Hatena::ブログ(Diary)

益体無い話または文

menu

    カテゴリ

  • 歴史系新書・文庫…人文・社会科学系テクストのまとめ。読んではいるがあまり更新されません。
  • 文学:かつて読んだ文学作品の雑感などが転がっています。
  • 国語…国語教育やセンター国語に関する文章です。
  • 日本史コラム…日本史担当の時に思いついたことなどを書きます。
  • 世界史教育…世界史教育に関する研究のカテゴリです。
  • 世界史コラム…世界史担当の時に思いついたことなどを書きます。
  • game:人生の落伍者がせめてもの慰みにやるようなゲームの感想です。主に紙芝居ゲー。

2017-09-24

[]あなたに恋する恋愛ルセット「大園柚姫」シナリオの感想・レビュー

有産階級の子弟とザッハトルテを作る話。チョコレートをコーティングするグラサージュに挑む。
身分や階級の違いは全く問題にならない(大園家母が庶民出身のため)。お菓子に専念しましょう。
製菓の練達を口実にして会いに来ていた柚姫がもう十分熟練したと言われる場面がおススメ。
向上心に溢れ、何事も諦めずに積極的に吸収しようとする柚姫に影響され主人公くんも頑張る。
普段は凛々しい反面、普段は甘えたというお約束属性も破壊力バツグン。

大園柚姫のキャラクター表現とフラグ生成過程


f:id:mmm000mmm:20170924070937j:image

  • 向上心溢れる甘えた有産階級お嬢様
    • 大園柚姫は有産階級の子弟であり、学校では国際教養科に属し生徒会でも活躍するエリート。しかしそれ故、神聖視されることも多く、心の許せる人間関係を構築できずにいました。そんなパーフェクト超人の柚姫でしたが、お菓子作りは初心者でありトンデモナイゲテモノを発生させるほどでした。こうして製菓授業では神聖視のヴェールが剥がれ、ありのままの自分をさらけ出せるようになったのです。向上心溢れる柚姫は、最初こそゲテモノ発生装置でしたが、コツコツと練習に取り組んでいきます。柚姫はお菓子を作っては、主人公くんに味の批評を求めに来ます。それがいつしか愛情に転化していくのですが、柚姫が恋心に気づいたときには、もう既にお菓子の腕は熟練してしまっていたのでした。主人公くんはもう俺が味見しなくても充分じゃね?と思い、その旨を告げるのですが、一抹の寂しさ。ここで柚姫が主人公くんに会いに来る口実をなくしてしまい動揺するところはとても素晴らしい出来となっているかと思います。おススメ。
    • フラグ構築後は、期末試験の課題である「チャレンジ」に取り組みます。二人が選んだのはザッハトルテ。チョコレートをコーティングするグラサージュに悪戦苦闘します。そんな二人に突如青天の霹靂。なんと国際教養科の代表として柚姫が来年度の交換留学生に選ばれるのです。付き合い始めた二人に襲い掛かる試練ですが、主人公くんは相手を慮り、行っておいでと快く送り出してあげる決意をします。来年度のためにも、ザッハトルテは何としても完成させたいと願う二人は、行きつけのケーキ屋の職人に技術を請うたりして、ついに完成させるのでした。海外へ渡った柚姫を支えるのは主人公くんとの思い出。ホームシックや辛い海外生活を乗り越え、エピローグでは留学成功ハッピーエンドとなります。

f:id:mmm000mmm:20170924070941j:image

f:id:mmm000mmm:20170924070939j:image

関連