Hatena::ブログ(Diary)

狼藉の日々 このページをアンテナに追加

2008-09-29

f:id:mmooh:20080930003726j:image:left



 一仕事終わった。ことにしよう。

 岡山から到来の、葡萄2種類と冷えた白ワイン。

 一つは皮ごと食べられて歯触りサクサク。

 へー、これ葡萄?おいしいじゃなーい!

 ここ数日のあれこれをまとめて。酔っぱらって寝ちゃうまで。

『アヒルと鴨のコインロッカー』@WOWOW

| 02:07 | 『アヒルと鴨のコインロッカー』@WOWOWを含むブックマーク

 そっかあ、これだったのね、謎のブータン人。そういうことかあ…。

 濱田岳くんとの存在感のコントラストがとても良い。いい役者さんだなあ、濱田くん。彼の台詞の幾つかに、強烈に泣かされました。「字、×××××××」*1や、「神様を××××××」や……(涙)。瑛太くん、後ろ姿が印象的です。長い手を殆ど振らずにスタスタ歩く。冒頭の姿*2と次の登場シーンとのギャップにドキッとして、口元の笑みと笑わない瞳のギャップにドキッとして…。

 

 すべては運命のスパイラルの中、人間も時間も渦を巻いている。ディランを携えて新たにその渦に飛び込んだ濱田くん。次の語り部になる運命からかろうじてはじき出されたのだろうか、それとも…。そこにあるのは、アヒルと鴨の違いが示唆するホンの小さな裂け目。でもそれは小さいけれど裂け目なんだよなあ。それが強烈に印象づけられるのは、これはひとえに演出とキャスティングなんでしょう。

 でも、きっと帰る、と言った濱田くんのことばが気になります。彼はその場所に突き刺さったスパイラルを、巻き上げるのかそれともゆるめるのか…。

 原作、読んでみたくなりました。

劇団ひまわり『オズの魔法使い』@9/27新神戸オリエンタル劇場

| 02:07 | 劇団ひまわり『オズの魔法使い』@9/27新神戸オリエンタル劇場を含むブックマーク

 去年、わんだーの会場だった新神戸。一昨年の虹の舞台でもあるけれど。なんだかとても久しぶりの気がする。

 劇場内に入って、あれ〜!こんなに小さな劇場だったんだ…!と一瞬呆然としてしまいました。去年のあの夏の日々、ものすごい熱気と想いとパワーでこの会場に渦を作りながら、新しい旅立ちを赤裸々に踊って見せた、あの彼の姿はもちろんどこにもなくて。地にめり込み、空に躍り上がるような彼の想いに震動していたあの劇場は、初秋の風の中、日常の穏やかな姿を取り戻しているかのようでした。

 さて、27日、その懐かしい劇場にワクワクしながら駆け込んだのは、戦争わんだーの最年少ダンサー、とっても魅力的な踊りを披露してくれていた中西かりんちゃんがこの劇団ひまわりのミュージカルに、客演で出演されるからなのです。一年ぶりにかりんちゃんのダンスが見られる!初めての歌も聴くことができる!かりんちゃんの役は、トト。ドロシーと一緒にオズの国を旅する犬のぬいぐるみです。

 いやあ、驚きました。

 かりんちゃんったら、歌がうまい!!いや、うまいってだけで語り尽くせないなあ。歌声に心がある。台詞がハッキリとこちらの心に届く。狂言回しでもありほとんど主役の働きです。

 声だけじゃなく、表情も、神経の行き届いた身体の動きも、それら全部を伴って歌声が届くんですよ。そこらへん、他の役者さん達となんというか、うん、全然違ってた…です(驚)。

 トトがはしゃいでたり、拗ねてたり、意地悪な気持ちになったり。寂しかったり勇気を振り絞ったり、ドロシーが好き!って心から気づいたり、そして、悲しくても幸せだったり…。そんな気持ちが客席にまでまっすぐに伝わるんですよ…(涙)。昼と夜、2回見たのですが、その2回とも、ラストのトトの独唱では、私だけじゃなく周りの客席みんなボロボロ号泣。 客席には子供の観客もたくさんいたんだけれど、最後、銀の靴を鳴らしてドロシーとトトがカンザスに戻るシーン。家に着いたときに舞台で倒れていたのがドロシーだけなのを見て、「トトは?トトは?」と心配そうな可愛い声が各所で聞こえました。そして、舞台袖から現れたかりんちゃんが、最後の歌を歌い出すと……、もうみんな涙が止まらない(涙)。かりんちゃんの目も潤んでるように見える。柔らかででも力のあるとても良く通る声なんです。心地よい声。嬉しそうに幸せそうに、でも寂しげに涙を湛えてしっかり響く歌声でねえ…(号泣)。

 歌だけじゃなく、台詞の一つ一つも繊細な心の動きを伝えています。戦争わんだーでは一切口を開かなかった彼女だけれど、こんなに素晴らしい役者さんだったんだ〜って、改めて思い知りました。このまま大きな舞台にだって立てるよ、かりんちゃん!!

 残念ながら、ダンスはそんなに多くはありませんでした。というか、トトとして踊るシーンは殆どありませんでした(苦笑)。でも、ちょっとした振付や腰を下ろす動作、その端々に、やはりその長い手足は美しく伸びやかで、ともかくかりんちゃんが舞台にいると、どうしても目が彼女を追ってしまうのよね。


 そう、他の小さな可愛い役者さん達もかわいらしかったです。中でも、カリダスや飛び猿を演じた西尾くんが、とっても元気が良くて動きも大きく、声にも張りがあって断然目を引きました♪ 目もちょいと細くてね〜、ふふ、誰かさんみたいでしたよ(笑)。それと、オズ大王の真理ちゃん、いやあ可愛いし歌も良いし、ちっちゃいけれどパワフル。このキャスティングは絶妙だったなあ。

 もっとも、少々歌がおぼつかなかったり台詞が不明瞭だったりする人も混じりはしましたが(苦笑)、ともかくトトのステキな歌声と演技でフィナーレを迎えるエンディング、は感動の涙でいっぱいでした! ぬいぐるみを抱きしめるドロシーを、離れた場所からにっこりほほえみつつ振り返るトト…。そのおぼつかない立ち姿も、トトの想いを余すことなく伝えてた。優しい歌声を耳で聞き、その涙と笑顔を目にしていると、こちらもただただ涙ばかりでねえ。

 1幕2幕を通して、3時間弱の舞台だったけれど、驚くほどあっという間に時間が過ぎました。不思議、ほんとに不思議。何度も時計を見直したもの(笑)。マチネが終わって時計を見て、4時だと思ったら5時で、魔法にかかったかと思ったわ〜。これも、トトとドロシーが落ち込んだ時間軸の魔法のせいなのかも♪

 心が洗われた気分です。すてきな舞台、どうもありがとうございました!

*1:わざとらしい伏せ字ですみません(苦笑)

*2:あれ、演出的には伏せられてたのかな。私はすぐわかったけれど…

yukariyukari 2008/09/30 04:25 mmoohさん♪そちらは紅葉が今年は早そうですね、ふらりと出掛けてしまいそうです...

