Hatena::ブログ(Diary)

狼藉の日々 このページをアンテナに追加

2005-03-19 流浪の民だなあ

明日から22日まで、北越に出張なのでしばらく留守をします。

それにしても、2月末から旅支度ばかりしてる感じがする。名古屋から持って帰って来た鞄、そのまま持って行くんだな、これが。さっき中を引っ掻き回してたら、勤労会館のチケットが出て来て、しばしエドガーに思いを馳せ荷造り中断…。

Bat Boyについて:オン・タイムさんからのメール

| Bat Boyについて:オン・タイムさんからのメールを含むブックマーク

 皆さんより一日遅れで私の所にも来ました(涙)。丁重なお返事感謝します…しかし…。

 私、とても説得力ある(?苦笑)メールを送ったつもりなんだけどなあ。うーん……。このまま、はいそうですかって引き下がるしかないのでしょうか。だって現状説明は有るけど理由へのメンションは無かったですよ、お返事に。…そうだな、いろんなあちらの事情をこちらから推測するだけではやっぱ引き下がれないな。私そんなに物わかりよい人間じゃないもんね(笑)。

 あ、でも再演の期待はできそうな感じです。うん、それは是非是非お願いします!その再演に合わせてCD発売でもいいから、すぐ欲しいとは言わないから、何とかもう少し検討してもらえないでしょうか。いろんな事情はあるとしても。

最悪な人生のためのガイドブック:一般販売

| 最悪な人生のためのガイドブック:一般販売を含むブックマーク

 各種先行で外れてしまった東京楽日をねらったのですが、さっくり全滅です。楽天、e+、パルコチケットレス、ぴあ、全部だめでした。e+なんて、入ることすらできません。最初、楽天とe+を同時に攻め、楽天にはすぐに繋がったのでドキドキ待ってたら、在庫確認であっさりアウト、その後、パルコチケットレスに飛んだらすでに完売、ぴあも同じです。5分ちょっとで勝負付いたんじゃないでしょうか。だって楽天の手続き終了したのが6分くらいだったし…。反省は、最初からパルコチケットレスにすればよかったかもってこと。だって手続き、一番スピーディーに進んだ…。

 さて、どうしましょう。取れないとなると欲しくなるけど、どうも望みは薄そうだし…。

『Cut』2005, 4(NO.178)テキスト=宮嵜広司*1、撮影=須藤秀之

| 『Cut』2005, 4(NO.178)テキスト=宮嵜広司*1、撮影=須藤秀之を含むブックマーク

 お蔵入りにならなくって良かったです!!*2

 とてもいい記事です。読みながらの手応えもずっしり、読み終わると「満ち足りた気持ち」になります。また、写真がテキストにとってもよくマッチしてるんです。夕暮れの光を浴びて、一つは、殆ど影もなく切り取られる正面像、もう一つは、右に光を浴びつつ左が影に浸食されるちょっと傾いだ半身像。どちらもまさに「向こう側に豊かな物語をしっかりと感じさせてくれる」(p.80)というテキストさながらのショットです。白いカッターシャツをズボンの中に行儀よく入れて、ボタンは一番上まできっちり止めて。いやあ、素晴らしいです。

 達平すらまだ経験していない、ましてやエドガーなんて…という時の涼やかな瞳に不思議な感慨を覚えつつも、記事本文は、エドガーで受けた衝撃を解き明かしてくれるかのような洞察力に溢れているもんだから、ええ、これはこれでとってもタイムリーな記事と言えるかも☆なんて思いました。

 まず、「持てるポテンシャルの絶対量において、圧倒的な存在だと断言できる俳優」なんて言葉から始まる勢いにドキっとします。わわわ、やっぱりそうなの、そうだよねえ、なんて開始早々おろおろ(笑)。でも、すぐ後に説得力ある叙述が置かれているから、いきなり私は真顔に戻っちゃいました。

