Hatena::ブログ(Diary)

狼藉の日々 このページをアンテナに追加

2010-09-30

「走れメロス」映文連アワード2010準グランプリ受賞!

| 19:52 | 「走れメロス」映文連アワード2010準グランプリ受賞!を含むブックマーク

 お!受賞おめでとうございます!

 カメレオンさんがひっそりと情報をアップしておられます!!

 こんなステキなニュースは、メルマガを活用してくれればいいのに(笑)。

 

 公益社団法人映像文化製作者連盟

 

 走れメロス、何度見てもほんとにステキな作品です。演出に漂う、少し醒めていながらも偽悪的な面倒くささ、それでもシャイな優しさ、そんな人間の息吹が、森山未來という身体性、もちろん田中泯さんの存在感と見事にかみ合って、とても見応えのある、何度見ても見飽きない作品になってます。

 太宰治における「走れメロス」の諧謔性って、そういうとどこかカフカの「変身」にも通じるような気が時にします。真逆なようでいて、作家の中での作品の位置というか……。作者は恐らくこれを笑いながら書いたに違いない、という辺りの諧謔性ってことなんですけれどね(苦笑)。

 

 そうそう、これ(↓)メロスの演出をされた渋江修平さんのサイトです。走れメロスの画像が見られます。切り取った絵もまた美しい!

 http://shibueshuhei.com/a_meros.html

 

「塀の中の中学校」ナビ番組放送!

| 19:52 | 「塀の中の中学校」ナビ番組放送!を含むブックマーク

 これもカメレオンさん公式にひっそりと情報アップ。

 インフォメーションを更新した時には「更新しましたよ〜」ってメルマガを…ま、いっか(笑)。

 ほぼ1時間の番組だ。これはしっかり見ないと。

 平成22年度文化庁芸術祭参加ドラマ「塀の中の中学校」の

 ナビ番組(予告番組)が以下のスケジュールで放送になります。

 10月10日(日)16:00〜16:54  TBS系列

2010-09-29

 ねむねむで、書きかけのまま記事をアップしちゃってた(汗)。雨の音で目が覚めました。日付変わってるけど、下の日記最後まで書き直しました(苦笑)。

pppp『窓』@大阪シアタードラマシティ

| 00:00 | pppp『窓』@大阪シアタードラマシティを含むブックマーク

 今日は仕事がずっとイレギュラーで、時間が読めずバタバタと劇場に駆け込んでしまいました……と思ってたら意外と早く着いて(バタバタしただけ)、ゆっくりサンドイッチを食べたりしつつ開演を待ちました。なんやそれ(笑)。なんか準備の都合とかで、ちょいと時間も押しました。

 劇場に入ると、舞台装置が見えた状態でずっとBGMがかかっています。それを聞いていたら、ずっと忘れていた『ネジと紙幣の』オープニングの音楽がふいっと蘇ってビックリした。おかげでずーっとその音楽が鳴り響いてますよ、今も(笑)。いやこれ『窓』だから(苦笑)。

 

 舞台、とっても面白かったです。

 まず、集団というか群衆的に登場する人物達、そのステロタイプな祝祭性「ハレ」に、対する清輝(高橋一生くん)と貴枝(ぼくもとさきこさん)の日常性「ケ」が際立つ形で物語が始まります。でもすぐに、その対称性がまったく無意味であることが明らかになっていく。誰の心の中にも祝祭性(狂気)は宿るし、それは事と次第で倒錯の境地にも気脈を通ずる。その危うい臨界点が登場人物それぞれの中で右へ左へと大きくぶれるさまが、リズム感溢れる台詞と空間によって舞台上に浮かび上がる。

 小林さんは相変わらずいいお声!近藤フク(ネジでは近藤智行さん)はすごく可愛かったし、吉川純広さんは、見事なちんぴらぶり&危険さで、血染めのシーンでは、やっぱり「ネジ」の土手シーンを思い出してしまいました(ちんぴらだし血だし…苦笑)。劇団員の人達、皆さんさすが!すごくうまかった。

 高橋一生君は、ほんとに可愛らしいですね。繊細で理屈っぽくてでも感情的でモラトリアムな清輝を見事演じておられました。お衣装が、時々フジ@モテキと被ってたのに一々反応してたのは秘密です(笑)。だってチェックのパーカーに半パンでバッグ斜めがけなんだもん♪

 野崎麻帆ちゃん。かっこよかった!でも、よくよく見てると、女王蜂さながらサロンの中心を占めてるのに、どこか自信が持てきれていない。そんな可愛らしさもうまく演じておられたな。

 それにしても、冒頭の靴、中盤のランニングシューズ。執拗に繰り返される「靴」のイメージがなんのメタファだったのか…。ちょっと気になります。ネジのラストで、ゆきちゃんが「靴」を手にしたまま臨界点を超えた様子が、ふと思い起こされたり……。

 カーテンコールでは、大千秋楽ということで、役者一人一人の紹介、最後に倉持さんも登場されて、やんややんやの大喝采でした!

St@ge 関テレ

| 02:02 | St@ge 関テレを含むブックマーク

 10月3日深夜1:40〜1:45(日付は4日)の「St@ge」で「タンゴーTANGO」が取り上げられるようです。

 404 | 関西テレビ放送 カンテレ

 「森山未來のメッセージ」とありますけれど、5分弱で3作品を取り上げますから、うんと短いだろうと思うし、多分この間の「週刊プラチケ」とほとんど同じだろうけれど、まずはチェック!

kee-cokee-co 2010/10/04 12:36 そういえば「謝罪の罪」の時は全員の足元が白いペンキでがしがし塗られていたし・・、足、靴、になんかあるのかしら、倉持さんの深層心理。次回から気にして観てみたいと思います。

mmoohmmooh 2010/10/07 08:05 keecoさん>すみません!コメントいただいていたの気づいていませんでした〜。お返事遅くなってすみません。
そうそう、何だか色んな所に「靴」や足下が象徴的に使われるんですよね。倉持さんご自身も気づかない何かがあるのかも(笑)。不思議ですね。

2010-09-27

 今日の関西は暑いです。夏に逆戻りしたみたい。湿気のせいかな。

 東京は寒いそうで……。日本って広い。

 ***

 夕方から雨!!

改めて『SWAK』2010秋冬号

| 00:01 | 改めて『SWAK』2010秋冬号を含むブックマーク

 下のエントリーで、リセットして最初からやりなおす!って宣言したので書き始めてます。読んで、なぜあんなにテンションが上がったのか、それはわかってきた。

 いや、良かったんですよ。ほんとにとても良い対談(だよね笑)。本当に読めて嬉しかった。最高だった!

 でもあまりに直球の連続で、ドキドキするし小津の話はするし、戸惑うし仰天するし、で、ほんとに大変だったのも事実。なぜかって言うと、一つには、対談の形式にあるのは間違いないです。

 およそ対談らしくない対談。好きな日本酒を飲みながら、居酒屋のカウンターで二人がどんどん突っ込んだ会話をしていく、腹を割って話しこんでいく、それを何というか、横で聞いている?いや盗み聞きしているだな、そんなドキドキ感が濃厚に漂ってるんですよ。現実にそんな場に偶然居合わせたら、間違いなく聞いてない振りをする(で思いっ切り聞き耳を立てる)、そんな罪悪感までも読みながら喚起されるほど(苦笑)。それ程に、あけすけで飾らない嘘のない本音の会話で満ちてるんです。え?そんなこと、私たちに聞かせてくれるの?ほ、本気??っていう、そんな今まで経験したことのない戸惑いみたいなものが、真っ先に襲った。

 二つめは、もちろん話の内容です。

 語られているのは(誌面に掲載されているのは)、すべて仕事のこと、共演した瑛太のこと(大好きって…♪)、表現への思い、芝居をすること、ダンスをすること、歌うこと………。

 彼の口から「(歌を)やってみたい」という言葉が漏れると、それだけで泣けてくるし、自分で自分に振り付けること、それを「考えている」って言うのにもブルブル震える。この間の『VoCE』のQ&Aで「0から1に踏み出す勇気」って言ってたのも、ああ、このことだったんだ〜って得心するし、あれやこれや、もう大変ですよ〜(苦笑)。

 また、エリーさんがこちらの言いたいことをどんどん言ってくださるんだよなあ…。例えば、「海外で通用する」というくだり……。ああ、よくぞ言ってくださった!と思うと同時に、それに対するモリヤマミライがいるわけで…。独白じゃないのよ、会話なのよ。その彼の反応を読むのが怖くなる(苦笑)。

 勝手なもんだなあ。彼に言いたい伝えたい、みたいな気持ちは私の心の中のどこかにも確かにあるんだけれど、じゃあ、実際に言いたいかというと、そんなこと露ほども思ってない。それに対する彼の回答を聞きたいかというと、それも毛頭思ってない。思ってないから、というか、自分とモリヤマミライはまったく連続してない別次元に住む人間だから、だからこそ勝手に好きなことを言ったり感じたり、好き勝手な一ファンを自分の生きてる世界でやれている訳です(笑)。でも、同じことを、こんなプライベートな空気の中で(公的なインタビューっぽくない、というのはこの場合とてもとても重要!)さらりと聞かれてしまう、告げられてしまう、そしてそれに対して、モリヤマミライが笑ったり答えたりはぐらかしたりしてるのを覗き見する(いや正々堂々と読んでるんだけれど)。ドギマギしない方が無理!!特にねえ「そういう問題の箇所」では、彼は見事に笑ってるだけだったり、話題を変えたりしてるんだよね(苦笑)。あーー心臓に悪い!って勝手にジタバタしてるこっちがどうかしてるって話ですが……。

 ああ、でもありがとう〜〜!!ほんとにすごい対談でした。

 彼が何をどんな風に言っているのかは、是非とも皆様の目で直にご確認を!転載や紹介の勇気は、私には無いや(苦笑)。文責はあくまで大宮エリーさん?『SWAK』編集部?ってことで。

 大宮エリーさん*1、ホントにありがとうございました。

 何だか、読んだ時のこちらの反応の解説だけに終わっちゃったわ(苦笑)。

『SWAK』2010秋冬号

| 19:59 | 『SWAK』2010秋冬号を含むブックマーク

 もう出てるという情報が舞い込み、帰り道、バスを途中下車して確保してきました!なんだよ、出てたんじゃないか!