かりんちゃん、私もファンです☆
きっといっぱいいっぱいになられる事もあろうに、たっぷりと余裕の豊かさを感じさせる稀有と言っていい方ですよね〜
私も観たいなぁと思って調べたら、神戸だけなのですね!残念! 年相応の役では無く、成熟した役も観てみたい。

xxkyrixxxxkyrixx 2008/09/30 19:59 ついにカワサキを知って頂けた〜! あの瑛太は私内瑛太トップ3に入る瑛太なのです…大好き…。濱田くんがまたね、スゴイですよね彼。「そこって、○い□なんだろうね」って台詞を、目ぇうるうるさせてちょっと震えながら云うの、原作の椎名にはない演出(演出というか濱田君が「どうしてもそうなっちゃう」って監督に云った)なのだそうです。
で、かりんちゃん! 舞台出てるんだ! いいなー見たいなー!! あんだけ踊れて、スタイル良くて可愛くて足が長くて、しかも歌が上手いなんてもう向かう所敵無しじゃないですか! そっか、舞台上で声出したの、千秋楽の涙コメントだけだったんだっけ…いつか歌って踊る舞台の彼女を見てみたいです。…見られるよねきっと!

norinori 2008/09/30 22:42 本当に神戸まで出かけて行きたいっ!(泣) mmoohさんのレポでかりんちゃんの伸びやかな舞台での様子が目に浮かんできてそれで救われました。
東京でまた一際輝くかりんちゃんを舞台で観れる日もそんなに遠くはない気がしてワクワクしちゃいます♪

mmoohmmooh 2008/09/30 22:58 yukariさん>こんばんは!ね、わんだーを見たら、かりんちゃんのファンになっちゃいますよね〜。あれから1年、確実にステキに大きくなっておられましたよ!
そうなんです。公演、神戸だけで日数も少なく…残念でした〜。そうですね♪次は、ステキな女性を演じるかりんちゃんが見てみたい。演技の幅、絶対広い!それは確信しましたです♪

桐ちゃん>カワサキ。そうだったんですね〜。いやあ、途中から前のめりで見てしまいました。後半のテンポと緊張感がすごかった。濱田君、私、まともにお芝居を見たの、初めてなんだけれどとても良かったです!なんというか、わき出るような表現をする人ですね!「どうしてもそうなっちゃう」かあ…わかる気がする。
で、瑛太。私、彼の後ろ姿が好きなんだ!って今回痛感した。こちらが伸ばした手の、ほんの少し先でスルッと逃げるような後ろ姿、いいね!で、ちなみに、トップ3の後2つは??(笑)
かりんちゃんの歌、聞いて欲しいなあ〜。もっとたくさんの人に聞いて欲しい。すごいのよ、静かなのにぐんぐん響く歌声で…。うん。歌って踊って芝居するかりんちゃん、近い将来にきっと!!

noriさん>そうなんです。神戸だけの公演だったから…もっとたくさんの人に観てもらえるといいなあ。去年のわんだーの通り、伸び伸びと心のままに歌って演じてはりました。歌も台詞もバッチリ!客席の心、わしづかみでした。
はい。はい。また1人、楽しみな若い役者さんが増えちゃいました♪

tomkotomko 2008/09/30 23:45 かりんちゃんの舞台観たかったです〜。でも、mmoohさんのレポで脳内補完できました。溌剌と歌って踊る姿が目に浮かんだ!いつか、こっちでも観られるようになるよね?それまで東京のおばちゃん、てぐすね引いて待ってます!(笑)

mmoohmmooh 2008/10/01 02:16 tomkoさん>溌剌と伸び伸びと歌って踊って、舞台を駆け回ってましたよ!彼女も一挙手一投足がきれいな人なんだなあ、とつくづく思った。うん、私もすっかり親戚のおばちゃん気分(笑)。東京のおばちゃん(複数いそうだ!笑)の前でもきっとステキな声を届けに行ってくれると思うよ〜〜。手ぐすねしっかり引いててね♪

るんるん 2008/10/01 06:08 お邪魔します!
よかったですねぇー「オズの魔法使い」
舞台を見終えてロビーへでてしまってもあれだけ涙がとまらないのは初めてでした。
いろんな思いがこみ上げてきてしまって…
かりんちゃんの歌声ホントに優しくてドロシーを大切に思う気持ちが表現されててきゅんとしました。
ダンスはもちろんのこと表情が豊かで細やかで油断するポイントがありませんでしたね!
二日目のダンスのみの出演。一幕のラストに登場☆
こちらもただ踊るでわなく、心の中から歌の歌詞を思いながら踊るかんじで、うっとりしてしまいました。
飛び猿シーンもかっこよかった!足は長い、手も長い!そんでもって切れがよい!
もっともっと歌って踊ってほしかったなぁ〜
今後のかりんちゃんが気になりますね!
るんは個人的に西尾君もなんだかすみにおけませんが…
そーっと見守りつつ、かりんちゃんや未来のすたぁの成長を楽しみにしてます♪

gemigemi 2008/10/01 10:25 mmoohさん、こんにちわ!ホントに「オズの魔法使い」良かったですね〜!
かりんちゃんのトトは可愛くて切なくて…トトの一喜一憂な気持ちが真直ぐに伝わってきて私ももう涙が止まりませんでした・・・
初めて耳にした綺麗な歌声や「わんだー」を思い出させる伸びやかな動き・・・本当に素晴らしい役者さんですね☆
ますますこれからの彼女が楽しみです。私も夢に向かって頑張って〜と応援してます♪

mmoohmmooh 2008/10/02 01:27 るんちゃん>ねーホントに可愛く切ないトトでした〜。そうだそうだ、かりんちゃんダンスは、二日目の別チームの時にたっぷりあったんだよね〜。それ、書き忘れた、上に書いておこう(観られなかったけれど…残念)。るんちゃんも、西尾君隅に置けませんか?(笑)
若いみんな、未来のすたぁさんの成長、楽しみですね!

gemiさん>きれいな歌声でしたね! 伸びやかで美しく感情豊かな身体全体の動きはもちろん、あの声と歌には、本当に心を鷲づかみにされました。プロのお芝居でした。大きな夢に向かって伸び伸び進んで欲しいですね。

2008-09-26

 彼岸花ってすごいなあ。

 どうしてこんなに不順な天候の夏だったにもかかわらず、ちゃんとお彼岸に華を咲かせるのかなあ。

 日照時間?でも、葉っぱも外にろくに出ていなさそうなのに、どこでそれを感じるんだろう。

 でも、今年も見事にお彼岸に赤い花が道ばたにいっぱい咲きました。どうぞこれ以上の天変地異がありませんように。

『被取締役新入社員』到着!

| 23:29 | 『被取締役新入社員』到着!を含むブックマーク

 昨日届いていたのですが見る時間が無く、先ほど確認!まずは特典映像……といってもクランプアップ集を中心に。

 陣内さんに花束を渡す未來さん♪ はけ口くんの黒のショルダーバック(紫じゃない方)をぶら下げたままです。スタンバイ中だったのかしら?たぶん、退社が決まり、ボールペン一本入った段ボールを抱えて第二制作部を去る…その場面の撮影が後に控えてたんじゃないかしら。あの時の出で立ちですよね。

 引き続いて、宇津井さんと一緒にクランクアップ。ね、「ぼくは君という人間に興味が湧いてきたぞ」の会長です。そっか、危険なアネキの、勇太郎はお父さんとは全然絡みがなかったものね〜。初めての共演、みたいなものですね。

 私、ほんとハケグチくん好きですわ〜。

 クランクアップの時も、未來さん、完全にはけ口モードで、ずっと伏し目がちで、瞳に紗がかかったようなぼんやりまなこなんだけれど、それでもかわいい。私、おどおどした気の弱そうな男の子が、そもそも好きなのかも知れない(笑)。かわゆらしいですよ、ほんと。

 ほんの1〜2ヶ月前に撮影していた『刑事の現場』、そこでの啓吾は、常に目がキラキラと輝き、強い瞳に思いのすべてが去来する、そんな強い目力の青年だったのになあ。ほんとにこんなに別人のようになるんだもんなあ。すごいや(感嘆)。

 

 TBSでは2回目だ、と言う未來さん。1回目が健太と吾一だものね〜。これもまた両極端の人格。たった2回かも知れないけれど、ほんとに振り幅の大きな役を与えてくれて、強い信頼で任せきってくれるんだもんなあ。Mirai with TBSは、とっても相性がいいのかもしれないなあ。

 大変な役、見応えの有るキャラクター、ほんとうにお疲れ様でした!素晴らしかった!!

