Hatena::ブログ(Diary)

狼藉の日々 このページをアンテナに追加

2010-12-31

 今年も最後の一日となりました。

 いろいろとおつき合いくださった皆様、ありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いいたします。

髑髏城の七人?!

| 16:43 | 髑髏城の七人?!を含むブックマーク

 朝、桐ちゃんちとツイ情報で教えてもらい、お正月の買い出しついでに本屋さんへ!豪雪でしたよ。何度も滑りそうになったよ。でもこれを確認しなきゃ年が越せない〜って勢いで^^『シアターガイド』2月号!載っていましたよ。確かに隅から隅まで見ないとこれは見つからないわ。根性で探し出したぜ!

 「File-P」というコラムで、劇団☆新感線のプロデューサー柴原智子さんのインタビュー記事です。記事自体は、「鋼鉄番長」キャスト変更にまつわる様々な内情とお詫びと感謝、という内容で、そっかあそうだったのかあ、と色々教えて頂けてそれは大変ありがたかったです。で、お目当ての髑髏城情報は、本文中には書かれておらず、ご本人のプロフィール欄にさりげな〜〜く小さく有りました!「春には港町純情オセロ、秋には髑髏城の七人をひかえる」との文字列ですよ。わわわ、ぶるぶるぶる。

 DVDでは、1997年とアカドクロを持ってて(じゅんさんが出てるのだけ買った笑)、何度もリピって特にアカのあのゾクゾクするクライマックスに毎回鳥肌で……。そのドクロがとうとう生で見られるの??!!ああ、やった〜〜!初春ビッグニュースだよ!まだ大晦日だけれど!

 劇団からの公式発表はこれからですよね。でもプロデューサーさんのインタビューに書いてあるんだもん、信じてもいいよね?!

 希望としては、できればアカバージョンでお願いしたいです♪ そんでもって、えっと、えっと(笑)。んーとね、沙霧は女性限定キャラでしょかね?(笑)蘭兵衛も捨てがたいけどまた死亡記録更新しちゃうしさ。できればラストの7人衆、バシッと真っ白のバックライトを浴びてポーズ決めてほしいもの!おねがいします、いのうえさん!(笑)

 よーし、明日の初夢、決定だわ♪ああ、妄想って幸せ♪

南座顔見世@NHK14:00〜

| 12:33 | 南座顔見世@NHK14:00〜を含むブックマーク

 今日はこれを見なきゃ。ほぼ毎年顔見世行ってるのに、今年は11月〜12月、諸般の事情で行けなかったのがホント残念。愛之助、見たかったな〜。これは仁左衛門の「伊賀越道中双六 沼津」。録画!

エラー|NHKオンライン

2010年振り返ると…。

| 01:27 | 2010年振り返ると…。を含むブックマーク

 今年はホントに怒濤の一年だったです。いやはやいろーーんな意味で振り回されましたわ(笑)。とんでもない仕事ぶりだったなあ。こちらも走りに走った一年だったです……思い出すだけで呆然。とにもかくにも、一年のお仕事ぶり振り返っておくことにします。書けるところまで(書き出したらあまりに多彩で7月までしか書けなかった……続きは目が醒めてから笑)。→駆け足で書き終えました。あまりの怒濤ぶりに、これなら時系列じゃなくジャンル分けして書いた方がわかりやすかったな、なんて思ったり(笑)。まあどっこいどっこいですね♪

1月

  • 1月は、ひたすら「その街のこども」に明け暮れました。涙して微笑んで、人間の力に感動しました。
  • 変身情報が具体的に出だしたのもこのころですね。「その街」への心構えと「変身」への期待と、なんだか色々試されてる気分だったなあ。

2月

  • 「変身」情報がどんどん出ていく中、新感線30周年特集関連もいろいろあって、なかなか楽しい2月だったな。そうそう、「土俵際のアリア」のDVDが届いたのもこの頃だったわ。なつかし〜。まだまだ平和だったね^ ^
  • で、2月後半に「走れメロス」の情報が飛び込んだのですよ、ふー。そろそろ加速が掛かってきましたよ♪

