/07/18 17:20 snowりん
あの日はもしかしてsnowりんやK谷氏も来てるんじゃないかと期待してたのよ。いなくて残念でしたが、snowりんとは別途会えるように、スケジュール組もうね!
美しさ&成長っぷりというのは、妹たちのことでしょう。あの二人はゴージャス姉妹です。^^ 父は三年くらい前は随分弱っていましたが、今はすっかり元気になり、皆様からも支えていただいていて、本当に感謝です。

まりまり 2007/07/19 04:03 研究者として、また一人の人間としてはちこさんのお父様がお元気でいらっしゃることに感謝ですね。周りに人がお集まりになること、世代を超えて交流をもつことができることが、お父様の人徳を示しているように思いました。そしてきっと、それがはちこさんにも受け継がれているから、このブログやHPがいつも盛況なんですねー。素晴らしいことで、特に研究についてのお話をシェアしてくださり、ありがとうございます。

はちこはちこ 2007/07/19 06:27 まりさん、
父のことなど書いて、こんなに皆さんから暖かい言葉をかけていただけるとは思わなかったので、意外でもあり、またとても嬉しいです。どうもありがとうございます。 私は父に顔は似ているのですが、中身も似ていたらいいですね。^^

2007-07-17

今日は

18:17 | 今日はを含むブックマーク

 台風は去ったものの、相変わらずぐずついた天気が続いている。 梅雨はまだ明けていないということか。

 新潟の地震は随分大きいものだったようで、ニュースを見ていると緊張する。アメリカのハリケーンや竜巻も怖いが、日本の台風や地震も怖い。被災者の方々の上に、主の憐れみと守りがあることを祈る。

 今日は、午前中は子供たちをポケモン映画に連れて行き、その後は新宿で浩子さんと会い、夕方からは六本木に向かう。六本木って遠いというイメージだったけど(なにせ、田舎者なので…)、調べてみたら、新宿から大江戸線で麻布十番まで4駅だった。思ったより近い。

yukayuka 2007/07/17 18:47 昨日も祝された日でしたか?アクティブに行動されてますね!すごい。こちら倉敷は朝から日差しが強くてジリジリしています。一斉にお洗濯を干しました。ついでに、セミも鳴き始めたりで梅雨開けかな?

2007-07-16

mmesachi2007-07-16

立川チャペル

06:28 | 立川チャペルを含むブックマーク

 昨日の午後は、東京ホライズンでの礼拝の後に立川に出て、まずJCFNのA子姉と落ち合った。A子ちゃんとは、EC05で一緒に祈りの奉仕をして以来。久しぶりだったし、そもそもゆっくり個人的に話すのも今回初めてだったけれど、いい交わりが持てた。とても魅力的な素敵な姉妹。

 夕方からは立川福音自由教会(立川チャペル)へ。高橋先生ご夫妻が大歓迎して迎えてくださり、私も大感激。先生のメッセージは、いつも文章で読ませていただいき恵まれていたけれど、ナマで聞くメッセージはまた格別。文章だけだとまじめなちょっと硬い印象だったけれど、実際の先生の語りはとても柔らかく、時にユーモアも交えた非常にわかりやすい講解説教。昨日の箇所は第一列王記12〜14章から。

 私は旧約聖書からの講解説教が大好き。2000年以上前のイスラエル民族に起きたことが、今日の私たちの生活に、また私たちの神や他者との関係のあり方に、リアルに密接にかかわってくる様子が解き明かされるのを聞くと、ぞくぞくする。

 夕べのメッセージからも、いろいろ個人的にも語られるものがあり、本当に感謝だった。

立川チャペル

 また夕べは、DNJの青木勝さんご夫妻が、わざわざ私に会いに立川チャペルを訪れてくださり、感謝だった。青木さんとはケンブリッジ以来なので、5年ぶり。

 青木さんは、海外出張の多いビジネスマンのフットワークの軽さを主のために用い、世界各地での邦人伝道の現場を視察しておられる。昨日は特に、上海や北京の状況を伺った。上海の邦人の数はいまや4万人以上で、NYと同じくらいいるらしい。日本人クリスチャンの数も少なくないが、いかんせん受け皿となる教会や働きが不足しているとのことだった。

 青木さんご夫妻はまた、音楽や美術といった芸術を媒体としたミニストリーも展開しておられる。このご夫妻を見ていると、仕事も趣味も、すべてを主に捧げ、主のために行っている様子にとても励まされる。昨日は再会できて、本当に良かった。

本屋など

05:40 | 本屋などを含むブックマーク

 今日は午後から、子供たちを連れて本屋などを回った。

 みんは、「キングダム・ハーツ」とかいうマンガを見つけ、大喜び。何かと思ったら、アメリカで流行っているゲームにそういうのがあって、そのマンガ版らしい。先日も、ヨドバシカメラでみんが宇多田ヒカルのCDなど買ってるから、よくそんなの知ってるなぁと驚いたら、宇多田ヒカルはキングダム・ハーツのテーマソングを歌っているらしい。最近のゲームって、ゲームの域を超えてるのね。

 ケンは、ウルトラマンのカード。ヨドバシカメラでは、ウルトラマンの最終話「さらばウルトラマン」が収録されているDVDを迷わず選んでいた。「これこれ! ゼットンが出てるんだよ!」と。家に帰ってそれを見てから、別のウルトラシリーズにでてくるゼットンとは目の大きさが違った、などと細かい観察をし、電話でパパにそれを報告していた。

 ま〜やは、「サザエさん」の英語版。別にサザエさんに興味があったわけではないと思うんだけど、英語で書かれてるのを見つけたので嬉しかったようだ。(ちなみに、ま〜やがヨドバシカメラで買ったのは、「ナルト」のDVD。シカゴの我が家のDVDプレーヤーは、日本のリージョンコードにも対応ししているものなので。)

 私は、「美しい日本語の辞典」というのを買った。帯には、「美しい日本語、味わい深い日本語、懐かしい日本語、日本人として忘れてはいけないことばを再確認するための辞典」とある。こういう昔ながらの美しい日本語のボキャブラリーを、シカゴの日本人の間で流行らせたい(?)と思って。(笑)あと、お目当ての用事用語辞典は、探しているのが見つからなかったので次の機会に。

 それから、以前から興味があった、上沼先生お勧めの「ねじまき鳥クロニクル」(村上春樹)も購入。上沼先生によると、これは贖いのストーリーにも通じるものがあるそうだ。先生の文章からちょっと引用。


妻がある日突然自分の前から消えてしまう。家を出ていってしまう。その妻を見つけだす、取り戻すための闘いの物語がこの本である。最初に読んでともかくそのように思った。失ったものを買い戻す、救い出す、救済の物語である。まさに聖書の中心的なテーマである「買い戻す」「贖い出す」すなわち「贖罪」の物語である。大変なテーマを取り上げていると思った。

「買い戻し」のテーマは旧約聖書のルツ記である。モアブの女であるルツは夫に先立たれる。姑であるナオミに仕えるためにベツレヘムにやってくる。親戚であるボアズの畑で落ち穂拾いをする。そのボアズが「買い戻しの権利のある親戚」としてルツを妻に迎える。そこに生まれたのがオベデである。エッサイの父であり、ダビデの祖父になる。

そして新約聖書のマタイ福音書の最初のイエス・キリストの系図にルツの名が記されている。聖書は、神がそのひとり子であるキリストを贖いの代価として差し出さすことによって私たちをもう一度買い戻す物語である。

 書店の他には、パン屋さんに寄ったり、サンリオショップを覗いたり、喫茶店でパフェを食べたり。


 一方シカゴでは、ぼぼるパパは先週の土曜日に自宅でシカゴのバイブルスタディMFJをホストしたらしい。手作りの牛タンのシチューと冷麦をふるまったそうだ。ノンクリスチャンの人も来て、とても良いディスカッションの時がもたれたのだとか。そして来週の土曜日にはもう一度自宅で、男性陣だけを招いて「野郎会」を開くのだそうだ。いいなぁ、楽しそうだね。いいんだもん、9月になったら、女性だけで集まって、シュークリーム会をやるんだもんね!

台風一過

22:09 | 台風一過を含むブックマーク

 東京方面は、晴れましたね!やっと洗濯物が乾く。(笑)

 昨日はとても楽しい一日でした。

 ゆっくり書きたいのだけれど、ちょっと今はばたばたしているので、また後ほど。

 今日は子供たちをポケモン映画に連れて行こうと思っていたら、休日なので前売り券を持っていないと入れなさそうということで、キャンセル。まぁ私たちは何も休日の混んでいる日に行かなくても、平日にゆっくり行けばいいですね。

 明日の夕方は、はちこ父の講演会が六本木であるとかで、来るように言われていたのだけれど、六本木まで行くのは大変だから行かなくてもいいや、と思っていたら、はちこ母に、行かないとお父さんががっかりするよ、といわれ、急遽行くことに。場所は国際文化会館。大江戸線の麻布十番駅が一番近いみたい。そうだよねー、めんどくさいなんて言ったら、親不孝だよね。せっかくこういう機会に日本にいるのだし。

 あれ、新潟で大きな地震があったようですね。ちょっとニュース見てきます。

erinaerina 2007/07/16 08:29 さきほど、帰宅しました。
嵐にはさほどあわず、上級関西の旅を楽しんできました。
浴衣で京都、自転車で奈良。
すっごく乙でしたよ。
こちらもあまり大したことなくてよかったです!
祖父の様子をみがてら年に1-2回行っているのですが、見るたびに年をとる祖父。
一人暮らしなので、心配です。
祈るしかできないのですが。
明日の夕方麻布ですか。
麻布は素敵な町ですから、きっと行ってみるだけで価値ありますよ!
ミッドタウンなんかより数倍いいですよ。
お豆が有名らしいので、お土産に余裕があったら探してみると良いかもしれません!

TamikoTamiko 2007/07/16 08:56 うわーーーー。立川なんて、マイナーなところに!!!わたし、地元です!!!!結構、街みてまわる時間ありましたか?
みんなで楽しんでるみたいで、うれしいです。こっちで会った人に日本であえる、っていうのもとてもSpecialですよね。続けて素的な旅してくださいねー!

ぼぼるぼぼる 2007/07/16 09:53 目の大きさが違うのは、ゼットンじゃなくて、ゼットン星人の方だ。

はちこはちこ 2007/07/16 17:10 erinaちゃん、お帰り!
うわー、素敵!私たちも、半日だけ京都観光する予定なんだけど、初心者外人向けコースです。金閣寺とか、嵐山とか。
おじいさま、年に1,2回 erinaちゃんが様子を見に来てくれて、嬉しいことでしょうね。
麻布、お豆が有名なんですか?へえー、知らなかった。

Tamikoちゃん
立川、地元なんだー。街をみてまわる時間はなかったんだけど、駅のまわり、すっごく立派になったよねー。町田よりずっと都会だった。(町田は実際田舎なんだけどね。)

ぼぼるパパ、
えー、ゼットンとゼットン星人って、違うの?

