Hatena::ブログ(Diary)

狼藉の日々 このページをアンテナに追加

2011-08-30

「モテキ」完成披露パーティー&試写会

| 20:41 | 「モテキ」完成披露パーティー&試写会を含むブックマーク

 六本木のグランドハイアットにて開催された、完成披露パーティー。現場からの報告もいただいて、こちらも一緒になってシャンパン…はないので白ワインで乾杯させていただきました!!

 でも終了と同時に一気に報道が出て来てびっくり。世の中のこういうスピードはとんでもないですね〜(苦笑)。

 未來さんは完全に幸世モードでご出演です。演じてますね!

 素の姿って訳にはなかなかいかないんだろうな、特に「モテキ」は「幸世」の姿にならないと語れない、というようなこと言ってたもんなあ。

 もしも今彼があの場に、素のままの姿で立ったら確かにまあ、全く異次元の存在が紛れ込むみたいで、イベントとしては成立しないのかもねえ。金髪で色気をまきちらすビーサンの天魔王だと……ああそれ、訳わかんない!(苦笑)

 

 さて、現時点までに気の付いた報道、手当たり次第に列挙しておきます。でもこれ明日になったらまた増えてるんだろうな〜〜。

 

 

 取りあえずこんなところで(笑)。また随時勝手に補充しておきます♪

 

【補充】

2011-08-24

「髑髏城の七人」大阪千秋楽8/24

| 00:06 | 「髑髏城の七人」大阪千秋楽8/24を含むブックマーク

f:id:mmooh:20110825065150j:image:medium:right

 すごかった〜!ほんとに楽しかった!

 ああ、私、いま「髑髏城」をこの目で見てるよ〜!って何回も思った。幸せだった〜〜。

 

 ともかく、千秋楽でいきなり台詞を変えてくる新感線、恐るべし!です。進化することを止めない劇団、あっぱれ!

 三階のしかも最後列という高い高い所から舞台を見下ろし、ほんとに奈落の底を眺めるようだったんだけれど、舞台上を照らす照明の美しさや、長さの変わる八百屋の仕掛け、あれこれ存分に見ることができて、すごく良かったです!昨日の前楽、前から二列目という自分の中で至近席だったので、コントラストはバッチリです(笑)。

 そうそう、ちょっとネタバレ?含みますが、最後の天魔王は、マットじゃなく、人間様が受け止めてましたよ。たいへんだ〜。

 

 カテコは上機嫌な天魔王もとっても良かったのですが、なんといっても太一くんに尽きます!

 お煎餅撒きも終わり、舞台上は、2階3階に散っていた鉄機兵や花魁さんたちを待つ状態、音楽に合わせてみんな踊ったり身体を揺らしたり楽しそう。カッチくんと小栗くんが、太一くんを挟んで踊っていて(腰を揺らしてツイストっぽいの)、未來くんはちょっと間に一人置いたくらいの所でやっぱり音楽に合わせて身体を揺らしてた、のかな。そしたら、なんと!太一くんが、あの蘭の衣装のまま、同じように腰をツイストさせて踊った!!!回りは思わず動きを止め、みんな太一君を見て大喜び!浮き足立ってます!未來くんも、一歩近づいて「わ〜」って感じで大喜びしてる〜〜それに気づいた太一くん、ぴたと動きを止めて、顔を手で覆って恥ずかしがってる〜〜君、可愛すぎるんだけど!!!舞台上がもう客席以上に大喜びです♪ 愛されてるな〜〜19歳!

 いやあもう、高い高い3階からでしたが、こっちもメロメロですよ。思わず未來さんから目を離してしまいましたよ(笑)。反則レベルに萌えました!

 

 お煎餅は、3階まで駆け上がってきてくださった鉄機兵さんからいただきました♪さすがに3階には花魁さんは来てなかったな。階段、着物では大変だもんね^^

 以下、今日までの個人的述懐です。

 

 

 

 アカドクロが私は大好きで。

 新感線の舞台を生で見るのは2005年の「吉原御免状」以降なので、アカもアオもゲキシネとDVDしか見ておらず、ああどうしてこの舞台を生で見られなかったんだろう〜って残念でしょうがなかったんです。まあ2004年は日本にいなかったから、そもそも無理だったんだけれど(だから「スター誕生」も見ていない)、生の舞台を見たかった筆頭が、この「髑髏城の七人」。

 今回のワカドクロ、初日二日目と見て、天魔王は今までに無いキャラで凄くおもしろかったし見事!だったんだけれど、家に帰ってアカドクロのDVDを何度も見てしまったんですよね。で、やっぱりアカは完成形だな〜これを越えるのは大変なんだな〜〜なんて思ってた……正直そう思ってしまいました。

 それが!です。浅はかだったよ、私!