 何度見ても、ハケグチくんの身体表現は口あんぐりで感嘆します。チャップリンのようですよ、うん。←こればっか言ってる(苦笑)。

雑誌情報。

| 23:29 | 雑誌情報。を含むブックマーク

 これまた昨日のアップ情報。

 一気にたくさんの雑誌。Junonはほんとにお久しぶりだよね〜。最後に未來さんがらみで買ったのは、確かエドガーレポが載った時じゃなかったかなあ…。

 ……調べてみました(笑)。2005年5月号、うん、確かにそうでした。→春 未だ來… - 狼藉の日々

 同じ日の日記に、例の日本酒「未来」の話を書いてますね〜。これも懐かしいな(笑)。

 

 うん、温故知新、温故知新♪ 

erie_097erie_097 2008/09/26 23:47 彼岸花、関東の田舎でも咲いております。今日は風が強く、大丈夫かな?と思っていましたが、揺れる姿に哀愁を感じました。本当に、何事もない普通が一番幸せなんだと感じます。Junon、そんなに前になるんですか・・・・日本酒「未来」、以前旅行?出張?をされた時に購入されたとかで、水色の瓶?(すみません、あやふやで)に入った物を飲ませて頂いた記憶があるのですが・・・あれは確かmmoohさんが振舞ってくださいましたよね?間違ってたらすみません(汗)

mmoohmmooh 2008/09/29 18:22 えりちゃん、お返事遅くなってすみません!お彼岸と思っているうちにスッカリ秋になりました。こんな風に季節の移ろいを感じられるのも幸せなことですね。
はい、水色の瓶の未來2号飲みましたね!あれは三年前の生誕祭だったと思います。早いねえ時間が経つのって!

2008-09-24

 夢に、未來さんと古田さんとタモさんが出てきましたよ。さっきふとそれを思い出した。

| 00:36 | 夢を含むブックマーク

 あほみたいにしょうもないので、畳みます。

 漱石ユメ占いのネタのもならないなあ。


続きを読む

『おくりびと』

| 00:36 | 『おくりびと』を含むブックマーク

 このあいだ、tomkoさんの日記で読んで無性に見たくなり行ってきたこの映画。

 いやああ〜。号泣。 

 泣けて泣けて泣けて。人の生が、生き様が、置いてきた人生が、生きてる間は取り戻せなかった輝きが、納棺師の手によって、徐々に徐々に、その人の元に戻っていく。いや、死者のもとにだけではなく、それを見守る遺族の元に戻ってくる…。納棺師の儀式を見守る内に、人々の表情が刻一刻と変わっていく。それを魔法のように鮮やかに、カメラは切り取っていきます。

 モックン。驚いた。なんて美しい凛とした所作をする人なんだろう。

 一連の、まるでお茶のお作法のような動作もさることながら、チェロ奏者としての指さばき、本当に弾いているの?!と思うような自然さとダイナミズムがありました。その端麗な所作を目の当たりにしている内に、様々な思いがこみ上げて揺さぶられ、一つの死の現場がふと気づくと普遍的な姿に変わっている…。様式美というのは、そのような普遍的力、魂の奥を揺さぶる力に通じるのね…。うん、五右衛門の大見得でもそれは思ったんでした。そう、様式美は、表面的な美じゃなく、受け継がれる美、魂の美、眠れる美……なんだなあ。

 

 それらの美と思いを、納得の美しさで再現したモックン、ほんとに見事でした。彼も、身体で美を表現することが身についている人、なんですね…。山崎努さんが、役中の大悟に向かって言う「これはお前の天職だ」という言葉。身体を使って表現するという点で、大悟とモックンが重なった一瞬でした。

 

 なんでも未來さんに結びつけるのはホントにどうかしてるのですが(苦笑)、この美しい一連の動作を、未來さんならどんな風に表現しただろう…なんてついつい思ったり。目をつぶって想像すると、長いまつげの目を伏せ淡々と舞うように儀式を執り行う彼の姿が見えるようです。彼は表情も豊かだから、様々な内心の紆余曲折を、手に取るように表現してくれただろうな…。もちろん、この役には彼は若いんだけれど…。

 こんな美しい動作の数々を見せられると、ついつい思ってしまうんですよね(苦笑)。病膏肓に入れりってとこですね…。

 

 舞台となった、山形庄内の景色は息をのむほど美しかったです。しんと頭が冷えるような、そんな静謐な空気が流れていました。

 行ってみたいな。東北。

tomkotomko 2008/09/25 00:50 うん、ほんとに静謐な空気が漂う映画でした。庄内はこれから一番美しい季節になります。ぜひ、行ってみて欲しいな。あの美しい鳥海山を生で見て欲しい。
モックンの役柄を未來さんで…。うん、私もちょっとだけよぎった(笑)。

mmoohmmooh 2008/09/25 02:09 tomkoさん>土手の上でチェロを弾くもっくん、あの背景に見えた山が鳥海山ですよね〜。鮭の上る川も美しかった。東北方面は殆ど行ってないのよね…。行きたいなあ。いつか絶対に行きたいです。
ね、考えるよね(苦笑)。この凛とした動作を彼の所作で見てみたいって。お互い重病ですね〜(笑)。

2008-09-23

 ぽかんと数日、仕事のない日ができてしまって妙に手持ちぶさた。こんな時には、特に見たい芝居もなくって。映画に行こうかなあと思っても、明日がレディスデイだしなあ、と変にけちんぼ精神が働いて二の足。

 でも、明日は「おくりびと」、行ってきます! 今日は…。取りあえず読みかけの本を読了…と。

24日&25日の録画予定

| 01:44 | 24日&25日の録画予定を含むブックマーク

 公開された時に見逃してしまった映画が二本、明日24日と明後日25日、二日続けてWOWOWで放映されるので録画準備。

 『アヒルと鴨のコインロッカー』

 『ユメ十夜』

 アヒ鴨は、もちろん『フィッシュストーリー』の監督さん。桐ちゃん大絶賛だった本作は、全然見に行く時間が無く涙を呑みました。『ユメ十夜』は、さまざまな監督さんがメガホンを取るオムニバス。山コーさんが夏目漱石に扮し、松尾スズキさんやサダヲさんも出演されるし、これも見たかったのに気づいたら終わっていて…。あ、ピエール瀧さんも出てはるんや!

 WOWOW、ありがたいな。受信料高いけれど(苦笑)。

【追記】

 『ユメ十夜』の公式HPには「漱石ユメ占い」というコンテンツがあって、占い結果からお勧めセクションを選んでくれるのですが、それが第六夜、松尾スズキ監督阿部サダヲ主演の回でした…(笑)。楽しみなような、怖いような(苦笑)。どうしてこの回が…??(苦笑)

 

山脇悌二郎『抜け荷ー鎖国時代の密貿易』(日経新書)

| 01:09 | 山脇悌二郎『抜け荷ー鎖国時代の密貿易』(日経新書)を含むブックマーク

 古本で買ったまま置いてあったのを読み出したら、なかなかおもしろくて一気に。

 「抜け荷」というのは、外国との、正規の貿易以外の商取引ー密貿易を指すのですが、16世紀以降の九州近海で活発な行われたその実情を、豊富な文献資料を基に活写したのが本書です。それに関わった長崎の地役人(通事・通詞も含め)や時に長崎奉行、また取り締まろうと幕府から遣わされた隠密達の行動も、『犯科帖』やら『風説書』などの史料を縦横に用いつつ語られるので、たいへんにおもしろい。

 へ〜、間宮林蔵は、長崎でも隠密やってたのね〜。おやおや、『篤姫』で服毒自殺を遂げた調所広郷(@草刈さん)って、薩摩藩が藩ぐるみで行っていた抜け荷工作の張本人なの?!日本史に詳しくない私でも知ってるビッグネームが、「本役」ではないもう一つの姿で時空を縦横に活躍する姿、なかなかドラマチックです。

 著者山脇悌二郎は、さすが近世対外交易史の専門家、文献資料の確かな運用が下敷きにあるから大変説得力があるんだけれど、今回は学術書とはひと味違う「新書」。そこで彼が繰り出す筆致は、幕府のご公儀にたてつく不届き千万な悪党ども!といった講談語りめいた味わいがあって、ちょっと新鮮でした。にっくき悪党!と言いつつ、けっこうその策謀の数々をおもしろがっていそうなところや、磔獄門といった極刑に問われたのは常に位の低い役人と庶民だけ、本当の大悪党はお咎め無しという史実を、淡々とあぶり出す迫力も備えていて、最近のサラリとした筆遣いの新書とはひと味違いますね。1965年だもんね…。