ぼぼるぼぼる 2007/07/16 18:41 そう、違う。ここを見ると
http://hicbc.com/tv/max/contents/kaiju/20050924/20050924_2.htm
たしかにケンの言う通り、黒目の大きさが違う。ナイス・アナリシス、ケン!

hirohiro 2007/07/17 05:55 こんにちは、はちこさん!日本にいらっしゃるんですよねえ!
すごく久しぶりに書き込みます。
ブログの中に「村上春樹」の名を見て、思わず思わず 書き込んでます。私は高校の時から(デビュー作から)、かれこれ20年以上村上ファンです。今でも村上作品が好きで、最近は英語に翻訳されたものも少しずつ読んでいます。でも私の中で、クリスチャンであることと、村上ファンであることが、全くかみ合っていませんでした。なぜ村上作品に惹かれるのかも、よく説明できませんでした。ただ、なにか癒されるように感じていました。でも、こうして上沼先生の書評を知り、何か接点を見出したような気持ちです。(自分の中での本当の接点は、自分で見出さなくてはなりませんが。)
しかし、「ねじまき鳥クロニクル」に関しては、私は まだ消化できていません。何年も前に読んだのに、あの本をまた手に取ることは出来ません。これからお読みになるはちこさんにこれ以上は書きませんが、お読みになった後 感想をお聞かせいただけると嬉しいです。
それから、私の実家は新潟県長岡市でして 新潟中越地震では大きな被害を受けました。この度に地震でも、かなり揺れたようです。が、幸い大きな被害はありませんでした。
はちこさんの日本滞在が主に守られ、素晴らしい時間でありますように!・・・お忙しい日程でしょうが 金沢観光はいかがでしょう?・・・

hide&yokohide&yoko 2007/07/17 08:49 はちこさん、先日は念願かなってお会いでき、すばらしいお証をお聞きでき感謝でした。神が思いをお与えくださったことに、人の反応など心配せずに積極的にチャレンジしてゆくときに、神がそれを達成する能力までそなえてくださり働きを用いてくださるということがよく伝わってきました。僕も楽譜も満足に読めないのにドイツコラールを翻訳したり、詩の才能もないのに詩篇の翻訳をしています。でも18年も続けていると、すこしづつ、人に見せても恥ずかしくないところまできたと家内に励まされ、それを今度、本にします。「神が・・・志を立てさせ、ことを行なわせてくださる」(ピリピ2:13)のですね。
 それにしても、はちこさんの翻訳はとっても評判が良いですよ。「原文で読む方が分かりやすい・・」と言っていた人が、はちこさんの翻訳を見て、「この翻訳わかりやすい!」と感心していたほどです。いただいた本も、今ふたりで読んでいます。本当にありがとうございます。

明かり明かり 2007/07/17 09:34 実家が埼玉の入間市、というところで立川にも何度か行ったことがあります。
はちこさんが立川にいたんだ〜!と感動?してマス。

ぼぼるさん、はじめまして。
いつも素敵なご夫婦のやり取りに、憧れています〜^^
ウルトラマンの話題が出ていたので、思わず書き込みました。
「みやにしたつや」さんってご存知ですか?「おとうさんはウルトラマン」とか
ウルトラマンシリーズを題材に絵本を描かれている、クリスチャンの方です。
ウルトラマンシリーズ以外も、なんとも、愛を感じる素敵な絵本が多くて
お勧めです☆

R 2007/07/17 10:22 みやにしたつやさんの話題が出ていますが、
キリスト教絵本の画家である「拓新太朗」さんと同一人物のようです。

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/17 20:04 とりあえず上のぼぼるさんとはちこさんのやりとりに受けました^0^。

A子姉!私も会いたい!!私もECで顔を見たっきり、バーチャルなコミュニケーションしかしていない・・・・。

ねじまき鳥クロニクル、最初の2冊は高校生ぐらいの時に読んだんですが、最後の一冊まだなんですよー。そして10年ぐらい気になっていた。村上春樹の本は沢山英訳もされてますよね。もちろん私が読むんだったら日本語がいいですが。

はちこはちこ 2007/07/18 08:14 hiroさん
hiroさんは金沢なんですね! 私も、いつかは行ってみたい場所です。
「ねじまき鳥クロニクル」、なんだか読むのが緊張しちゃいますね。だいたいの内容は上沼先生から聞いているのですが、やはりインパクトが強い物語なのでしょうか。井戸の底の暗闇の中に下りていくことや、戦争の場面があるところなど、上沼先生は、そこにも霊的な示唆を見出しておられました。でも私はあまり先入観にとらわれないで読むほうがいいのでしょうね。

hide&yoko先生
過日は、暖かく迎えてくださり本当にありがとうございました。不思議と初めての場所という気がせず、とてもリラックスできました。神の家族って、不思議で素敵ですね! 先生の次の御本も楽しみにしています!

明かりさん
明かりさんも立川とゆかりがあるんですね! 素敵な夫婦のやり取りって、しばらくアメリカと日本で離れ離れになっているというのに、ブログでコメントしてくれたと思ったら「ゼットンとゼットン星人は違う」だなんて、笑っちゃいましたよ。
夫婦漫才のようなやり取りですよね。(笑)
クリスチャンでウルトラマンシリーズを題材に絵本を書かれているかたがいらっしゃるんですね!一般の書店でも扱っているのかな。今度探してみます!

Rさん
はじめまして!みやにしたつやさんは、拓新太朗さんというお名前で、クリスチャン画家としても活躍しておられるのですね!

めぐんちゃん
A子姉、会いたいでしょ! あれ、彼女は今年のECは来れるのかな…?
ねじまき鳥クロニクル、三冊目も買ったので、貸しますよ!

マリマリ 2007/07/18 19:38 初めてコメントですが、アメリカに住んでいた5年くらいまえからブログを読ませていただいています。私たちも去年日本に帰国し神奈川県に住んでいます。あこがれのはちこさんが日本にいらしてると知って小田急線に乗るたびにキョロキョロしています。日曜日には町田のホライズンに行かれたみたいで!私たちも行く予定だったのですが、私が体調が悪く自宅安静中だったので主人は一人で家から歩いて3分の教会に行きました。今週末こそは町田までいくぞ〜!もしかしてはちこさん一家も行かれるかな?ぜひぜひ遠くからでもナマはちこさんみたいです!!

はちこはちこ 2007/07/18 19:43 マリさん、はじめまして! ぜひ今週末、東京ホライズンにいらしてください!今週はジェフ・ネルソンのコンサート礼拝なんですよ!私たちも行きます。見かけたらお声をかけてくださいね!

はちこはちこ 2007/07/18 19:44 ホライズンは、9時からと10時45分からの二回礼拝がありますが、私たちは10時45分からのに行くと思います。

ぽんぽこぽんぽこ 2007/07/26 18:20 はちこさん、お久しぶりです!
またお邪魔させていただいています。
日本にいらっしゃっているんですね^^
町田がご実家なんだぁ〜、と思い拝見しました。
(私の夫の実家が町田なのです。)
遅ればせながら、主に祝福された滞在期間となりますように!お祈りしています。

あと、DNJの青木さんご夫妻ですが、お名前を見てビックリしました。
青木さんは、私と教会が一緒なんですー。
(今は、私が遠くに住んでいるので東京にはなかなか通えていませんが)
とってもステキなご夫婦ですよね^^
親しみのあるお名前を発見して、思わずコメントしてしまいました^^;

はちこはちこ 2007/07/27 06:25 ぽんぽこさんもN教会でしたか! では他にも共通の知人がいますね。
また、ご主人のご実家が町田でしたか!
なんだか狭い世の中ですね。^^

2007-07-15

台風が抜けたらしい

23:03 | 台風が抜けたらしいを含むブックマーク

 今日は午後あたり、大型の台風4号が関東地方を直撃するとかいう話だったけれど、結局北東に抜けたとかで、雨もすっかり小降り。晴れるや、おっと、ハレルヤ、感謝です!

 これから予定通り、立川に向かいます。

町田ぶらぶら

18:38 | 町田ぶらぶらを含むブックマーク

 今朝の東京は思っていたより穏やかで、普通に雨という感じ。この分なら、予定通りでいけそう。

 昨日は、町田の109やジョルナ、ハンズに子供たちを連れて行き、雨の中をぶらぶらお買い物。お昼はそのへんのラーメン屋さんで。うちの子たちは、「小池さんか?」というほどにラーメンが好きなのだけれど、アメリカではなかなか美味しいラーメンは食べられないので、ラーメン屋さんがあるとつい足が向かってしまう。

 「ラーメン4つ、それから焼きギョーザを1皿お願いします。」

 私がそのように注文すると、横で聞いていたケンが目を丸くして、「ヤキギョーザ?」

 「そうよ。好きでしょ?」しかしケンはなにやら情けない顔をして再び、「ヤキギョーザ?」

 「そうよ。焼きギョーザ」私が繰り返すと、ケンはそれはそれはみじめな表情で「yucky ギョーザ?」

 yucky とは、汚いとか気持ち悪いとか言う意味。ケンが何を勘違いしたのかようやくわかった私とみんとま〜やは思わず爆笑。うるさい客ですみませんでした。<ラーメン屋さん

 109やジョルナをぶらついていて思ったこと。最近の若い日本の女の子は、ナチュラルメークというコンセプトはないのだろうか? 目の周りのお化粧のすごいこと。人によっては、お化けみたいな子もいてびっくり。厚化粧はおばさんたちにまかせて、若い子はもうちょっとナチュラルにいってほしいなぁ。メークも髪型もみな似たりよったりだし(茶髪ロングの巻き髪とか)、服装も、ひと目みて今何が流行っているのかわかる。マネキンが着ているのを見ると確かにかっこいい服なんだけど、店員さんが着ているのを見るとどうも今いち。みんな確かにスラリとした美人さんなのに。 西洋のモデルさん並みのプロポーションには似合う服でも、日本人にはあまりフィットしていないんじゃないかしら。もっと日本の女の子が可愛く見える服を売ればいいのに。はい、40おばさんの独り言です。

yukayuka 2007/07/15 01:50 焼き餃子、かわいいですねぇ〜。日記を読みつつ、はちこさん家族が、その日その日を神様に祝福されているんだなと感じます!神様の祝福が多いに注がれ、引き続き楽しい夏休みとなりますように!!!