 178ページから始まる「エリー's Bar」。大宮エリーさんとの対談!

 金髪+黒縁メガネ、黒のハットを被ってます。いま「モテキ」携帯サイトで動画コメントをやってる、そんな頃の写真ですが……いやあ、いい!とってもいい!うちとけてて、ごろにゃんと嬉しそうに笑って、お酒も進んでそうだな〜〜。スガ&斉藤和義&山崎まさよし三本柱から語っちゃってますよ。あああ!小津話!!!

 気が気じゃないですが(笑)、ここらへんでひとまず中断。まず晩ご飯とそれからちょいと仕事を片付けて来ます〜〜。

     **************

 とここまで書いてますが、これ、リセットしなおします。

 そんなこんなな対談じゃなかった。生半可な対談じゃなかった。くつろいでホンワカしゃべってるのに騙された、油断した(苦笑)。これはとんでもない。とんでもない生の声のオンパレード。……ああちょっと、出直します。最初からやり直さなきゃ(苦笑)。後ほど。

 

『Look at Star!』2010-11 & 『+act』2010-11

| 15:24 | 『Look at Star!』2010-11 & 『+act』2010-11を含むブックマーク

 もうね!二冊とも速攻買いです!やっぱり舞台を語る森山未來は楽しそうだよ。詳しくは、それぞれ夜に改めてってことにしますが、以下まず簡単に見出しだけ。

『Look at Star!』

 さとしさんとの対談!待ってました〜もうこれだけでお腹いっぱい。

 たぶん私服。パレット模様の長袖Tシャツに、つなぎの上をだらんとたらしてる?髪は黒のウェーブ。もちろんヒゲ。きちゃないヒゲ(笑)。でも、さとしさんと話しながら子供みたいな顔になってるひげ面は、そんなに悪くなかったです(笑)。さとしさんが、開口一番『RENT』のことを言ってくださってるのも嬉しかったなあ。見に行ってはったのね〜。

 対談内容もおもしろい!けっこう対等に話を回してるのが妙におかしい。受身じゃないですよ!vsさとしのモリヤマミライは!!ふふ♪詳しくは夜に!

  ****

 って夜です。SWAKショックであんまりこっちのこと考えられなくなってるんだけど、ちょっとだけ。

 松さん@ひばりの話がおもしろかったです。松さんのことを、どうしてこんなストイックな芝居ばかりするのかって思ってたら、気づいたら自分がそんな芝居をやってるってところ(笑)。妙に客観的でおもしろかった。あと、お風呂に普通に5〜6時間はいるって。それ普通じゃない、というか、それはもう入浴ですらない(笑)。それは寝床が風呂場ってだけですから。変な子だなあ〜。

『+act』

 いやあ。これはインタビュアーに座布団3枚です!木俣冬さん。さすがの一言!

 金髪。モテキ直後の一番うつくしい時期。この間の『VoCE』と全く同じスタイリングです。写真はもう少し動きもあるし枚数も多い。睫毛がふさふさでうつくしい。

 でもこの記事は、写真も良いけどテキストがいい!!

 木俣冬さんは、2008年のRENT直前に『acteur』no.13で、「踵に小翼」と題してロングインタビューをしてくださった方です。森山未來を知り尽くしておられるんだな〜〜。質問はどんどん踏み込み、突っ込み、掘り下げます!具体的な作品名が次々に上がってくるので、読みながらドキドキしてしまう。え?あの時そうだったの?そうそう、それよ、それを聞きたい!こっちの聞きたいところに、ぐいぐい突っ込んでいってくださる。森山未來の舞台を全部しっかり観ておられるインタビュアーだと、こんなに気持ちいいんだな〜〜〜。ってことで、これも詳細は夜に!

 良いですよ!今日の二つは!!

  ****

 こちらも夜です。何か冷静になっちゃった(苦笑)。「変身」を語る彼の口調は何度読んでもとても特別。自信に溢れていて、何かそこで突破したものが、手応えがあるんだろうな、と思う。言葉では簡単には理解できないけれど、確実に彼の身体がそれを覚えている、そんな実感が端々ににじむ。

 ああでもこのインタビュー、SWAKを読んだ後で読むと、いろいろぐいぐい来ますね。ううーん。今日はもう降参です。

*1:「おじいさん先生」の演出でしたよね。よくぞ鹿にしてやってくださいました。あれは、前のダンカンを辞めて直後、パルコさんにお世話になってた時代のお仕事で、私たちも何だかすがるような気持ちだった時期、そこにあの「鹿」!(笑)ほんっとに肩の力が抜けて救われたんだったなあ…。

2010-09-25

タンゴ番宣@週刊プラチケ

| 02:37 | タンゴ番宣@週刊プラチケを含むブックマーク

 タンゴ、短く登場でした。ああでも、ヒゲきちゃないよ〜(笑)、目もちょっと腫れてる?(苦笑)

 喜劇にしたい、という圭史さんのことばを紹介してます。「だからあまり難しい感じで“ん……”って観るんじゃなく」と、腕組んで眉根を寄せてしかめ面をしてみせてるのが、ちょっとおもしろかった(笑)。そんな感じ。さて、撤収〜。

2010-09-24

今日は一気に寒くなった。

ほんとに「暑いも寒いも彼岸まで」*1とはよく言ったものです…。

喜怒哀楽をランニングフォームで表す役者

| 19:55 | 喜怒哀楽をランニングフォームで表す役者を含むブックマーク

 久しぶりにどうでもよい日記を(大根監督のチョイ真似^^)。

 「モテキ」第8話だったっけな。「永遠のパズル」をバックに走るフジくんをニヤニヤしながら見てて、思ったんだけれど、この人のランニングフォームは、ほんっと、その時のシーンや心理によって見事に変わってきますよね。同じように全力疾走なのに全然違う。「喜怒哀楽をすべて笑顔で表現する」のが堺さんなら、間違いなく、この人は「喜怒哀楽、さらにそれを超えた第六感?やらなんやらをすべてランニングフォームで表現」してしまう、とっても珍しい役者ではないか、と(笑)。

 

 例えばってことで、彼のランニングシーンを列挙してみますね(すぐに思い出せる分だけだけど)。

 【↓ちょっと追加しました。10になった!(笑)/あ、さらにもう少し追加しました。13になった(笑)】

  1. WB、エンディングのみんなで走るシーン。キラキラ嬉しそう!
  2. やっぱりWB、進藤ちゃん付き添いのもと、お父さんにチケットを届けに行って拒絶されるシーン。帰り道、ゆるい上り坂を走りながら、跳びはねるように、カラ元気のように、でも進藤ちゃんが側にいることが嬉しいのか、バンビのように跳ねながら走ってたよなあ。
  3. そしてもちろん、朔の堤防。亜紀のお葬式の当日。哀しみも超えて、走らないではいられない叫ばないではいられない、衝動の走り。
  4. 朔にはもう一つ、心の中で「あき、あき」って呼びながらお父さんの車を追いかける名シーンが……。あの場面は見る度に間違いなくパブロフの犬状態になります。涙が勝手に流れてくる。心の底の何かに直接作用する。
  5. 朔、まだ有ったよ。空港のカウンターから駆け戻ってスライディング。あのシーンは、現場のスタッフが皆、彼の身体コントロールの見事さに驚嘆したんだったよね…。全力で、直向きに、それでもきちんと心の法を超えないコントロール。その、どこか制御された姿が、絞り出すような「助けてください」に繋がっていく…。すごいよ。
  6. 後は……。あ、アネキか。姉ちゃんをキャバクラで見つけたんだっけ?探すんだっけ?夜の都会の風景の中、だんだん走らないではいられない気持ちになっていく、でも、そんな自分に忸怩たる思いもある…身体全体は使ってるんだけれどとても気怠い走り、スピードも遅め…。勇太郎の迷う気持ちがよく表れてたなあ。
  7. そして、最近では「メロス」。完全に様式化というか戯画化、していて、生身の人間の感情を一旦「活字」と「映像」と「音声」に変換して、それを再度肉体に流し込んだような見事な「走り」。彼の今までのどのランニングフォームとも違う。「走る」ということを戯画に象徴化した、絵画のような「走り」。あれは見事だった。たぶん、あの放送当時に日記にも書いたような気がする。
  8. そして「夜明けのBeat」の走り。これって何なんだろう…、肉体から魂が遊離して走り出したらこうなるんじゃないか、というような「走り」……。人の形は有るのに誰もいない。誰もいないのに魂が有る。だけれどその魂がとてつもなく生々しい。生々しい身体に宿っている、いや宿を借りている…。そんな堂々巡りに陥るような、浮遊し巣くう「魂」、そんなものが「走り」にみなぎっていたように思います。で、それの対極にあるのが……
  9. 冒頭に書いた、「モテキ」第8話の「永遠のパズル」をバックに走るフジ。あれは、もう紛れもない、フジそのものだった。フジ以外の何者でもない、というかフジの自我が塊になってた。フジの赤裸々で自分本位な衝動が走っていた(苦笑)。そう。自分をむき出しに自己完結して走っているので、いつかちゃんのトドメの一撃で、木っ端微塵に砕け散るんだよね…。無防備で情けない。砕けることに救いを見出してるような、歪んだ自己愛に満ちた「走り」。でも妙に愛しい。
  10. 今ふと思い出したのは、「モテキ」第3話のダンスシーン。ダンスを終えて、つなぎをベリベリと破いてもらい、そして走り出すフジ。グーに握った手を抱え込むように大きくふって満面の笑み!ハッピーハッピー。ちょっとお目出度いまでの幸福感が満ち満ちてる♪ 「滑稽」方向に針が振り切れそうな幸福感。これもランニングフォームで見事表現してますよね〜。お見事!(笑)
  11. コメント欄で思い出させてもらいました。「僕たちの戦争」の吾一の走りです。まずは、21世紀に飛ばされて病院で目覚めた吾一が、まさに「遁走」としか表現できない走りで逃げ惑う姿。エスカレーターを逆走激走、フォークを握りしめて戦闘態勢は維持しながらも、素手でコロッケを口に押し込み食欲は満たす。人間の本能がパニックを起こしている様をまざまざと見せつけてくれました。
  12. 同じく吾一の、あの渋谷の真ん中で、「こんな日本を作るために…」と咽びながら右も左もわからず走り出す衝動の走り。あの場面はうろたえながら追いかける樹里ちゃんの走る姿も印象的で、ずっしり胸に響くまさに名シーンでした…。
  13. あと、また今思い出したのは、「はけ口」くん@「被取締役」の走りです…。ラストの、コンペ会場に忘れ物のファイルを握りしめて走る、走る、走る「はけ口」くん。これまでの人生で、何かを賭して走る、誰かのために献身的に走る、そんな奮い立つ経験を待たないで生きてきた「はけ口」くんが、忘我の境地で仲間のために走る…。走り慣れていないので、フォームはぶざまです。オドオドしたまま、おっかなびっくり危なっかしく、でも夢中で走る(涙)。あれは泣けました。あんなフォームのまま一心不乱に走ってみせる……。彼の身体表現の幅を見せつける「走り」でした。みっともないのに美しい「走り」…。胸を打たれたなあ。