 どんどんどんどん、回を追うごとに、この舞台、生き物のように凄くなっていくんですよ。その変貌の迫力たるや、すごいんですよ。昨日、前楽見た時に、すでに「ああ、私、髑髏城の舞台に直に遭遇してるぞ」という実感で、間にあった〜〜って感動を何度も味わってたけれど、今日はもうもうもう、ワカドクロ、歴代最強の「ドクロ」なんじゃないか!って思って、ゾクゾクしてしょうがなかった。間違いない、私、生で「髑髏城の七人」をこの目で観ている!

 

 捨と天を分けたことで、信長後の三人の若者の生き様が、それぞれ際立った輪廓を与えられている。これは大成功だと思いました。そして、それぞれを、若い三人の役者が見事に演じ切っていたことも大きい。舞台を重ねるほどに、その役が舞台空間の中で、演じる人間の姿に重なっていった。迫力と熱量と心が、走り出して止まらない勢いを持っていました。これは、もしかしたら若いからこそ、の勢いかもしれません。

 

 捨は、弱くて優しい。小姓だった天と蘭とは違って、最初からどこか信長に対して疎外された自己を抱えている。それを「捨之介」と名乗ることで正当化しようとしていたのが、仲間を得て、亡霊信長を振り切る力を手に入れる。 

 天は、信長と自己を同一視してしまった人物。信長になろうと自己を肥大化させる、狂気を膨張させる。蘭とは違う形で信長に同化したかった男。自滅が待っているのは謂わば当然。

 蘭は、信長と生死を共にしたかった、それができないことで謂わば亡霊のように別の生を生きてきたのに、そこへ天魔王が登場してしまった。蘭に抵抗などできない。たちまち彼の暗黒に飲まれてしまう。

 

 その哀しい生き様が愛しくてたまりません。

 

 小栗・未來・太一という三人、見事に役を生きてたなあ。さらに、兵庫の勝地くん。三人に対照的な、野(や)に生きる人間の強さと明るさを、鮮やかに演じ、捨一人が持つ「地」との連続性を繋ぐ存在として、キラキラはじけてくれました。

 

 きっとこれから東京公演、まだまだ進化して舞台を完成させていくんだろうなあ。私の感想もまだまだ変化していくかも(笑)。それが楽しみ。

 次は東京髑髏城、いよいよ本丸です!待ってるぞ〜!!

イスニイスニ 2011/08/25 21:02 とても愛に溢れたステキな感想ですね。

mikumiku 2011/08/25 21:44 そんなに変化していく舞台なんですね!新感線の舞台って!何回も観れるとそういう楽しみがあっていいですよね〜〜^0^
東京公演情報もとっても楽しみにまっています!!!!

mmoohmmooh 2011/08/27 03:44 イスニさん>お返事が遅くなってすみません!暖かい感想いただき、ありがとうございます。どんどん好きになってきています、ワカドクロ。東京でまたまた大化けしそうですよね。楽しみです!

mikuさん>そうなんですよ〜。最初にそれを実感したのがメタルマクベスで。松本のプレビューと本公演でガラッと演出が変わり、公演中にもザクザクと台詞の入れ換えやマイナーチェンジがあって、目が離せない状態でした(苦笑)。
きっと東京公演、幕が開いたら「え〜!」って嬉しい驚きの声を上げるんだろうなあ(笑)。楽しみです!

2011-08-21

「浮世絵で旅する東海道中膝栗毛」@NHKワールドTV

| 09:21 | 「浮世絵で旅する東海道中膝栗毛」@NHKワールドTVを含むブックマーク

 今朝、ツイッター見つけたのですが、今日(8/21)、オンエアだそうです!