AzumiAzumi 2007/07/15 05:17 楽しそうなご様子でうれしいです!私も焼き餃子食べたくなってきました・・・日本の若い女の子ですが、私も結構みんな似たような名句や髪型だな〜〜と思うことがあります。若い女の子はメイクも髪も、ナチュラルなほうがきれいだと思うのですが・・・30台(かろうじて前半)のひとりごと、でした(笑)。

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/15 08:04 東京と神戸だとやっぱり町を歩いている人の服とか化粧も違うかもしれませんねー。

女の子たちがものすごく作りこんでるんで、いつもびっくりします。無精者の私にはとてもあんなことはできない><。そんなにしなくてもみんなモデルのようにキレイなのになー、と20台後半(と言うのがはばかられる程マジで辛うじて)の独り言です。

heidiheidi 2007/07/15 09:15 厚化粧そのものより、通勤電車の中でも何でも、恥ずかしげもなくお化粧をする女性の多いことに驚きます。実に嘆かわしいです。仕事ぶりなんかも、一事が万事なんだろうなと想像してしまいますね。

NATSUENATSUE 2007/07/15 10:28 こんばんわ。今日ホライズン教会で初めて声をかけさせてもらいましたNATSUEです。以前子育ての証などを読ませてもらっていました。翻訳者として名前は知っておりましたが、知人のお名前がたくさんブログに載っていてびっくり、改めてこの世界はせまい!と感じました。町田(東京)の若い女性の観察、確かに流行が一目両全ですね。ただ私はどちらかというと「自分に似合う服」よりも「着たい服」を着る根性に若さを感じます。109やジョルナでは浮いてしまう30後半でした。

はちこはちこ 2007/07/15 17:45 40おばさんの独り言に、それぞれの年代から共感をいただき嬉しいです。(^^)
yukaちゃん、
思えば、日本の食べ物には「焼き〜〜」というのが多いから、それが全部ケンの頭の中で「yucky〜〜」に変換されてたら大変だよね。(笑)

Azumiさん
北海道の若い女性もおしゃれな子が多いでしょうね! でも、いまどきの若い子のおしゃれには、私には感性的にまったくついていけなくて… もっとも、私が若い頃も、年配の人たちに同じこと思われてたのかもしれないですが。(笑)

めぐんちゃん、
「作りこんでる」そう、まさにそれ!メークにしても、着ている服にしても、「コスチューム」化しているというか… だけど、みんは、日本の服の可愛さにすっかり夢中です。
heidiさん
私もすでに数人みかけましたよ、電車の中でメークする女の子。特にマスカラとかすっごい念入りに何重にも塗っていて、びっくり。
NATSUEさん、
コメント感謝です!ほんと、この世界は狭いですよねー。来週のホライズンでのジェフ・ネルソンのコンサートにも伺いたいと思いますので、見つけたらまたお声をかけてくださいね!
>「自分に似合う服」よりも「着たい服」を着る根性に若さを感じる
確かに! 若いんだからもっとナチュラルに、と私たちは思ってしまいますが、あんな格好をできるのも、若いうちならではなんでしょうね。

silver fishsilver fish 2007/07/15 18:50 えええ〜。立川に来られていたんですか。おととい、読んでおくべきだった〜(-_-;)私も立川の教会に行っているんですよ。立川福音自由教会の前も通るのに〜。残念!

はちこはちこ 2007/07/15 21:17 ああー、そうでしたね、 silver fishさんも立川の教会でしたね。
立川は駅ビル、すごいですね。すっかり都会になっていて驚きました。
昨日、みんなで話しているとき、内村先生や silver fishさんの名前も少し出たんですよ。(^^)

2007-07-14

昨日、今日、明日

18:12 | 昨日、今日、明日を含むブックマーク

 昨日は、今回日本に戻って来て初めて一人で出かけた。

 御茶ノ水までは、乗り継ぎの時間も入れると2時間くらいかかるかなと思って家を10時に出たら、乗り継ぎがスムーズで、御茶ノ水には予定の30分前に到着。久しぶりで(と言っても2年ぶりだけど)改札を出てから、どっちの方向に歩き出したらいいのかわからず、しばし立ち尽くす。心の中で、(御茶ノ水で迷うなよ!)と自分に突っこみを入れながら。おそるおそる歩きだし、ようやく見覚えのある駅前の風景に。時間があったので、OCCに行く道の手前を右に行ったところにある、ロゴがスタバとよく似たカフェで一休み。

 OCCも、入り口のあたりは随分変わったよね。ほんとにここがそうかな?とドキドキしつつ2階のCLCへ。CLCでは、「今、御茶ノ水CLCで売れている本」のランキングが出ていて、なんと「あなたはどこに愛を探していますか」が1位で、主の御名をたたえつつ、そっと喜びました。

 そうこうするうちに、tomoくんとアンソニーが到着し、3人で近所のイタリアンレストランで昼食。

 食後はtomoくんと二人でOCC2階にあるJCFN東京オフィスへ行き、後藤主事とお話。その後は、tomoくんとわかれ、私は2時の約束まで少し時間があったので、4階の出版社あめんどうさんのオフィスに顔を出してみた。クレオパさんこと小渕春夫さんとは初対面だったけど、そういう感じはしなかった。わずか15分ほどの突撃訪問でしたが、快く迎えていただき、感謝。(クレオパさん、お仕事中お邪魔して、すみませんでした!)

 その後は、2階にあるレストランでだんな雄作さんご夫妻とお会いした。(このレストランも2年前とは様変わりしていて、入り方がわからず、5分くらい1階と2階を行ったり来たりして挙動不審な人になってしまった。)雄作さんの奥様は9月出産予定で、とっても幸せそうな素敵なカップルでした。

 雄作さんは、求めるものがあって教会に行くようになり、イエス様を信じてクリスチャンになり洗礼を受けたものの、その後教会でつまづいてしばらく教会から離れてしまうという体験をなさったという。今では良い教会に導かれて信仰も立て直され、ミニストリーに従事しておられるが、かつての自分と同じように、せっかくクリスチャンになったのにつまづいて神様や教会から離れてしまった人たちに対して重荷を感じているとのことだった。雄作さんの話によると、洗礼を受けてから3年以内に教会を離れてしまうクリスチャンが…えーと、数字を忘れてしまいましたが、とにかく大勢いるのだそうです。 教会を離れることと神様から離れることは、必ずしも同義ではないだろうけれど、教会から離れた状態で健全な信仰を保ち、霊的にも成長し続けることは難しいだろうから、現代の日本の教会の状況は本当に危機的なんだなぁと改めて思った。

 アメリカのメガチャーチの話題も少しでた。メガチャーチと一口に言ってもいろいろで、私としては、世的な成功の原則にのっとって上へ上へと大きくなったメガと(上昇・成功重視)、主の恵みの中で神のいのちの法則に従った成長の結果として、横へ横へと大きくなったメガ(神や人との関係重視)があるんじゃないかと思っている。たとえばテキサスのレイクウッドチャーチ(ジョエル・オスティーン牧師)は、多分前者の最たる例かも。彼の本(邦題「あなたはできる」)はNYタイムスのベストセラーにもなったけど、書店で初めて見たとき、その表紙と目次の内容に、私はなんともげんなりした。「自分の成功や幸せ」が目的で、神様はその手段になっていると感じた。確かに神様は私たちに幸せや成功をもたらすことのできるお方だし、実際もたらしたいと願っておられるのだろうけれど、ジョエル・オスティーンには言いようのない違和感を覚えたものだった。ビジネス界でも流行っている「積極的思考法」にも通じる違和感。(ちょっと話がそれてしまうけれど、ジョイス・マイヤーもジョエル・オスティーンに傾倒していて、最近の彼女はすっかり「成功」「繁栄」志向になってしまったみたい。ジョイスのメッセージや本は大好きだったので、ちょっと残念。)

 アメリカでも日本でも、教会の成長を考える上でビジネスモデルを適用しようとする傾向ってあると思うけど、成長や成功を求める自分の動機を絶えず吟味する心と、自分が取り入れようとしているものが主のものか、世のものかを見分ける敏感な識別力が必要なんじゃないかと思う。(さらにいえば、教会がビジネスモデルを取り入れようとするのは実は本末転倒で、ビジネスが聖書の原則を取り入れることで成功する、というのが本来あるべき姿なんじゃないかという気がするが。)

 一方で、サドルバック教会などは、後者のメガの例だと思う。彼らは、聖書の原則に従った生き方を知らないがゆえに苦しんでいる人たちに、神様が、聖書が、いかに私たちの日々の生活にも具体的な指針を与えることができる存在であるかを実践的に示していると思う。

 メガチャーチというと、人々の憧れの的になったり、あるいは否定的な言われ方をされたりと、いろいろあるようだが、一概には言えないと思う。教会員の数や教会の規模そのものは、その教会のあり方の本質を量る指標にはならないのだろう。

 さて、話がそれてしまったけれど、雄作くんご夫妻とお茶した後は、「百万人の福音」の編集長の根田さん、編集者の千代延さんとお目にかかった。根田さんとも初対面で、クリスチャン新聞の元編集長であるという以外には何の予備知識もないままだったので、怖そうな人だったらどうしようと緊張していたけど、予想よりもずーっときさくで楽しい方だった。「百万人の福音」さんとは、今までに何度か単発で「心温まるお話」系の翻訳をさせていただいていたけれど、今年のクリスマス号からその手の翻訳を不定期に連載することになっている。このお仕事は、翻訳するだけでなく、百万人の福音に掲載するのにふさわしそうなストーリーを探し出してくるところからが私の責任。

 また、クリスチャン新聞の記者さんに、大学時代一緒にKGKの夏期学校の準備委員をしたことがある中田さんという方がおられ、20数年ぶりの再会をした。すっかり話し込んでしまい、長居になってしまって申し訳なかった。

 というわけで、昨日は盛りだくさんで楽しかったのであります。一方今日は、子供たちとのんびり過ごす予定。明日の日曜日は、午前中は家族で東京ホライズンチャペルへ、午後は一人で立川福音自由教会の夕拝に出席予定。「ヤハウェがあなたがたを恋い慕って…」の著者、高橋秀典先生と初めてお目にかかれるのが楽しみ。ただ、台風が来ているけれど、大丈夫かな?

まきとまきと 2007/07/13 22:21 盛りだくさんのストーリーでしたね。メガチャーチについてコメントありがとうございました。先日、NHKで特集をしてましたよ。ただ、政治がらみでアメリカの
変化を読み取ろうというものでした。
日本人クリスチャンは新鮮なストーリーを求めているんですね。百万の人の福音の
お仕事ではちこさんがストーリーを探してくるまでがご責任とここと、がんばってください。

はちこはちこ 2007/07/14 03:42 まきとさん、
情報ありがとうございます。早速ネットで検索してみました。
クローズアップ現代ですね。見ればよかった!
NHKのサイトにはこうありました。
「7月10日(火)放送
巨大教会が政治を動かす
〜アメリカからの報告〜

今、アメリカでは「メガチャーチ」と呼ばれる巨大教会を拠点に信者が急増。来年行われる大統領選挙にも影響を与える勢力として注目を集めている。メガチャーチはショッピングモールのような施設にレストランから託児所まで備えた一種のコミュニティー空間。格差や競争で分断された人々が集える「場」となっている。これまで宗教保守の牙城だったメガチャーチだが、信者の急増によって「中絶反対」「同性婚反対」だけでなく、「温暖化」や「貧困」といった問題も重視し、政策的には民主党に接近。”宗教に熱心な人=共和党支持”という構図が変わりつつある。宗教と政治が密接に絡み合うアメリカで、早くも過熱する大統領選の知られざる側面に迫る。」

ふむふむ、これだけ見ると、アメリカのメガチャーチって、ほんっとものすごい場所のようですが、ちょっと誤解を生みそうな表現ですね。アメリカで最大といわれるレイクウッドチャーチは知りませんが、二番目に大きいといわれるウィロークリークは、確かに大きいですけど、そんなに大げさな場所ではないです。
また今度、あらためてこのトピックを取り上げてみようかな。

「百万人の福音」に掲載する「心温まるお話」探しですが、お祈りありがとうございます!ほんとに、見つけ出すのがまず第一のチャレンジなので…

yukayuka 2007/07/14 16:14 日記を読んで、「あっ、忘れた!!」と思い出しました。NHKのクローズアップ現代...
でもはちこさんのコメントを読みながら、観なくても、私たちが考えるべき事、しっかりと抑えるべき点、霊の目で見極める事、そんな事を思わされました。東京は台風大丈夫ですか?倉敷の今朝は、雲がまだありますが、所々きれいな青空が見えてきました。祝福された聖日となりますように!p.s. JCFNへの就任前、クリスチャン新聞で数ヶ月アルバイトをさせて頂いた事があります。根田さんが編集長だった頃です。中田さんもおられましたよ!