 こういうネタで、中島さん、また脚本を書いてくださらないかしら。いや、『SHIROH』でも少し扱われてはいたけれど。江戸の絵草紙屋が隠密やってたけれど。

 『風説書』や『華夷変態』なんかをネタに、長崎か薩摩を舞台にした大がかりな密貿易物語。もちろん海賊の五右衛門一派も活躍させてください。時代が少し後になるけれど、そこらへんはまあファンタジーですから!東インド会社の極東総裁や、オランダ商館長も登場できますよ〜。カルマ王子は、ヴァタビアのお姫様と恋に落ちたりしてもらっても良いんじゃないかと思います。って、話が抜け荷じゃなくなってきてる(苦笑)。

 ともかく、おもしろかったです。

 でも、磔は残酷な刑ですねえ…。釜ゆでの方がまだましだわ…いや釜ゆでも普通は助かりませんが。

xxkyrixxxxkyrixx 2008/09/24 22:25 アヒ鴨、とにかく観て下さい…あんな瑛太やそんな瑛太、岳くんやディランにヤラレて下さい…WOWOWデジタルなんですよねー、DVD持ってるのに何かそわそわしちゃう(笑)。「…ディラン?」…うをおおおおん…っ!!(思い出し泣き)

mmoohmmooh 2008/09/25 00:39 桐ちゃん>さっき帰ってきて、無事、録画成功を確認しました!今日は、「おくりびと」を見て目が涙でくたくたになったので、しばらく目を保養して(ほんと泣きすぎた…)、改めて涙補給して鑑賞に臨みます!!
ふー、ちょっとドキドキ〜。

2008-09-22

 今日は、昨日の野菜たちからお茄子一個をのぞいて炒めてみました。まあ、これでも十分な量でした(苦笑)。何とか食い止めるぞカレー化への道!

『リチャード三世』先行予約案内!

| 22:11 | 『リチャード三世』先行予約案内!を含むブックマーク

 来ましたね!新感線クラブでの『リチャード三世』先行予約!大阪・仙台・東京、一気に予約開始です。大阪初日までは残り3ヶ月ですもんね。けっこう忙しいぞ〜。

 大阪の公演日程は、12月22日(月)〜 28日(日)。かなり『RENT』遠征の日程と重なってしまいますが…、いやいや、これは何としてでも!だって、いのうえさんが本格的にシェイクスピアを演出する、その記念の第一作ですもんね〜。見逃すわけにはいくまいて!

『KANSAI★一週間』

| 22:11 | 『KANSAI★一週間』を含むブックマーク

 本屋さんで立ち読み。

 東京版とたぶん一緒ですね。DVD発売情報ページの下4分の1〜5分の1の細長いスペースで、原作者と並んでの、例の第二回応募説明会での小さな写真。インタビューもこれまでのダイジェストという感じです。そのまま静かにラックに置いてまいりました…(苦笑)。

冠RADIO・PODCAST

| 22:11 | 冠RADIO・PODCASTを含むブックマーク

 複数、冠RADIO、PODCASTのページがありますが(アーカイブなども)、そのどれででも「五右衛門ロック」裏話を語ってくれちゃってるのね、冠くん、GJ!

 未來さんの例の強烈ハイタッチ話、もちろんフワッとバージョンも♪ ほかにも、未來さんをいのうえさんが褒めまくりやったとか、なんか面はゆい話もいっぱいです。ともかく#41はかなりの時間を未來話に費やしてくださっていて、うん、ずっとホッペタが落ちそうになっちゃいます(笑)。

 大阪のビアガーデンでは、「もりやまみらいですか?ほんものですか?」という周りの客に「そっくりって言われるんですけど〜」って言ったら、「道理で!ちょっと違うとおもた〜」って反応やったとか(笑)!おかしすぎる〜。

 #41以外では、アーカイブの#36〜38あたりでも五右衛門裏話が満載。そっか〜〜。オープニングのジューダスがかかっているとき、緞帳の向こうでは全員で古田さんを囲ってジューダス大合唱だったのね(感動)!!で、その後に、強烈ハイタッチだったんだ…。ああ、その緞帳の奥、のぞいてみたい(笑)。いやそちらは役者の聖域ね。想像させてもらえるだけでも感謝です。そのジューダス大合唱、最初は江口さんは不参加だったのが、東京途中からがっつり毎回参加しだされて、それでみんなのテンションが一気に上がったという…うーん、なんかわかる気がするなああ〜〜。

 で、やはり北大路さんはかっこいい(笑)。冠くんの、北大路さん声態模写が、これがまた微妙に似ていて感動しつつお腹抱えて笑っちゃう。冠くん、おもしろいなあ〜〜♪しゃべりのリズムや語尾のおさめがご近所感モリモリで、それだけでも笑ってしまうのですわ(笑)。

 

 あー。それにしても、『五右衛門ロック』ほんとにすごいお祭りだったです。思い返しても圧倒されてひっくり返りそうになるわ(笑)。

 で、DVD(?)撮影日、冠くん大ホームランだったのね。ふふ。楽しみに待たせていただきます♪

2008-09-21

 晩ご飯に、お茄子1個、ピーマン2個、マイタケ半分、長ネギ1本を、厚揚げと一緒に炒めて食べました。これって1人分としては多い?多くないよね?でもお腹はいっぱい。

リチャード3世

| 22:31 | リチャード3世を含むブックマーク

 古田新太25周年のリチャード3世。パルコのページに新しいパンフ&キャスト一覧が上がってますね。もう随分からだけれど、書きそびれてたので今のうちに。

 パルコ劇場|リチャード三世

 この恐ろしい姿の人が、『劇団☆新感線 20th century Box』で、見事に凹んだお腹と、スリムな筋肉が美しくついた上半身を誇らしげにあらわにしておられた青年と同一人物とは…なかなか思えませんですぜ(苦笑)。えーっと、その「劇団☆新感線一座興業」時(92年)、そうですか27歳ですか〜古田さん……。うちらの王子より3歳年上なだけってことね…。

 いや、一座興業はさておきなんだけど…(苦笑)。でもすごいのよ、一座興業! 

 粟根さんはコリコリにやせた美少年だしじゅんさんはあどけない顔した鉄砲玉だしいのうえさんはド金髪だし、聖子さんはピチピチの私にゃかわない!状態だし…。買ったまま、流し見状態だったの、改めてじっくり見られて良かったです、はい! といっても私は半分読書に没頭してたのでした(笑)。いえ、本といっても↓ですが。

 で、『リチャード3世』です。

 演出 いのうえひでのり

 出演 古田新太

    安田成美

    榎本孝明、大森博史

    三田和代、銀粉蝶、久世星佳

    天宮 良、山本 亨

    増沢 望、西川忠志川久保拓司森本亮治

    逆木圭一郎、河野まさと、村木 仁、礒野慎吾、吉田メタル、川原正嗣、藤家 剛/

    藤木 孝(12月)、久保酎吉(1月)・若松武史

 ちゃんとしっかり劇団員が脇を固め、川原さんが出るってことはしっかり殺陣も有るんだろうな〜。

 あと、気になるのはヨーク公夫人役の三田和代さん♪ 近いところでは(いろんな意味で)「刑事の現場」第2話、殺されたタクシードライバーの母役で見せられた迫力、忘れられません。

 これは何としてもチケット確保せねば!

