mmpoloの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-07-20

[]河合隼雄の語る夫婦というもの



 河合隼雄×村上春樹村上春樹河合隼雄に会いにいく』(新潮文庫)を読む。ここで河合隼雄が夫婦について語っている。

村上  おたずねしてみたかったのですけれど、夫婦というのは一種の相互治療的な意味はあるのですか。

河合  ものすごくあると思います。だから苦しみも大変深いんじゃないでしょうか。夫婦が相手を理解しようと思ったら、理性だけで話し合うのではなくて、「井戸」を掘らないとだめなのです。

(中略)

 ぼくもいま、ある原稿で夫婦のことを書いているのですが、愛しあっているふたりが結婚したら幸福になるという、そんなばかな話はない。そんなことを思って結婚するから憂うつになるんですね。なんのために結婚して夫婦になるのかといったら、苦しむために、「井戸掘り」をするためなんだ、というのがぼくの結論なのです。井戸掘りは大変なことです。だから、べつにしなくてもいいのじゃないかと思ったりもするんですよ。

村上  それはひとつの知恵ですね。

河合  ええ。自分は不幸だ不幸だと嘆いて、人に迷惑かけるぐらいだったら、離婚するのもひとつの方法ではないかと思います。

村上  何度も結婚する人がいますよね、3回も4回も。

河合  そういうのは大抵、井戸掘りを拒否しているんですね。井戸を掘るのはしんどいから、掘らないであちこち別の人を探しているけれど、結局、同じような人を相手にしていますよ。

 河合隼雄中沢新一の対談集『仏教が好き!』(朝日新聞社)でも、同じようなことを中沢新一が言っている。

中沢新一  僕は「なぜあなたは仏教に関心を持ったりして、仏教の修業なんかを始めたんですか」と聞かれることが多くて、そのたびになかなか本心を言わなかったんですけど、相手が河合先生だから(笑)白状してしまいます。僕は子どもの頃、現実の母親というものに共感できなかったんですね。このことに苦しんでいました。ですから逆に、そこから女性に対して強烈に惹かれるものがありました。よじれたコンプレックスができちゃったんでしょうね。青年に近づくと、たくさんの女性と親しくなるようになりました。でも、どの女性ともそんなに長くいっしょにいられない。そこで、つぎつぎと相手を替えていくことになります(笑)。

 中沢も、「結局、同じような人を相手にしていますよ」ということなのだろう。

村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

村上春樹、河合隼雄に会いにいく (新潮文庫)

仏教が好き! (朝日文庫)

仏教が好き! (朝日文庫)