 弥次喜多道中。弥次さんがピエール瀧さん、喜多さんを未來さん。監督は、「走れメロス」の渋江修平さんのようです。

「浮世絵で旅する東海道中膝栗毛

Japanese old and new guide movies This show follows the journey of two men through the scenery depicted by Utagawa Hiroshige, an Ukiyo-e artist from about 300 years ago. Re-discover the life then, and see how the scenery has changed.

 放送時間は、

10:10〜、14:10〜、18:10〜、22:10〜 の4回です。

 国外向け放送なので、日本国内では今の所、NHKワールドTVのHPにあるストリーミング放送を見るしかないようです。iPhoneには、NHKワールドTVの無料アプリがありますので、それで観られますよ!

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/

 

 何とか国内放送してほしいなあ!!

 

2011-08-20

髑髏城の七人 8/20マチネ&ソワレ

| 01:17 | 髑髏城の七人 8/20マチネ&ソワレを含むブックマーク

 日付詐称で。

 お誕生日おめでとう。

 今年も、素晴らしいこの日をありがとう!!

 そして、とんでもなく熱く力強く美しい舞台を、ありがとう!!!

 マチネのカテコで、かっちくん、前田さん、鉄機兵の菊池さんと共にハピバをしました。ニコニコ笑顔がかわいらしい。バースディケーキを持って来たさとみちゃんが、重くてぷるぷる震えてるのをおもしろそうにしばらく焦らしてからロウソク吹き消し(笑)。いたずらっ子の天魔王でした。

 

 そういうと、五右衛門ロックの時のハピバも前田さんと一緒だったな〜〜一日違い。思い出しました(笑)。

 

 舞台そのものの発熱ぐあいが、これまでで最高で、16日に見て以来だったけれど、それでも色々一杯変化してて、しかもそれがすべて作品の深みと面白さと格好良さを高めてました。見ながら、あまりの格好良さに涙が出て来ました。何度も、ああやっぱり髑髏城は名作だ、このワカドクロは希有な舞台だ、この舞台をリアルタイムで観られている私は、本当に幸せ者だ、と思っては涙するの繰り返し。

 アカドクロがリアルタイムで観られなかったのがずっとずっと悔しかったんだけれど、このワカドクロを今この時、この大音響の中で観られているので、もうそれも帳消し!というくらいの気持ちです、今日見終わった、正直な感想です。

 この人たち凄いわ…。やっぱりもの凄い底力の若手を、確かな目でキャスティングしてるんだわ。当たり前だけれど、若い役者さんがもつ力の無限さをまざまざと見せつけられ、その熱量に圧倒され……。

 見ながらこちらも息を止めてたかも。素晴らしい殺陣。ソワレの未來さんの、太一君と一緒に無界屋でやる殺陣のスピードは、今まで観た中で最速だった。昼間よりも速かった。こうやって、どんどんどんどん進化していくんだろうなあ。

 

 でも何より驚いたのは、太一君のお芝居の迫力……これがもう、16日とは全く別物に…。ああなんという19歳だ。小栗君も、もーーのすごく良くなってる!もの凄く魅力的な捨之介だった。ああ、こんな男ならみんな惚れるわ。そんな魅力に溢れてた。

 

 すごいです、髑髏城。

 ほんっと、これを創り上げている全ての人にあらん限りの拍手を送ります!

2011-08-18

H・ピクトアップ・BARFOUT!

| 19:19 | H・ピクトアップ・BARFOUT!を含むブックマーク

『BARFOUT!』2011-9

 公式発表まだないですが、『BARFOUT!』に登場予告が出て、見に行ったらすでに本屋さんの店頭に並んでいました。

 BARFOUT!. 