3月

  • 3月は「変身」です。ひたすら「変身」。グレゴールに完全にもってかれてしまいました。なんて素晴らしい役者だろう、表現だろうって何だか誇らしくってしょうがなかった。Levis情報が流れたのもこの頃ですよね。店頭のビデオ、見に行ったなあ〜(笑)。
  • で、いきなりの結婚宣言!これには腰を抜かしました。いやはやいやはや。今でも若干意識が飛びますが、まあちょっとは慣れた、かな?(苦笑)。まあ私なんて、ほとんど勝手に親気分だからね〜。だめですわ。
  • え?「走れメロス」も3月25日に放映か…。いやあホントに怒濤の3月だったなあ(笑)。
  • そうだ、高崎映画祭で最優秀助演男優賞をもらったのも3月だったわ。いやあ、すごいな、3月!
  • まだあった!「塀の中の中学校」出演情報も、3月の最後に飛び込みましたよ。ふ〜この3月、よく乗り切ったよ自分!もう何も怖くないな(笑)。

4月

  • 4月に入って、大阪グレゴールから新潟千秋楽に向けて、まだまだ「変身」は変貌し続けてました。生まれて初めて新潟まで行っちゃった(笑)。見届けないわけにはいかない!って気分だったのまざまざと思い出す(笑)。
  • Kanebo(だっけ?)「Ginger」ウェブドラマってのもこの頃でしたね。何だか遠い昔のようだわ。「ルージュ」って言葉に失笑してしまったよね〜(笑)。
  • 4月最終週、連休冒頭に、「その街」巡りをしました。歩いた歩数が3万を超え4万に垂んとしてました。でも充実だった!幸せな時間だった。一緒に歩いてくださったRちゃん、Nさん、ありがとうございました〜。楽しかったね!

5月

  • 5月!薔薇サムに行き、「Music Lovers」でスガシカオさんのゲストラバーズで登場する未來氏にほくほくし、Griffonの詳細が発表され、「その街のこども」が放送文化基金大賞を受賞し、なかなか幸せな5月でしたよ。
  • と言っていた最後の最後に、踊るモリヤマミライに打ちのめされたんだ。5月も最後の最後でした。モダンミリィの「2300JacksonStreetComments」。水を得た魚のように光をまとって踊り跳び回転する彼の美しい指先足先に、ただただ溜息……でした。

6月

  • 6月に入ったとたんに「Griffon」です。これも面白かったな〜〜。良い舞台だったな〜〜。
  • 「タンゴ」出演情報が飛び交い、「モテキ」主演情報に右往左往し、いきなり、ラジオにも登場されて確保に東奔西走(心が)したり、いやあ、6月も走りました(笑)。

7月

  • 7月は「モテキ」の熱風でした。たいへんだった。こっちは電波が届かなくて、久しぶりに砂混じりのアナログテレビ画面で苦労したよ〜。
  • 7月後半に、フジファブリック「夜明けのBeat」PVが公開されました。これは良かったな〜。何度見てもかっこいい。ほんと、すごいPVを撮ってくださいました!大根さんに感謝!
  • で、最後に飛び込んだのが、辻本さんとのダンスライブ告知ですよ〜〜。いやあ、ほんと何という一年だ。まだ7月ですよ(苦笑)。

8月

  • お誕生日おめでとう。26歳だね〜。思えば遠くに来たもんだ(私も)苦笑。
  • 引き続き世の中は「モテキ」です。電波が万全じゃないというのは終始影響したなあ。今ひとつ私の中では盛り上がりに欠けつつも、一応いろいろ追っかけては見た。でも熱すぎたよ、今年の夏は。気力振り絞って最後の日曜日に「きゅうかくうしお」に行きました。辻本さんにひたすら感謝の夏の終わり…。