はちこはちこ 2007/07/14 18:12 今朝の東京は、思ったよりも穏やかで、普通に雨、という感じです。
クローズアップ現代は、政治がらみの視点からだったので、クリスチャンが見て思うこととはまた違う切り口だったことでしょうね。
yukaちゃんもクリスチャン新聞で働いていたことがあったのですね!

yukayuka 2007/07/15 01:55 短期だったんですが。宣教師訓練センターの学費を稼がないといけず、アルバイトの募集を見つけたんです。電話での営業.... ほぼ全国の教会へ電話をかけて2冊の本を売り込みました。あれは、貴重な経験でしたよ。いろんな牧師先生がおられました...

じんくんじんくん 2007/07/15 04:56 今、日本に来ておられるのですね。
NHKの番組は家内が見て、ちょっと話を聞きました。 聞いた話では2000人くらいの教会の牧師が出ていたと。 えっ2000人でメガチャーチ? と思ってしまいました。 その牧師さんが話していたという内容も、何それみたいな感じでした。 ま〜日本のテレビですからね。
中田さんて、経堂めぐみの中田さん?  もしそうなら同じ聖書学院の一年後輩ですね。 以前は聖会に行くと書店か取材で来ていたのを時々見かけましたよ。

はちこはちこ 2007/07/15 17:54 yukaちゃん
ほほう、そういうアルバイトもあったんだー。
>いろんな牧師先生がおられました...
最後の...に、万感の思いを感じました。いろんな先生がおられるのでしょうね…

じんくんさん、
多分、2000人ではなく20000人の間違いだと思います。レイクウッドのジョエル・オスティーンが出ていたようですが、彼の教会は全米最大の2万規模ですから。
じんくんさんも中田さんをご存知なんですね! やっぱり世界は狭い!

寿司寿司 2010/05/14 08:55 私はジョエルオスティーン氏の話はとても好きです。私はクリスチャンなのですが、今まで聴いた説教の中で一番わかり易く、元気を与えてくれて、他人を非難するのではなく自分の行動や思いを見つめなおすように促してくれる説教だと感じます。他の宗教の人にも見てもらえそうな内容ですし。だって、キリスト教が一番正しい宗教と、誰が言えるのでしょうか?私は親に連れられて教会に通っていたし、キリスト教こそが本当の宗教と教えられてきたけど、その中で40年集ってきてそうではないのでは、と思うようになりました。仏教だって良い教えがいっぱいあるし、私の今いるニューヨークではユダヤ人が多いけど、正直言ってクリスチャンよりも親切な人が多いですよ。

はちこはちこ 2010/05/14 21:20 寿司さん、初めまして。
ジョエル・オスティーンは物腰も語り口も柔らかく、いかにもジェントルマン、プリンス、という雰囲気ですよね。彼が人気があるのはよくわかります。本当に、口調が優しく、聞く人は心が安らぐことと思います。
以前、オスティーンがあるトーク番組(レターマンか何か)に出演したとき、イエスが本当に神なのか、みたいな(正確なことは忘れましたが)ことを聞かれたとき、I don't knowと答えたんですよね。そのとき、さすがにレイクウッドの教会員の方たちから牧師がそんな曖昧な事ではこまる!と苦情が多くでて、後からオスティーンが教会員に謝罪する一幕もありました。物腰が柔らかいのはいいのですが、何を信じ、何を教えているのかすら曖昧になるのでは、ちょっとどうかなぁと思います。
クリスチャンより優しい他の宗教の人が大勢いるのはわかります。私もそう思います。

2007-07-13

昨日、今日

16:54 | 昨日、今日を含むブックマーク

 昨日はぼぼる母に会ったり、はちこ父に会ったり、楽しい一日だった。

 ただ、夕食の途中でケンが眠ってしまい、爆睡モードに入られてしまったため、帰りははちこ父たちに車で送ってもらい、恐縮だった。

 今日は、御茶ノ水OCCにてはしごの日。当初の2時と4時の予定の前に、さらに帰国中のシンガポールのtomoくんとシカゴのアンソニーとランチの予定が入った。12時に書店で待ち合わせ。アンソニーはシカゴでJCFNのバイブルスタディーを一緒にやっている仲間なので、日本で会えるなんて、なんだか不思議で楽しい。

(そういえば、山火事のサザエさん頭は、結局もう一度美容院で消火してもらいました。ホッ。)

まきまき 2007/07/12 20:35 楽しそうな毎日ですけど、体が守られますように…!パパさんとエミちゃんは静かな毎日を送っているのでしょうか…はやく会いたいのでしょうね♪私は西武新宿線の埼玉県在住です。ちなみに31歳で6歳の娘がいます。事情があり一人で子供を育てておりますが、日々神様に助けられて恵まれていまーす!なんとか小田急線沿線への用事を見つけ、はちこさん一家を探すぞー(笑)

erinaerina 2007/07/12 22:44 本当に聞いているだけでも強行軍。
でも、数年に一度の一ヶ月…。そうなっちゃいますよね。
2年に一度のアメリカでも右へ左へ会いたい人はいっぱいですもの。
あまり無理しないで下さい!

heidiheidi 2007/07/12 22:52 あ、さざえさん頭はみれないのね。残念。(笑)

はちこはちこ 2007/07/13 05:38 まきさん、
思ったほど暑くないので助かっていますが、でもこの湿気はやっぱりこたえますね。ずっと実家にいると時間がもったいない気がするし、かと言って、連日で書けるとやっぱり疲れるし。明日はオフで、子供と町田をぶらつきます。

erinaちゃん
ありがとう! 連絡すると言っておきながら、してなくてごめんね。明日あたり、町田の109とかジョルナあたりを子供たちを連れてぶらつく予定なんだけど、 erinaちゃん、時間、あいてるかな?

heidiさん
残念でしたー。(笑)今は普通にショートです。

erinaerina 2007/07/13 05:53 う゛。残念すぎます。明日から京都・奈良・大阪の三都物語の旅路に出てきます。うちの祖父の家があって、祖父の様子をみがてらなんですが。
町田にはTGFありますよ。わざわざ日本でって感じでしょうが。
疲れた時はダンテという喫茶店がお勧めです。
あと、ルミネの中に入っているレストランでお店の前にパイが並んでるところがあるんですが、そこもおいしいです。
レストラン街じゃなくて3階あたりにあるお店なんですが。
町田に出る時連絡します!
明日は水入らずでのんびりしてください。

フィベフィベ 2007/07/13 10:27 私もはちこさんの”サザエさん髪”、見たかったな。
残念。(何を楽しみにしているんでしょ。)

しかし、はちこさんのフレンドリーさと人脈とパワフルさは
すごいですね。
愛される人なんですねー。
はちこさんが愛する人だから愛されるのですね。

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/13 11:19 んー。私も山火事のサザエさん、ちょっと見てみたかったですね。写真とかとってないですか?

はちこはちこ 2007/07/13 16:12 erinaちゃん
そっかー、連休だもんね。台風が来てるけど、erinaちゃんの旅路も守られますように! 町田情報ありがとうね。みんが洋服みたくてうずうずしてる様子なので、今日はのんびり愉しんできます。

フィベさん、
シカゴでは出不精で、いつも家でごろごろしているのですが、日本に来ると、数年に一度の機会なので結構頑張ります。でも、年とともに、だんだんあまり頑張れなくなってきてますねー。今回は、学生時代の友人には全然連絡してなくて、あとでしかられそう。(苦笑)

めぐんちゃん、
あはは、山火事サザエさん、結構反応あったね。写真撮っておけばよかった。(笑)

2007-07-11

ただいま

06:39 | ただいまを含むブックマーク

 ディズニーリゾートから戻りました。やはり雨には降られましたが、小雨が降ったり止んだりという感じでした。平日だし天気のせいもあってか、特にディズニーシーは随分すいていて、人気のある乗り物でも、どれも待ち時間5分で、すいすい乗り放題でした。DLでは雨でパレードが中止になったのが残念でしたが、それ以外は楽しみました。さすがに疲れたので、今夜は休みます。メールやコメントのお返事が遅れてごめんなさい。

 明日は、昼間はぼぼる母と八王子で食事、夜は新横浜ではちこ父と食事。金曜日は午後から御茶ノ水OCCで複数の用事。ようやくキリスト教書店に行ける!


私信:はちこ妹へ。メールは普段通りのアドレスで大丈夫だよ!毎日チェックしてるから。

何なの、このお星様!?

07:30 | 何なの、このお星様!?を含むブックマーク

 はてなダイアリーに新しい機能がついたようで、急にエントリのタイトルの横に星マークが出るようになった。なんじゃろ?と思ってクリックしたら、どんどん星が増えて… 消したいんだけど、どうしたらいいのかわからない…

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/11 17:20 絶叫マシーンとか苦手で、基本的に遊園地はあんまり好きじゃないんですが、水物ならなぜか平気。ディズ二ー・シーなら普通の人のように楽しめるかもしれない・・・。

由良由良 2007/07/11 18:25 どたばたしていて、帰国されているのに今日、気づきました。金曜日にお茶の水までいらっしゃるんですね。私の職場、本郷三丁目なんですけど、予定が詰まっていてお忙しいでしょうか?

はちこはちこ 2007/07/11 18:40 めぐんちゃん、
私もローラーコースター系が苦手で、DLでは、子供たちに言い含められ、真っ先にスペースマウンテンに乗ってしまい、散々でした。DSは、景色というか、園内がとてもいい雰囲気でDLよりゆったりしているので、とても楽しかったです。

由良さん
金曜日の御茶ノ水では、午後2時と4時にアポイントメントが入っていて、その前後にどれくらい間があくかは、今はちょっと不明です。2時より少し早く御茶ノ水に行くようにすることは可能かもしれません。どこかの時点で、JCFNの東京オフィスにも顔を出せたらいいなと考えていました。本郷3丁目って、御茶ノ水からはどれくらい離れているのかな?

yukayuka 2007/07/11 19:25 カンカン照りではなくて、良かったですね。身体のリズムがまだしゃんとしていない時には、かえって良かったんじゃないでしょうか。私は、DSに行った事がないんです。実家からDLは、西船橋から電車で舞浜まで乗って行けちゃう距離だったので、よく妹と姪っ子達と行ってました。「花火がきれいに見れるスポットは、ダンボ。ダンボに乗りながら見ると、邪魔されないし、いいよ。」と妹が教えてくれたのを思い出しました。

由良由良 2007/07/11 20:29 本郷三丁目はお茶の水から地下鉄丸の内線で、池袋方面に1つですよ。

shushu 2007/07/11 22:19 ディズニーまだ行ったことないんで近いうちにデビューしたいです。
(ビザ、無事に受け取りました。お祈りありがとう!)

erinaerina 2007/07/11 22:47 おかえりなさーい。
ってか、、、八王子から新横浜。
なんという強行軍…。
快速に乗れると良いのだけど。
雨でパレードの中止は残念でしたね。
DSで火山は噴火していましたか???

はちこはちこ 2007/07/12 16:44 yukaちゃん、
そうなんですよ、多分かんかん照りよりは、体に優しかったんじゃないかと思います。DS、良いですよー。景観がいいですね。

由良さん
そうなんですか、近いんですねぇ!

shuくん
えっ、ディズニー行ったことないですか。インディアナからだと、フロリダが一番近いかな。私はディズニーワールドは行ったことないのですが、でも、なんだかものすごい混雑のようで、ロスのDLのほうが好きかな。日本にDL&DSはもっと良いですよ!

erinaちゃん
結局、昨日は八王子のあといったん町田に戻って数時間休憩し、それから改めて新横に出ました。
DSの火山、噴火してました!遠くにいても、熱を感じるのがすごかった!

