mmpoloの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-06-16

[][]“食べられる垣根”ウコギ



f:id:mmpolo:20180616235116j:image

 読売新聞に「“食べられる垣根”ウコギ」という見出しで女性がおにぎりを差しだしている写真が大きく載っていた(6月10日)。女性の後ろに垣根にしている緑の葉が茂ったウコギが写っている。

 新緑の季節、山形県米沢市では、生け垣の低木を剪定する人をよく見かける。ガーデニングが流行しているのかと思いきや……。

 「新芽をサッと湯がいて食べるんです」。えっ、食べるんですか? 垣根を!?

 米沢では家の垣根にウコギを用い、葉を食用に供してきた。起源は江戸初期に遡る。初代米沢藩主・上杉景勝に仕え、町の礎を築いた直江兼続は、武士たちにウコギ生け垣を作らせたとされる。さらに、米沢藩の中興の祖・上杉鷹山が奨励したこともあって、伝統食になったのだそうだ。

 そしてウコギを使った郷土料理として、ゆでた葉をみじん切りにしてまぶしたお握り、パリッと揚げた天ぷら、細かく切った新芽を焼きみそとあえた「きりあえ」、他の山菜と一緒にだし汁で味を調えた「冷や汁」などと紹介されている。

 私の出身地長野県飯田地方でも同じように垣根にしているウコギの新芽を春先摘んでおひたしにして食べている。ちょっと歯ごたえがあって苦みのある山菜だ。飯田地方ではこのウコギのことをオコゲと呼んでいる。松本に住んでいた義父に聞いたら松本でもオコゲと呼んでいたという。昔植物学者の浅野貞夫先生に訊ねるとヤマウコギだと教えてくれた。

 ウコギ東京では見たことがない。北陸出身だという飲み屋のママも田舎では食べたわよと言っていた。福島県でも食用にしていたと聞いたことがある。日本全国の食用分布を知りたいものだ。

2010-01-31

[]冬の花



 近所を回って花を撮影した。

f:id:mmpolo:20100131132422j:image

福寿草満開

f:id:mmpolo:20100131132611j:image

クリスマスローズも咲き始めた

f:id:mmpolo:20100131132636j:image

白い水仙、以前飼っている猫がかじって吐いたことがある。有毒植物

f:id:mmpolo:20100131132804j:image

マルブッシュカン、丸仏掌柑

丸くない普通のブッシュカンの写真は、http://photozou.jp/photo/show/263824/28399259

f:id:mmpolo:20100131132955j:image

紅梅満開

f:id:mmpolo:20100131133044j:image

f:id:mmpolo:20100131133054j:image

花壇に植えられたミニシクラメン

f:id:mmpolo:20100131133125j:image

パンジー

f:id:mmpolo:20100131133723j:image

アロエの花

f:id:mmpolo:20100131133753j:image

沈丁花の蕾がほころび始めた

2007-06-16

[][]ヤマモモの実を食べる


f:id:mmpolo:20070613110207j:image:left

 近くの公園にヤマモモが植えられている。珍しく雌木で赤い実がなっている。公園や並木では実が落果するのを嫌って雌雄異株の樹種はふつう雄木だけを植栽するので、実がなっているのを目にする機会はなかなかない。江東区亀戸駅前の十三軒通りに平行する裏通りにヤマモモの並木があるが、そこに1本だけおそらく誤って雌木が植えられている。やはり実がなる。

 そもそも高知県など南の地方特有のヤマモモの名前を知ったのは、前川文夫「日本人と植物」(岩波新書)だった。古代中国から日本に桃が入ってくる前は、桃といえばヤマモモのことだった。その名前を新参の桃に取られてヤマモモと呼ばれるようになったのだった。桃はバラ科、ヤマモモはヤマモモ科だ。全く別の植物だ。しかし古代人にとっては、丸くて赤い食べられる実がなることが共通していたのだろう。ヤマモモも果物として利用されていたのだ。

 高知県出身のKさんに伺うとなかなか美味とのことだ。一度食べてみたいと思ったら果物屋に並んでいた。早速買ったのだったが少しもうまくなかった。Kさんにその旨報告すると、東京で買ってうまいわけがない。あれは鮮度が大事なのだ。落果したのや木で完熟したのをすぐ食べなきゃいけない。バケツに水を張ってヤマモモの実を入れる。しばらくすると実に入っていた虫が飛び出す。それから食べるのだ。虫が入ってるのがうまいのだ。

 こっそりではなく、昼間近所の公園に行ってヤマモモの実を採ってきた。低いところの実はあらかた採られていて、高いところのものを工夫してやっと採った。熟してばらばら落ちてきた実でシャツに赤い汁が付いてしまった。直径が1センチくらいの小さな実。木イチゴの表面にも似たもっと小さな粒がたくさんついていて、サクランボのような種がある。甘酸っぱい味、わずかに苦み。小さな古代の桃。虫は入っていなかった。

 イザナギが黄泉の国へイザナミに会いに行き、醜く変わっていたイザナミを恐れて逃げ出したとき、鬼たちに追いかけられる。その時霊力を持った桃の実を投げて難を免れているが、この桃はすでに渡来した桃だ。ヤマモモではない。(桃が霊力を持つという思想も桃とセットで中国から渡来した)。すると、これらの神話が作られたとき、すでに桃が渡来していたのだ。それはいつ頃だろうか。古事記の完成よりずっと古いに違いない。