『20世紀少年』コミック読破。

| 22:31 | 『20世紀少年』コミック読破。を含むブックマーク

 いやあ、こんなに泣かされるとは。心の準備してなかったですよ〜(苦笑)。ええ、そりゃ突っ込みどころもありますし、無理矢理感もありますが、それを差し引いても、こんだけ泣かされるってことは、共通軸が複数張り巡らされてるってことなんでしょう。作品の力、感じました。ファンが多いのも頷ける。

 変人の多いうちの職場だけれど、同世代や少し上の世代の男にも、かなりの量の原作ファンが潜伏してるのも最近知りました…。ふーん、あんたたち、意外とまともなんやん!!と少し見直したり♪

 さて、もう一度読み直してみようかな(笑)。

mnm1024mnm1024 2008/09/22 00:23 読書完走(笑)お疲れさまでしたぁ〜もう読み出したら止まらないでしょ?もう最後まで行くしかなくなる
しかも泣けますよね?色んな箇所で・・・mmoohさんの泣き所がどこかまたじっくりお聞きしたいです!!ちなみに私はあそこなんですよね〜

xxkyrixxxxkyrixx 2008/09/22 00:41 わぁースリムな古田さん! コリコリに痩せた美少年の粟根さん…!! すごい、想像もつかない〜(笑)役者いのうえさんも見てみたいなぁ!

mmoohmmooh 2008/09/22 01:52 mnmさん>はい。完走しました!土曜日の午前中には読み終わっちゃいました、止まりません(笑)。
後半、ずっと泣いてました。毎巻泣いてました。泣き所、多すぎて挙げられないかもです〜。どうかしてます(苦笑)。

桐ちゃん>「BONUS2」のディスクが、ともかくお宝満載なのよ! しょっぱなのスサノオで、役者いのうえさんは確認できるし、謎の長さの「西遊記」予告編では、91年なのに、なぜかポッチャリ美人の古田さん@釈迦がむちゃくちゃ怪しい(笑)。翌年92年の「一座興業」では、ほんとにスリムなのよ!古田さん。楽屋の着替えシーンで腰抜かします♪
コリコリ美少年の粟根さんとやんちゃ坊主のじゅんさんも「一座興業」だったかどうか……なんせ色々入ってる特典ディスクなので他とごっちゃになってるかも。でも間違いなく、ある時期の粟根さんならカルマ王子ができたかも!!!メガネのカルマ王子!! いやほんまに。
ちっちゃくってひよこみたいにキュートな右近さんは、96年のオロチロックショー・オロチGTRで見られますよ〜。
いろんな意味でシャウトしちゃう(笑)。五右衛門後に改めて見なおすと、いやあ感慨もひとしおです!

2008-09-20

 わお!

『DVD VISION』2008-10

| 02:56 | 『DVD VISION』2008-10を含むブックマーク

 61ページです。ピンポイントで開いてください!というのも、この雑誌、うっかりパラパラすると、子供に見せられないページが有りますので(苦笑)。

 

 第二回原作大賞応募説明会の時の取材なんでしょうね。衣装がその時のもの。

 髪を後ろで結わえて、キリリと目元涼しい白皙の青年で、やけにノーブルな色気が漂ってます。「採用」判子が押されてるし(笑)。

 髪を伸ばして後ろで結わえると、妙に不思議な色気が漂いますよねえ。去年までとはガラリと違うなあとつくづく思ったり…。だって、去年の夏といったら、MBSで「戦争わんだー」の告知に登場しても麦藁帽背中にしょったまま♪ で、おいしそうにご飯にがっついて、出演者の方々に笑われて。ポン菓子作りの轟音に平気の平左でアナウンサーさんに驚かれて(笑)。たった一年でこんなにねえ、男っぽくなるものなのねえ…(しみじみ)。

 インタビューは、ハケグチくん絡みでこれまでも聞いたこと有る事が多いけれど、やはり例の「自前の寝癖」はおかしいです♪ 夜寝る前にお風呂に入って乾かさずに寝る……思うに、それプラス「寝相が悪い」なんて要素も必要じゃないですかね?(笑)

 カバンについての感想なんかは初めて聞いたかな。改めて自分の映像を見てみて「ようやったな」って思った☆なんて感想は、今ならでは!ですよね(笑)。

 でも、まるで無声映画を見てるように、セリフが無くても身体表現が雄弁に心情を物語る、そんなハケグチくんの一挙手一投足、愛しすぎるくらい愛しかったです。不用意に走り出しそうになってピョコンと跳びはねて歩みを補正してみたり、高揚した気分で両手同時に前後に振って歩いてみたり、人を避けるのが不自然だったり…。アスリート俳優かくや!です。身体能力の高さが随所に発揮されてました。に加えて可愛いんだハケグチくん♪ バランスボールでお弁当食べてるのなんて、可愛かったなあ。

 ハケグチくん。大好きですよ、うん。

 特典映像は、この間のつかじのこともあるので過度の期待はせずにおきますが(苦笑)、それでも、それでも、いちおうクランクアップ集4分間に期待!です。

 来週早々到着ね。楽しみです!

ゲキ×シネ2008秋ツアーで??

| 01:38 | ゲキ×シネ2008秋ツアーで??を含むブックマーク

 桐ちゃんちを読んで、え?と私も再度ゲキシネメルマガを読み返してみたら、確かに!気になる文言が!!

 わー、「2009春、決定」までで興奮しちゃって最後まで読んでなかったわ(苦笑)。

実は、これらの上映館で、『五右衛門ロック』に関するちょっとしたサプラ

イズを予定しております。

各映画館で『ゲキ×シネ ツアー2008』をご覧になる方は、ぜひ「本編前」も

見逃さないようにしてみて下さい!

でも、間に合わなかったらごめんなさい(笑)。

いやきっと大丈夫だと思うのですが。

 え〜!!

 秋は色々忙しいしなあ、おまけに梅田じゃなくなんばだしなあ(苦笑)、秋ツアーは見送るしかねえべ〜〜

……と思ってたのですが…。

 にゅにゅにゅにゅにゅ〜〜。こりゃあ、行くしかない?!

 しかししかし、行く時間、どうやって作れば…(汗)。

『五右衛門ロック』ゲキ×シネ決定!

| 11:29 | 『五右衛門ロック』ゲキ×シネ決定!を含むブックマーク

 『20世紀少年』コミックに不覚にも涙しつつ届いたメール。2008秋ツアーの案内かねとぼんやり開いてみたら……

2009年春・SHINKANSEN☆RX『五右衛門ロック』ゲキ×シネ決定

 だそうです!

 や、やった〜〜♪♪

 →Page Not Found

 DVD発売は、それに前後するのかなあ〜〜。五右衛門中毒禁断症状☆ああ、待ちきれない♪

2008-09-19 このエントリーを含むブックマーク

f:id:mmooh:20080919225630j:image:left

うれし〜!テンション上がる〜!

しばらく、漫画少女(すみません、漫画おばさんです、はい)になる。

週末舐めるように読む。

 

女神様、ありがとうございます(感謝)♪

2008-09-18

 トンネルを抜けた後、何してたのやら…。

『20世紀少年』2回目

| 23:45 | 『20世紀少年』2回目を含むブックマーク

 何をしてたかというと、これをしてました。昨日のレディスデイです。

 「あ、すみません」って壁にもたれ直す反射神経が漫画家の常識を越えています♪歌って踊れる漫画家ですか?

 で、パンフにあった諸点…、確認しましたぜ☆なーるほど!やっぱりね(笑)。

 今日の「エンタの味方」でしたっけ…?

| 23:28 |  今日の「エンタの味方」でしたっけ…?を含むブックマーク

 近頃私服が目立ってたので、TV用におめかしした未來さんが見られるのは楽しみです♪……でもね、これももちろん関東ローカル番組なのです。関西での放送はありません(涙)。

 はい、腹をくくって同志の方々の熱いレポを、ひたすら待ちます。

『囚われつかじ(2)』

| 23:11 | 『囚われつかじ(2)』を含むブックマーク

 が届いたのでした、今日!

 職場に届いたので、ワクワク家に帰って再生!

  改めてみても、「15分100円やし!」のシーン。つかじさんと2人で手をまっすぐ伸ばしてる、その手が…長い!