 うーん。ほんと、この人の「走り」は雄弁です。考えれば考えるほど雄弁です。

 美しくも、猛々しくも、荒々しくも、風のようにも、不格好にも、気怠くも、迷いながらも、幸せそうにも、おかしくも、おめでたくも、自己陶酔風にも、カラ元気風にも、すべて違った「走り」の表情だ。

 あ、そうそう、自転車でも「喜怒哀楽」は十分表現できてるね(笑)。次はそれ行ってみようかしら?!

大阪公演

| 19:00 | 大阪公演を含むブックマーク

 大阪公演も特Sがあるってこと、知らない人がおられたので*2、念のため。

 大阪公演については、ずいぶん前に興行元のキョードー大阪のサイトに案内が出てます(9月3日付け)。また、協賛の関テレサイトにも情報有り。

 キョードー大阪 オフィシャルサイト|キョードー関西グループ

 301 Moved Permanently

 最近になってプレイガイドのDMが届きだしたので、やっと知られ出したのかな…。ともかく、地方公演については、観客の自力の奮闘無しでは、昔からチケット確保は難しいもんね…。大阪はまだマシだけれど、それ以外の名古屋だの富山だの…なんてなると、かなりヒヤヒヤもんでした。

 まあ、かくいう私も、チケットは全部カメレオンさんで確保済みです。後一回無理矢理行けなくも無いんだけれど、社会人としての「おもて」の私がポチッとボタンを押すことをためらわせています。どこまで持ちこたえられるか、だけど(苦笑)。

雑記

| 18:16 | 雑記を含むブックマーク

 銀行に行くついでに本屋さんへ。

 昨日、ツイッターで「げきぴあ」さんがつぶやいておられた『関西版ぴあ』の「タンゴ」紹介は、予想通り、先行販売の案内でした。宣材の写真と簡単なコメントや粗筋を記したもので、特段オリジナルな記事では有りませんでした。もちろん、9/30〆切で先行販売を受け付ける、専用ハガキが綴じ込んであるので、それなりに意味はあると思いますが。

 宣伝記事がいろいろ出て来るのは10月以降かな。『ぴあ』は隔週刊だから、次号あたりは要チェック、かな。

 

 そういうと、ついでに『TVぴあ』をパラパラ見てみたら、中学生幸世の泉澤祐希くんが「ニューフェイス」だっけな?小さなコラムで紹介されてました。かわいい〜!

 インタビューへの受け答えもすごくしっかりしてるんですよ!感心しちゃった。根暗なシーンが多いので、自分が出る時は元気よく明るく演じるように心がけたんですって〜。撮影の合間は、漫画の『モテキ』を読んでたとか。それぞれの面白さがチャンとある、みたいなコメントも有って、おばちゃんはホクホクほっぺたがほころびましたよ(笑)。かわいいな〜〜。

 3人の幸世が顔を合わせる場面では、特に演技について話し合ったりはしなかったそうです。でも、

 「森山さんにケリを入れられたのが印象的でした」

とのこと。ああ、かわいいよ〜。見事なケリでした!ほんと丁々発止だったもんね、2人の幸世。

 中学生時代の幸世物語、スピンオフでやってくれないかしら。ほら、例のヤンキー林田との老人ホーム訪問エピソードとかどうでしょう?ああ、俄然、見たくなってきた!(笑)

『変身』予約完了

| 14:13 | 『変身』予約完了を含むブックマーク

 予約完了しましたよ〜!@Parco劇場

 でも直前にパルコさんの情報訂正のツイを読んで吹き出した♪

@parcotheater: お詫びです。変身」DVDの詳細ご案内の際に、特典映像の総分数が誤っていたことが判明いたしました。大変申し訳ございませんでした。

 だそうです。

 正しくは、94分ではなく28分とのこと(笑)。まあそうだろうな〜〜(苦笑)。

 →カフカの「変身」 DVD 好評発売中!!|PARCO劇場|パルコ劇場

 まあ何分であろうと、待ちに待った発売なので、購入ボタンは迷わずポチ!

*1:うちのおばあちゃんはこう言ってました。「暑さ寒さ」じゃなくてね。

*2:というか、同じ演出だから、これまでの例から考えて有るのは当たり前だ私は思ってて、この件は、全く何も気にしてませんでした(苦笑)

sanneysanney 2010/09/24 22:07 お久しぶりです。やっと秋が来ました。でも、モテキはあと2話ということで、なんだか淋しいです。特に8話、大好きです(笑)。
印象的な走りのシーンを、もう二つ。
僕たちの戦争で、現代に来た吾一が、エスカレーターをジャンプしながら下りて病院から脱走するシーン。動物が本能のまま逃げているようで、見ているこちらもびっくりしました。
同じく吾一が「こんな国にするために・・・」と慟哭して走り去るシーン。これは、名シーンですね。胸を打ちました。

mmoohmmooh 2010/09/24 22:35 sanneyさん>こんばんは。やっと秋ですね。今年の夏は長かった…。
あ、そうだそうだ。「僕たちの戦争」がありました♪ エスカレーターを逆走激走、フォークを握りしめ素手でコロッケを口に押し込み、ほんと獣のようだったなあ。吾一の渋谷の真ん中での咽びと走りも、おっしゃる通り名シーンでした。
後で追加しておこう♪ 思い出させていただいて、ありがとうございます!
まだ色々出て来そうですね、走る森山未來♪

2010-09-23

 久しぶりにデザインを変えました。いつ以来?2年くらいかな?いやもっと??(苦笑)

Moteki teki Ongaku no Susume

| 21:03 | Moteki teki Ongaku no Susumeを含むブックマーク

 そういうと関東圏では今晩これですね。うーーーん、ほんとローカルが多くてもどかしい。

 InterFM897 : インターFM897 [ 89.7MHz TOKYO ]

24日深夜「週間プラチケ」@関テレ

| 18:09 | 24日深夜「週間プラチケ」@関テレを含むブックマーク

 明日,24日の深夜1:59〜2:29(日付は25日)の毎度おなじみ「週間プラチケ」で,「タンゴーTANGO」が取り上げられるようです。

 404 | 関西テレビ放送 カンテレ

 未來さんのインタビューがあわよくば流れる,かも?

 試聴可能なエリアの方はチェック!(深夜だけど)

『変身』予約間もなく開始!

| 03:32 | 『変身』予約間もなく開始!を含むブックマーク

 パルコさんからとうとう告知。

 11/1発売、9/24予約開始。おお、もう明日じゃないか!

 カフカの「変身」 DVD 好評発売中!!|PARCO劇場|パルコ劇場

 本編106分に対して、特典が94分。すごいすごい♪

 さすがパルコさんだ、期待を裏切らないわ。ありがたいな〜。

『自棄っぱちオプティミスト』出版情報

| 03:32 | 『自棄っぱちオプティミスト』出版情報を含むブックマーク

 桐ちゃんちで教わりました。

 もう、発売日情報がそこかしこで出てるんだ!アマゾンだと、10/1発売ってもうすぐじゃん。こちらもパルコ出版。ホントいつもながらお世話になります、パルコさん。

 

自棄っぱちオプティミスト

自棄っぱちオプティミスト

2010-09-21

『VoCE』2010-11

| 19:27 | 『VoCE』2010-11を含むブックマーク

 出てました!23日発売予定でしたが、今日、普通に紀伊國屋書店でゲット。

 やたら分厚く、付録がギッシリの本です(笑)。RMKのクリームが付録ですよ。ヘアターバンも。何なんだいったい!

 未來氏は、その分厚い本の、212ページにおられます。

 金髪!! すっくと立ってる姿は蓮の茎のようで凛々しいのですが、私は下の小さな、片膝を立ててその上に顎を載せてる写真が好き!まるで、中学生幸世の同級生みたいなあどけない表情で(ほんのり笑ってる!)ちんまりしてはりますよん。上下もインナーもすべて生成のきれいなお洋服。金髪と色白の肌に凄く似合う!この歳の男の子で、この不思議な透明感は無いだろ〜反則!

 

 記事は割と最近よく見かけるものなのですが、Q&Aがやたら面白い!

 そうですか♪チャームポイントは足の親指ですか♪気に入ってるんだ〜〜変な子や!