はちごろーはちごろー 2007/07/13 08:15 八王子−町田−新橋。蒸し暑いなかお疲れ様です。
都内をぐるぐる回っていると距離感を忘れてしまいます。土曜日のんびりすることで
プラスマイナスゼロになるのかな、という感じです。

heidiheidi 2007/07/15 09:20 そうなのこのお星様わからないので、クリックしてみたら増えて行く。カーソルを当てると、誰が星を付けたかわかりますね。評価のようなもの??あ、veilchen23って私です。6個目の星付けたの私です。(笑)

はちこはちこ 2007/07/15 17:57 はちごろーさん、
昨日は、青木さんが立川に来てくださいました。はちごろーさんから聞いたと言って。情報を回してくださって感謝です。青木さんとは5年ぶりにお会いできて、感激でした。

heidiさん、
この星、不要ですよね。ブログって、双方向のコミュニケーションが簡単なのは魅力だけど、あんまり「評価」とか何とか言うと、それにとらわれてしまう人が出てきそうで(かつての「カウンタ」の数字のように)、不健全な気もしたり…

2007-07-10

お出かけ

16:39 | お出かけを含むブックマーク

 夕べは8時前に寝て、今朝は5時前起床。だんだん普通になってきた。ハレルヤ!

 夕べ予定されていた会食は、鹿子さんのおジョーちゃまが発熱のため、延期に。でも実は私もまだ時差ぼけで夕刻はかなりばてていたので、家でゆっくりできたのは感謝だった。(おジョーちゃまに会うのも3年ぶりなので、日を改めて、お会いするのを楽しみにしています!)

 今日はこれから、はちこ母と子供たちと一緒にディズニーランド&シーに行ってきます。お天気がいまいちだけど、この時期は仕方がないね。3年前に行った時は、大変なかんかん照りで、あれはあれできつかったので、曇りなのはありがたいかも。あまり大雨に降られたりしませんように。

 では、行ってきます。

erinaerina 2007/07/10 19:43 残念ながら少し悪い天気。。。ですね。
時々止みつつ、、、あまり雨に降られすぎていないといいのですが。
というより、この雨でも楽しく過ごせていれば良いのですが。

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/11 11:21 行ってらっしゃ〜い^0^。楽しんで来てくださいね。

Midwestは洒落にならないぐらい暑いです。でも日本はもっと暑いのかも・・・。

はちこはちこ 2007/07/11 18:43 本当は、水、木と出かけるはずだったのですが、母が天気予報を見て、水曜日から崩れるらしいから一日繰り上げよう、ということになって、火曜から行ってきたのですが、今日は晴れてますねぇ。(苦笑)ま、こういうこともあるよね。雨でも楽しかったんだから、よしとしましょう。

めぐんちゃん、
ええー、そっちはそんなに暑いですか! 猛暑と言われていた東京ですが、今のところ、快適ですよ。曇りが多いですけど。摂氏で22〜27度くらいかなぁ。
あっ、でもねぇ、今朝、地震(震度3)があって、緊張しました! 久しぶりの地震…

2007-07-09

昨日のこと

16:02 | 昨日のことを含むブックマーク

 (夕べは夜6時に就寝、今朝は午前3時過ぎに起床。子供たちはもっと普通のスケジュールで寝ているが。やっぱり子供の方が適応力が高いのかな。)

 昨日は3年ぶりの母教会。住宅街の一角にある小さな教会だけど、そこで捧げられている礼拝は熱い。会堂に入った瞬間、人数の少ないことに驚いたものの、すぐに主の御臨在を感じ、賛美の中で主の大庭に入って行くのがよくわかった。30分以上ゆっくりと時間をとって、主に賛美と祈りを捧げる。この教会では「賛美リーダー」ではなく、「賛美アシスト」と言っているが、確かに賛美をリードしておられるのは聖霊御自身であることが実感できた。川の流れに乗っているような、自然さと自由さがあった。

 メッセージは、「私は衰え、あの方が栄えなければなりません」の箇所から、自己に死ぬことと、自分の野心ではなく神のビジョンに生きることが語られた。聖書には、「幻のない民は滅びる」とあるが、その幻を、自分の肉のうずきを満たす「野心」と取り違えることなく(そういった野心は、表面的には霊的に見えることもあるので要注意)、主との関係の中で主から与えられる主の幻(ビジョン)をしっかり見つめるように。

 この教会は、小さい分、余計なものがそぎ落とされて、本当に必要なもの、真実なものだけが残っている、そんな印象を私は受けた。子供たちは、普段自分たちがアメリカで行っている教会とは全く違うこの小さな群れに驚いたかもしれないが、この群れの中に確かに存在している、主の真実を感じてくれれば、と思った。

 礼拝の後は男女別に分かれてスモールグループでの分かち合い。それから有志が残って、昼食会。

 私はこの教会で30年前に救われた。私にとっては、本当に家族同然。数年に一度しか訪問できないけれど、いつも暖かく迎え入れてくれる。なつかしい話に花が咲いたり、日本とアメリカで場所は違えども、抱えている問題は似たりよったりで、互いに励ましあったり。

 実家がお向かい同士で、私の幼馴染でもあるNくん。彼は大学生の時に救われ、以来、ずっとこの教会で礼拝を守っている。同じ教会の私の親友でもあるA姉と結婚し、今は三児のパパ。彼は今、私たちが卒業した小学校のPTA会長をしている。「副会長は誰だと思う? Y田さんなんだよ!」というので驚いた。Y田さんは、以前この教会に来ていた兄弟で、学生時代は一緒にCS奉仕などをした仲間。もちろん今でも熱心に主に仕えておられる。Y田さんとNくん、互いに祈り合い、愛と配慮を示し合いながらPTAをまわしているらしい。最近、日本では保護者のあり方に驚かされることが多いが(子供の給食費を払わなかったり、学校に理不尽ないちゃもんをつけたり…)そういう世の風潮の中にあって、会長、副会長に御霊に満たされたクリスチャンが与えられているPTAって、すごいかも。二人の他者に仕える姿と、インテグリティのある姿が、まさに地の塩、世の光として用いられることを祈る。

 昼食の後、大人が積もる話に花を咲かせている間、子供たちは言葉も通じないままに楽しく一緒に遊んでいた。ケンは、小学校三年生の男の子のHくんとすっかり意気投合して、ケンは英語、Hくんは日本語でちゃんと意思の疎通を図っていた。カブトムシごっこ(?)で、Hくん「ほら、後ろにいるよ!」ケン「No, it's behind you!」と、ちゃんと話が通じ合っていたのに笑えた。一方みんやま〜やは、女の子たちとお絵かきで意思疎通。うちの娘たちも、日本の女の子たちも、アニメ風の漫画を描くのが好きで、お互いに描いた絵を見せ合いながら、無言で親交を深めていた。その女の子たちは、普段は教会に来ているわけではない近所の子たちで、子供の集会がある時だけ来ているらしい。昨日は、うちの子供やHくんたちが外でワイワイ遊んでいるのを見て、「何か面白そうなことをやっているぞ」と好奇心で出て来て一緒に遊び始めたのだった。彼女たちは、たっぷり遊んだ後、「楽しかった、また一緒に遊ぼうね」と言いながら帰って行った。

 アメリカでは何でもプログラム化された、確かに効率は良いのだけれど、一から十まで整った感じの働きが多い中、地域に根ざしたこういう小さな教会の存在には、なにか新鮮なものを感じた。思えば私自身、そういうところで育ったのだしね。もちろん、どちらが良いとか悪いとかの問題ではなく、それぞれに役割があり、それぞれに、そういう教会だからこそできる働きがあるのだと思うが。

 

 さて、今日は夕方から、ブログ友達のクレオパさんと鹿子さんと一緒に会食。とってもおしゃれなお店に連れて行ってくれるらしく、とても楽しみ。

まきとまきと 2007/07/08 23:14 お子さんが日本語の環境のなかで友達と仲良く遊べてよかったですね。
はちこさんが訳してお子さんの言葉をブログに書いてくださっているので、あまり
意識はしなかったのですが、次世代と言葉が違うことは私も少しおぼえがあります
。私は修士まで東京にいて、すっかり、千葉の言葉で人格形成をしていて、大阪弁
を忘れていました。子育ての時、子供に話しかける言葉が、見つからなかったです。大学を退いて、大阪に帰ったときに自分のことばが見つからず、テレビで聴くような言葉で話してしまっていたので、特に次女は大阪弁にはならず、高校生になって彼女の言葉を喋っています。日本語と英語ほどのギャップはないのですが。
さてさて、長くなりました。楽しい夏休みをお過ごしください。

浩子浩子 2007/07/09 02:27 はちこさん、遅ればせながらだけど無事のご帰還よかった!

母教会のこの記事を読みながらつくづく同感しました。
そしてメッセージの奥深さと堅実さ、正直いえばすごく羨ましかった・・
比較対照するものではないけれど、主が喜ばれるものがそこにある!と
確かに聞いているだけで心底思えるから。。
教会は建物じゃないんだものね?教会ってなんだろうと、考えてしまう
時期が長く続く中で、まずは自分を顧みつつおかれたところですべきこと
に心注いでいこうと思います。

例の講座、はちこさんが励ましてくれた通り、わくわく楽しい時間
だったョッ!ありがとう!あと五回もわくわくしながら、でも
>主との関係の中で主から与えられる主の幻(ビジョン)をしっかり見つめるように。

でありたいと願っています^^

erinaerina 2007/07/09 05:24 今週末、横浜で花火大会ありますよ〜
ネットでチェックしてみてくださ〜い!

はちこはちこ 2007/07/09 05:36 まきとさん、
興味深いお話、ありがとうございます!言葉って、面白いですよね。確かに、私たちの人格は、言葉と相互に影響を与え合いながら形成される部分ってありますよね。バイリンガルの人はよく、自分が話している言語によって、自分の人格も変わる、みたいに言いますよね。たとえば、日本語で話していると謙虚になのに、英語だと大胆で押しが強くなるとか。学生時代、言語心理学を勉強したので、こういう話は好きなんですよ。(^^)

浩子さん
私自身、最近、「自己に死ぬ」ということを繰り返し語られていたところでした。自分で、死にきれていない部分、手放せていない部分があると認識しているので、このメッセージはかなり痛かったです。礼拝後のスモールグループの交わりの中で分かち合われた事の中にも、いろいろ心に残ったものがあったし。この日の礼拝には15人くらいしか来ていなかったのですが、主にある交わりというのは、本当にいのちにあふれて豊かですよね。

例の講座、始まったんですね!この件に関しては、明らかに神様主導だから、浩子さんは安心してついていけばいいんだと思いますよ!

