mmpoloの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2019-01-25

[]秋山画廊主からの最後のメッセージ



f:id:mmpolo:20190125081622j:image

 東京千駄ヶ谷にあった秋山画廊の秋山田津子さんが昨年11月8日に亡くなった。秋山画廊は1963年から続く伝統がある現代美術の老舗画廊だった。昨年夏に体調を崩された秋山さんは画廊を閉じることを決心した。閉廊にあたり、和光大学の三上豊さんが秋山画廊の記録の編纂を任された。その際、秋山さんから三上さんに宛てて「冊子を作る前に」というメモが送付された。出来上がった『秋山画廊 1985-2018』にはそのメモが掲載されている。この秋山さんからの最後のメッセージを多くの人に読んでほしいと思ったので、誰の許可を得ることもなく勝手に転載させてもらう。

   冊子を作る前に


 知っておいて頂きたいこと。

〇きっかけはJ.P.サルトルのいわゆる”l’angagement” 社会の現実に関わりを求め、職業として美術商ではなく、現代美術を選んだ。

〇秋山画廊は”空間ありき”だった。何年経っても”よそ者” ”ド素人”の意識を最後迄持ち続けた。

〇出会いは、3人展、榎倉、遠藤、村岡作品の衝撃的、電撃的出会いに雷に打たれる思い。

〇村岡さんの、”プロの作家とは、作品で食べている人のことではなく、たった1人の人の為に作品を作ること”、という言葉。又、”全ての人が良いという作品は本当に良いのではなく、半々位が良い作品だ”etc. 村岡ゴロク。

その後、私の(展覧会の)作家選びは全てこの空間にこの作品を展示したいか否かで決められていった。

従ってfileを見て話をきいてimageが浮ばない人は、お断りしていた。

〇そして段々作家が、作品とは何かを教えてくれるようになった。

日本橋での17年間は、全く私の修業時代。

千駄ヶ谷に移っても私は新しい”空間”を愛した。こちらは若い人達を意識して取り上げようとした。

2009年頃から若い学校出たばかりの悩み多い世代が口こみで増えてきた。

〇これ迄私が苦手としていた絵画の見方も若い人達の熱心な美術論議でとても勉強になった。

〇何となく若い作家が集まるようになり、意外と、この世代にも70年代に興味を持つ人が多いことを知った。

〇若い作家達は一寸背中を押すと感性のするどい作品を次々と発表することが判り、張合いを感じる。

日本橋と違って展覧会がない週も気にならなくなり、じっくり待てるようになった。

〇閉めたくはなかった。しかし、こればかりは仕方がない。

皆に申し訳ないけれど、私自身は、この仕事で素晴らしい人達に出会えたこと、感謝しかない。そこで最後迄作家に育てられたオーナーとして一生を閉じられること幸せです。

 1枚目のメモの「出会いは、3人展、榎倉、遠藤、村岡作品」とは、榎倉康二、遠藤利克、村岡三郎だろう。秋山画廊といえば高山登と小山穂太郎も外すことはできない。日本橋時代では塩田千春の初個展も印象に残っている。日本橋千駄ヶ谷もユニークな空間で素晴らしい画廊だった。

 日本橋の秋山画廊は1階入口から地下の展示空間へ螺旋階段を降りて行った。階段を下りながら展示されている作品を見下ろし、地階へ降りて作品を正面から見ることができるのだった。千駄ヶ谷画廊が玄関を床より数十cm高くして、最初ちょっと見下ろす形に設計されていたのは、日本橋画廊の記憶を移植したのだろう。少し高い位置から画廊いっぱいに置かれた遠藤利克の作品を見下ろし、床に降り立って背丈ほどある遠藤の作品に対峙するのは心地よい体験だった。

 秋山さんが急に亡くなられたことは残念でならない。しかし人はいつか死ぬ。残された者はただそれを嘆き悼み、そして別れを受け入れるしかできない。メモの最後の言葉、「最後迄作家に育てられたオーナーとして一生を閉じられること幸せです」とは秋山さんの本心だろう。私は秋山さんが2002年に日本橋画廊を閉じるまで10年間ほど毎週通い、現代美術の最前線を教えられた。千駄ヶ谷に移ってからは熱心な客ではなかったが、ここが現代美術の最も重要な画廊であることは疑ったことがなかった。秋山田津子さん、長い間ありがとうございました。