 Q「肌のキレイな武スト肌の汚い美人ではどちらが好きですか?」 なんてよくわからん質問に、おっとこ前なアンサーをしちゃってますよ〜(笑)。おいおい、そんな台詞、どこで覚えた!というか、考えてきていたって君(笑)。

 相変わらず日本酒伝道師ぶりもアピール。なかなかくつろいだ楽しいQ&Aですよ。買って損は無い!かな♪

「モテキ」第10話

| 08:47 | 「モテキ」第10話を含むブックマーク

 TV大阪の放送、リアルタイムで突っ込みながら楽しく視聴。さて、録画を編集して寝ようと思ったら、ぜんぜん違うチャンネルが録画されてました(涙)。

 うちのマンションは、TV大阪だけがアナログ受信だから、予約も全部手動なんですよ。チャンネル番号なんて、電波に割り当てられた3桁の数字でね…最近も変わったばかり、間違えやすいんだよ(涙)。

 10話おもしろかったのになあ、残念でしょうがない。

 

 この間のナタリーUstで、ディレクターズカット以外に放送バージョンをDVDに入れるかどうかって話。

 未來はんは入れた方がいいって言ってくれてて、私なんて「そうそう☆」って強く頷いてたんだけれど容量的に厳しい?のはまあそうだよね。久保ミツロウさんが、放送バージョンは放送を見てくれた人の特典(ご褒美?)、って言っててちょいと寂しかったのでした(涙)。ここにも、劣悪なアナログ電波を無理矢理毎回受信してる人間がいますよ〜。

 でもま、まだアナログでも受信できるだけましだよね、放送そのものが無い地域の人も沢山あるもんなぁ。だからなおさら放送バージョンが一切残らないって、やっぱもったいないよ…。

 

 ということで、ガックリふて寝して迎えた朝、気を取り直して昨日の感想を一言。

 人生最大の敵は、女でもなく島田でもなく、君自身だよ、フジくん。以上。

mikumiku 2010/09/21 18:35 絶対見に行きます!どんどん広まって欲しい。私も被災者ですがこの作品はすごく落ち着いて心乱れることなく見れます。そういう作品です。余談ですが、今日久しぶりに「最悪な人生のためのガイドブック」を見ました。特典映像の川平慈英さんとの対談の彼を見てなんだか随分顔が違っていて^0^  子供顔の彼に久しぶりに再会!すっかり大人になってますもんね最近。

mmoohmmooh 2010/09/21 19:17 mikuさん>mikuさんも被災者でいらっしゃるんですね。放送後、いろんな方の感想を読んでいて、実際に震災を体験された方の多くが、自分たちのための作品だ、自分たちだけじゃないと勇気づけられた、と書いておられるのに胸が熱くなりました。勇治と同じように、今まで語れなかった想いを溢れさせておられる方も……。大切に創られた作品、まだまだ多くの方の心の鍵を開いていくに違いないですね。
最悪な人生のためのガイドブック、懐かしいですね!オノッチ!長台詞を言うたびに、みんなに褒めてもらってましたよね〜〜あーあ、こんなになっちゃって(笑)。

2010-09-20

「走れメロス」本日再々放送@BS2

| 10:35 | 「走れメロス」本日再々放送@BS2を含むブックマーク

 今日のPM.10:35から、「走れメロス」の再々放送です。3月の本放送以来、半年で3度目の放送かあ、いやいや有り難いのですが、一度くらい地上波でやってくれるともっと嬉しいんだけれど。

 BSを見られない若い友人に見てもらいたいのですよ、私(苦笑)。

 500 Internal Server Error

 明日は、新井くん主演の「犯人」、来週28日は、満島ひかりちゃんの「カチカチ山」だそうです。ひかりちゃんのには、猿時さんも出演!気になる。

2010-09-19

 いそがしいよ〜。困った。

映画「その街のこども」HP本格始動

| 09:51 | 映画「その街のこども」HP本格始動を含むブックマーク

 映画「その街のこども 劇場版」公式ホームページ

 特報ムービーの放送文化基金賞授賞式の様子を見て、この作品に携わった方々の誠実で熱い思いと仕事の成果に、尊敬の念を新たにします。

 見ている内に、どんどんその世界に引き込まれる作品としての面白さを備えながら、見るもの一人一人の経験や「今」や期待や、連続する時間と空間に直に訴えかける「ことば」。この作品が生まれるに至った15年の取り組みと、その長い時間の中に風のように光のように出現した一人の青年と、そんなすべての愛しいことどもを劇場でもう一度確認できることに、嬉しさとありがたさと、なんだかいろんなことを思います。

 

 一昨日、たまたま近くの上映館に行った時にはまだ「見本」の前売り券しかなかったけれど、今日はもう正規券が置いてあるのかしら?時間が有ったら行ってみようかな。

2010-09-15

涼しくなりましたね〜。

今日の帰り道は、半袖は少々寒かったよ。ほんま極端やなあ。

タンゴ大阪当落結果。

| 21:37 | タンゴ大阪当落結果。を含むブックマーク

 ありがとうございます。取りあえず申し込んだ日は確保していただけました。

 でも、行ける日が限られるんだよねえ、ほんと勤め人には厳しい日程です(苦笑)。

いのうえ&古田&じゅんさん@FM802

| 21:37 | いのうえ&古田&じゅんさん@FM802を含むブックマーク

 一昨日だったかな。FM802で深夜、えっと2時30分すぎかな。お三方揃い踏みで出ておられました。

 私は起きていられなくて取りあえず録音だけセットして寝ちゃったのですが、雑音混じりながらも*1お三方の軽妙なしゃべりはとっても楽しかった。

 そうですか。芝居は完コピが身上でしたか。ああ、そうなんだろうなあ。その話をする古田さんとじゅんさんが、ともに大学生が先輩(=いのうえさん)に「やいのやいの」言うテンションになってて、とっても可愛かったです。

「鋼鉄番長」大阪チケ到着!

| 21:37 | 「鋼鉄番長」大阪チケ到着!を含むブックマーク

 FC申込分が到着しました。おおお!これは!すごい良席だぞ〜〜〜!!

 これなら、お煎餅、しっかりもらえそうだ。わーん、がんばる!

明日の5LDK@関西テレビ??

| 21:37 | 明日の5LDK@関西テレビ??を含むブックマーク

 明日の午後23時30分から、フジ系列、うちらは関テレですが「5LDK」という番組に古田さんがフィーチャリングみたいです。どんな番組か見たことないのですが、TOKIOが司会なの??確かに松岡くんとか長瀬くんとか古田さんを慕ってはりますよね♪

 Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]

 いまから予約録画しておかなきゃ!(忘れそう笑)

*1:ちょいと録音実験もかねて。今回雑音多かったの、そのクリアについ昨日成功。

mikumiku 2010/09/16 21:49 こんばんは! 私もチケット当選しました!! 少ない公演数ではらはらしましたが・・・。ダンス多いといいですね!タンゴとかやっぱり踊るのでしょうか?ダンスシーンはないんでしょうかね・・・  いずれにせよ 楽しみですね

mmoohmmooh 2010/09/18 00:26 mikuさん>お返事遅くなってすみません〜。
チケット今回は何とかうまく取れましたね!ちょっと行きにくい日程ですから、意外と申込が絞られたのかも…。千秋楽が日曜昼、とかだとハラハラしますよね。
ダンス……どうでしょう(笑)。そこは演出家があの原作脚本をどんな風に演出するかにかかってますが、まあしかし作品の肝だしなあ……と煮え切らない言い方だ!すみません(苦笑)。ええ、でも、あのキャストで長塚さんの演出ですもんね、どんな風に料理されるのか楽しみでしょうがないです!

2010-09-14

 随分お久しぶりな感じ。

 週末の暑さと仕事の〆切が重なって、意識朦朧の数日を過ごしてました。でも昨夜は涼しかった〜〜。麻のシーツが冷たく感じたものなあ。でも油断は禁物。

 そういうと、ページを、1日ごとのに日記形式では無く1エントリーごとのブログ形式に改めました。以前のような頻度で日記を付けられなくなってきて、数日分まとめて書くと、やけに一日のエントリーが長くなってしまうってことに気づいたので。まだ模索中ですが、しばらくこれでやってみます。

『J-WAVE SPECIAL KIRINJI IN WONDERLAND 〜夜に浮かぶ〜』

| 10:41 | 『J-WAVE SPECIAL KIRINJI IN WONDERLAND 〜夜に浮かぶ〜』を含むブックマーク

 女神様のお蔭で聞くことができました!ありがとうございます(感涙)。

 柔らかなのにしなやかで強い芯のある声。少し舌足らずにも聞こえる甘いラ行音も、あのキリンジの物語世界では、男性の幼さ切なさを際立たせて、すごく不思議な時空の愛しい綻びを作っていて…。

 ほんとに彼の声って、音の響きそのものが物語を紡ぎますよねえ。「きゅうかくうしお」でも、彼が声を発するだけで(感情は徹底的に抑えていたけれど)、その声が物語の核になって別の時空が回り出したもの……。いや贔屓目ばかりじゃないですよ〜。「きゅうかくうしお」の感想は未來ファンでも何でもない男友達が言ってた言葉だし、うん(笑)。

 ああ、もっとラジオのお仕事してほしい。真夜中のラジオで、この人のの朗読、もっと聞きたい。

秋以降のあれこれ

| 10:41 | 秋以降のあれこれを含むブックマーク

 この週末にサイトが充実したり、詳細情報が発表されたものなどまとめて。

「タンゴ」特集ページ公開!@シアターコクーン

 404 Not Found

 原作読んじゃってるので、Informationの謳い文句のあれやこれやに、ニヤリとしたり意外だったり楽しみだったり、騙されませんよだったりいっそ騙してよだったり(笑)。

 でも、いつもならそろそろ舞台情報が出だしても良い頃なんだけれど、長塚さん売れっ子だからなあ、パルコで「ハーパー・リーガン」真っ最中だものね。なかなか次の舞台の宣伝!て訳にもいかないのかな。

 といいつつも、キョードー大阪サイトもようやく公演スケジュールをアップ、一般発売が10月11日というのも発表されてます。大阪方面での番宣のあれこれ(FM802とか…)は、その日程に向けて組まれていくのかもしれませんね。アンテナ張っておかないと。

「その街のこども」公開詳細

 すでに各所に告知はされていましたが、やっとNHK「リエゾン被災人」に正式情報が出ました!

 エラー|NHKオンライン

 2010年11月20日 シネ・リーブル神戸、シネ・リーブル梅田、

    12月4日 京都シネマ、ほか関西先行ロードショー

 2011年1月15日 東京都写真美術館ホール、池袋シネマ・ロサ、ほか全国ロードショー

 すでに、予告編が流れてる映画館も有るとか無いとか。

 予告編も見たいなあ。DVDになるなら是非とも入れて欲しいです。この「その街のこども」はとてもとても大事な作品で、この作品そのものが「その街のこども」であり育ち続けていく、その過程のすべてが愛しい感じがする。私たちにも少しでもいろんな瞬間を共有させてほしいな。

「ネジと紙幣」発売情報

| 10:41 | 「ネジと紙幣」発売情報を含むブックマーク

 11月17日発売!

