mmpoloの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-31

[][]佐藤洋一郎『稲と米の民族誌』を読む



 佐藤洋一郎『稲と米の民族誌』(NHKブックス)を読む。副題が「アジアの稲作景観を歩く」と言い、佐藤が30年間にわたって調査したアジアのイネと稲作の現地調査を振り返っている。今まで佐藤の著書としては、『稲の日本史』、『イネの文明』、『イネの歴史』などを読んできたが、本書はそれらの研究にあたって調査で訪れたインドヒマラヤ圏、タイ、ラオスベトナムカンボジア中国について、半ば紀行文のような体裁で書き綴っている。肩の凝らない軽いエッセイ仕立てといったところ。それでも野生イネやイネの起源、各地の稲作状況等々が専門家の立場から語られている。

 30年間の調査では、最初に訪れたときと最近の現地の状況がどんなに変わっているかが驚きとともに紹介される。

 私が驚いたこともいくつかあった。田植えの起源について、カール・サウワーの説が引かれている。

 田植えの起源については諸説ある。その中でも、カール・サウワーの、サトイモの株分けがその起源であるとの説は興味を引く。その技術が稲作に転用されたというのである。

 田植えの起源については、2005年に池橋宏が発行した『稲作の起源』(講談社選書メチエ)で、「稲作の起源は根菜農耕から生まれ、多年生の野生稲株分けけから現在の田植えをする稲作が始まった」と書いていて、それが新説だという認識だったが、すでにサウワーが主張していたということだろうか。

 また昔、中尾佐助や上山春平の「照葉樹林文化」という魅力的な提案に心ときめかせていたが、そのことも否定されている。中国の「雲南を行く」の章で、

 かつてこの地は、「照葉樹林文化」の発祥の地であり、そしてそれは東に延びて日本の西南部にも達していた。この文化の共通項が、かつてこの地に入った研究者たちをしてそこを日本文化の起源の場所であると勘違いさせた。

 勘違いだったのか! そういえば、むかし明治維新などの日本近代史を読みふけっていたが、数年前久しぶりに読んだ岩波新書の「シリーズ日本近現代史」で、この分野でも研究がずいぶん進化していることに驚いたことを思いだす。

 本書は稲作研究を中心にした東南アジア研究紀行としておもしろく読んだのだった。

稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く (NHKブックス)

稲と米の民族誌 アジアの稲作景観を歩く (NHKブックス)

2011-06-28

[][]「イネの文明」を読んで



 佐藤洋一郎「イネの文明」(PHP新書)を読んだ。副題が「人類はいつ稲を手にしたか」、著者は植物遺伝学者で稲の起源を研究している。本書では、従来インディカのイネとジャポニカのイネは共通の野生イネから選別されて栽培種になったと理解されていたが、著者はDNAの分析から野生インディカと野生ジャポニカからそれぞれの栽培種が生まれたとする。もともと栽培種になったのはジャポニカで、それは中国長江から生まれたとする。

 かつて私が大変おもしろく読んだ池橋宏「稲作の起源」(講談社選書メチエ)についても半ページほどだが肯定的に紹介されている。

……水田稲作のおこりを株分けした根菜類の苗の移植に求める意見もある。日本大学の池橋宏さんは、田に水を張り苗を植える田植えを、バナナ、タロイモなど根菜類を栽培してきた文化の影響と考え、原始的な稲作の場でも、種子由来の苗ではなく株を集落近くの田に移植したのではないかと推測している。むろんこの池橋説には批判もあるようだが、私には検討の価値がある魅力的な仮説のように思われる。

 本書の発行は2003年だ。その後の8年間でまた新たな展開があったかもしれない。

       ・

 以前、池橋宏「稲作の起源」を紹介したエントリー

稲作の起源、中尾佐助の誤り(2007年2月9日)

イネの文明―人類はいつ稲を手にしたか (PHP新書)

イネの文明―人類はいつ稲を手にしたか (PHP新書)

稲作の起源 (講談社選書メチエ)

稲作の起源 (講談社選書メチエ)