 てゆうか、これって特典何もないのですか〜ノーカット版でもないのですね。ひゃー。いっそ笑っちゃう。

 画像はですね、自宅TVのHV録画の方が百倍キレイですぜ……せめて何ぞのプラスアルファ☆と思った、私が甘かった(苦笑)。

 

 でもまあ、手前味噌な見方は集中的に可能(笑)。受け狙いとか、困らせようとか、そういう余計なこと一切考えてない、芝居のことだけ、それにしか関心のない、「役者バカ一代(by タナダ監督)」な未來さんを堪能できます(笑)。

 ちなみに、10月29日から、集中再放送とか。

 未來さん出演の第4回は、10月30日の放送です♪→ページが見つかりません|WOWOWオンライン

 

【追記】

 感想で出てくる“関西弁”で演技するモリヤマミライというあたり*1…。悲しいことに、関西人としてはそこが逆になかなかひっかかって来ない(苦笑)。

 関西弁で話してるのがあまりにも自然で、森田先生が関西弁を話しているということも極めて当たり前にスルッと入ってきてしまう。「乗ろ?な?」と彼が言っても「え〜ちょい待ってえな〜」とか勝手に返事してますから…ハハハ。イタすぎる(苦笑)。

 これってもしかして、感動項目一つ取りこぼしてる?時々神戸弁が口をついて、より規範に近い大阪弁で言い直してる辺りがかわいいなあ〜〜なんてことは思うんですが…。

 ということで、やたら感動ポイントが「長い腕」になってしまった、ちょいと弁解でした。ちゃんちゃん。

 

 

*1:たとえば桐ちゃんとかの♪

2008-09-15

は〜。

抜けた!

| 09:24 | 抜けた!を含むブックマーク

f:id:mmooh:20080915091915j:image:left

 

 カレー、後一回分を残して、抜けました〜トンネル!

 は〜。送ってやったぜ。ははははは。

 連休後一日残ってて嬉しい。いや、私の方はあんまり暦には関係ないんだけれど、追っ手が休んでる間に抜けられたのはめでたい(笑)。さー、とっとと逃げるぞ〜!!

 と言いつつ、今日は法事です。

 お盆も諸般の事情で(苦笑)お墓参りもできなかったし、ちょいと行ってきます。その後、仕事場の掃除だなあ。

 …なんてやってると、あんまり高飛びはできないか(苦笑)。


 でも、うれしい。

 今日は、カレーを食べなくてもすむぞ♪(そこか)

mnm1024mnm1024 2008/09/15 20:58 お疲れさまでしたぁ〜いやぁ〜長かったですよね?ほんとお疲れさまです!!少しはのんびり出来るのでしょうか?来週辺りからあれこれDVDも届きますしゆっくり見れそうですね?

yukariyukari 2008/09/15 21:20 お疲れ様です〜!お忙しいのに朗報をありがとうございました、私もちょっと詰めてたので清涼剤にさせて頂きました〜!
追い込まなければ得れない快感ってありませんか?開放されてばかりだと、ね...それがたまりません♪どうかひと時の至福を☆

mmoohmmooh 2008/09/15 21:57 mnmさん>ありがとうございます。いや、自業自得です(苦笑)。のんびりは全然できないのですが、ともかく次の〆切まで少々時間があるというくらいで…。ともかく喉の大きな棘は抜けました。はい、ぼちぼちマイペースで行ってやります(笑)。

yukariさん>逃避行動を混ぜながらじゃないと前に進めないですね(笑)。解放された一瞬の後には次が控えてますが、ともかく今晩は何も考えずにテレビなどボーッと見ていようと思います♪ありがとうございます。

るんるん 2008/09/17 08:30 こんにちわ☆
やっと、果てしなき戦いに終わりを告げる日がきたんですね♪
おつかれさまでしたU^エ^U
煮込まれまくったカレーは江口夫妻のあつあつカレーとはちがって深みのある濃い濃いお味だったことでしょうね!
今るんは、森山未來の歴史「未來史」をふりかえっている時期であります。
改めて演技に深みが増し、歌声も安定感がでてきていることを感じました。
気がつけば彼を凝視しはじめてからもう5年目!?
もちろんまだまだ目をそらすわけにはいきませんけどね☆
お仕事と森山未來の両立は大変ですががんばっていきましょうっ♪

2008-09-14

だいぶん減ってきたぞ!

| 10:51 | だいぶん減ってきたぞ!を含むブックマーク

f:id:mmooh:20080914104510j:image:left

 

 自宅に籠城して仕事するときの定番、カレー。

 温め直すたびに、野菜などを投入しつつ食べ続けるので、最後はカレー味の炒め物風になっちゃいますが(笑)。

 今回は、イチジクを入れたのでちょいと甘めの味に。もう殆ど溶けてるけどね〜。

 だいぶん減ってきたなあ。これが無くなれば、仕事のトンネルからも脱出なるか?!

例の事件記者

| 12:09 | 例の事件記者を含むブックマーク

 カレーを食べながら早送り。

 じゅんさん&粟根さん登場シーンのみ通常再生で見てみました。じゅんさんではなく、粟根さんが関西弁キャラで登場されたのはちょっと意外な感じ。

 確かに脇の豪華さにはびっくり仰天。なんなんだ?何か有るのか?と勘ぐる程のホンのくだらなさは相変わらず。ひどすぎるとしか言いようがない(茫然)。男は仕事の亡者で道を誤り、女は感情に流されて躓く、ですか。はー。笑っちゃうぜ。

 警察を告発するのはいいけれど、あまりに安直でさあ。DVDなんて唯一無二じゃないだろうになあ。

 

 さーて。

 カレーも食べたし、仕事を仕上げちゃおう。

2008-09-12

冠くん!

| 22:16 | 冠くん!を含むブックマーク

 そうだ、うっかりしてた!

 冠くん公式本宅のうーんとうーんと底の方に、跳び過ぎてフレームアウトしちゃった、庶民に身をやつしたピンクの王子様がおられたのでした(笑)。そうだったそうだった、これでまたハッピーになれる♪

↓ちょっと見始めたけど

| 20:31 | ↓ちょっと見始めたけどを含むブックマーク

 下のドラマです。は〜。なんちゅう古くさい脚本。

 じゅんさん、冒頭からガンガン出ててそれはたいへんハッピーなんだけれど、女性蔑視の権化だし(この時代、こんな発想の新聞記者がいるのかい!)出てくる新米女性記者はステロタイプで鬱陶しいし使えないし見苦しいし、描かれる親子関係は陳腐だし、設定は頭の固い親父どもの妄想をみじんも出てない。

 たまらんな〜(怒)。見るに堪えないドラマだわ…。

 時間がもったいないやこれじゃ。仕事します(苦笑)。

事件記者@関西テレビ

| 19:29 | 事件記者@関西テレビを含むブックマーク

 19時57分放送開始の『事件記者』、橋本じゅんさんと粟根まことさんご出演です!

 ふ〜。ギリギリ録画間に合ったぜ!

るんるん 2008/09/12 21:52 最後のシーンでじゅんさん、カルマがホッタルのお兄さんに月生石スープをぶーって吐き出したのとおんなじことしてはってなんだかほわっとしました☆
薄化粧なじゅんさんって、おめめがかわいいですよね♪

mmoohmmooh 2008/09/12 23:24 るんちゃん>そうなんですか?じゅんさん、いっぱい出てはりましたよね〜。途中までしか見てないですけれど(苦笑)。最後まででずっぱりやったんや…。いつか仕事のない時に見てみますね(苦笑)。
そういうと、粟根さんはどこで出てきはったんやろ?

mnm1024mnm1024 2008/09/13 00:41 粟根さんはライバル記者の西岡徳馬さんチームの記者でした〜
ほんまくだらんドラマでしたわい(苦笑)キャストも地味だし・・・お二人いてへんかったら見なかった!!元劇団の筧さんも出てはりましたね?これまたクサイんだ(苦笑)新人女性記者激しくうっとしかったですよね?・・・ってかなり毒吐き?

