mmpoloの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-09-12

[]ギャラリイKで吉田理沙展を見る



 東京京橋のギャラリイKで吉田理沙展「ancient flower」が開かれている(9月15日まで)。吉田は1985年東京都生まれ、今年多摩美術大学大学院美術研究科を修了した。「群馬青年ビエンナーレ2012」で奨励賞を受賞している。昨年10月に銀座ギャラリー零∞(zero hachi)で初個展を開いたのに続いて2回目。以前それを紹介した。

ギャラリー零∞(zero hachi)の吉田理沙展「a little vanishment」を見て2011年10月6日)

f:id:mmpolo:20120912060645j:image

f:id:mmpolo:20120912060646j:image

f:id:mmpolo:20120912060647j:image

 前回は既成のコンクリート板を小片の矩形に切断して着色したが、今回はやはり既成のコンクリートU字溝を切断し着色して円形に並べている。初個展のあと五美大展の展示を国立新美術館で見たが、今回の展示はそれらよりさらに良くなっている。寡黙でありながら、そこにはっきりと円形の物質が存在を主張している。それはコンクリートの小片の集積からなっている。それが木の床の上に並べられることによって、材質感がきわだっているのだ。個展のタイトルから、アテネあたりの大理石遺跡を花と見なし、それを再現しようとしているのだろうか。吉田の仕事が深化しているのがよく分かる。コンクリートに拘泥する吉田の作品は、つぎにどんな風に展開していくのだろうか。

       ・

吉田理沙展「ancient flower」

2012年9月10日(月)−9月15日(土)

11:30−19:00(最終日17:00まで)

       ・

ギャラリイK

東京都中央区京橋3-9-7 京橋ポイントビル4階

電話03-3563-4578

http://homepage3.nifty.com/galleryk/