ネジと紙幣 [DVD]

ネジと紙幣 [DVD]

 「変身」DVDも「秋」に発売って言ってましたよね。わー。11月、忙しい。

2010-09-11

J-wave Special

| 19:57 | J-wave Specialを含むブックマーク

 今日これから、24時から、J-Waveで未來さん登場です!

 81.3 FM J-WAVE : J-WAVE SELECTION

 カメレオンさんからの告知は依然として無いままですが、皆さん、どうか忘れずに!

 俳優・森山未來が キリンジの不思議な世界をストーリーテリング

 なんといっても未來氏の朗読は、とんでもない物語構築力があるので、とてもとても楽しみなんですが、なんというか、関西では電波が届かないという(涙)。なんとかして聞きたいと思うのですが、ともかく、聞くことのできる方は、是非ともON-Airを逃されませぬよう!

 というのも、この情報、オフィシャルでの告知、確か無いですよね〜〜。

 うーん。会報充実は有り難いけれど、こういう「その時」に意味のある告知は、漏れなく是非ともお願いしたいよ。カメレオンさん!

谷啓さん訃報

| 17:40 | 谷啓さん訃報を含むブックマーク

 お亡くなりになられたと知りました。

 驚きました。

 森山未來の作品では、「さよなら、小津先生」と「WB」では校長先生、そして「Smile−聖夜の奇跡」では、お茶目で子供好きなスケートリンクの支配人。すべて、未來氏扮する型破りで跳ねっ返りな若者を、暖かく見守ってくださっていて、その優しい笑顔にはいつも癒されていました。

 78歳。まだまだお若いのに……。

 寂しいです。

 心より、ご冥福をお祈りいたします。

2010-09-09

今日は最高気温が体温に届かず!涼しかった〜。

「黙阿弥オペラ」@シアタードラマシティ

| 21:44 | 「黙阿弥オペラ」@シアタードラマシティを含むブックマーク

 9/9 マチネです。

 見事な台詞、というか言葉の渦!役者も脚本も、見事日本語の機微を伝えて、その啖呵と気っ風に自然と涙がこぼれます。吉田鋼太郎さんの新七よかったな〜〜(涙)。ほんと泣かされたよ〜。席が遠かったので途中何度か獅童さんに見えたのが我ながら謎(笑)。ともかく存在感と感情の起伏の鮮やかさといい、ほんと良かった!

 これからこの方の胸を借りるんだなあ〜〜。いやあ勉強になるだろうなあ。一観客なのに、ぶるって武者震いするほどワクワクします。楽しみだ!

 ゆっきーは鮒釣り浪人からパリッと御家人、うさんくさい大蔵省官員に銀行支配人、縦横無尽に奔放に暴れてくれました。大満足!相変わらず、唾は一番飛んでたね♪

 藤原くんもさすがの台詞回し。身体の動きも、定番決めポーズが何度も繰り替えさえれるのが少々単調?って思った以外は、リズムや躍動感も有って良かったです! 可愛くもやくざでお調子者の機微を見事伝えておられました。

f:id:mmooh:20100909173057j:image:left

 

 会場に、やっとこさ「タンゴ」の仮チラが有りました。

 まあ、何て素朴!(笑)

 本会場シアタードラマシティですが、ほんとタダの白黒コピーです(苦笑)。いやー、もうちょっと何とかなってるかと思ってたので、この手作り感ったら、却って斬新だわ〜♪ 最近準備始めたばかりですって感じだよ。

 もう少ししたら、もう少し何とかなってるのかな?(笑)何とかなってますように♪

2010-09-08

コンピアルバム「モテキ的音楽のススメ」いつか夏樹盤&林田土井亜紀盤

| 20:41 | コンピアルバム「モテキ的音楽のススメ」いつか夏樹盤&林田土井亜紀盤を含むブックマーク

f:id:mmooh:20100908203417j:image:left

 

 気温33度ときいて、涼しい〜〜と思う自分がいじらしい。だって、連日37度〜38度やったもんなあ。

 そんななか、コンピアルバム2種、到着だ!

 よーし、iTunesに入れるぞ〜! 

2010-09-07

「モテキ in ナタリーTV」@Ustream

| 01:08 | 「モテキ in ナタリーTV」@Ustreamを含むブックマーク

 おもしろかった!

 撮影裏話やら音楽のことやらいっぱい聞けて、すんごい楽しかった!あんまり憶えてないけど(笑)。憶えてないけど、うろ覚えをうろ覚えのうちに書いておきやす(苦笑)。記憶間違い沢山有ると思うので、くれぐれも信用しないでくださいまし。私の脳内残像を書いてるだけなんで。後で間違い気づいたらこっそり書き直しますけど。

 以下、もちろん順不同で。

  • 久保ミツロウ先生は白クマくんで参加。変だけどまあクマはもふもふしてて可愛い。大根さんとはもう話すことが無いとな(笑)。→久保さんのツイによると、犬だったらしい!(笑)わからんて。
  • 企画の段階では、某大手制作会社?広告代理店?と話が始まったのにそれが途中で放り出され、森山未來主演+大根演出という子供だけが路頭に迷った……表現は違うかな、でもそんなことを言ってました。
  • だいぶん経ってから、黒髪&無精ひげ&サングラス。白地のTシャツにペンダント(2本?3本?)、柄ものの楽そうなパンツで登場。髪また黒くしたんだ〜〜。お仕事でしょうか。タンゴのプロモ?
  • いま度付きのメガネがサングラスしかない、と。夜にサングラスをかけて街を歩く、業界人みたいな感じでいきって歩いて周りがちょっと緊張するの見るのが流行ってる、と。子供か!(苦笑)
  • で、いきなり「週刊女性」ネタ。ほんとどーでもいいんだけどなあ。くだらん話題。それを取り上げてもらって嬉嬉として話す未來の姿が見苦しいぜ。初めて思った、みっともないな、って(笑)。まあ、それもどーでもいい話。仕事の話が聞きたい。
  • 仕事の話が始まると、俄然やっぱ人を惹きつけるんだよねえ、この人は……。それだけで十分だよ、ほんと。
  • おかもっちゃん「どおなっちゃってんだよ」、ライブ?映像の振付を一人研究してそれを交えて熱唱した未來氏。フレーズだけじゃなく全曲歌えますよ、といって歌っちゃったと(笑)。確かに誰でもできることじゃないわねえ(笑)。ともかく、かくかくしかじかの演出は森山未來じゃないと無理だ、という話が各所に出るのはいいけど、そこでムカイくんを一々引き合いに出す大根さん(笑)。
  • いま思い出したので追加。おかもっちゃんの映像でヴォーグっぽいダンスが入ってるのが有って、それの振付をバッチリ練習したって。紫色の男の人二人と映ってる(?)ライブ映像がそれ、だったかな。
  • 「夜明けのBeat」PVの仕事は、世田谷公園でパヒューム撮ってた時に話が入って、ああ、森山未來に踊らせればいいんだと思って「やる?」と未來氏に聞いたら、「いいっすよ」と即決(笑)。そんな風に決まるんですね〜〜。でもありがたい、よく撮ってくださった!
  • で、そのPV、長谷川寧さんの振付の打ち合わせをする時間が殆ど無く、当日ぶっつけ本番に近く(11時からの撮影で10時に受け取る?だっけ)、付けてもらったとおりではなかったのが申し訳ない、と恐縮する未來氏。
  • フジファブリックの曲はずっと好きだったので(『アラモルト』がすごく好きだった)、追悼とかそういう感じにはしたくないと思っていた。曲そのものの疾走感を感じながら動いていた。
  • 最後のバンドのシーン。ホントはバンドの後ろで背景的に踊るはずだったんだけれど、前に出たくなって出しゃばっちゃいました、と(笑)。それを好きにさせてくれる大根さん♪
  • デブフジの声が未來くんだということ、意外と知られていないらしい。いや、わかりますよ(笑)。でも本人は、「森山未來が太ったらこんな声」とイメージしながら声の研究をしてるそうです(笑)。
  • 「みつしま」と、ひかりちゃんを呼び捨てる未來氏(笑)。「ネジ」でもそうだったのかな♪
  • 6話のいつか熱唱カラオケシーンは、最後に幸世の足下に落ちてくるのは台本にもなかったと。身体が勝手にそう動いた、とひかりちゃん。墨さんの所に行き、島田の所に行き、最後にフジくんの膝に落ちる…。すごいなあ、神が降りたんだね。
  • 撮影の時には、の子さん(神聖かまってちゃん)が呼ばれていて、何テイクも撮ってみんながひかりちゃんの神懸かった熱唱に感動しているのに、「もう一回」と撮り始める大根さん。「そうかあ、もう一回かあ〜」と胸を打たれていたら、「の子くん」(と言った!)がマイクとか付けてて、え?と思って。話を誰も聞いてなかったから。(ひかりちゃんには伝えてあったらしい)だので、DVDには、途中から「の子」さんが一緒に歌うバージョンが入るはず、と。
  • でもその流れを聞いてなかった男性キャスト陣(リリーさん、新井さん&未來氏)は、撮影中もそっちを見るわけにもいかず(いつかの芝居場面だし)、撮影終わってから飲みに行って、大根監督を呼び出し、あれはない!ひかりちゃんの熱演なのに!と総攻撃したとか(笑)。
  • でもDVD特典は是非見たい!
  • 大量かつ長い長いキスシーン。撮ってる方がむずむずして大変だと(苦笑)。階段での夏樹&フジのキスシーンでは撮ってるスタッフがいろいろ体調に変化をきたしたとか(苦笑)。「あ、やばい」と大根さんが動揺してカメラが下を向いた時に、幸世のつま先立ちが撮れた、と。なにそれ〜〜、ちょっと話作ってませんか?(笑)
  • 「よく大丈夫だね、未來くん」と振られる未來氏(笑)。
  • キスシーンはすごく緊張するので意外とだいじょうぶだ、と(笑)。でも(モテキのそういうシーンは)尺が長いので、後半やばくなった時があると(苦笑)。長くなると緊張が薄れて、見られてる、撮られてる、という意識が薄まると、そうなるとちょっとやばい、と。「どこ?(9話の)土井亜紀のとか?」と聞かれて、「うん、そうかな」ですと(笑)。来週ですね〜(東京は今週か)。まあ、そうなっちゃってそうな予告編映像ですが(苦笑)。
  • というか、この人ときどきそっち方面やばいですよね、舞台上とか(笑)。ってまあそれは擱いといて。
  • 8話の階段シーン。「いけるかも」と土井亜紀の胸を触ろうとするフジ。台本には有ったけれど、いいんだろうかと躊躇してたら、野波麻帆さんが「全然いいよ」と。まさにドンと胸を貸してくれたわけだ!(笑)。おっとこまえ〜!
  • キスの音も、現場での音そのままだとのこと。それを聞いて未來氏、「へーそうなんや」と小さな声で言ってます。まあ自分ではわからんか。
  • その8話。オンエアを見た未來氏は、思わず大根さんに電話をして「あんたは凄い!」と絶賛したらしいです。さすがの上から発言!(笑)ミュージックラバーで、スガシカオさんに「この人絶対来る!@中学生未來」と言ってのけたのを彷彿とさせます(笑)。古田さんに思いっ切りダメ出ししたりね(苦笑)。ほんま、すんません。
  • 大根さんは、主役俳優とは一度しか仕事をしないことにしてるらしい。だから森山未來とも、これが最初で最後、と。ちょっと残念そうな未來氏。久保先生ともこれが最後、ですって(苦笑)。
  • あと何話してたかなあ。ともかくすごくおもしろい!やってて素直に「見て!」てみんなに宣伝できるのが嬉しい、と。
  • アフレコもすごく楽しいみたいです。毎回すごく楽しい、と。
  • DVDでは、ディレクターズカットなので、アフレコをまだいっぱい録らないといけない。まだまだモテキの仕事は続くそうです。そりゃそうだね!
  • 最後にサングラスを取って、と言われ取ったけれど、顔が赤い?どうやら大根さんと二人はビール飲んでたらしい、ですね(笑)。目がしょぼしょぼしてる。度付きのメガネかければいいのに。
  • Ustreamの視聴者数が4500人超えた、と聞いて、画面表示を見ようともう一度サングラス。うん、今日のその目の状態なら、サングラスしてる方がいいや(笑)。
  • 最後にみんなで「モテキ」関連本(4.5巻、コンピアルバム)を手にしてエンディング。だのに「週刊女性」をアピールする未來。やめなさい、みっともないから(苦笑)。大根さんにも叱られてるよ、アピールするものが間違ってるって。
  • 楽曲を使う権利の話もしてはりました。江口洋介は金銭的に諦めたって。そうなんや〜!左門字さん!録りおろし生録で入れてくれないかなあ〜カルマの頼み。
  • そうだ、ドラマの音楽は、楽曲全て毎回作ってはるそうです!すごいなあ。