るんるん 2008/09/13 16:17 冠さんちで大暴れせてお世話になった男の子みてきました!
どこかで見かけたお帽子、そしてパンツでしたね☆
暴れはっちゃけすぎてカメラも追いつけていなかったんじゃないかと・・・お肌もT−シャツもおんなじ色してるし!!
ご覧になられた方、ほんとにうらやましいな♪

psうちにも、山越え谷越えして、やっとこさ、こだわりの一品が届きました☆
こーゆー模様のくるぶしソックスとか誰かさん、はいてそうですよね♪

mmoohmmooh 2008/09/14 02:34 お返事遅くなってすみません(汗)。

mnmさん>おや、そうでしたか?じゃ、登場前にテレビ消してしまったんだ…。連休中には仕事が一段落しそうなので、そうしたら録画で見てみます。はい、あの新人記者さんシーンは早送りします(苦笑)。

るんちゃん>たどり着きましたか?底の底(笑)。
こだわりの証も到着おめでとう!モノトーンから迷彩に変わったのも彼の邁進なのかもしれませんね♪

2008-09-11

 やっと。

20世紀少年ーネタバレ無し

| 23:14 | 20世紀少年ーネタバレ無しを含むブックマーク

f:id:mmooh:20080911223503j:image:left

 

 ようやくの、角田。

 ドラマの開幕を告げる語り。ぎゅんと引き込まれました。

 この人の独白って、ほんとにいったい…。何という力が有るんだろう。

 健太の叫びもそうだったけれど。ぐいんと人を引きずり込んでしまう。


 映画そのものは、原作全く読んでませんが、ちゃんとついて行けました(と思う)。それなりにおもしろかった。時代が飛ぶのもあれくらいなら大丈夫。第二章が楽しみです。角田とオッチョのその後、早く続きが見たい!

 もう一度、近いうちに見に行ってこようかしら。パンフを読んだら確認したいことが出てきちゃったもの♪

2008-09-10

ありがとー!

CHAMELEONさんから会員証☆到着!

| 17:17 | CHAMELEONさんから会員証☆到着!を含むブックマーク

f:id:mmooh:20080910165932j:image:left

 夜に宴会があるので早めに仕事場から家に引き上げてきたら、入ってました郵便受けに!

 触ってみたら何やらもこもこしてる。振ったら中でしゃらしゃら動くよ?

 え〜?!っとワクワク開けてみたら入ってました!会員証☆キーホルダー!

 森山未來こだわりのデザインですか、そうですか〜。「大切にお使いください」と言われても使えませんって(笑)。

 ※桐ちゃんちに表があったので私は裏を♪でっかい親指の下に会員番号がありますん。

SKOMBライブ@9/9

| 17:17 | SKOMBライブ@9/9を含むブックマーク

 9月9日、重陽の節句。東京渋谷のSKOMBライブ、なんとカーテンコールに未來さんが冠くんに呼ばれて登場されたらしいですね〜!未來コールがわき起こったって♪ はしゃいですごく楽しそうでいともかわゆらしかったご様子、まりさんのお家で読ませていただきました。は〜〜幸せ〜。

 愛されてるな〜王子っ!

 新感線のいのうえさんも中島さんも、メタルさんも仁さんも、濱田さんもいっぱいいる中で、楽しかっただろうな〜。

 

 重陽には、高いところで菊酒を飲み、凧を飛ばすと無病息災です。

 ライブ飛び入りで飛び跳ねて、ダイエースプレー歌いまくるのはそれに匹敵しますよ!間違いない!

 

 どうかどうか、わんぱくな五右衛門一派新入り王子様が、元気でずーっとぴょんぴょん暴れ回れますように(祈)。

るんるん 2008/09/11 09:17 お仕事ご苦労様です!
会員の証しとやらはまだうちにはながれついていません。
キーホルダーになってるなんて!いままでカード考えたことなかったですっ。
こだわりのデザインか…
以前のもなんだか森山未來模様でしたもんね♪
早くこないかなぁ…
それにしても冠くんやってくれましたね☆
その場にいらしたかたうらまやしいっ!!
これからはダイエースプレーききまくりですっ♪

mmoohmmooh 2008/09/11 22:33 るんちゃん>届きました?巾着入りのちっちゃいの。ね、カードとばかり思ってましたよねえ。そうそう、前のカードもチェッカーフラッグっぽかったし、未來模様だった。懐かしいなあ。
冠くんGJ!ですよね〜♪ 楽しいライブだったみたいで、ほんと良かったです。

2008-09-09

お久しぶりです!!

昭和島ウォーカー

| 00:27 | 昭和島ウォーカーを含むブックマーク

 大阪大千秋楽の夜から、ほんっと引きこもってたのですが、仕事もピークを何とか過ぎ、あとは力業の領域に突入…。

 これは何としても行きたかった『昭和島ウォーカー』。一ヶ月前に既に一枚は確保していたのですが、やっぱ千秋楽も欲しいよな〜と…。

 新感線FCとヨーロッパ企画MLと、同時に先行予約の案内が来て、さてどちらで申し込むか……やっぱここは応援の意味も込めてヨロキカからだね!と申し込んだ千秋楽…あえなく撃沈でした〜(涙)。そうなのか?そんなことになってるのか?

 やっぱ普段のヨロキカと思ってちゃダメなのね〜〜何と言っても主演はJさん、粟根さんに転球さんに阿佐スパの中山さん、で、京野ことみさんだもんね〜。

 きびしい!

『演劇ぶっく』2008-10☆改めまして

| 00:27 | 『演劇ぶっく』2008-10☆改めましてを含むブックマーク

 なんだかんだとあれから仕事で、こんな時間になりました…。

 落ち着いたところでもう一度。

いのっち&上田誠対談!

 表紙開けて初っぱなはこれですよん。

 ヨーロッパハウスは私も入ってみたい(笑)。いのっち、行ったんや…うらやまし(笑)。いや、ヨーロッパ企画の映像物、DVDなりフィルムなりを見ると、かなりの確率で映り込むヨーロッパハウスですが、これがなかなかおもしろい♪ 彼らの舞台に再現されるいろんな「巣」に一脈通じる、そんな感じがするんだもん。Windows5000のアパート、ゴーレムの地下住宅…まあ、サマータイムマシンブルースの部室も、学生にとっちゃ家みたいなもんだもんね。

 で、上田さん、どうしていつもそんな涅槃像のような(笑)。

五右衛門ロック!

  • で、その涅槃像の上田さん頁をめくったら!そこにいきなり四人だよ!目の前に「ツラね」だよ!かっこい〜!!
  • そっかあ、左門字の袴、こんな縦ストライプだったんだ(笑)。五右衛門の着物の裏地や、お竜のブーツやら、細部を思わずしげしげと。王子の脚絆(何て言うんだっけ)の柄も改めてしっかり見させていただきました(感謝)!
  • さらに頁をめくると、物語の進行に合わせて各シーンがコマ送り風に!
  • クガイ様〜!と叫んだその下に、大きくマントを広げて飛ぶ王子が!左足のつま先まで真っ直ぐ直線に伸びた姿の美しいこと…。船の操舵室から飛び降りたところかな…。
  • 続いて、バラバの兵の前で歌う(?)王子。未來さんが歌ってる時の口の形が格好良くって好きなので、できたら大きな口を開けて歌ってる場面の写真がよかったなあ。なんて贅沢な注文(苦笑)。
  • ボノーとシュザクの「鬼みたいな顔して迫ってくるんだぜ!」シーン。困った顔のシュザクがかわいい!
  • クガイに狙いを定め、体勢を低く刀を後ろ手に振りかざす王子!決まってます!でも、この時の左足がピーンと前に伸びてるそのポーズがゾクゾクしたので、できたら脚まで写して欲しかったわ〜♪と、またまた贅沢な無理注文、すみませんです(苦笑)。
  • インガ隊長!ああ、もっとアップで〜(懇願)!
  • いちすけ、きゅうろく。キャプションで「潜んでいた」ってなってるのはどうなのか?囚われていた、なのでは(笑)。
  • そして、クガイにやられる王子!この2人、とーってもかっこいい! クガイの左手振りかざした殺陣の圧倒的な貫禄、右下で転がりながらやられつづける王子…。あのスピード感がよみがえります(涙)。大好きな殺陣シーンだったよ〜。
  • で、さーてどん尻にひかえしは!よ!五右衛門、待ってました!!

ああ、楽しかったな〜〜。いい夏だったなあ♪

そしてそして、さらに頁をめくると、じゅんさん&未來さんの対談です!

