Hatena::ブログ(Diary)

mnishigの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-08-15

[]靖国参拝はなにが問題なのさ?

やはりというべきか小泉首相靖国神社に本日参拝しました。

私は、とてもよかったと思います。国家の代表として戦争の犠牲者に頭を垂れるのは当然のこと。

その行為にもっともふさわしい日は今日をおいて他にはない。

中国、韓国が嫌がるというのは彼らの反日教育、外交戦略の賜であって、それ自身は日本の問題ではない。

A級戦犯というのは、そもそも連合国が一方的に行った裁判において有罪であっただけであり

その方たちをどう弔うかは、内政の問題ではないだろうか?

ただし、戦争に負けたという事実により、為政者は戦争遂行の責任を免れないという点はまったくの同感。

為政者たるもの負け戦をすることは許されないのである。

中韓に対する責任というのは国際法上は既に平和条約の締結時にクリア済みだという。

後出しジャンケンで言ったもん勝ちというのはなんとも言いがたい。

大体、勝手に国土(領海)に侵入してくる盗人風情にがたがた言われる筋合はない。

なぜ、「過去に起きたできごとよりも、現在進行中の侵略行為の方がより重大だ」という政治家マスコミがないのか?

それが日本の大問題。

Connection: close