 と、一部を除いて(笑)、とーっても面白い番組だった!これ、DVDに特典映像で入れて欲しいなあ。一部でもいいから。

 このナタリーさん、最終回までに、もう一度くらいやってくれないかしら。次回は女子も全員登場して、さんざんフジくんをつるし上げる、というの、おもしろいんじゃないかしら(笑)。また白髪ができますね♪

 いやあ、ほんと皆さん、天晴れです!

モテキ第8話@TV大阪

| 02:27 | モテキ第8話@TV大阪を含むブックマーク

 いやはや、幸世というのはとんでもない大バカもんですなあ。勝手に自己完結、鎖国状態。傷つきたくないという自己防衛が最優先命題だから、批判されるのが一番怖い。頭ではこれじゃダメだとわかってても、価値基準が自分の中にないから、外からの批判攻撃にすぐ負ける。こんなことなら何もしない方がマシだ、と合理化する。第一話だっけ?第二話だっけ、に出て来た「居心地の良い地獄」に逃げ込んで自己否定している自分を確認するのが、唯一のねじ曲がった「自己肯定」。というか、唯一の「可能性」。だのにSEXだけはしたい、と。ああ、男ってバカだね〜。

 と、まともに考えてもしかたないんですが(笑)。

 お芝居としては、今回もいろいろ楽しませて頂きましたよ。

 両側から蹴っ飛ばされて、微妙ににやけながらキョドっているフジはあほで可愛かったし、へたっぴなシャドウボクシングからしれっと「こんばんわ〜」には笑ったし、墨さんとこにカレー持ってったといって、スイ、と顔から先に絶妙のタイミングで踵を返して外に出て行こうとするフジ(というか森山未來)は、さすがの体内リズムだし、マンションを出てから徐々に加速を強めて鮮やかにトップスピードに乗る疾走っぷりは、直後の情けない爆死を思うと滑稽なほどかっこいい(笑)*1

 まあ、しかし、何だかんだ言って、モリヤマミライのキスの色っぽさと雄弁さは鉄板ですね(笑)。

 BatBoyエドガーのキスとリップノイズは、泣きたくなるほど愛に溢れてたし、吾一のキス&ベッドシーンは、無私で直向きで誠実だったし、レオナルドの狂おしいほど情熱的なキスとラブシーン*2は、こんなに激しければ死と隣り合わせなのも仕方ないと思わせるに十分だった。

 で、フジのキスは……。ともかく慾が先に立つ、と(苦笑)。相手のことよりキスという行為に夢中。そりゃ、土井亜紀じゃなくても「ちょっと待って!」てなりますわ。そやのに「そんなこと言うんだろ?!(ニヤニヤ)」なんて、耳学問で自信たっぷり、あ、ネット情報? ああ、ほんまアホやわ!

 しかししかし、目が釘付けの来週の予告ですよ(笑)。いやあ楽しみです。モリヤマミライのベッドシーンは期待を裏切りませんから、ご同輩(笑)。フジ的にはいろいろ情けないですが、絵としての美しさは太鼓判だ!なーんて、私に押されても意味無いよね(笑)。

第8話動画コメント@モテキ携帯サイト

| 02:27 | 第8話動画コメント@モテキ携帯サイトを含むブックマーク

 久しぶりに未來氏コメント登場です。

 今回はおもしろかった!!モテ曲の「永遠のパズル」橘いずみに因んで、自分(森山未來)の子どものころのエピソードを語ってますよ♪

 なんでも、

  • 小さいころ、家族でカラオケに行くのが「習慣」だった(面白い言い方するよね!)。
  • その時に僕は、KAN「愛は勝つ」、マッキー(と言った!笑)「どんな時も」、チャゲアス「Say Yes」を家族に歌わされるのが「決まり事」になっていた(笑)。*3
  • で、その時、高校生ぐらいだった姉は、必ず橘いずみさんの「失格」を歌っていて、
  • 「♪あなたは失格」*4って、むちゃくちゃかっこよくって!
  • で僕は橘いずみさんが大好きだったんですが、「失格」もすごくかっこいい曲なので、よかったら是非聞いてみてください!
  • それでは〜〜〜。といつものおちょくったようなお手振り(笑)。

 いやあ、久しぶりに和ませてもらいましたわ。上の三曲が歌える時期だと1991年夏以降ですね(@wiki)。7歳ですか、未來坊や(笑)。7歳でこの三曲を熱唱してたらそりゃ可愛かろう。デレデレ。私が親なら永遠に歌わせますね〜。間違いない。

*1:「夜明けのBEAT」PVのパロディ?

*2:ベッドじゃないので(笑)

*3:むちゃくちゃ時代わかる〜〜!(笑)

*4:気持ち入ってます!(笑)

tomkotomko 2010/09/09 02:01 9月7日の日記長いっす(笑)。コメント欄がなかなか見つからなかったよ!舞台上でやばい…と感じたのはやっぱアレですかね?血のなんとか(笑)。

mmoohmmooh 2010/09/09 09:59 ごめんごめん!(笑)最近の書き方は日記から外れてきてるから、ページフォーマットを隊長んちみたいにブログ形式にしてもいいのかもね。後で試してみよう。
えっと、舞台上でやばいと感じたのは(笑)、血のなんとかだと、森じゃなく馬のところとかね〜〜。あと、赤クアトロのシーンとか。あれはいつもヒヤヒヤしましたよ〜。って、何の話や(笑)。

2010-09-06

京田辺市で39.9度だそうで。百葉箱の中でこれだから、実際は40度超えてたでしょうね。留学時代に40度超えを何度か経験してますが、あれは意識がもうろうとなる。学校なんてやってる場合じゃないよねえ。

「結成30年!劇団☆新感線を暴く!!」@関テレ

| 04:15 | 「結成30年!劇団☆新感線を暴く!!」@関テレを含むブックマーク

 おもしろかった!全国で百数十万人が感染している「新感線☆症」の実態を暴く、というすんごいベタな筋なんですが(苦笑)、古田さんといのうえさんのガッツリなインタビューや、じゅんさん司会での劇団員座談会(粟根さん、聖子さん、インディさん、右近さん、逆木さん、サンボさん、よしこ姐さん、かなこさん、磯野さん、メタルさん、エマさん、さとみちゃん)とか新感線節、炸裂ですよ〜! AERA MOOK本の『劇団☆新感線30年 サムライたちの軌跡』を彷彿とさせる内容もあるけれど、やっぱり肉声と賑やかな笑い声と共に聞くと全然違うね!だって、阿部サダヲさんのインタビューでは、お決まりオープニングの「ディフェンダー」の触りが流れたよ!あれ聞くと上がるもんなあ!

