Hatena::ブログ(Diary)

mnumeda’s diary

ページビュー
1902836

2016-06-29 吹き抜けのLEDも6年目にして切れていた

mnumeda2016-06-29

20160629Wednesday

7:00起床。曇りのち雨。家内OFF。洗濯。

 9:00玄関内外掃除。

ムラサキシキブ徒長。花がついているが邪魔なのだけ切る。

 玄関隅のアリの行列を分断。

車を、Yの置き場に移動しお上人の駐車場を確保。

 家内は座敷に掃除機をかけ、御茶菓子の用意を。

茶菓子は在庫の、ゆず羊羹。御茶は温かいのが良ければ 沢のお茶(新茶)。

冷たいのなら麦茶。

 両方準備した。

10:50炭に点火。焼香炉準備完了。

 11:00到着。

卒塔婆をいただく。

袈裟に着替えられて、経本を貸していただいて、法要。

義父の23回忌である。祥月命日は7/2である。

 砂田橋で親父は母と二人暮らしで、H6(1994)のことである。親父はS58

(1983)の秋、勤務先で倒れ救急搬送された先で、髄膜炎だったと判明し

治療を開始したのは4日後のことだったため、炎症域が言語中枢に達し五体満足ながら

失語した。

 読み書き話す能力が失われたが、本人の努力により書くことは多少回復した。

以降、勤務はできず退職し、母が持ち前の行動力で、旅行に連れ出したり

散歩を欠かさずして体力を維持した。

もともと心臓に弱さを持っていたのだが、亡くなるまではたいして

問題にはならなかった。今ならカテーテルは行ったかもしれぬ。

 当該日の午後、洗濯ものをたたみ終えて、すぐ心臓が止まったようだ。

母はしばらく気が付かなかったというから、静かに不意に、あもすもなく逝ったのだ。

 そういう死に方は理想的だ。

30分ほどでお上人は帰られた。

 12:00残飯ランチを家内と喰う。

 残飯を電磁加熱、味噌汁も残っていた。昨夜のナスの煮物。キュウリの浅漬け。

昆布の佃煮。

 12:45買い物に行った。

玄関ホールの照明キレ。吹き抜けのLEDも6年目にして切れていたし、買いに行った。

 DCM。アイリスオーヤマの、商品が多い。

雑貨で成功した企業だ。

 13:30帰宅。BLOG-UP。NET。

14:30家内外出。ウメを漬けているので何か不足があったのだろう。

 梅の甘酢漬けのようだ。

最近は、昔のような梅干しはつけない。梅酒も 残り気味だ。

我がアルコールアレルギになったからであろうか。

 16:00飯の支度。

野菜の天ぷらエビフライコロッケレタスサラダ。天つゆ 大根おろし。味噌汁

17:30摂食。

19:30シャワー。

 GD戦観戦するも、上位打線不調。

明日の予定;リニア対策委員会