はちこはちこ 2007/07/09 05:38 erinaちゃん、
えっ、今週末、横浜で花火?日本の花火大会は、アメリカに比べてずっと規模が大きくて、すごいよね。 私たちは、明日、あさってとディズニーランドです。お天気、崩れるみたいだけど…

TamikoTamiko 2007/07/09 10:58 うわーー、日本なんですねーー!どうですかー?
いろいろ、家族みんなで、大発見、新しい経験、つづきの旅と思います。続けてまもられますようにーー。お風呂の話、思わず笑ってしまいました。。。いひ。

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/09 11:27 はちこさんたちの日本での日記も読むことができて嬉しいです♪

母教会かー。私もいつも行ってアメリカの教会との違いに驚いて帰ってきます。そこで赤ちゃんの時から育ったんですけどね。神様は本当に違うことをされている。はちこさんも仰っていたように、どっちがいいとかじゃなくて。

年に1回か2回しか行けないから、お客さん的になってしまうんですが。具体的なことは何も思いつかないけど、今たくさん受けてる祝福を分かち合うためにも、なんらかの形で母教会にもContributeしていけたら本当に感謝だな。

yukayuka 2007/07/09 19:18 御霊の働かれる教会って、入った瞬間分かりますよね。私もデピュテーションでいくつか廻らせて頂いた頃、そういう経験をさせて頂きました。「何が違うんだろう?」って思いつつ、あっという間にその教会を失礼する時間になってましたが、イエス様を頭とした教会、御霊が自由に働かれる教会、それを押しとどめるものがない教会、人数ではなくて、目に見えるものではなくて、やっぱり御霊の働かれる教会であってほしいな。

はちこはちこ 2007/07/11 18:56 Tamiko ちゃん、
やっと私も日本に来ました! だけど、子供と一緒だと、なんだかどたばたしてあわただしいです。(笑)

めぐんちゃん
年に1回か2回も行けるんだ!いいなぁ!私は3年に一回くらいかな。
母教会とのつながりって、感謝だよね。単なる人間関係の問題じゃなくて、やっぱり主にある家族として、ある意味、血よりも濃いつながりを感じるよね。

yukaちゃん
>イエス様を頭とした教会、御霊が自由に働かれる教会、それを押しとどめるものがない教会
アーメン。なんていうんだろう、人間的な意味で「守りたいもの」がない教会っていうのか、しがみついているものがないっていうのか… 人間の組織だと、どうしても守りたいもの、守らないといけないものがたくさんあって、それに縛られてしまったりするけど、そういうものから自由な教会は、ただ主にだけに目をとめ、主の導きに従うだけなんだよね。教会もそうだし、私自身もそんなふうになれたら、と思います。まだまだ、自分で守ろうとしてしまっているものが一杯ある気がするけど…

ゆみりんゆみりん 2007/07/17 23:13 盛りだくさんのたくさんの日記、楽しく読ませてもらっています。
日本の教会、私もアメリカで救われてから、初めて地元の
教会に行ったときに、とっても小さいけど、アットホームで、
なんていうかすべてが手作りで心がこもっていて、
すごく感動したのを覚えています。
すべてが新鮮で、日本語で礼拝したのがはじめてだったのも
あって、今でも強く印象に残っています。
アメリカの教会は、教会で、そのよさがあるけれども、
心のこもった、御霊が隅々で働かれている教会が
これからも主の導きによって、日本に増えることを
祈ります。
アメリカでの信仰は、生暖かい信仰だなと時に思います。
たくさんのしがらみや、困難が当たり前の日本で
信仰を貫いておられる兄弟姉妹には、ほんと頭があがりません。
はちこさんが、これからも翻訳やさまざまな場面を通して
ご活躍されますように・・・、そうして神様の愛が、
たくさんの日本人に広がりますように・・・。

はちこはちこ 2007/07/18 08:04 ゆみりんさん、
コメントありがとうございます!
確かに、アメリカのクリスチャンは、いろいろ恵まれているにもかかわらず、それをtake for grantedしている部分もあるかもしれませんね。日本の教会がいろいろもまれる中でも、祝福され、成長させられることを祈ります。

2007-07-08

お風呂deがっくり

03:54 | お風呂deがっくりを含むブックマーク

 本日も5時前に起床(というか、実は私は夕べ夜8時半ごろに起きてしまった後、結局朝まで眠れなかった…)。

 今朝はシャワーではなくお風呂に入るぞ!と心に決めていた私は、朝から喜々として浴槽にお湯をためていた。そろそろかな、という頃になってま〜やが起きてきて、お風呂に入りたいというので、日本のお風呂はバスタブの中で石鹸使っちゃだめよ、などの指示をして、彼女を先に入らせた。

 彼女が出たあと、さあ今度は私の番だぞと、裸になってお風呂に入ろうとして浴槽を覗きこむと、なんと空っぽ! お湯がない! ま〜やが出る時、アメリカでのように栓を抜いてしまったらしい。やられたー!何のために、お湯を汚さないようにねと指示したのだか。でも、栓を抜かないようにとは言わなかった私がいけなかった。そんなわけで、すごすごと服を再び来て、お湯がたまるまでもう一度待ったのでありました。

 今日は3年ぶりに母教会を訪れ、そこでのことも書きたいのだけれど、さすがに今は眠くなってきて頭がまわっていないので、また後ほど。

遠山遠山 2007/07/08 05:18 おかえりなさい。
体内時計ではそろそろ朝ですね。
日本生活、特にお子さんたちにとって、
楽しいものとなりますように!

はちこはちこ 2007/07/08 13:35 おはようございます。今、日本時間の午前3時半です。夕べは午後6時に就寝したので、たっぷり9時間寝ました。(笑)
遠山さんは、その後体調はいかがですか? 術後の速やかな回復をお祈りしています!

2007-07-07

恐るべし、パーマと体内時計

08:15 | 恐るべし、パーマと体内時計を含むブックマーク

 今日は、午前中みんを連れて美容院へ。みんはレイヤーを入れてもらい、いかにも日本の女の子みたいになり、大喜び。一方私は、短くしてパーマをかけた。うーん、なんというか、随分イメージとは違って… 長さはちょうどいいけれど、パーマがかかりすぎかなぁ。どうしたらいいんだ、この頭、という感じ。一言で言えば、山火事にあったサザエさん。(ううう。)

 午後は、子どもたちのリクエストにより、東急ハンズへ。

 その後は、午後3時ごろから8時過ぎまで寝てしまった。ちょうどシカゴ時間の夜中の1時から朝6時だ。すっかりシカゴ時間で体が動いている。恐るべし、体内時計。

 明日は、母教会へ。

(どうでもいいことですが、今日の日付は07/07/07ですね! あいにくの曇り空の七夕でしたが。もっとも、今の東京では、お天気が良くても、星はあまり見えないのかな…

 朝7時7分に日記を更新していたら、07/07/07 07:07 だったのに… って、ほんとにどうでもいい事だけど。)

アンデルセン公園

08:15 | アンデルセン公園を含むブックマーク

 日本に到着した次の日、F子さんと二人のお嬢さんと共に、船橋にあるアンデルセン公園というところへ行ってきた。アスレチックの遊具やクラフトのコーナーもあり、子どもを連れて来るにはとてもいい場所。

 到着してまず、アスレチック遊具のある場所へ行く。ケンはただちに走り出し、夢中になって遊び始める。その直後、幼稚園の遠足(?)の団体も到着し、その場はたちまち小さな子どもたちで一杯に。ふと気づくと、ケンの姿が見えない。ついてから15分もしないうちにもう行方不明か。

 ケンの姿を探すも、あたりは同年代の似たような子どもでごった返しているし、グレーのTシャツとカーキの半ズボンなんて服装の男の子は大勢いる。唯一の目印は、他の子どもたちは赤白帽をかぶっているが、ケンはかぶっていないということ。それを頼りにケンを探していたら、F子さんが、「まるで、ウォーリーを探せ、みたい」 まったく。実写版だ。言いえて妙で、大笑い。

 無事ケンを見つけた後は、もう少し外で遊んでからクラフトコーナーへ。ま〜やは機織をし、他の子たちはオーブンクレイを使ってキーホルダーを作った。

 半日だけだったけど、とても楽しかった。こんな場所が近くにあると、親は嬉しいね。F子さん、本当にどうもありがとう!

(更新日時は、日本時間が表示されるよう、設定を直しました。)

erinaerina 2007/07/07 21:57 お、東急ハンズはダイブ変わってたんではないでしょうか。
みんちゃん位の女の子には109がオススメですよ〜。ザッツ若い子文化です。
大いに変化を遂げた街はいかがでしたでしょうか。
しばらくは時差が大変だと思いますが。
日本の生活に大いなるブレッシングがありますように!

はちこはちこ 2007/07/08 03:28 町田のハンズ、場所が東急のデパート内だかどこかに移転するだけで、町田からハンズがなくなってしまうわけではないみたいです。
そういえば、109もできたんだっけ。まだ行ったことない。連れていったらみんは喜ぶね。情報ありがとう!

yukayuka 2007/07/08 18:53 アンデルセン公園。私は船橋市民であった頃に出来上がった公園です。
でも、その頃は行くチャンスもなく、まだ訪れた事もありません...。
風車があるって聞いた事があって、「へぇ〜」なんて思っただけで終わってしまっていたなぁ。いつか、家族で楽しめたらいいなぁ。

はちこはちこ 2007/07/09 05:42 おお、 yukaちゃんもアンデルセン公園、実は地元でしたか! あそこは大人だけで行くところではないかもしれないけど、お子さんが生まれて、歩けるようになったら、是非連れて行ってあげると楽しいですよ! 風車、確かにありました!

2007-07-06

時差ぼけ

13:07 | 時差ぼけを含むブックマーク

 夜中の1時半に目が覚めてしまい、シカゴに電話したり、コメントにお返事したり。今は午前3時。このまま朝を迎えて起き出すには、さすがに早すぎるので、もう少し寝た方がいいかな。子どもたちは、夕方5時ごろから死んだように寝ていたけど、さっきから二階でどたんばたんと音がするので、彼らも起きちゃったかも。

 さあ、これからしばらくは、時差ぼけとの戦いですぞ。

 (ちなみに、この日記、シカゴ時間で更新時間が出るようになっています。日本時間に直そうとしたのに、直し方がわからなかった… 今は本当は7月7日の午前3時過ぎ。あ、七夕ですね。今年は織姫と彦星は会えるのかな…?)

 追記:今、午前6時半です。みな、夜明けの鳥の鳴き声を合図に起床。ま〜やはほぼ12時間の爆睡。ところが、モンスターに追いかけられる怖い夢を見たんだそうだ。疲れていたからかな。天気予報によると今日は曇りであまり気温も上がらないみたい。残念ながらプールは延期かな。昨日は暑かったのにね。

無事実家へ

03:45 | 無事実家へを含むブックマーク

 無事実家へ戻りました。実家のパソコンは使いなれずにうまく書けないのと、時差ぼけで疲れてきたため、とりあえずご報告まで。

 F子さん、昨日今日と、大変お世話になりました! 明かりさん、キットカットどうもありがとう! 確かに受け取りました! 


 明日は、もし雨でなければ、午前中は読売ランドのプールにでも子どもたちを連れて行こうかと思う。せっかくウィークデーパス買ったからね。では、ちょっと休みます。

みちこみちこ 2007/07/06 17:04 おかえりなさ〜い!
千葉にいる、っていうはちこさんのコメントを見たときは
「わー、同じ千葉だ」とわくわく。そしてはちこファミリーに
お会いしてご挨拶してる夢まで見てしまいました。(←マニア?)
どうぞ日本での毎日が守られ祝福されますように!

はちごろーはちごろー 2007/07/06 17:39 無事帰国とのこと、なによりです。
ちょうど入れかわりのような感じでAさんは海外出張。こちらは蒸し暑さと
家族の寝相で目覚める日々です。

AzumiAzumi 2007/07/06 17:51 千葉!日本におられるんですね、今!私は北海道ですが、同じ日本の地にはちこさんがいらっしゃるってなんだかうれしいです^^祝福された滞在となりますように!