BARFOUT! 192 KREVA

BARFOUT! 192 KREVA

 2008年に、RENT取材でKくんと一緒に載ったことがありますよね。大判の(B4)写真のキレイな雑誌です。

 p.22から写真見開きで2枚、雑誌サイズが大きいので迫力有ります。でも二枚目、顔の途中で真ん中の折り目がついててちょっと残念(苦笑)。続いてインタビューは2頁、字が小さいのですごく情報量が多いです。髑髏の稽古始まってるので頬はこけてるけどスタイリングは勿論幸世。「幸世の衣装でやっているのは、素の自分で藤本幸世を語りたくない」とのこと。まあ、そうだろうな〜。

 インタビュアーさん(堂前茜さん)がよく森山未來を理解してる安心感。曰く、「彼が持ち合わせる、まるで生命の輝きそのもののような芝居には、やはり今回も目を見張った」と(p.26)。うんうん、そうなんだよ〜!

 p.49に「モテキ」Blu-rayの紹介。幸世インタビューをした堂前さんの記事なので、核心を押さえて簡潔。インタビューの続きみたいなテイストです。あと、後ろの方に「髑髏」紹介もあった。ポラプレゼントも。

ピクトアップ

 こちらも幸世です♪笑っちゃうような幸世。内股気味の直立姿勢と正座で(笑)。ああダメだわこの人〜♪ インタビューは普通です(『BARFOUT!』読んだ後だとね)。大根監督インタもあります。

『H』

 雑誌史上初の50頁の大特集だそうですよ。

 ゆっくり読みます(笑)。

2011-08-16

「髑髏城の七人」8/16ソワレ

| 23:11 | 「髑髏城の七人」8/16ソワレを含むブックマーク

 帰宅しました!

 メタルさん、骨折による降板のニュースに驚き、どうなっちゃうんだろうと怖々攻めた髑髏城、ものすごいチームワークで、とてもテンポ良く、求心力も有ってスリリングな舞台になってました!みんなすごい!

 冒頭は川原さん、次の無界裏では前田さんが、完璧にカバー。台詞もそれぞれが分担して、りいさちゃんの「あ!ハゲが!」も「あ!筋肉が!」(が!有ったかな?^^)に。

 これはもう感動ものです。すごいやプロだなあ!

 

 天魔七部衆は六部衆になりましたが、まあ、そもそも「第六天魔王」だし、因縁をつけようと思えばこれでもOKですよね。

 

 ともかく、天魔王は絶好調でご機嫌麗しすぎでした。カテコも今まで見たことのない上機嫌ぶり♪一回目からニコニコお手降りしてるし、両手を前でギュッと握って見せたり、はける時も客席に顔を向けて手を振りながらだし!

 カテコでは、捨之介と天魔王にスポットライトがずっと当たってて、下手の捨之介、上手の天魔王をずっとライトが追うんだけれど、いつもはそのまま消えていくのですが、今日は最後に客席を向いて手を挙げてくれましたよ♪

 二回目三回目は、下手から登場する小栗君と目を見合わせて笑顔笑顔。なんだ君たち仲良しだな〜♪

 三回目はける時、機嫌良く首でリズムを取りながらはけてったら、小池姐さんの着物の裾を踏んづけそうになって危うくセーフ!隣りに見てた仁さんが笑いかけて、それにまた笑い返してご機嫌さんです。

 客電がついて、これまではここで終わるのですが、今日の客席は諦めません♪そのまま手拍子が続いて、再度舞台が明るくなります!真っ先に舞台に現れた未來さん、にこやかです。手を挙げて、ハケながら、今度は仁さんの肩をぐゎし!とつかんで、スポットライトの中に引きずり込もうとしてます(笑)。仁さん(スポットライトから?)逃げようとするんだけれど容赦しない天魔王です。

 いやあ。ほんっと楽しそうだった。楽しそうな彼を見て、こっちも上機嫌で劇場を後にしましたよ♪

 

 太一君の太刀さばきに惚れ惚れしたり色々あるのですが、まず、ご飯食べます(笑)。で、お風呂入ります。その後まだ覚醒していたら、今日のあれやこれやメモ書き上げておくことにします。

 お腹空いた〜〜でも幸せだ〜〜。

    **********

 案の定、寝てしまってました。

 簡単にメモ書き、置いておきます。

 

(以下、ネタバレ) 

 



続きを読む

2011-08-15

あつまれ!MUSIC COASTER

| 21:38 | あつまれ!MUSIC COASTERを含むブックマーク

 モテキ宣伝で、大根さんと二人でご出演でした!