9月

  • 「その街のこども」劇場版の情報が公表。
  • キリンジとのコラボで、ラジオのナレーションなんてのもやってくれましたね。
  • 「タンゴ」&「モテキ」関連で雑誌登場が相次ぎ、「走れメロス」映文連アワード準グランプリを獲得し、「ネジと紙幣」「変身」のDVD発売情報が流れ……。ご本人の露出とは別に、あっちやこっち、やっぱり慌ただしい9月だった。単方向じゃないんだもんね(苦笑)。

10月

  • 「タンゴ」番宣でFM802。ラジオから流れる彼の声にほ〜っと癒されたなあ。夜のラジオにぴったり。いや、放送は真っ昼間だったけれど、録音を何度も夜に繰り返して聞いてたらから(笑)。
  • 忘れちゃいけない。「塀の中の中学校」も放送されました。彼と謙さん、一対一の芝居に何度見ても涙が出ちゃう。
  • で、いきなり飛び込んだ「Revival/ヤザキタケシ」!新長田でモリヤマミライが踊るですって?!ほんと、今年はこの手のいきなりサプライズが多すぎました(笑)。

11月

  • 11月は「タンゴ」です。言葉の洪水に呑み込まれずに、その中で抗い続けるアルトゥル像には圧倒されました。抗うことが覇権にすり替わり内部崩壊を起こす。その一部始終が説得力をもって彼の全身から発散されていた。見事!だったなあ。
  • 関西では「その街のこども」も先行公開されました。初日に大阪に見に行ったけれど、「タンゴ」最中で頭の切り替えがこちらも大変だったわ(苦笑)。
  • でもそんな中で、FM802BINTANG GARDEN」で、無邪気にマイケルを語ってくれたりするもんだから。もう訳わかんないです(苦笑)。
  • DVDが立て続けに届いたのも11月。「変身」「ネジと紙幣」「モテキDVDBOX」。こんなこと初めてよ、届いたDVDがまだちゃんと見られてないなんて(笑)。

12月

  • 12月、行けない舞台が多すぎました。急に言われても動けないよ〜。「タンゴ」の為に、前後一杯しわ寄せしてたんだし〜〜(涙)な12月。
  • まず「ラブレターズ」。行けなかった(号泣)。これはホントに残念。聞きたかったな〜。そんで見たかったな〜〜ほくほくの笑顔。
  • あ、でも「Revival/ヤザキタケシ」には行きました!予想以上にストーリー性の明白なダンスの世界で、引き込まれた!彼の跳躍や表情や、美しい足指やら、堪能できて幸せだった〜。
  • でも、「その街のこども」舞台挨拶、「モテキ」発売イベント。どちらもせっかく関西で開催されたのに行けなかった……。でも仕方ないね。仕方ない、って納得した自分にもちょっとびっくりだけれど。
  • そして、映画「セイジー陸の魚」情報が解禁されました。来年に向けての目下唯一の情報。西島さんとの共演はすごく楽しみ!

 

 大急ぎで一年を振り返って、やっぱ今年はとてつもない怒濤の一年だったと改めて痛感してます。

 心鎮めるため、このお正月は新感線でも見まくってリセットしようと思います。鎮まるかな?

 とにもかくにも、皆様良いお年を!来年もどうぞよろしくお願いいたします。

mikumiku 2010/12/31 21:44 今年はこのブログを軸に未來君を追っかけました!1人で観にいくことが多いけれど、このブログを読んでいるので隣で解説を聞きながら未來君を観ているという感じでした^0^ ありがとうございました。きっと2011年も彼はうわーーーって駆け抜けていくんでしょうね。楽しみですね!!

mmoohmmooh 2010/12/31 23:47 mikuさん>今年も残すところ後15分です!いろいろ有った一年でした〜。
いえいえ、この日記なんて気まぐれで大した情報もないのに、いつもおつき合いくださった上にそんな暖かい激励いただけると……とても有り難いというか面目ないというか…(汗)。こちらこそ来年もどうぞよろしくお願いいたします!
それにしても彼の爆走ぷりはホントに見事でした。時に「あれ?いま何か走ってった?」ってキョロキョロする勢い(笑)。はい。来年もまたうわーーーーって走るんでしょうね。何とか取りこぼしは最低限に押さえてその爆走っぷりを見届けたいですね!