2019-01-24

[]うしお画廊の大沢昌助展を見る



f:id:mmpolo:20190124205021j:image

 東京銀座のうしお画廊で大沢昌助展が開かれている(2月2日まで)。息子の大沢泰夫さんがコメントしている。

父、大沢昌助の長い画歴上の主要な作品は主に練馬区立美術館に所蔵されているのですが、私の所に残っていた晩年の油彩画の大作十数点を、昨年世田谷美術館に望まれて寄附しました。特に気に入っている作品数点が手許に残っています。今回牛尾さんにお願いして、それらの作品に水彩や版画等の小品を加えて展示し鑑賞することにしました。興味をお持ちの方、おつきあい下さい。

f:id:mmpolo:20190124205013j:image

f:id:mmpolo:20190124205010j:image

f:id:mmpolo:20190124205006j:image

f:id:mmpolo:20190124205001j:image

f:id:mmpolo:20190124204956j:image

 私もとても気に入った作品があったが、撮影を失敗しピンボケになってしまった。でもとても良い作品なので掲載したい。この斜めの白いストライプは絵具の塗り残しで描かれている、

 なお、2月2日から2月10日まで、武蔵小金井ギャラリーブロッケンでも大沢昌助展が開かれる。こちらには美校(現芸大)時代から終戦前後までの旧作を展示するという。

     ・

大沢昌助展

2019年1月23日(水)−2月2日(土)

11:30−19:30(最終日17:00まで)会期中無休

     ・

うしお画廊

東京都中央区銀座7-11-6 イソノビル3F

電話03-3571-9701

http://www.ushiogaro.com

     ・

ギャラリーブロッケン

東京都小金井市本町3−4−35

電話042-381-2723

http://gallerybrocken.com

2019-01-23

[]eitoeikoのながさわたかひろ展「オレ新聞 完全版」を見る



f:id:mmpolo:20190123203130j:image

 東京神楽坂ギャラリーeitoeikoでながさわたかひろ展「オレ新聞 完全版」が開かれている(2月2日まで)。ながさわは1972年山形県生まれ、2000年に武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コースを修了している。2010年にart data bankで初個展、その後養清堂画廊、ギャルリー東京ユマニテなどで個展を開き、2010年からは神楽坂のeitoeikoで個展を繰り返している。

 ながさわはヤクルトスワローズの選手や試合を描いてきたが、最近はサッカーや相撲、漫才などにも舞台を広げてきている。今回のタイトルの「オレ新聞」とは、

プロ野球を描き始めておよそ10年にもなると、個展に来られるのはプロ野球ファンの方々ばかり。いつしか「自称・選手としてプロ野球を描く変わった人」としてしか見られなくなってしまいました。このままでは美術家という肩書さえも“自称”になってしまいそうです。こりゃマズい。一度、取り組み方を見直さなくては。そんな思いから日々起こるニュースを描き始めました。

 題して、〈オレ新聞〉です。

f:id:mmpolo:20190123203119j:image

f:id:mmpolo:20190123203113j:image

f:id:mmpolo:20190123203109j:image

f:id:mmpolo:20190123203104j:image

f:id:mmpolo:20190123203059j:image

f:id:mmpolo:20190123203056j:image

f:id:mmpolo:20190123203052j:image

 なるほど、小池知事の姿も見られる。ざっと300枚は展示されているようだ。山形アートフェアに参加したことから山形事物が描かれ、ここeitoeikoの他の作家の個展も描かれている。当然eitoeikoの画廊主の癸生川さんもモデルになっている。じっくり見始めたら1時間では終わらない。とても楽しい空間になっているのだ。

     ・

ながさわたかひろ展「オレ新聞 完全版」

2019年1月12日(土)−2月2日(土)

12:00−19:00(会期中 月曜休廊)

     ・

Eitoeiko

東京都新宿区矢来町32-2

電話03-6873-3830

http://www.eitoeiko.com

神楽坂の矢来公園すぐ近く

2019-01-21

[]村上隆『芸術起業論』を読む



 村上隆『芸術起業論』(幻冬舎文庫)が文庫化されたので購入して読んだ。おなじようなことを言葉を変えて何度も言っていて、あまり情報は多くない。加えて頻繁に改行を企てていて必要以上にページを稼いでいる。といっても文庫本で220ページくらいしかない。

 リキテンシュタインとウォーホルについて、おもしろいことを言っている。

 リキテンシュタインの価値はまだ高いのですが、何年後かには消費され終わってしまうのかもしれません。

 ウォーホールの作品は、感動も呼ばないし、インテリジェンスもありません。むしろ感動を呼ばないように細心の注意を払っていたりする……しかし一方でリキテンシュタインはインテリだし作品のクオリティも高いし生前に評価されたわけです。

 ところが死後になると、美術の世界のルールを変えたウォーホールの人気こそがうなぎのぼりなのです。

 そんなふうに、欧米の美術の世界では、ルールとの関係性における「挑戦の痕跡」こそが重んじられるというリアリティがあるのです。欧米におけるアートはルールのあるゲームです。