 『世界の中心〜』の空港場面に触れながら(作品名は出さず)、「ある意味ピュアネスの究極と言える局面を、絵空事ではなく血肉化された何かとして成立させてしまう」ですって。なるほどなあ…。「ピュアネスの究極」というのは、理想であったり仮想であったり、万人への担保として猶予されるという意味では、ファンタジーであることも許容範囲ですよね*3。ところが、未來くんのあのスライディングと「もう帰ろっか」という悲しい微笑み、押し殺したようなつぶやきと抑えようもなく放たれた叫びには、その世界の入り口にこっち側にいる生身の人間が引きずり込まれる、ファンタジーと現実との間の境界を一気に越えさせられてしまう、そんなうねりがありました。それを「血肉化された何か」というわけですね。うん、観客も血肉化されました。おとなしく見ていられない。あの瞬間、観察者の観客も当事者になっちゃってたもんなあ。

 さらに筆者はもう一歩分析を進めます。ダンスに触れて「肉体を感じさせる俳優であること」という点を指摘…。

 ええ、「肉体」です、「身体」というようなニュートラルなもんじゃないですねえ。エドガー見た後では、それ、とっても納得です…ほんと納得です。この人に、エドガーも語ってほしいなあ…なんて読みながらじりじりしたり(笑)。でも秀逸だと思ったのは、「肉体」というキーワードからさらに彼の「知性」を導き出す筆法です。「長く自らの肉体と会話を繰り返して来た彼が、感情の沸点を表現しているときでさえ、どこか理知的な、すぐれた知性を感じさせてくれる理由もやはり…」(以上、引用はすべてp.80)というあたりです。私は、肉体表現や形象表現を究極まで突き詰めて行くと、精神や知性がポンと裏返るように顕在化する臨界点があって、未來くんは、その臨界点まで走り続け、それをフワッと飛び越えられる人なのかも、と考えていました。これはこれで自分では納得してるんです。が、「知性」については、その肉体表現で観客を波にさらっておきながら、自分はそれを冷静に見る視線をもっている*4という指摘に一理あるなと納得。で、それを「会話」だというわけね。ふむふむ。

 その後は、『スクールデイズ』の中身に触れつつ「自然体で求心力を発揮していく」と続きます。守屋監督の「泣くシーンだと彼はリハから泣いてるんで、周りも本気でやらなきゃみたいな」という言葉も引用されます(ともにp.81)…。これも『Bat Boy』のエドガーや、『情熱大陸』であぶり出された未來くんそのものですよねえ。主役ということに全く気負いがないということも含めて、どんな役柄を前にしても揺らがない未來くんのスタンスに、改めて感服したりしました…。『スクールデイズ』、今まで以上に楽しみだぞ!☆ でも、冬ですか…、秋からまた伸びちゃったもんねえ。随分さきだよう(涙)。


 それにしても、こういう風に緻密に語られる文章を目にすると、森山未來という人物そのものが、議論や評論の対象として、将来、立ち現れてしまうのではないかという気にすらなってしまいます。確かに、もう少し感情的に距離が有ったら、私も書きたくなるかもしれないな(笑)、心もってかれてるから書けないけど(絶対無理)。…といいつつ、この筆者さんもかなり惚れておられる感じでは有りますね。それがまた嬉しい(笑)。


【付記】さっき気づきました。このテキストを書かれた宮嵜広司氏、な、なんと『Cut』の編集長殿なのですね!ひゃー、たいへん失礼いたしました!!偉そうにいろいろ書いちゃった。冷や汗です…。

 

*1:『Cut』編集長なんですって!

*2:文中に、ジーノと思われるCMに言及しておられるので、たぶん最近加筆された部分も含むかもしれませんね

*3:未來くん自身もファンタジーとかメルヘンって称してたもんなあ…そのくせ演るとあんななんだもん、ずるいよ笑

*4:そういうことを言おうとしておられるんだろう、と勝手に解釈。

tomkotomko 2005/03/20 01:50 mmoohさんのCut記事に対する論評に白旗。すっごいなあ!さすがだなぁ。このライターさんは未來ファンですね。こちら側です。絶対に!(きっぱり)あ、知性うんぬんのところ私もぐっと引き込まれました。なかなかの洞察眼をお持ちの方ですよね!ほんとにエドガーについても書いて欲しいです。
出張いってらっしゃいませー。で、東京にはいつ頃?(笑)

mmoohmmooh 2005/03/20 02:10 わっ。tomkoさん、まだ起きてたんですか〜(笑)。Cutの記事よかったですね。時機を逸してはいまいかなんて心配しましたが、なんのなんの、エドガー後の未來くんにもぴたりと符合するってことは、確かに本質を突いておられるってことですもんね。絶対惚れておられます!うん、そうじゃなきゃここまで深く理解はできまい(笑)。
あ、出張行ってきます。寒いかなあ。東京は4月に行くかも。なんか結樺兄弟のライブに行きたくなって来ちゃって…(笑)。