2010-12-27

 27日〆切の仕事、完了!いつもギリギリなのに、今回は午前中に完成させてしまってちょっと調子が狂った(笑)。

 あと年賀状を書き終われば、少し余裕の有るお正月になるのかな?(自信がない)

『挑戦者たち』by木俣冬

| 00:38 | 『挑戦者たち』by木俣冬を含むブックマーク

 木俣さんから発売が告知され、Amazonで予約していたものが今日到着しました!

 木俣さんなので、え〜?載るのはどの記事?!とワクワクドキドキでしたが、2008年RENT前の「踵に小翼」が収録されていました〜〜。ああそっかこれか〜♪ってまあルクスタアクチュールルポをまとめてるわけだし、そりゃこっちですよね。うん*1*2

 もちろん、ルクスタアクチュール*3掲載の「踵に小翼」記事の再録後には、木俣さんの見開き2頁のコメント記事が付されています!これは値打ち。だって、RENT後の、「変身」「モテキ」「タンゴ」、さらに「夜明けのBEAT」PV……そんなあれやこれやの短評も含んだ書き下ろし!

 木俣さんの言葉のセンスにはいつも唸らされるんだけれど、今回も「剝き身なまま」と彼を表現されるのには思わず深く頷いてしまった。全く守りの構えや余裕や手加減を見せない。そうなんですよ、ひたすら剝き身なまま、容赦無しなんだ……。そんな彼の姿をよくわかっておられる木俣さん。改めて、この人にずっと見続けていっていただきたいと思わずにおれない気分です。

 写真は、RENT前のルクスタ写真から2枚セレクト、雑誌掲載時はカラーでしたが、今回はすべて白黒でした。写真というよりアーカイブですね、この本は。

 ほかにも、ユッキーや唐沢さん、内野さんの記事、そんで近藤良平さんが入っているのも貴重です

 

挑戦者たち ?トップアクターズ・ルポルタージュ?

挑戦者たち ?トップアクターズ・ルポルタージュ?

 

(表)

 

 

*1:+actかな?とチラッと思ったけれど

*2:この記事は掲載当時すごく感動して、思わず2冊買っちゃいましたわ(笑)。

*3:ルクスタととことん思い込んでたわ。

2010-12-24

 随分時間が空いてしまいました。

 クリスマスイブ。仕事の〆切を27日夕方に切られちゃったので、オンもオフもイブも何もないっす。まあ、しゃーないですね(苦笑)。実はそんなにイヤじゃない。職場で若い人達とワインを一本空けて、それはまあ楽しかったけどね(笑)。

「その街のこども」舞台挨拶レポ@RECIPE KOBE

| 00:19 | 「その街のこども」舞台挨拶レポ@RECIPE KOBEを含むブックマーク

 先日来、今か今かとお待ちしていました!

 とても丁寧で心の籠もった舞台挨拶レポです。是非!

 no title

 

 東京での舞台挨拶も決まったんですね!15日か〜。ん?もしかして行けるかな?微妙かな(笑)。

「その街のこども」劇場版2回目@京都シネマ

| 00:08 | 「その街のこども」劇場版2回目@京都シネマを含むブックマーク

 大阪初日に梅田のシネリーブルで見て以来、ほぼ1ヶ月ぶりのこどもたちでした。

 大きな画面で、大きな音で、ツインドラムスや二人の息づかいや細かな表情の移ろい、そんなものを前にすると問答無用に胸がいっぱいになります。今回大きかったのは、ベランダで手を振るおっちゃん役白木さんの表情、目の動きがはっきりわかったこと。その優しげに二人のこどもを見守る穏やかに笑みを含んだ眼差しを見て、ぐっとこみ上げるものがありました。そんで、直後の「寒いんでもう中入ってください!」で堤防決壊です。