 そうだろうか。ウォーホルとリキテンシュタイン評価が変わったとしたら、評価軸が大衆のそれに降りてきて、その時大衆は自分たちでも理解できるウォーホルを選んだと考える方が納得できるのではないか。茂木健一郎もウォーホルの大きな作品を見て神の降臨だって言っていたし。それを聞いたとき、美術の世界では茂木も大衆だと思った。

 村上は世界に通じる画家を目指す若者たちを鼓舞する。日本の特性を武器にして欧米と戦えと。それが「アニメ」とか「オタク」とか「カワイイ」とかって、情けなくないだろうか。

 村上は欧米の美術の世界で成功した。だから自分を手本にしろと言っているようだ。彼の工房カイカイキキのスタッフにそう言っているように。だけど村上の欧米での成功はある種のゲテモノとしての成功ではないだろうか。

 あとがきを読むと、編集者たちへの謝辞が連ねられている。幻冬舎の編集者には、4年近くの歳月を費やしたこと、本2冊分をチャラにしてまだ完成させようとしたことを。さらに原稿制作に関わってくださったとして何人かのフリーの編集者の名前があがっている。

 これらのことから、村上が編集者たちを相手に何度も何度も口述し、それをまとめたのが本書だと想像できる。だから構成が甘いし、主張も論理的に一貫していない印象を受ける。

 もっとも私は何も分かっていないのかもしれない。25年以上前に村上が渋谷のマンションの一室でヒロポンファクトリーを開いていた頃から面白いけど変な作家だとかしか見ていなかったし、ロンサムカーボーイを小山富美夫ギャラリーで発表したときも見に行って、小山さんがアメリカ人はこれを300万円で買うんだというのを聞いて、アメリカ人て馬鹿だなあなんて思っていた。その後その作品は転売されて最後は16億円にもなったのだったが。

芸術起業論 (幻冬舎文庫)

芸術起業論 (幻冬舎文庫)

2019-01-18

[]埼玉県立近代美術館の「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」を見る



f:id:mmpolo:20190118110038j:image

f:id:mmpolo:20190118110033j:image

f:id:mmpolo:20190118110029j:image

 埼玉県立近代美術館で「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」が開かれている(1月20日まで)。辰野は1950年長野県岡谷市生まれ、1973年東京藝術大学大学院を修了している。

 辰野と言えば、1995年に東京国立近代美術館で同館史上最年少の45歳で個展を開いたこと、会場に足を運んで見事な色彩に圧倒されたことを思い出す。その後佐谷画廊西村画廊での個展を見たが、菊の花とか錦鯉が描かれていた印象があって、これがあの辰野登恵子? と驚いた記憶がある。

 会場ではまず初期のシルクスクリーンの作品が並べられている。方眼紙のような格子を描いている。そこに汚れのような形を滲ませて、ミニマル風でありながらそこから逸脱するような作風を見せている。壁に書かれていた辰野の言葉。

ノートの横線や、原稿用紙のます目や、網点や、そういう整然と並んでいるものを、じっと見ているのが大好きで、そういう不毛なところに、もし、何かを一点落としたら、ぜんぜん違ったものに変身するでしょ。

点ひとつで、新しい空間が出現する。

 その後アクリルでストライプを描く。ついで荒々しい縦線状の油彩が描かれ、オイルスティックを使った線の乱れが現れる。30歳ころから油彩による不定形が出現し、40歳のころ凹型やブドウの房のような形、藻類の細胞のような形が描かれる。このころ辰野の絵画が確立する。豪華とも言えるようなと荒々しい色彩と単純な形。東京国立近代美術館の個展でも、それらが見る者を圧倒したのだった。

 別の部屋に新聞連載の原画が展示されている。2006年信濃毎日新聞に1年間連載された辻井喬のエッセイ「漂流の時代に」の挿絵として描かれたものだ。新聞連載なので色彩に頼らず形を主体に描いている。これがつまらなかった。

 辰野はミニマル風なところから出発した。作品の展開を辿っていけば、格子にだんだんと崩れのような要素を追加していって、そこからストライプや単純な形を大きく取り上げて優れた画面を構成している。それを可能にしたのは辰野の見事な色彩感覚ではないだろうか。色彩に頼らないドローイングのような作品では、辰野の貧しい形の欠点が見えてしまう。

 抽象作品というより、ミニマル風の傾向から出発した辰野は、ついに形の豊かさを持たなかった。それが生涯にわたってある種の貧しい絵画に終始したのではないか。

 辰野は2014年肝癌のため64歳で亡くなっている。こんな風に回顧展を見せてもらうと、画家の傾向、展開の跡がよく分かって有意義だった。

     ・

「辰野登恵子 オン・ペーパーズ」

2018年11月14日(水)−2019年1月20日(日)

10:00−17:00、月曜休館

     ・

埼玉県立近代美術館

埼玉県浦和市常磐9-30-1 北浦和公園内

電話048-824-0111

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分