 しかしこの二人、ドラマから映画、ほんと共に戦ってきた同志って感じで、好きなこと言いながら、それでもお互い信頼してるのが伝わって、良いですね〜未來さんも、しばし天魔王からフジに戻って、楽しそうだ(笑)。それにしても、天魔王とのこのギャップといったら…。

 

  • 未來くんは生放送では問題発言連発だと言ってDJ遠藤さんを脅かす大根さん(笑)。
  • 全体的に、監督の声が大きくて、未來さんは小っちゃい声でぼそぼそと。最初の声がちょっとかすれて聞こえたので、あら?と思ったけれど、その後はそんな感じじゃなかったです(笑)。
  • 監督の朗読がうまいと誉められてるのに、「モリヤマミライで嚙みそうになった」と突っ込む未來はん(笑)。ショックや、だって。
  • ドラマでやりきった。映画と言っても、もう搾っても何も出て来ません、と。森山未來くんにいたってはもうカサカサです、と(笑)。
  • でも、(映画化の話は)最初に未來くんに相談したんだと。最初は「慎重に」というかんじだった二人が、二軒目の店ではもうキャスティングしてたという(笑)。心斎橋の「ひで」という店だそうです。どこやそれ(笑)。
  • まさみちゃんを、世界の中心で愛をさけぶの時と同じく「まっさん」と呼ぶ未來さんに、何だかほんわかしちゃいます…ぽわん。
  • ミュージカルシーンは難しいから、すごく真面目に取り組んだ、と言う未來さん。この後に続いたUstで、大根さんが、未來さんは15分で振り付けを憶えてしまったといってたけれど、いやそれはプロですよね〜。ここは最高のパフォーマンスをする場所ですよねえ。
  • ようやりましたね!大根さん。
  • でも、いつもどおり、ころころと良い笑い声です♪
  • 大根さん、perfumuの前で幸世が邪魔で邪魔でって…よう言うわ(苦笑)。でもだから敢えて幸世は、カメラ目線でしっかり踊ってるそうですよ!楽しみ!
  • 演技で裏切る森山さん(笑)。だって〜!(笑)

FM-OSAKA出演!

| 15:25 | FM-OSAKA出演!を含むブックマーク

 今日の午後19時台に、FM-OSAKA生出演だそうです。

 404 Not Found

 上のURLから、「あつまれMUSIC COASTERブログ」をクリックしてください。「今週のメニュー」欄に登場予定時間が書いて有ります!

 モテキ関連みたいだしなあ。休演日もいろいろ大変ですね〜天魔王さま(笑)。

 そういうとこんなこともしてたようですよん↓

 301 Moved Permanently

「髑髏城の七人」関連ニュース

| 08:13 | 「髑髏城の七人」関連ニュースを含むブックマーク

 8月2日にこんな記事が上がってたの気づかなかったなあ。

 「路上でキス」もちゃんと取り上げてもらってますが、いのうえさんの、「小栗くんは兄貴肌のところもあり非常に熱い男でクールな佇まいがある。未来もまた熱い男でその熱さを激しくぶつけるところがある」という言葉がうれしいな^^。

 asahi.com(朝日新聞社):劇団☆新感線の「髑髏城」 若手を起用し4度目の上演へ - トピックス - 舞台 - エンタメ

 

 こちらは舞台写真つき。捨にやられるところ、どう見ても天魔が優勢だなあ(苦笑)。

asahi.com(朝日新聞社):小栗旬のカッコ良さ際立つ 劇団☆新感線「髑髏城の七人」 - ステージレビュー - 舞台 - エンタメ

 

 えっと、12日の記事にほんのちょっとだけネタばれ追加しときました。時すでに遅しで、しかもちょびっとだけれど、あの日だけだったものもどうやら有りそうなので(苦笑)。

2011-08-12

「髑髏城の七人」8/12マチネ

| 23:42 | 「髑髏城の七人」8/12マチネを含むブックマーク

 勢いが走り出してて舞台全体がすごく格好良くなってます!