2010-07-08

[][]ビルの中に作られた水田と菜園



 私の勤める職場はビルの11階に食堂がある。食堂の窓から眺めると真向かいのビルの1階が何かやけに明るくて、あれは何だろうと同僚の間で話題になっていた。仕事の帰り道に覗きに行った。ガードマンが親切に案内してくれて、受付嬢たちが笑顔で説明してくれた。

 ここは派遣会社パソナの「アーバンファーム」ということで、ビルの中で稲や野菜を作っている。太陽光の代わりに強烈な人工照明を当てている。許可を得て水田を撮影させてもらった。1年に3回収穫できる予定だとのこと。水稲は出穂期=穂の出る時期を迎えていた。

f:id:mmpolo:20100707172609j:image

f:id:mmpolo:20100707172603j:image

f:id:mmpolo:20100707172639j:image

 ただ、ちょっと葉が過繁茂ではないかとも思われた。葉が茂りすぎると収穫量が減ってしまうのだ。まあ、固いことは言うまい。東京のど真ん中のビルの中で米が採れるのだ! この1階にはバラ園も作られている。

 2階に移るとパプリカやミニトマト、ナス、レタスなどが作られていた。それなりに実がなっていたが、これも観賞用と思えばなかなかの出来だろう。

 作業をしていたお兄さんに病害虫は発生しないかと聞くと、露地ではなくて室内だからほとんど発生しないとの答えだった。しかし、注意して見るとパプリカの葉裏にはコナジラミという害虫がいるではないか。お兄さんに話すと苗に付いてきたオンシツコナジラミが寄生しているがなかなか防除しきれないと言う。すると殺虫剤は使っているのだろう。

 1階のバラにはアブラムシが寄生していた。アブラムシなんて殺虫剤で簡単に防除できるのに、なかなか農薬は使いにくいのかもしれない。

 このパソナのアーバンファームのあるビルは日本橋の呉服橋の交差点のところにある。外壁にはバラや藤が植えられて風に揺れている。

 オンシツコナジラミといえば以前キジラミ・コナジラミの図鑑を企画して、当時大阪市立自然史博物館の宮武頼夫先生に執筆をお願いしたことを思い出した。宮武先生からは断られてしまったが。

2010-06-14

[]「究極の田んぼ」という過激な自然農法をすすめる本



 岩澤信夫「究極の田んぼ−−耕さず肥料も農薬も使わない農業」(日本経済新聞出版)が過激な自然農法を提案している。まず、有機農業を否定する。有機農産物は危険だと驚くようなことを言う。

 JAS(日本農林規格)法による日本の有機農法は、非常に変則的な形を取っています。それは有機物の主体が、畜産糞尿に由来するコンポスト(堆肥)だからです。実はこの畜産糞尿が問題なのです。アメリカなどの有機栽培は、自分の経営する牧場の糞尿ではなく、完全な有機畜産の認証の取れた牧場からコンポストを購入し、これを主体に有機栽培が仕組まれています。なぜ有機畜産の牧場からコンポストを購入するかといえば、自分の牧場では、飼料工場で生産した濃厚飼料を食べさせているからです。購入したこの配合飼料には、抗生物質、ホルモン剤などの動物薬が、大量に配合されているのです。日本子孫基金などの資料によると、わが国で1年間に使われる抗生物質は、病院で100トン、野菜果物などに100トン、養殖魚に200トン、病院の外来患者に400トンですが、牛、豚、鶏などの家畜には、これらの使用量の合計以上の、900トンです(数字は『食べ物から広がる耐性菌』、日本子孫基金・編、三五館発行、による)。

 岩澤は講演会のときに、「有機栽培のマークの付いたものは、危ないから絶対食べないように」と話しているという。

 では岩澤の提案する稲作はどんなものなのか。普通水田は春の田植えの前に代かきをする。耕して土を細かく砕いて水を入れたときに泥状になるようにする。それをするなと言うのだ。これを「不耕起栽培」と言う。去年の残った稲株の間に田植えをしようと言っている。すでにアメリカではこの不耕起栽培が全耕地の50%以上に切り替わっているという。