aimee_baimee_b 2005/03/20 12:09 初めまして、未來くんの情報というか舞台リポート(?)読ませていただきました。感激です!二回半しか行けなかったバットボーイですが、行けなかった分をmmoohさんの文章ですっかり埋め尽くさせていただいた感じです。そして、「CUT」も購入しました。情報ありがとうございます。これからも遊びに来ます。はてなダイアリーにも登録しちゃいました(^^;)

xxkyrixxxxkyrixx 2005/03/20 20:25 わー。CUTの記事に対する分析というか、mmoohさんの文章を読んでこう、ぐちゃぐちゃに積み上がっていたブロックがぴたりと収まった感じがしました。スッキリ! 小さい頃から、自分の身体と対話を重ねて、内なる自分とたくさん会話して、培ってきた「何か」が今の未來くんの持つ「何故か、どこか知的」な雰囲気や空気を作り出しているのかな、なんてぼんやりと思いました。あっスッキリしてなさそうじゃん!
出張お気を付けて行ってらっしゃいませ〜☆ 東京いらっしゃるんですか!? 関東未來会やらなくちゃ!(笑)

xxkyrixxxxkyrixx 2005/03/20 20:30 連投すみません! もうご存じかもしれませんが、K.D earthの曲が試聴できるところがあるんですね〜。すごい…イイかもしれない…ライブちょっと興味出てきてしまいました(笑)。
http://www.ismusic.ne.jp/kdearth/kumatarorecords/

Blue.Blue. 2005/03/21 18:33 たった今、旅先より帰宅してパソ立ち上げてまず訪れる場所はmmoohさんのペ〜ジっ。だって未來さんの公式ペ〜ジより未來さんの情報等の詳細が綿密かつ豊富なんですものぉ〜(笑)出張体調など崩さないよぉ気をつけて行ってらっしゃいませっ。mmoohさんのお帰りを首を長ぁ〜くしてお待ちしておりますっ☆

yunyamyunyam 2005/03/21 21:20 こんばんは、出張中だそうで・・・
わ☆4月に東京ですか!?同じく関東未來会参加希望で!
CUTに関する分析、一言一句に納得です。身体じゃなくて肉体、まさに!

mmoohmmooh 2005/03/22 01:49 ◆aimee_bさま>こんばんは。初めまして。好き放題の文を書き散らしてて恐縮です。エドガー熱に浮かされていたところへ、とても静かな未來くんのいる『Cut』の記事、すてきでした。どうぞまた遊びにきてくださいね!aimee_bさんもダイアリーを書いておられるのですか?わー!またお邪魔させていただきます。
◆桐さん>宮嵜さんという方、なんと編集長みたいですよ!冷や汗が出ます〜、偉そうなこといっぱい書いちゃった!骨のある記事で読み応えがあったし、文章の展開にいちいち納得したもんだから思わず書き散らしてしまいました…(汗)。
出張から12時前に帰って来ました。ほんとは明日の朝戻る予定だったんだけど、仕事が早く切り上がって、最終の新幹線に間に合っちゃいました。わっ!素敵情報、ありがとです。早速聞きました。K.D earth、とっても暖かい歌声ですねえ(うっとり)。チルチルとはかなり雰囲気がちがって新鮮な驚きも!俄然、興味がわいて来ました〜。桐さん、行きませんか?(笑)
◆Blueさん>こんばんは。Blueさんも旅帰りですか?お疲れさまです。いやいや、この日記、情報はほんっと誰もが知っていることしか書いていませんよ。むしろ皆さんに教えてもらってばかり。文字数が多いだけで中身はとんと…(汗)。でも、そう言っていただけると嬉しいです。どうもありがとうございます☆☆
◆yunyamさん>帰って来ました〜。ええ、4月に行きたいんですけどねえ。のぞみが増発されて、行きやすくなりました。もし行けるようなら、是非お会いしたいですね!いや、私は反応してただけで、Cutの記事がすごかったんです。嬉しい記事でしたね!!

Connection: close