 客席は30〜50代?の男性が目立ちました。私の隣に座った男性は、公演でシャドウピッチング(なんて言うのかな?)する勇治の姿を見て、ぐぐっと息を呑み込んでおられました。あの場面も、少し場面が長くなってますね…。胸を打ちます。

 居酒屋で増えた二人の会話も、今回はちゃんと確認できました。なるほど……自然すぎて気づかなかったし、改めて見てみると、放送版も見事な繋がり具合だ……。

 見れば見るだけ発見のある映画です。あと何度か見に行けるかなあ。行けるとしたらどこだろう。DVDになると良いんだけどなあ。

 

 そうそう、放映が終わって劇場の外に出たら、ヨーロッパ企画の本多力さんの姿を発見。エスカレーターで前後ろで乗っちゃいました(笑)。またカメラがないか構えちゃったよ(内輪ネタ 苦笑)。しかし良く遭遇するな〜ヨロキカの人達(笑)。

2010-12-14

 12月最初の怒濤が一段落して日常に復しました。まだ妙にボケボケですが。先週参加できなかったあれやこれやは、皆さんからのレポで見た気になってホクホクしてます。ありがとうございました!

「その街のこども」舞台挨拶関連記事

| 17:52 | 「その街のこども」舞台挨拶関連記事を含むブックマーク

 no title

 no title

 地元神戸で森山未來さんが舞台あいさつ?映画「その街のこども 劇場版」 - 神戸経済新聞→追加

 出演に関するエピソードを語る森山未來さん、トランスフォーマー提供 - 神戸経済新聞→追加

 上の記事のどれもが、彼の真摯な姿を丁寧に伝えてくれています。自分の気持ちに真正面に向かって逃げない……。渡辺あやさんの「自分の立場や認識に問題意識を持てるのはすごい」という言葉に、彼のそんな姿が集約されています(@asahi.com)。CINEMA TOPICには、舞台挨拶の写真も有って、多分私服のままの、とてもナチュラルで作らない彼の佇まいも見ることができます。ほんと、うれしいな〜(感涙)。

モテキイベント@茶屋町NU関連記事

| 08:29 | モテキイベント@茶屋町NU関連記事を含むブックマーク

 「不思議」衣装だという当日の様子、報道に上がっていて嬉しい嬉しい。これ見る限りでは、そんな不思議でも無い、かな?(笑)今までにないモリヤマミライをイメージしたスタイリング!と紹介されたと聞きましたが。うん、確かにやけに爽やかです。コメント中身は生々しいけど(笑)。

 no title

 no title

 

 茶屋町ではないけれど、東京モテキイベント。暴露話がかなりおもしろい♪ さすが麻帆ちゃん!

 野波麻帆に「パンツ一丁になれますか」 - ライブドアニュース

2010-12-11

 ありがとうございました。

 見境無い「お願い」だったのに、昨日の奇跡の舞台挨拶、種々報告を聞かせてくださってありがとうございました。

 神戸っ子のmnmさんが、しかと彼のことばを受け止めて久々にブログにアップしてくださっています。彼自身が望んだ舞台挨拶だったということを聞き、つくづくと良かったなあ…と。残念だったことは有るけれど…。詳しくは、是非そちらで!