はちこはちこ 2007/07/06 18:52 みちこさん、はちごろーさん、Azumiさん、
ありがとう!5時前から起きてるので、朝が長いです。(笑)
今日の東京はどんよりしたお天気ですね。洗濯物乾くかな?

yukayuka 2007/07/06 23:53 お帰りなさい!私も”千葉県出身者”として、嬉しい限り。:)
時差ぼけが早く改善されるといいですね。

heidiheidi 2007/07/07 00:53 はちこさんおかえりなさい。(^_^)子供たちも元気そうで良かったです。今日あたりはまだ過ごしやすいかも知れませんね。

ひでくんひでくん 2007/07/07 06:37 もう日本にいらっしゃるんですね!(^o^)お疲れ様です。
シカゴよりは住みづらいかもしれないけど、
リフレッシュ休暇になるといいですね(^-^)

はちこはちこ 2007/07/07 07:03 yukaちゃん
ただいま! 年を取るにしたがって、時差ぼけが直るのに時間がかかるようになっちゃってね。子どもにペースを合わせ、のんびりやっています。(^^)

heidiさん
今日は過ごしやすかったですね!涼しかったくらい。猛暑と聞いていたのでちょっと拍子抜けです。なんだか、これから梅雨が本番になるのかな?
ひでくん
日本は食べ物が美味しいので嬉しいです。今のところ、のんびりやっています。

明かり明かり 2007/07/08 21:15 遅ればせながら、おかえりなさ〜い!!
ご無事に着いて、なによりです。
(キットカットもついたようで、よかったよかった)
これからのすべての日程が、守られますように^^

はちこはちこ 2007/07/09 05:40 明かりさん、ありがとう!
もう、いろんなキットカットの種類に、感動しました!!こんなにいろいろあるんですねー。夕張メロン味は、北海道限定なのかと思っていたので、思いがけずゲットできて、すっごく嬉しいです! メールしたかったのですが、メールアドレスがシカゴのパソコンのメールボックスに入ったままで、わからなくて… 本当にありがとう。

2007-07-04

いよいよ出発

07:06 | いよいよ出発を含むブックマーク

 今回はいつも以上に、ギリギリまで妙にバタバタしていたが、いよいよ出発。

 夕べは、家族全員で輪になって、手をつないでお祈り。特に、前半は家族が二手に別れるので、それぞれが守られるように。主の祝福の中での日本滞在となるように。単なる家族旅行としてだけでなく、この機会を通しても主のご栄光が現され、ご計画がなされていきますように。出会うべき人と出会い、語り合うべきことを語り合えますように。今朝も、エミはプールの監視員のバイトがあるため、朝7時前に出かけていった(独立記念日のため、普段とは違うスケジュール)が、その前にハグしてお祈り。

 ところで、今朝は8時から独立記念日の町内マラソンがあって、うちの前がそのコースの一部になっている。ちょうどマラソンの真っ最中に家を出ないといけないはずなんだけど、みんなが走ってたら、車を出せないよー。

 さて、日本についてからはどれくらいブログが更新できるかわからないけれど、メールは普段と同じメールアドレスでつながります。成田には日本時間の五日の夕方到着予定。では、行ってきます。

ゆみりんゆみりん 2007/07/04 19:03 しばらく、最新記事がなんでだか読めませんでした!
パスポート、ほんと大変ですよね。
でも間に合ってよかったですね。
みなさんの健康と安全が守られますように、
それにみなさんが行かれるそれぞれの場所で
たくさんの日本人たちが、イエス様の愛を
わけられますように、お祈りしてます。

新本、ぜひ読みたいです。
心にずきっとくるレビューです。
楽しみです。
これからもすばらしい本をたくさん翻訳してくださいね。
楽しみにしています。

erinaerina 2007/07/04 19:24 ちょうど、今は飛行機の中ですね。
太平洋の真っ只中かアラスカ上空あたりでしょうか。
思い出深く楽しい夏休みとなることを祈っています。

たにいたにい 2007/07/04 19:29 いつも楽しく読ませてもらっています。いよいよですねー
道中が守られますように、お祈りしています。

大阪に来られる機会があればぜひ堺にもお越しください。

p.s.最近は私もいろいろ書いてます。
http://myrtus21.com/

まきとまきと 2007/07/04 19:34 お気をつけて。旅の安全がまもられますように。

はちこはちこ 2007/07/05 06:30 皆さん、コメントありがとうございます!
無事、日本に到着しました。今、千葉のF子さんのお宅におじゃましています。
また、実家についたらゆっくりお返事します。(^^)

saorisaori 2007/07/05 09:26 はちこママ!おひさしぶりです!
日本の滞在が祝福いっぱいでありますように。
関西エリアにはこないの〜〜??会いたいなあ・・・

はちこはちこ 2007/07/06 12:46 皆さん、コメントありがとうございます!
ゆみりんさん、
アメリカにたくさん買って帰りますので、戻ったらお送りします。(^^)
erinaちゃん、
無事ついたよー。お祈りありがとうね!
たにいさん
お久しぶりです。大阪、実は1日だけ行くのですが、堺って、どのへんだろう…
読んでくださっていてありがとうございます。
まきとさん、
ありがとうございます。東京は予想通り蒸し暑いので、体調管理が要になりそうです。
saoriちゃん、
お久しぶり!さおりちゃんも関西だったね。お元気ですか?京都半日、大阪一日、神戸三日、広島一日くらいの予定で関西も行くんだよー!

2007-07-03

『あなたはどこに愛を探していますか?』感想

| 22:10 | 『あなたはどこに愛を探していますか?』感想を含むブックマーク

 昨日、ついに訳者献本の分が日本から送られてきた! きれいに仕上がっていて、とても嬉しい。無事に完成したことを、あらためて主に感謝。主が本書を清めて用いてくださることを、切に祈ります。

 何人かの方からメールで感想もいただいています。また、5月24日の記事のコメント欄にきりさんが感想を書き込んでくださったので、こちらでもご紹介。

昨日、読み終わりました〜!\(^O^)/(それが嬉しくてコメントさせていただきました。)最初副題だけを見た時は(不遜にも)“私には必要ないかな”と思いましたが、読んでみると、自分自身もなんと多くの誘惑にさらされているか・・と気づかされました。何といっても圧巻だったのは、11章でした。ここに至るまでのすべての障害を取り払うために、1〜10章があるのかな〜と思いました・・。主がますます日本のクリスチャンをきよめ、整えようとされているのかな、と嬉しくなります。翻訳の労をとって下さり本当にありがとうございました‥!

 他にも、『あなたはどこに愛を探していますか?』の感想がございましたら、ぜひこちらのコメント欄にお書き込みください。匿名での書き込みでも構いません。もちろんメールでも結構です。お待ちしています!

 それから、アメリカ在住の方で購入希望の方がいらっしゃいましたら、日本から買ってきますので、ご連絡ください。

ちさとちさと 2007/07/04 07:32 日本へいらっしゃるんですね。良いご旅行となりますように!下のパスポートのお話、読みました。大変でしたね。間に合ってよかった!

さて私もご本、読ませていただきました。先日より主人の出張同行+バケーションで出掛けており、旅先で読み終えました。11章の神様との霊的な関係が説明されている箇所がとても興味深く、主人とも分かち合えたことも感謝でした。

この本を読んで、
神様は罪深い私をある一部分だけではなく、全てにおいて祝福してくださろうと、切ないまでの思いを持って私がその申し出を受け取ることを待っていてくださるということ、
またその祝福はこの小さな私の頭で推し量ることすらできないほど豊かであるということ(という事実は分かるけど・・・^^)。
そしてその豊かな祝福を約束してくださる神様の恵みを思うとき、心に渦巻くおそれが消え去ること、
そんなことを改めて思い、感謝で涙しました。

旅先で出席した教会で「Amazing Grace」を賛美しつつ、まさに驚くばかりの恵みに圧倒されました。

素晴らしい本の翻訳を感謝します。この本が豊かに用いられるようお祈りしています。

まいちーまいちー 2007/07/04 09:23 読ませていただいております!ブックセンターで発見し、即購入でした。

何度か20代のクリスチャン女性から、性的な誘惑・恋愛についてで相談を受けたことがあります。皆なかなか言えない、でも聞いて欲しいというのが切々と伝わってきます。本当に、この部分で打ちのめされている女性は多いです。

そんなわけで近々女性だけのバイブルスタディーをやりたいなと思っており、その中でセクシャリティもテーマにしたいと思っていたので、本当に素晴らしいタイミングで本を手に出来て感謝です。

まだ途中なので、期待して読み進めていきます〜!

ひらめひらめ 2007/07/05 10:24 教文館で探したのですが「入荷していないようです」と言われて諦めました。日を改めてトライしてみます。日本での日々が充実したものになりますように。お身体にも気をつけてお過ごしくださいね。東京の空の下で祈ります(^^)

サヤッコ。サヤッコ。 2007/07/05 10:34 ハチコママ!無事着いて何よりです。
でも、同じアメリカにいないかと思うと
ちょっと寂しい。。。(あってるわけではないのに。。[笑])

本の、オーダーお願いしてもいいですか?
ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪
実は、今、ネットでの購入方法を色々探していたところでした!
でも、うまい具合に配達出来るのがないんですよ。。
本以上に送料がかかったり… (´д`。)グスン。

はちこままに頼んでもいいですか?
重くなったりすると思うんですが、、。
もし、よければ、よろしくお願いします!

ミスユー!

はちこはちこ 2007/07/06 12:40 皆さん、早速コメント、感想、ありがとうございます!
ちさとさん、ご主人とも分かち合えたとのこと、嬉しいです。
まいちーさん、良いタイミングで主が導いてくださったのですね!まいちーさんのお働きにも用いられますように!
ひらめさん、教文館、なかったですか。オアシスとか、ライフセンター系だったらあるはずだと思います。次は見つかりますように!
さやっこ。ちゃん、
本のオーダー、もちろんオッケーです。8月中旬になっちゃうけど、まっててね!
ミスユー、ツー!

2007-07-02

パスポート、無事更新!

19:18 | パスポート、無事更新!を含むブックマーク

 今朝は、朝四時半に起きて、五時に家を出、六時にパスポートオフィスに到着し、1時間ほどビルの外の路上で列を作って並んだ(すでに30メートルくらいの列があった)。9時になるまでずっと外で待つのかと思ったら、その後、ビルの中に入ってロビーで並んで待つことが許されたので(といっても、ちょうど私たちがビルの中に入れた最後の人たちで、私たちより後に来た人たちは、ずっと外で待たされていた)、有り難かった。子どもたちは長い待ち時間も、ゲームを持っていかせたため、ぐずらずにいてくれた。

 それでも4時間余り待って、ようやく手続きが済んだのが午前10時半、実際にできあがったパスポートを手にしたのは午後3時。ぼぼるパパと子どもたちは、手続きが済んだあとにみんなで朝食をとってから、先に車で帰ってもらい、私はその後デパートをぶらついて時間を潰し、3時にパスポートをピックアップし、電車で帰宅。

 長い一日だったー。でも、無事に取れてよかった。Thank you, Jesus! お祈りくださった皆さん、ありがとうございました!!これで、安心して明後日、シカゴを出発することができます。(^^)

まきまき 2007/07/02 21:04 よかったですね〜!お疲れ様でした。毎日ブログを拝見させていただいて、恵みをいただいている者ですので、日本にいらっしゃるのなら、遠くからでもはちこさんの姿を見てみたいです〜(笑)新刊も読ませていただきました。まさしく私に必要な本でした。神様との関係が深まりました。神様感謝します。そして毎日忙しいのにあのような素晴らしい翻訳をなさるはちこさん!!すごい!これからも主に尊く用いられますように…。日本での日程の上に主の恵みと祝福がありますように!

yukayuka 2007/07/03 03:16 あぁ感謝、感謝!!!良かったですね!!!神様感謝します!

shushu 2007/07/03 04:32 無事に取れて良かった!お疲れ様でした。
日本、楽しんできてくださいねー
それにしても、土壇場で答えられる祈りって多いですよね。
「神様、もう少し早く...」ってのは欲張りなのかなw

浩子浩子 2007/07/03 07:11 今頃になって梅雨真っ盛り、来週まで雨マークてんこ盛りの東京ですが、
クサらないでね!雨に歌えば〜♪また楽し!^^お気をつけて〜!