 

 

 8日以来ですが、天魔王の台詞はかなり自由度が増していて、いろいろ試してるな!という印象。殺陣も同様で、蘭との息詰まる迫力の殺陣も、息が合ってスピード感が増してるし、しかも蘭とは違う重量感があります。捨との対決では、上手で一度ピョンと飛び上がって、クルリと空中で方向を変えたりしてました。

 日替わりかな?と思う遊びもチラホラ。後で下の方にコッソリ書き加えておきます(笑)。

 

 カテコの天魔王さまは、二回目からハケながら袖で大きく手を挙げ、三回目には、お辞儀しをしつつ、正面で捨之介と笑顔を交わし、真ん中で手を高く挙げ、そのまま首でリズムを取りながら袖へ入って行かれました。

 ご機嫌でした!

 

f:id:mmooh:20110812135443j:image:medium:left

 逆木さんがブログで触れておられた、力作「髑髏城の七人」(ナノブロック)、物販コーナーに展示してありました♪ 実物、かなりかっこいいですよ!!正面の鬼瓦みたいなのが天魔王なんですよね〜。可愛い天魔王人形も欲しかったかも、なーんて(笑)。

 


(以下ネタばれあり。ちょっとだけ)


続きを読む

mikumiku 2011/08/14 14:32 こんにちは〜 昨日髑髏城観てきました!!前から6列目だったのですごくよく観えました^0^ あの未來君の動い方は鎧兜の重さを表現してたのかしら? いつも立つときは足先がバレーみたいに逆ハの字で^^ 太一さんはさすが日本舞踊されているだけあった動きがきれいでほれぼれしちゃいました。あああ・・・未來君睨みつける顔もかっこよかったでございます!!!

mmoohmmooh 2011/08/15 07:21 mikuさん>髑髏城、攻めてこられましたか?6列目は良かったでしょうね!私も二日目7列目でとっても視界良好でした♪
天魔王と蘭丸との立ち回りは見ごたえありますねえ。特に太一君の太刀筋の美しさとスピードは、ほんとため息が出ます〜。

2011-08-09

「髑髏城の七人」二日目

| 08:28 | 「髑髏城の七人」二日目を含むブックマーク

 マチネしか観られなかったのですが、すぐに初日を突破して、舞台が走りだしたぞ!って実感する勢いでした。後半の、あのシーンやあのシーンでは、ぐっと胸を掴まれて目頭が熱くなりました。

 天魔王は、哀れで愚かで悲しくて、子どものような残酷さでした。常軌を逸した感情の起伏を、声と顔、そして手の表情で自在に表現しておられましたよ。

 こんなアニメのようなキャラを、よく生身の身体でやってのけるなあ。動きも含め。

 そして沙霧!いい!実は一番頼りになるのは、捨じゃなく沙霧じゃないか?^^かっこいいし可愛いし、ほんと初舞台とは思えない♪

 

 それにしても、劇団員さんの安心感といったら!

 主要キャストは客演でも、不動の存在感で芝居を引き締めておられます!

 出て来れば必ず笑いを取るサンボさん(有り得ない!)や、登場するだけで温かい気持ちになる聖子さん(カテコでも一際大きな拍手)、いつも以上にエキセントリックな悪者っぷりがえげつない(褒めてます)右近さん、やっぱり悲しいメタルさん、よし子姐さんはむっちゃ可愛いし、エマさんのあの設定は斬新。もちろん、カナ子さんは盤石!いっそんさんの磯平すらも頼もしくってかっこいい!

 そして何と言っても粟根さんです。ああもうたまらないです。昨日は最後のあのシーンで涙が出ましたよ……ううう。

 

 毎日通いたいけれどそうも行かず。

 おまけに色んな巡り合わせで、今月はここ15年来最大の仕事がいきなり入ってしまい、後は観るのが精一杯(でせいぜい感想は呟く程度…?)ということになりそうです。

 いろいろ目白押しの夏ですが、彼が全霊傾けて仕事してるんだから私もがんばんべ!というところです(苦笑)。

 

 

2011-08-08

「髑髏城の七人」初日一夜明け

| 07:45 | 「髑髏城の七人」初日一夜明けを含むブックマーク

f:id:mmooh:20110807123424j:image:medium:left

f:id:mmooh:20110807123307j:image:medium:left

 一夜明けたのです。

 髑髏城にも朝は来てるかな〜。

 昨日もらったチラシを改めて見てたら、「ロッキーホラーショー」の本チラ(?)が入ってました。わお。

 あと、「テヅカ TeZukA」のチラシも。わー嬉しい!例の記者会見の時に撮影したと思われる、シェルカウイさんと2人の画像もあります。ちゃんと黒のバックでポーズをつけてます、2人とも!未來さん、シャツがしわくちゃ〜(笑)。