「タンゴーTANGOー」観劇レポート@Bunkamura B-Style

| 08:17 | 「タンゴーTANGOー」観劇レポート@Bunkamura B-Styleを含むブックマーク

 「Bunkamura B-Style」のサイトに、舞台写真たっぷりの観劇レポートが上がっています!『ルックアットスター』にも載ってた、エーデクに冷酷に命令を放つアルトゥルの大きな写真を冒頭に、他にはおじさんを締め上げている初見の写真なども!締め上げる軸足が、限りなく真っ直ぐ長いことにしばし見とれてしまいましたよ。この細い身体のどこにあんなバネと力が潜んでいることやら……。

 no title

2010-12-10

お願い

| 22:35 | お願いを含むブックマーク

 仕事終わり。

 今日の舞台挨拶……。「その街のこども」。どんな質疑応答が有ったのか、それだけでもどなたか教えて頂けるととてもとてもありがたいです(祈願)。

情報解禁!「セイジー陸の魚」

| 10:26 | 情報解禁!「セイジー陸の魚」を含むブックマーク

 やっと出ました!待ってたよ〜。

 ともかく報道のみ列挙しておきます♪(適宜追加して行きます)

 俳優・伊勢谷友介の監督第2作目に西島秀俊、森山未來らが出演! | 映画/DVD/海外ドラマ | MOVIE Collection [ムビコレ]

 伊勢谷友介監督最新作に西島秀俊、森山未來、裕木奈江らが出演  | ORICON NEWS

 伊勢谷8年ぶりメガホンで西島秀俊&森山未來、初共演ばってき! - シネマトゥデイ

 西島秀俊&森山未來、伊勢谷監督作「セイジ」で初共演 : 映画ニュース - 映画.com

 no title

 

 表情が幼く見えるなあ。桐ちゃんも書いてるけれど、「ファンクラブができちゃいました」の写真と、背景の感じのせいもあってかダブるんだけれど、でもあのホントに少年少年した雰囲気とは、ずっと違う。何だろう、佇まい全体から醸し出される存在感が、比べものにならないくらい大きくなっている。頼もしいな。

 記事に引用されている彼のコメントも良いな。直感的に本質を感じ取る感性が伺えるし、それを表現する為の言葉の選択も彼らしい。ムビコレに上がっている西島さんの「現在最も刺激的な若手俳優の1人」というコメントも嬉しいなあ。

12/9日経朝刊インタビュー

| 10:27 | 12/9日経朝刊インタビューを含むブックマーク

 さっき仕事先に置いてあった昨日の朝刊を見ました。「Questions 8」という「Q&A」のようなコーナーに未來氏が。青花ジャケットに青いパーカー。髪がくしゃくしゃしていて、メランコリックな面持ちがとても美しい。かなり良い写真です。

 Q&Aは、「その街のこども」についての一問一答が大半を占めます(8問中4問だけれど、比重がずっと大きい)。その言葉は是非実際の彼のことばで読んで頂きたいので、要約はしないことにします。

 それ以外の言葉については、最近読んだ小説に、井上靖の『氷壁』を挙げているのに目が止まりました。ふーん。最後は、別のインタビューでも語っていましたが、「0から1を創り出せる人になりたい」ということばで締め括られていました。

 この記事、もらって帰ろう(笑)。

2010-12-09 このエントリーを含むブックマーク

 絶賛缶詰中…。

 明日の「その街」舞台挨拶も、明後日のモテキイベントも、ともに全く参戦不能です(涙)。せっかく関西で有るというのになぁ。「タンゴ」が有るからと、思いっ切り前後に仕事の皺を寄せておりましたよ。そんな皺の中に急にステキ予定を入れられても、もう皺は1ミリも伸びませんよ(涙)。明日は行けるかとチラと望みを持っただけに、やっぱり無理だとわかった時は辛かったぜ(苦笑)。ああほんと、聞いてないよ〜!と暴れてやりますよ。

 とにもかくにも、行かれる方々、しかとあれやこれやを目に焼き付けてきてくださって、良ければ報告などなど是非にとお待ちしております(切望)。

2010-12-08 このエントリーを含むブックマーク

 YUKIちゃんが爆発的に可愛かったともっぱらの評判。

 ああ見たかったなあ。YUKIちゃん前に笑みが止まらないモリヤマミライも。

 壮年期のアンディを彼がどんな風に演じて見せたかが限りなく気になっています。前回はやっぱりそこで泣かされたから……まあ年齢的にそっちの方がシンパシーは感じやすいってこともあるんだろうけど。こればかりは本当に残念です(涙)。昨日のこと、知りたいことが多すぎて、ホント困る……。

 でも仕事だ。行ってきます!