  • ぺったり髪が伸びて押さえられた未來さん。えらくスッキリしたお顔立ちです(笑)。じゅんさん、かわいいです!ああもう、この2人のツーショットだけですでに私は泣きそうです。じゅんさん、若い!王子より20歳年上とは見えないですよ〜。王子のジャージは、アワブロで前田さんについて回し蹴り稽古中の、あの緑のジャージ。パーカーは、見えないけれどたぶんメタマクパーカーだろうな♪
  • それが左頁にあるのです。まず目が吸い寄せられるのですが、右頁には、大見得切ってる最中の王子の姿が有るのです!「自由と正義の名のもとに」あたりでしょうか。千両役者だなあ!強い目がかっこいいです!
  • インタビュアーさんが、ともかく王子にぞっこんで(笑)。「森山さんの大活躍はホントに凄い」「スーパーヒーロー」って煽って煽って…。読んでて照れちゃいますが(←なぜ私が苦笑)、でもしょうがないよね〜ほんとに凄かったんだもん!
  • コマ劇場と新感線の相性を熱く語る未來さん。うん、「座付き劇団」☆大賛成です! コマに行ったら新感線がかかってる!なんてステキなんだろう〜。本公演以外の時にはゲキシネやってくれたらいい。出張帰りに必ず寄りますよ!ああ、いいなあ、それだといいなあ。
  • コマと劇団との引き合う力を語る、じゅんさんと未來さん。2人の視点が微妙に異なっていておもしろい。(劇団が)コマに求められていた、ととらえるじゅんさんと、(公演のエネルギーを)受け止めてくれる劇場、と語る未來さん。劇場と劇団と、双方の発し合い引き合うエネルギーを、奇しくも2人が双方向から語っていて、ここはとてもおもしろい件(くだり)だったです。
  • そして続いて語られる14年前の記憶!!いや、記憶はじゅんさんの方にのみ有ったんだけれど…。わあ、そうなんや〜〜。これは泣く。泣ける。「お子ちゃまだな」の背後にじゅんさんのそんな記憶が有ったと思ったら…ああ確かにそれは泣ける(涙)。初見では、「お子ちゃま」を挙げたのは未來さんの照れかしら?と思ったけれど、いま思うと普通に私がそこで泣きそうだ(苦笑)。
  • すごいねえ、未來さん。というか、未來坊や、10歳のチビッコ。ああ、その頃の未來坊やのダンス、見たかったなあ…。
  • 「この俳優に弱点はあるのか?」と変なことを考えるインタビュアー(笑)。助け船を出してくれるじゅんさんのことばが暖かい〜。「さすがにそれは照れくさいよなぁ」。そう言われて、ニコニコ照れてる未來さんの姿が勝手に脳内再生です。ありがたいなあ。このー幸せ者だぞ〜モリヤマミライ!!
  • でも、それに輪をかけてまた真っ赤になるほどべた褒めしてくれるじゅんさんってば…(感涙)。とんがってる部分を見抜き、その上で、自分の迷いを自力で立て直して次に繋げていく底力とを認めて…。それってすごいことですよ〜。そんな確かな姿をそばで見極めてくれてるじゅんさん。2人ともすごいです。
  • でも、突っ込むときはプレッシャーだったんだ(笑)。それはまだまだ修行しなきゃですよね〜。私は見てなかったけれど、「それはちょっと古すぎるんじゃないか!」のところ、舞台上でじゅんさんからダメ出し喰らった回が有ったそうですね♪ 「もっと思い切って突っ込め!」って(笑)。愛があるんじゃない♪です。
  • 最後のじゅんさんのことばに泣けました…。「あぁ、この夏は、いい夏やなぁ」(涙)。ほんとにいい夏だった。私にとってもホントにステキな夏だった。でも、じゅんさんの思いには歴史があって…。私たちには絶対に見えない、舞台の上で役者の後ろ姿を見るその視線。いろんないろんな思いが交錯してたんだろうなあ。その一端をほんのりこぼして見せてくださったじゅんさんに、感謝です!

 で、まだまだ続くよ!

 次の頁にはいのうえさんインタビューです!

  • やっぱりコマ劇場なんですね…。運命的な出会いだったんだなあ。新感線とコマ劇場。確かに、青山劇場とも新橋演舞場とも違った。劇場に向かう道中から違った。ワクワクが、歌舞伎町に近づくにつれて募ったもの。そして、毎回起こるうねるようなスタオベ!スタジアムのようだった。
  • そして、ドラマの主軸を理解して、ぶれずに演じる未來さんにも言及してくださってます。「彼は自分のポジションがわかってるから」任せておいて大丈夫だってことですよね。すごい信頼を勝ち得てたんだ…。毎日毎日、何が起こるかわからない。2ヶ月の公演の中で、悪戯心が芽生えたりってことも有るかも知れない。それでも「森山未來は大丈夫」って安心してくださってたんだろうな、いのうえさん…。演出家のそんな信頼を獲得したなんて…えらいぞ24歳!
  • Rシリーズについて。音楽が芝居の中でもつ力を再確認した、と…。確かに、見終わってつくづく思ったのは、お祭りだけに終わらないストーリーの力強さが、こんなに荒唐無稽な展開の中でもしっかり意識され、むしろ回を追う毎に盤石になっていってたってことで…。そっか、そこに「音楽」のパワーなのか…。確かに古今東西の演劇、音楽とは切っても切れない関係をもってるのは、そういうことなのかも…。ミュージカルかストプレかって分けだしたのは近代以降のことだものね。ミュージカルじゃない、むしろ、芝居と音楽が四つ巴になり芝居が音楽に煽られる。新感線。すごいことを起こしつつあるのかもしれないなあ。

 さてさて、その隣の頁には、インディさんの小道具研究所です!

  • 中指のところで「こんな小道具だけ作って生きて行ければいいのにな」と言うインディさんがステキすぎます。私も時々思います。こんなことだけ書いて生きて行けたらいいのになあって…(苦笑)。はは…。
  • 大阪バージョンの「行くぞっ、おう」船隊。かっわいいー!
  • 45分で桃、じゃないたんこぶを作っちゃうインディさん、次は是非是非舞台上でお会いしたいです!

 まだまだゆっきーインタビューもあります!

 これ、5日から「演劇モバイル」で始まったものと同じかと思ったら、書き出しの一部が違いますね。というか、まだ「演モ」は完結してないからこれからなのかしら(笑)。

 そしてそして、うんと飛ぶけど、粟根さんの人物ウォッチング!冠くん♪ 冠くんの半生を振り返ってくれちゃってて、ほーそうだったんだーって納得しきりです。今日のライブ、どうだったのかな〜♪

 と、まだまだ語り足りないですがこのあたりで(苦笑)。文章めためたなので、後でたぶん手を入れます。長らく別のもの書いてたからブログの文体にちゃんと戻れていないような変な感じ…。お見苦しかったらどうぞご容赦を〜〜。

『演劇ぶっく』2008-10☆急報!

| 17:52 | 『演劇ぶっく』2008-10☆急報!を含むブックマーク

 今日が発売日だな、帰りに買って帰ろうっと♪って思っていたのですが、tomkoさんからの速報をいただき(ありがとー!)、大あわてで本屋さんに駆け込んできました!

 もうね、もうね、たまんない!(涙)

 じゅんさんと王子の対談。

 じゅんさんから明かされる2人の接点ってば……。僕泣いちゃうかも…って王子に言わせる歴史…(号泣)!とはいえ、泣くポイントはそこなのか?なんだけど(苦笑)。

 ああ、王子、君はなんて幸せ者だ!で、なんてすごい子なんだ!(涙)

 早く早く、みんな見てください〜〜!!

 

 表紙はイノッチと上田さん。そうなの、この対談も見逃せない。

 この号、なめるように読んじゃいそう。読み終わって、もう一度感想など、今日は書いちゃうよ!!

2008-09-01

 9月。な、なんともう9月…。

 追っ手はまだまだしつこいですが、とにもかくにも、朔日踏み☆

『血の婚礼』再放送

| 11:08 | 『血の婚礼』再放送を含むブックマーク

 午後0時15分から、WOWOW192CHで。あと1時間後です。

 DVDは持ってるし以前の録画もちゃんと残してあるけれど(HV録画なのでDVDより画像がキレイ!)、やっぱり録画予約してしまうんだなあ(苦笑)。たった一年ちょっと前とは思えないね。ほんとに。深く深く透き通って逆に底がうかがい知れない、綺麗なのに激しく色香迸るレオナルド…。ふー。思い出すだけで胸が痛い。