mmpoloの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-01-07

[]ギャラリー58の池田龍雄展1950−60年代を見る



 東京銀座ギャラリー58で池田龍雄展1950−60年代が開かれている(1月19日まで)。池田龍雄1928年生まれ、終戦間際に予科練へ行っている。今まで各地の美術館で個展が開かれている。今回の個展について、DMの言葉を引く。

本展では、1950年(22歳)頃のドローイングや、1961年に発表した13点組のペン画「ジャズの窓」シリーズなど、1950〜60年代前半にかけて制作されたペン画とドローイングを展示いたします。

 ギャラリーHPから、

ジャズの窓』 は、1961年に大阪フェスティバルホールで開催された、木島始の構成によるジャズイベント『ジャズの窓』の舞台に投影された作品で、池田龍雄宇野亜喜良の二人が原画を、朝倉節が舞台装置を担当しました。

スクリーンに大きく投影された池田と宇野の作品をバックに、ルイ・アームストロングらが熱い演奏を繰り広げたそうです。

池田龍雄の貴重な初期作品が揃う展覧会となります。ぜひご高覧くださいませ。

f:id:mmpolo:20190107221458j:image

f:id:mmpolo:20190107221451j:image

f:id:mmpolo:20190107221448j:image

f:id:mmpolo:20190107221445j:image

f:id:mmpolo:20190107221441j:image

f:id:mmpolo:20190107221438j:image

f:id:mmpolo:20190107221433j:image

 ここにはその「ジャズの窓」の作品を掲載した。池田33歳の作品だ。60年安保騒動が収まったあとで、池田の最も充実した頃の作品ではないだろうか。紙にインクやコンテで描いている。見ごたえのある展示だと思う。

     ・

池田龍雄展1950−60年代

2019年1月7日(月)−1月19日(土)

12:00−19:00(最終日17:00まで)日曜休廊

     ・

ギャラリー58

東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル4階

電話 03-3561-9177

http://www.gallery-58.com

redkittyredkitty 2019/01/21 22:14 「ジャズの窓」、大阪労音1961年10月例会の公演だったんですね。「労音」というところに思わず反応してしまいました。以下の論文で見つけました。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/mscom/77/0/77_KJ00006544571/_pdf

mmpolommpolo 2019/01/21 23:21 なるほど、ありがとうございます。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/mmpolo/20190107/1546866963