2010-12-07

ラブレターズ@パルコ劇場

| 21:08 | ラブレターズ@パルコ劇場を含むブックマーク

 缶詰からひとまず解放…。ああパルコ劇場、どうなってるだろう。どうなんだろう。どんなだったろう。

****

 友人からの一報:

 すごくよかった。しみじみ。ともかく組合せが良い。

 (未來はどうだった?)

 よかったよ。とてもうまくやってた。所々に素に近い表情がこぼれて、それが却って良かった。

 (YUKIちゃんも良かった?)

 そりゃあもう!!はまり役。

 ともかく、二人のためにあるような舞台だった!

 

 ……だそうです。ああ〜〜、やっぱりかけがえのない1回だったよね。行きたかったっす…。感想やレポ、ただただ留守番組は報告を待つのみです!

東京ではラブレターズ

09:27 | 東京ではラブレターズを含むブックマーク

 ステキだろうな。

 じゅんさんで見た時の感動が思い出されます。行かれる方々、どうぞ堪能してきてください。

 私は今日から土曜日まで怒濤の缶詰めです。怒濤の缶詰めってすごく変だけと。ともかく頑張ろ。

2010-12-04

気がついたらもう12月4日。

Revival/ヤザキタケシ『不条理の天使 / スペース4.5』、当日だ。

Revival/ヤザキタケシ『不条理の天使/スペース4.5』

| 23:14 | Revival/ヤザキタケシ『不条理の天使/スペース4.5』を含むブックマーク

 帰宅しました!いやあ。すっごく面白かった!!

 A・B・Cの3プログラム通しで見たのですが、どれもぜーんぶ味が違って、すごく楽しめました!Cプロは、ヤザキタケシさんご自身が3演目全てを踊られたのでもちろん別格!なのですが、A・Bともにダンサーさんによって解釈も演出も異なって見応えがありましたよ〜。コンテンポラリーと聞いてましたが、すごくエンターテインメント性が高く笑いも有って、音と身体とがこんなに不可分のものなのか〜!と改めて再確認ですよ。いやあ、おもしろかったなあ…。思い出しても満足の笑いが出ちゃうくらいです♪

 

 Bプロの未來氏は「不条理の天使」を踊りました。久しぶりに彼のダンスの真骨頂を見た!って感じです。優雅でキレがあり、高いジャンプに美しいつま先、舞台を縦横に使い、おまけにマイムの要素も高い演目だったので、表情も豊か、まるで今にも語り出しそうで……。久しぶりにドキドキと、むせるような思いで息を呑みつつその姿に見惚れてしまいました……。お友達が、後ろの席に座った男性が、「…やるやん…」と思わずつぶやかれたのを聞き逃さなかったとのこと。そうなんですよ、この人やるんですよ〜すごいんですよ〜!ああほんと、こういうダンスを見たかったんだよ!!

 以下、未來氏の出で立ち等々、少々ネタバレしますので(明日も有るしね)、畳みます。

 


続きを読む

ガーベラガーベラ 2010/12/05 00:23 こんばんは。

行きたかったです。。。「きゅうかくうしお」を大阪⇒東京まで観に行きました。今度はこんなに近くで未來くんのダンスが観れるのに・・・。チケット争奪戦敗北組です。

もしわかったらひとつだけ教えて下さい。かすかな望み・・・本日の当日券は何枚ぐらいあったんでしょうか?
明日もあるとは限りませんが、長田までちと遠いので、行って「しゅ〜りょ〜う!!!!!」と言われるのも(涙)