 田んぼを耕さないと、イネの根が根穴を残し、不耕起栽培で3年を経過すると、田んぼの土は根穴だらけになります。これを根穴構造といいます。根穴構造ができると、不思議なことにコメの味がよくなることを発見したのです。

 不耕起栽培は収量も多く、冷害にもきわめて強い。味も良くなる。良いことずくめじゃないか。ただし、従来の田植機は不耕起の水田では使えないので、岩澤らは井関農機と共同で不耕起栽培用の田植機を開発している。

 そしてこの不耕起農法に加えて、普通冬は水を入れないで乾燥させる水田に水を入れる「冬期湛水」という方法を発見する。その結果、湛水した水田にイトミミズが大発生し、イトミミズの排泄物がトロトロ層を作って厚さ5センチメートルにもなるという。この層が雑草の発生を抑制し、さらに膨大な肥料分が含まれていることも分かったのだった。

 このように不耕起栽培・冬期湛水という新しい栽培方法が目覚ましい結果をもたらしているという。これが本当なら、水稲栽培の文字どおり革命だろう。今後の進展を見守っていきたい。

究極の田んぼ

究極の田んぼ

2007-02-09

[][]稲作の起源、中尾佐助の誤り



 今西錦司グループの中尾佐助が好きでたくさんの著書を読んできた。むしろ中尾を通じて今西を知ったのだと思う。最初に読んだのが「栽培植物と農耕の起源」(岩波新書)だった。それから「照葉樹林文化」(中公新書)「続照葉樹林文化」(中公新書)「料理の起源」(NHKブックス)「秘境ブータン」(毎日新聞社)「分類の発想」(朝日選書)等々。中尾は初め稲の起源をインドのアッサム地方としていたが、「照葉樹林文化」では東亜半月弧に変更する。東亜半月弧とは中国雲南省南部とタイ北部、ビルマ北部あたりの三日月形の地域で、ここから日本西南部にかけてを照葉樹林帯と名付けた。稲はこの東亜半月弧の焼畑農業から始まったとした。

 焼畑の雑穀(ヒエ、アワ、陸稲など)から陸稲が選抜され、それを棚田に株分け(田植え)するようになったというものだ。

 照葉樹林文化は焼畑農業、モチ種の嗜好、ヒエ、アワ、ダイズ、アズキ、稲、サトイモ、茶等々の栽培、納豆、漆器がセットになっている文化複合だとした。とても魅力的な考え方だった。

 私は長く中尾佐助ファンだったが、それが一転アンチ中尾になった(少なくとも水稲の起源において)のは、池橋宏「稲作の起源」(講談社選書メチエ)を読んだからだ。

稲作の起源 (講談社選書メチエ)

稲作の起源 (講談社選書メチエ)

 池橋は元農林水産省の水稲の育種の研究者だった。その経歴から、1年生の野生イネが湿地に種子で播かれて栽培化されるということが現実的でないこと。水田は特殊な栽培方法であり、焼畑から自然に水田が出来たと考えることは難しいこと。稲の変化の筋道は、野生イネー水稲ー陸稲であって、陸稲から水稲に戻ることはほとんど不可能であること、等を指摘する。

 結論として池橋は、栽培イネは中国長江下流域で根菜農耕文化から生まれたとする。住居の周囲の池に植えたサトイモとともに多年性の野生イネが選抜され、サトイモ同様に株分けされる。これが田植えの始まりなのだ。池の多年性イネの株分け、ここから水田での田植えという不思議な栽培形態へはほんの一歩だ。何という説得力!

 朝日だったか読売だったかの書評欄に藤森照信が「稲作の起源」を取り上げて大きな評価を与えていたが、藤森は縄文時代には稲作が伝わっていなかったと書かれていることに注目している。それは本書において小さなことなのだ。稲作が株分けから始まったということが驚くべき発見なのだ。

 稲の育種という現場にいた研究者がこれを発見したことに大きな意義を感じる。