 それプラス「モテキ」チラシですよ!穴の空いた団扇風チラシと同じ図柄で普通の紙質で。天魔王、いろいろやってますね〜(笑)。

 

 写真は、京都伏見の齊籐酒造(「英勲」という名酒を造ってます)が出してる、冥酒「髑髏城」です(笑)。5月くらいだっけな、京都で「髑髏酒まつり(?)」みたいのやっててそこに出てたものです。おいしかったですよ!

 これしばらく「楽天」で売ってたんだけれど、いまも売ってるのかな…。

2011-08-07

髑髏城の七人@初日

| 01:46 | 髑髏城の七人@初日を含むブックマーク

 にぎにぎしく幕を開けました〜!

 天魔王と捨之介を分けたの、大成功だと思う!ストーリーのみならず、人物キャラが個性豊かになって、おもしろかったなあ!

 

 でも、今日は初っぱないきなりの座席発券トラブル?開演が何と40分も押してしまい、終了が10時になっちゃいました。それがなければ、休憩入れても3時間10分のお芝居。意外と短かかったんだよなあ。40分待った分、ジューダスが一際ぐっと来ました。感動〜〜。

 1幕目がアッという間に終わった感じがしたけど、登場人物全員みどころが一杯用意されて間延びが全然しなかったっていうのも大きいんだろうな。劇団員のサンボさんや聖子さん、よし子姐さん、ジュゴンさん、みなさん安心のお芝居。サンボさんの台詞が「アカドクロ」と一杯かぶってるのも嬉しかった(笑)!

 

 あまり細かく書けませんが、もうね、天魔王様は、とっても良かったので乞うご期待ですよ!悪くて残酷で弱っちくて可愛らしかった。とりわけ2幕の天魔王はいろいろたまんないです♪こりゃ天魔王、思った以上においしい役だぞ!通いたいよ〜。チケットもう増やせないのが恨めしい(苦笑)。

 

 時間は押したのですが、カテコの粟根さんバースディもしっかり有りました。さとみちゃんが運ばんできた大きなケーキ、火が消えたのを、チャッカマンを手にして率先して火を着けてました、天魔王(笑)。かいがいしかった。

 さとみちゃんが重くてブルブルしてるの見て、「もう限界だから(早く吹き消して)」とかって言ってたのは未來くんだっけ?小栗くんだっけ?(笑)

2011-08-04

「荒野に立つ」@ABCホール

| 08:56 | 「荒野に立つ」@ABCホールを含むブックマーク

 昨夜は、阿佐スパの「荒野に立つ」。

 す〜ごく好みだった。演劇にしか作れない時間と空間にグイグイ引き込まれて、時間があっという間に過ぎてった。

 

 逃げる・迷う・入れ換わる・探しもの・代行・不安・錯覚…

 人間の生きる姿とその影と、自分と他人との交錯と、いろんな不確実でありかつ確実に存在してしまう捉えられない残像と、そんなあれやこれやを突き付けられるようだった。

 冒頭に受けた戸惑いはあっという間に無くなって、一気に引きずられるように観てしまった。観客を眠らせない不思議な力が有った。私の周囲には、後半ずっと泣いている人が多かったけれど、何となく気持ちはわかる。私は涙は出なかったけれど、不思議な感情に揺さぶられていたような気がする。

 かずきさんが、「荒野に立つ」を観て泣いてたら森山未來に驚かれた、という夢を見たって呟いておられたけれど、思わずそれを思い出してしまった(苦笑)。Twitterで読んだときは、おもしろい夢だな〜なんだかホノボノするわ〜って感想でしたが、実際にこの芝居を観た後だと、いやあ、未見の状態でそんな夢を見てしまったかずきさんの第六感の鋭さに、ひたすらこっちが驚かされます。

 

 大阪は今日まで。当日券も有りそうでした。

 この芝居は、テレビやDVDではなく、現場で同じ空間を共有してこそなんぼ、って感じがしました。お時間の有る方は是非!

 荒野に立つ by SPIDERS INDEX