主催者に聞けって感じですが。。ごめんなさい。

mmoohmmooh 2010/12/05 00:42 ガーベラさま>すみません、当日券が何枚出たかは、わからないです。ただ、有ったのは確かで、開場直前に受付の方が「当日券○番から○番の方」と呼んでおられました。もしかしたら、所定の時間から先着で整理券をもらうというシステムなのかもしれませんね。
やはり朝一番に主催者に聞いてみられるのが確かだと思います……!ほんとにとても楽しく美しく力強いダンスでした〜。

mikumiku 2010/12/05 23:14 Bプログラム不条理の天使 観てきました!!コンテンポラリーダンスというものは初めてでかなり緊張して観てきました。内容や意味の理解までは私にはまだ難しいのですが、ただ美しい動きやコミカルな動き、とびちる汗、足が床をこすっていく音、息遣いなんかをたっぷり感じてきました! 異次元空間にすっと吸い込まれてしまう・・・そんな感じでした。帰りには鉄人28号に挨拶して地下鉄乗りました^0^

mmoohmmooh 2010/12/06 12:48 mikuさん>そうでしたね。床を足がする音、印象的でした!もう一度観たいなあ、踊る彼をまた見たいなあと、思いつつこの2日を過ごしています。鉄人28号、彼も見たでしょうかね?(笑)

2010-12-03

 雨が降ってきた。

「その街のこども」舞台挨拶決定

| 01:46 | 「その街のこども」舞台挨拶決定を含むブックマーク

 12月10日のシネリーブルに、渡辺あやさんと登壇されることが決定。

 sonomachi.com -&nbspこのウェブサイトは販売用です! -&nbsp映画 森山未來 佐藤江梨子 津田寛治 渡辺あや 大友良英 阿部芙蓉美 震災 リソースおよび情報

 ラブレターズも、11日のタワレコも、仕事がギチギチに入っていて断念したので、これは何とか!夜だし行けるかも!わたわたとスケジュール確認をしたんだけれど、やっぱり無理だと断念しました(涙)。

 ともかくその週…ってもう来週だけど(苦笑)…は、どうにもこうにも動きが取れません。私一人じゃなく、周りの大勢の人が私の仕事のために準備をしてくれて迎える一週間なので、いい加減な仕事をする訳にはいかない……。

 潔く諦めます。なーんてかっこつけるな、全然潔くない、涙、涙だわ。ああきっと、その日の仕事が終わって余裕が有ったら神戸に行ってみたりするんだろうな(苦笑)。たぶんそんな時間に行っても絶対に入れないだろうけれど……だいたい身体が本当に空いてるかどうかもわからないじゃないか。うじうじうじ…。辛いな、悲しいな、諦め悪いな(苦笑)。

 

 夕方見たMBSニュースで、今日(12月2日)から神戸ルミナリエも始まったと紹介されていました。 

 神戸ルミナリエ

 今年のルミナリエには、神戸芸術工科大学の学生さん達が、原点に返ろうというパンフレットを作り会場設営に協力しているとのこと。「シンサイミライノキ」に取り組んで来た方達の後輩さんかな。

 番組では、その学生さんに震災体験を語る白木利周さんを紹介していました。「その街のこども」でゆっちのおっちゃんを演じられた、あの白木さんです。おっちゃんの優しげな表情と、目に涙を溜めて真摯に語りに耳を傾ける学生さん。ルミナリエの華やかな光で彩られた東遊園地に、あの街を歩く勇治と美夏の姿をふと思い出したりしました。

 いまは週末のダンスライブに備えて神戸にいるに違いない未來さんも、ルミナリエの光を浴びに東遊園地に行くかしら……。

 

 舞台挨拶に行かれる方がありましたら、彼とあやさんの想いがどんなだったか、ぜひ教えていただけると嬉しいです。公式さんでも報告が有るといいな。