 そんで、客演陣の中で、松雪さんと未來さんを取り上げて、その二人の印象をいのうえ&古田が語る、なんて涙もんのコーナーも有りました。これは泣ける(下の方に書き起こしておきました)。

 取りあえず、番組の流れをたどってみますが、まず冒頭、いろんな舞台の場面が立て続けに流れましたが、わかる限り順番に記してみますと…

  1. 五右衛門ロック(コマのカテコシーン)
  2. SHIROH(カテコ&観客総立ち
  3. 阿修羅城の瞳(染五郎さんの殺陣)
  4. メタルマクベス(出ました!う☆こズラのJr様の殺陣@サンボさん面前)
  5. 五右衛門ロック(スペイシーな松雪さんのピストル蹴っ飛ばし)
  6. アテルイ(染五郎さん殺陣)
  7. 蜉蝣峠(古田さんの見得)

 かな。その後、天海祐希さんへのインタビュー(りりしい!)から、いのうえさん&古田さんのインタビュー。これがおもしろいんだ!

  • 若い頃のいのうえさんはどんなだったか?という問いかけに、古田さんが「尖っているというかね、刺々しかった。誰にでもケンカ売る、みたいな。俺は天才だ、と言ってはばからない」という答え。それに対していのうえさんが古田さんを称して「お前は自分を宇宙一うまい役者だと言ってたでしょ!」「後輩のくせに、何かなめられてるような空気が有って……笑」などと過激な暴露のしあいっこ(笑)。そっか〜、これが後の未來評の伏線なんだ!みんな若くて尖ってる、ステキだ!
  • 2800人動員していた劇団なのに、古田さんが入った最初の公演で、600人しか入らなかった、と(笑)。2200人に嫌われることをしたのか(by 古田)。
  • AERAムックに書かれてた、毎月公演で疲弊した話、とか、疲弊した時代にいた奴らは強いとか、うん。確かに。
  • 「もう、東京に行きましょうぜ。東京、俺よりも、足下にも及ばない奴らが人気もんなんですよ!」「どうせ大阪でやっても、こんなに人が入らないんだから(笑)」(by 古田)

 やっぱり、古田さんもいのうえさんもトゲトゲに尖ってたんやなあ!かっこいいな。若いってそういうことやもんね。驕りと蹉跌が青春の証だよなあ。

 続いて座談会。

  • テーブルに広げられたチラシ群。自分が持っていないチラシをコッソリ取って持って帰ろうとする粟根さん(笑)。子供か!
  • 聖子さん、色白くてキレイやな〜。「手伝いですから」の話、ムック本にも書いてあったけれど、そっか、大阪芸大で副手してはったんやね〜。
  • ジュゴン健一さんがステキです。
  • しかし、温泉街出入り禁止ですか(苦笑)。そらそんなことしたらあかんわ(笑)。
  • 撮影してる人、ファインダー覗きながら笑ってるから!

 サダヲさんインタビュー。かわいい!朧の殺陣シーンが流れます。かっこいい!

 で、なぜか(出てないのに笑)八嶋智人さんインタビュー。そうですか、メガネキャラが被りますか、粟根さんですか、新感線出演が叶わないのはそのせいですか(笑)。

 その後に、新感線を見たことない人を被験者に脳波チェック。「蛮幽記」。どんどん脳波が赤くなるのはおもしろい!堺雅人さんの笑いながら人を斬る暗殺者&早乙女太一くんの踊りと殺陣で好反応!検査官が頬杖ついて見入ってるよ〜。でも、できれば「五右衛門ロック」でチェックして欲しかったな〜。クライマックスの「名乗り」場面でどこまで真っ赤になるか、見たかったぞ(笑)。

 さあ、そしていよいよ、共演者評ですよん。

  • 松雪さんは、上品で下品(笑)。ざっくりとして男っぽい。うんうん。わかる。色っぽいけどかっこいい!
  • 森山未來さんは?(インタビュアー)二人が愉快そうな笑顔になります!
  • 「未來は、俺たちの若い頃みたいな奴ですね。誰に対しても牙を剥く。頼もしい奴ですよ」(古田さん)。
  • 「『古田さん、動いてくださいよ!』(そんなこと言うんですか?by インタビュアー)「ええ、こないだね(笑)」(いのうえさん)
  • 「『つまらん!全然つまらん、こんな芝居。おれはもう少し古田さんに動いて欲しいです』笑」(古田さんったら、未來氏の口ぶり真似ながら楽しそうに再現してます。ありがたいなあ)
  • 「良いですよ!良い奴です、すごく、やっぱり。すごく前向きですし、うん。」(いのうえさん)

 ああ、有り難い。お二人が未來氏の跳ねっ返り振りをとても楽しんで面白がってくださってるのが、ビンビン伝わりました。ほんと有り難い。

 未來さん、まだまだ跳ねっ返り続けて、新感線の先輩達を頼もしがらせないと、この恩は大きいぞ〜!

 

 番組はまだまだ続きますが、この辺りで落ちます。寝……。

しずくしずく 2010/09/06 17:09 イーなぁイーなぁ。。。なぜ関西だけ???
スミマセンいきなり。新感線と松雪ファンなのです。
blogたまに覗かせていただいてます。レポ最高です!!!
でも・・・やはり映像が見たかったです。うらやましい。

mmoohmmooh 2010/09/06 21:11 しずくさん>コメントありがとうございます!
ほんとですよね〜。脳波探知機まで持ち出して、実際にゲキシネやってるシネコンのプレミアム上映室借り切っての脳波チェックです!気合い入ってました。ほんと全国でも放送すればいいのに〜。
劇団員の座談会も、かなりカットしてるんやろうなあ。もったいない!という感じです。お宝映像の上映も有って、とんでもなく盛りだくさんでした。
松雪さんのファンでいらっしゃるんですね!松雪さんと古田さんはホントに仲良さそうですね。場の空気が和んでました!
番組続きのレポ、時間を見つけて書き込んでおきます(明日以降かも…)、よろしかったらまたご覧くださいませ^^

mmoohmmooh 2010/09/09 10:03 しずくさん>コメントありがとうございます!
ほんとですよね〜。脳波探知機まで持ち出して、実際にゲキシネやってるシネコンのプレミアム上映室借り切っての脳波チェックです!気合い入ってました。ほんと全国でも放送すればいいのに〜。
劇団員の座談会も、かなりカットしてるんやろうなあ。もったいない!という感じです。お宝映像の上映も有って、とんでもなく盛りだくさんでした。
松雪さんのファンでいらっしゃるんですね!松雪さんと古田さんはホントに仲良さそうですね。場の空気が和んでました!
番組続きのレポ、時間を見つけて書き込んでおきます(明日以降かも…)、よろしかったらまたご覧くださいませ^^

2010-09-04

「夜明けのBEAT」PV撮影の裏側!

| 11:05 | 「夜明けのBEAT」PV撮影の裏側!を含むブックマーク

 フジファブリック「夜明けのBEAT」、PV撮影のコンセプトや苦心の在処を解き明かす内容で、なかなかおもしろい。

 no title

 長谷川寧さんは、以前、「変身」の楽屋で初対面した時、未來氏が鞄から「冨士山アネット」公演のチラシを取り出して驚いた、というようなブログを書いておられたような記憶が有るけれど、PV振付の指名をしたのは、未來氏自身だったのね〜。触れ合った瞬間で関係性を築いている。うん。

 プロジェクターの映像投射が、疾走と並走してその場で行われたというのも驚いた。画像処理なのかな、とちょっと思ってた(汗)。反省反省……。しかしすごい。ライブであること、瞬間であることを大切にする、大根仁監督と森山未來ならでは、ですね!

 

mikumiku 2010/09/04 22:39 ほんとうに 未來君は瞬間を大切にしますよね。よく考えると、生きてること自体「瞬間の連続」ですよね。うまく表現できないけど・・・

mmoohmmooh 2010/09/05 00:44 mikuさん>同感です。以前日記にも書いたかもしれないけれど、「過去」も「未来」も、瞬間ごとの「現在(いま)」が積み重なっているのだから、「時間」などは存在しないのだ、という思想を読みかじった時に、彼のことをふと思い出しました。彼の場合は、机上の理論じゃなく、身体全体でその事実を感じ取って確信しているところが力強いんですよねえ……。

2010-09-03

 昨日、もすこし日記書くつもりだったのに、9時半にダウン。昼間の暑さに、体力が夜まで続かない……。

 おっとっと。午後になって怒濤の情報ラッシュ!今日はこんなに書くこと無かったはずなのにな(苦笑)。

『J-WAVE SPECIAL KIRINJI IN WONDERLAND 〜夜に浮かぶ〜』

| 17:28 | 『J-WAVE SPECIAL KIRINJI IN WONDERLAND 〜夜に浮かぶ〜』を含むブックマーク

 9月11日オンエアだって!土曜日だって〜(涙)。平日なら,Brandnew Jで聴けるはずなんだけど,週末は確か放送休止だったよなあ。な,なんとかせねば。だってだって,未來氏の朗読ですよ〜〜!そんなの聴かなかったら悔いを千載に残しますよ(涙)。なんとかする!

 ページが見つかりませんでした

 no title

 上のCinraの記事によると,キリンジの初エッセイが近々発行されるとか。そこには未來&キリンジの対談も有るとか!うん,キリンジマニアだったもんね〜〜。良かったね!未來はん!

ナタリーinナタリーTV

| 17:29 | ナタリーinナタリーTVを含むブックマーク

 これも午後にTwitterで発表されましたよ。こっちは7日夜だって。もうすぐだ。忘れず家に帰らないと〜。

 森山未來も出演「モテキ in ナタリーTV」生配信決定 - 音楽ナタリー

 ナタリーTVはこちら♪→ナタリー - ポップカルチャーのニュースサイト

栗尾さんから行人にお手紙!

| 17:29 | 栗尾さんから行人にお手紙!を含むブックマーク

 昨日の日本酒メッセージ to 野間口さんを受けて,野間口さんがとっても素敵なお返事を!ああ,なんて素敵。

 ふむふむ,栗尾さんったら,ミルクティから日本酒に乗り換えられたんだ!よかった〜。ニコニコ酒を酌み交わす二人かあ……。ああ癒される。

 ワンカップ,すっごく楽しみになってきましたよ。えーっと何個頼もうかしら。ダースでもOKなんだけどなあ。あ,値段次第か(笑)。

 404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

「その街のこども」劇場版

| 10:31 | 「その街のこども」劇場版を含むブックマーク

 昨日、正式に情報公開になったのかな。一度閉じられていたHPも再始動です。改めて。

 映画「その街のこども 劇場版」公式ホームページ

 フラッシュで現れる写真の中に、Chameleon Newsの最初のページに有った、天を仰ぐ未來氏と同じポーズの、青空とビルを背景にした美しい写真があります。人間って、こんな風に天と水平に空を仰ぐことができるのかしら……私は全く無理だけれど(苦笑)。

9月5日深夜放送予定!「結成30年!劇団☆新感線を暴く!!」@関テレ

| 10:05 | 9月5日深夜放送予定!「結成30年!劇団☆新感線を暴く!!」@関テレを含むブックマーク

 5日深夜00:40から、一時間?の特集番組ですぞ。日付は6日ね♪ 間違わないようにしなきゃ。

 404 | 関西テレビ放送 カンテレ

緊急報告 新感線☆症(シンドローム)の実態!! 大阪で生まれ、今や日本一の劇団となった劇団☆新感線。なぜ、これほどまでに人気を集めるのか? その謎に迫ります。天海祐希 阿部サダヲ 田辺誠一 坂井真紀 いのうえひでのり 古田新太 橋本じゅん 劇団☆新感線 

だって!