はちこはちこ 2007/07/03 08:20 まきさん、初めまして!
『あなたは…』読んで下さってありがとうございます。
>遠くからでもはちこさんの姿を見てみたいです〜
見ても、別にどうってことないですよ。(笑)お住まいはどちらですか?私は小田急線沿線なのですが、もし街で英語を話す騒々しい子ども3人を連れている中年女性がいたら、私である可能性が高いので、声をかけてみてください。(^^) お祈り、ありがとうございます!

yuka ちゃん、
お祈りありがとう! yukaちゃんの出産のためにも祈っているからね!

shuくん、
そちらのビザはどうですか? そう、なぜかいつも土壇場で、忍耐を試されますよねー。

浩子さん
おお、今、東京の週間予報を見てみたら… ほんとだー、曇り時々雨、ばっかり。洗濯物が乾かないのが辛いですよね。実家には確か乾燥機もあったはずだけど、アメリカのと違って、容量は小さいし。 梅雨真っ盛りもまた、日本の夏の風情かな。楽しみますっ!

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/03 08:57 お疲れ様です!無事にとれてほんとに良かった^0^。

私の友達もシカゴなんですが、ヨーロッパに旅行する飛行機の発つ2時間前とかにパスポートピックアップという信じがたい状況が発生していました。

旅行の安全と祝福をお祈りしていますね!

ViviVivi 2007/07/03 10:16 はちこさん、よかったですね。無事に帰国され楽しい夏を満喫できますように祈りmす。

>浩子さん
今晩、レンコンとマカダミアナッツのきんぴらを作りました。とっても美味しかったです。ごぼうとくるみも試してみますね。

masumi masumi 2007/07/03 15:13 ハレルヤ!
やはり、神様は全てを働かせて益としてくださいましたね。
主が共におられ、ご家族の皆様の旅の健康と安全が守られますように。 

雨でも晴れるや!? 楽しい旅となることでしょう。
お土産話を楽しみにしています。♪

さやっこ。さやっこ。 2007/07/03 20:22 ハチコママー!ヨカッタですねー
あぁー よかったぁ!
ひやひやしますねぇ。こういうことは。
私もいま、色々とヒヤヒヤさせられる状況に
置かれていて、でも、この日記を読んで
信頼していけばいいんだ!って思い出すことが出来ました。
ありがとうございます。

この左の新しい本、読んでみたいです!
日本、楽しんでくださいね。

はちこはちこ 2007/07/03 21:49 めぐんちゃん、
そのお友達のケースも強烈だね! ちゃんと飛行機に乗れたのでしょうか… 今年の夏のアメリカのパスポート状況は、とにかく悲惨みたい。何でこういう年に限って、ちょうどパスポートが切れてしまってたのだか… でも、更新できたのだから、今となっては過去の話だけどw

Viviさん
ありがとう! 北海道まで会いに行く事ができないのが残念です。いつか、北海道にも家族を連れていきたいものです。

masumi さん、
ありがとうございます。 雨でも晴れるや精神で、久しぶりの日本の梅雨を乗り切ってきますね!(笑)

さやっこ。ちゃん
いやー、ほんと、ヒヤヒヤしました。でもクリアできたのでよかったです。さやっこ。ちゃんもヒヤヒヤさせられているのですね。上でshuくんも言っているように、信仰がためされますけど、こうやって主を信頼していくことを学ぶのでしょうね。左の本、送りますよ!と言っても、日本から帰って来てからになっちゃうけど… それでも良ければ、待っててね!

2007-07-01

MEMO: DictJuggler.net

20:58 | MEMO: DictJuggler.netを含むブックマーク

 -文章に携わる人のための辞書・検索サイト DictJuggler.net


DictJuggler.net は、おもに翻訳者、ライター、自然言語処理関連の開発者など、日常的に辞書や検索サイトを利用する人々が便利に利用できることを目指して開発・公開しているサイトです(もちろん、時々しか辞書や検索サイトを利用しないという方でも、どうぞご利用ください)。

 素晴らしい。翻訳家藤本直氏による日本語類語辞典『類語玉手箱』と、翻訳家山岡洋一氏による翻訳書の訳語を集めた『翻訳訳語辞典』が公開されている。類語辞典は数年前に講談社の大きいのを購入したのだけれど、普段オンラインの辞書を使いなれていると、本の辞書(?)はどうも億劫で。オンラインの類語辞典は助かる。 

 あと、今、私が欲しいと思っているのは、用字用語辞典とか国語表記辞典とか呼ばれるもの。たとえば、こんなのとか、こんなのとか。

 ちなみに、山岡氏の翻訳通信は、4年くらい前から愛読している。いろいろな意味で、とても参考になる。

クレオパクレオパ 2007/07/02 07:56 私もふだんよく使っていた山岡氏のネット翻訳語辞書が、しばらく前から閉鎖されていて困っていました、。こちらにヴァージョンアップして引越していたのですか! 知りませんでした。

しかも翻訳家向けの類語辞典も公開されているとは!
私はマック使いなのでウィンドウズ版ならある類語辞典が使えないでので、もっぱら書籍を使用していました。しかし、ぴたっとくる訳語は、なかなか見つからないです。

でも、ネット上で使えるなら私も利用できます。ありがたや、ありがたや。国外にお住まいのはちこさんから教えてもらうなんて、面白い時代ですね。
ウィンドウズ使いなら、DVD版を入手したほうがもっと高性能なのでしょうか。バージョンがネット上のものと異なるのですね。

めぐんちゃんめぐんちゃん 2007/07/02 11:41 仕事で翻訳をすることはなくなったんですが、日本語退化防止のために、こういうサイトで勉強しながらちょくちょく日本語の文章書くようにしたいと思いました!

でもMixiの日記とかだとろくな内容じゃないから、あんまり辞書を見てなにか書くことないんですよねぇ。

はちこはちこ 2007/07/02 19:07 クレオパさん
そうなんですよ、私もどこにいっちゃたのかな〜と思ってたところだったのです。
新しいのは一層使いやすくなっているみたいですね。こういうツールが無料で公開されているなんて、ありがたい時代です。表記辞典もあるといいなぁと、リクエストしてみようかな。
翻訳のたびに、「これは漢字で書くべきか、ひらがなにすべきか」と迷って混乱することがあるんですよね。クレオパさんは、何か使ってらっしゃいます?

めぐんちゃん
類語辞典とか、暇な時に見てるだけでも楽しいよね。おおっ、こんな日本語があったっけ!なんて。(^^)アメリカにいると、日本人同士の日本語も、だんだんアメ弁化して正確できれいな日本語忘れちゃうしね。(CCのミーティングなんか、すっかりごちゃまぜですごいよね。苦笑)

クレオパクレオパ 2007/07/02 23:48 辞書は使うのを忘れるくらい持っています(笑)。類語新辞典(角川書店)、英和翻訳表現辞典(中村・谷田著 研究社)、英語類義語活用辞典(最所編 研究社)、現代国語表記辞典(三省堂)・・。表記は必要なときにつねに確認します。類語辞典はどうも、役にたたないほうが多いです。でも、感覚を広げるためには役立ってます。
「類語玉手箱」は、格段によさそうですね。これから使わせていただきます。

表記については、出版社ごとに社内のきまりがあるので、訳者、著者はそんなに気にしないで書いておき、あとで出版社の編集者が統一することが多いのでは?

でも、訳者がそれだけ気を使ってくれると、間違いも少なくなり、編集者は助かりますね。ありがたい訳者です。日本語の表記は変幻自在、矛盾も含んでいるので、文学的な内容で、自分にこだわりがある場合は別ですが、出版社におまかせして、あとで相談とうのも、ありではないでしょうか。

初歩的なことは、ワープロソフトに活躍してもらう手がありますよね。ご存じでしょうが、「ワード」や「一太郎」は日本語の校正機能もついているので、基本的なものは、そこでチェックできます。「一太郎(ウィンドウズ)」は優れもので、一般の出版社でも活用されているらしいですよ。

はちこはちこ 2007/07/03 08:56 私も辞書好きです。研究社の英和翻訳表現辞典も、なぜか出版になったばかりの頃(20年以上前!)に買いました。あの頃はまさか、自分が翻訳することになるとは思っていませんでしたが。でも、これは実際に翻訳する時には役に立たないですよね。発想の転換を促したりするのに刺激にはなりますが。私、翻訳する時、辞書をものすごくたくさん引くんですよ。英和はもちろん、英英、国語、英語のシソーラス、グーグル検索… えっ、こんなわかり切った単語まで調べるの?っていうくらい。(苦笑)私は日本語のボキャブラリーが貧困なのか、なかなかとっさにいい日本語が思い浮かばないんですよね。辞書は徹底的にひくけれど、実際の訳語の選定には辞書を権威にせず臨機応変に、という感じでしょうか。

>表記については、出版社ごとに社内のきまりがあるので
私もそう思ったのですが、聞いてみると、案外そんなにきっちりないみたいで、その都度、担当の編集者さんと相談して決めることが多いですねぇ。また、多分私の性格なんでしょうね、自分の中で基準がはっきりしていないとどうも落ち着かないんですね。(苦笑)
「ありがたい訳者」というより、多分「うるさい訳者」だと思います。(苦笑)

>日本語の表記は変幻自在、矛盾も含んでいる
まったくその通り! それが日本語の良さでもあるかもしれませんが… 

私もマックの「ワード」を使っています。間違った日本語だと赤線、怪しい(?)日本語だと緑線がでますね。この機能は、確かに便利ですね。

うさたろううさたろう 2007/07/04 10:23 はちこさん、お久しぶりです。
この辞書・検索サイトのことは知りませんでしたので、とても助かりました。特に「翻訳訳語辞典」はすぐれものだと思います! 実はこれから一ヶ月くらいで仕上げなくてはならない翻訳書が一冊あるのですが、とても心強い味方ができた感じです。主が備えてくださった武器を与えられたような気がしています。とてもとてもありがとうございます。
ちなみに、ぼくの実家は山形県山形市にあります。暑い県ですが、スイカその他の果物はおいしいですよね。よい休暇をお過ごしください。
それでは。

はちこはちこ 2007/07/06 12:35 うさたろうさん、お久しぶりです!
この翻訳訳語辞書はよくできていますよね!うさたろうさんのお働きにも役立ちそうで、嬉しいです!うさたろうさんの実家は山形市ですか! 私が行くのは鶴岡ですが、食べ物は美味しいし、山も海もあって、いいところですね!子どもたちも、山形大好きです。(^^)