 楽しみ〜。

『Meets』268「TV男子解剖学」&『サンデー毎日』9/12「岩切徹が斬る夏ドラマ」

| 10:05 | 『Meets』268「TV男子解剖学」&『サンデー毎日』9/12「岩切徹が斬る夏ドラマ」を含むブックマーク

 昼食に入ったカフェでパラパラ見てたらば、雑誌真ん中の「Culture mania」部分に「モテキ」が取り上げられてました。表紙が「木屋町先斗町だけどす。」ってなってるやつ。

 『Meets』って、今は無き『L magazine』のエルマガジン社発行なので、他の地域情報誌よりも、マニアックでカルチャー紹介がオリジナルな気がするんだけれど、そこでの小さなコラム。写真はドラマの1シーン。多分第8話、階段で土井亜紀に詰め寄る(?)フジくんのシーン。キス間近、なあの場面、です。

 曰く、「(フジを)演じるのは、多くの女子から“森山未來は好きだけれど、森山未來のそっくりさんは別に〜”と言われたであろう森山未來」「微妙なルックスラインと演技力がこのドラマの屋台骨をがっつり支えている」とな(笑)。あ、テキストは、松本美香さんです。まあね。褒めてくれてるんだよね(笑)。

 『サンデー毎日』今週号の「岩切徹が斬る夏ドラマ」では、もっとハッキリと賞賛の言葉が。未來さんの「全身切実な」演技を指摘して「今期一番の男優」との評がうれしい。この岩切さんは、NHK芸術劇場の「変身」もご覧になっていて、「客観的に自分の体と演技を計算できる」人だとの一言も添えられていて、こちらとしても鼻が高いです(笑)。この岩切さんが「モテキ」について、“(フジの感情が乱高下する様を)独白交じりで実況しているドラマ」と位置づけておられるのも興味深いです。

 でも、このコラムに使われた未來写真が、なぜか勇太郎なんだよね(笑)。同じメガネでも違うから!というか、こうして改めて勇太郎を見てみると、面立ちがやっぱり幼いんだ…。あれから4年だもんなあ。いろいろ有ったよ、この4年(笑)。

2010-09-02

 今日もいろいろ有りましたが、細々とポツポツと更新します。後から『Meet』とかね♪ あ、小ネタだよん!(笑)

Chameleon News, Vol.4 到着! 

| 21:28 | Chameleon News, Vol.4 到着! を含むブックマーク

 ポツポツ、勝手に無言で追記していきます(苦笑)。

   ******

 届きました!すごいすごい!

 今までの会報とは、全然違うじゃないですか!これは冊子と呼べるぞ、すごいぞ!

 封面の文字が、未來筆ですね。こういうの嬉しいなあ。

 で表紙を開いて、この美しい喉! 「その街のこども」写真展で掲載された、あの青い空の下の喉ですよ。青い空は無いけど。

 「長谷川まき」さんのGriffon直前稽古場レポ、おもしろい!これは良いな〜〜。未來氏の特徴が、まざまざと捉えられてる!さっすが〜〜。

 あと、長友さんと須賀さんの対談も興味深い!そうだよね〜。ミラジーノの撮影時、長友さんがサッカーで遊んでくださってる写真、ありましたもんね(笑)。当時のUマネが、「長友さん、いつも(遊んでもらって?)ありがとうございます」ってお礼言ってたの、懐かしいや(笑)。

 スタイリングについて、未來氏が他の人と違う点として、「なぜこうなのか、って説明すると理解してくれる」(by 須賀)というくだりが印象的です。それと、むくみとりグッズ?(笑)私もそれ欲しいぞ! そっか、やっぱお酒飲んだ翌日は顔がむくむんだね……。気をつけようっと(苦笑)。

2010-09-01

 微妙に日付詐称で。

29日昼夜「球描く潮」*1&いきなり9月

| 02:30 | 29日昼夜「球描く潮」*1&いきなり9月を含むブックマーク

 昨日(31日)こっちに戻って来ました。怒濤にいろいろぶんぶん振り回された暑い東京でした。

 帰った昨夜は、仕事の打ち合わせ兼飲み会が早くからセッティングされていて帰宅はもちろん午前様。今日は、二日留守をした分溜まった仕事をこなしてるうちに時間ばかり経ってます。

 「きゅうかくうしお vol.0」の感想、描こう、いや書こうとは思ってるんだけれど、なかなか簡単にはいきません。というか、ひねくれ者……いや逆か、単純なのか……なもんで、すごい!!という問答無用の感動と同時に、ちょっと色々と苦めの後味が残ったりしてるんで、整理に時間がかかりそうです(笑)。改めて書くとは思うけれど、いまは初発の感想のみを……。

 ともかく、辻本さんはすごかった。身体、ダンスだけであれだけ人を吸引する力強さ。これはもう圧倒的でした。昼間に一緒に見た友人は、辻本さんの身体表現に今まで見たことのないものを見た!と興奮してたなあ。

 一つ感じたのは、昼間は、トマトのところの長台詞をモリヤマミライが語り上げた回だったんだけれど、そう、確かにモリヤマミライとしては、淡々と感情を込めずに語っていたとは思う、それでも、強い台詞、声の響きだけで時空を形成する言語力というか、そんなこんながやはり凄まじく、ダンスとは別空間についつい引きずり込まれてしまいました。なんとなく、そこで流れが止まったような感もあったかな。いや、ついつい聞き入ってしまうこっちがパブロフの犬だったのかもしれないけれどね。でも、友人もそう言ってたからなあ、「やっぱ彼の台詞力は反則だね」って(笑)。

 夜の公演を見て、あの長台詞部分も全体の一コマ、一欠片でしかないことには気づいたけれど、そうじゃなかったら(昼間のままだったら)、あれが作品のメインテーマなのかしら?と錯覚する程の、さすが役者モリヤマミライの台詞力でした。あの公演では却ってその台詞力は邪魔だったかもね(苦笑)。夜の、辻本さんの木訥とした語り(効果音的な…)の方が良かったな。身体表現としては辻本さんのダイナミクス部分がより際立って感じられた……。つまり、ダンスの辻本、台詞の未來、て感じに2項に分かたれてしまう感じ。いや、即興ダンスで構築されているから、そんな巡り合わせも面白いんだけれども、ね。

 そんな(?)辻本さんに、完全に任せて踊る(名実共に身を委ねる)未來氏の姿は、或る意味とても新鮮でした。だって、今まで見たダンス主体のパフォーマンスは、やっぱり森山未來が全体を牽引し、舞台を支配するプリンシパルだったので……。未來さんを自在に手のひらの上で転がすように誘導する辻本さんの表現力と、それに心地良く身を委ね、まるでプリマのように、その肢体を辻本さんに絡ませている未來氏は、とんでもなく美しかった、のです……。

 ほんとうに辻本さん、ありがとうございました。

 と、書き出すと、ポロポロ続いてしまうんだけれど、そんなこんな、あれやこれやの思い、また改めて心を整理して、書けるかな?だめかも?いやいやいや……。

カメレオンさんからお手紙!

| 02:30 | カメレオンさんからお手紙!を含むブックマーク

 「タンゴ」大阪公演申し込み開始!もさることながら、何なんですか!この怒濤の森山節炸裂メッセージは!

 「そこのあなた」。すみません、いちいち反応するので止めてもらえませんか?(苦笑) テレホンカード、死蔵されているもの思わず探してみたりしましたよ。幾らでも進呈します(苦笑)。

 で、テレフォンカードデザインはごきげんです(笑)。08:20の「日付」入り。早速iPhoneの待ち受けにしましたよ。ええ、ええ、アイロニカルな挑発へのわかりやすい釣られっぷりです、いいんですよ(笑)。

 「走るよろこび」手ぬぐい&ハンドタオル。

 石井麻木さんのNPOから、無地の手ぬぐいを購入しましたが、これはホントに使いやすい!気持ちいい!家中のタオルをこれに取り替えたいほどです!お風呂で身体をゴシゴシしてもすごくいい!だので、「走るよろこび」手ぬぐいは、相当数注文させて頂きます(笑)。値段かあ。実用としてたくさん買うから、ど、どうしようかなあ(苦笑)。

 ワンカップ日本酒、楽しみにしてます〜。私、酒飲みだからなあ……。これも相当数注文しちゃうかも(苦笑)。しかし、野間口徹さんと来ましたか!リンクが貼られててびっくり(笑)。くりおさーーん!また、ごろごろなついてたんだろうな〜〜くりおさん、もとい野間口さんに(笑)。ああもう、野間口さん!どうぞどうぞよろしくお願いいたしますよん(笑)。

 で、私も、お気に入りの蔵元有るんですが…。とっても良い蔵なんですよ。何度もおじゃまして見学させてもらい、蔵元さんに直にいろいろ調達してもらってる蔵なんだけれど……。「そんな森山未來がオススメする日本酒」を味わわせて頂いたら、一度私の贔屓蔵も、試してみませんか?未來さん(笑)。なんつって。

*1:これには参りました!目から鱗。dさん&アリちゃん、有り難うです!