Hatena::ブログ(Diary)

このページをアンテナに追加

2013年8月自分の作った物を身につける生活の記録についてはこちら---#物

2999-01-09

ご協力お願いします

ファッションについてのアンケート


これからファッションについてのzineを作ろうと考えています。

できるのが半年後、1年後か、いつになるかは未定です。

どういう形式で結果を発表するかも未定です。お答えいただいたお名前含む回答全て・一部を公開したり、集計のみになる場合もあります。

回答したい設問のみでも構いません。

以上をご理解いただきました上で、ご協力をお願いいたします。


回答は

web上のフォームに回答:下記から飛んでください

https://goo.gl/forms/2DVfnhC6wa6LogFA3


または下記にお送りください。

twitter:@sudappi

email:sdppppds@gmail.com

分量自由・フリースタイル回答可


ご不明点は上記連絡先まで。


1 自分のファッション・スタイルやテーマ、ポリシーはありますか。ある場合は教えてください


2 好きなブランドや店はありますか。ある場合はその名や理由を教えてください


3 自分のファッションに関して、他人の目が気になりますか。そのことに関して思うことがあればご自由にお書きください


4 自分のファッションの参考にしている・憧れているひと・メディアなどがあれば教えてください


5 あなたにとってファッションとは何ですか


6 掲載可能な範囲で構わないのでプロフィールをお願いします。匿名でもOKです


ありがとうございました


参考回答 http://twit-ter.com/sudappi

2018-05-10

日記

美しいものが好きだからそうでない場合と同等には扱えないという旨をツイッターでちらっと見てしまい、ツイッターなんかまともに見てはいけないなと疲れてしまった。

このいいぶんの対象が人間だったのがその理由なんだけど。

美しいものが好きだというのは何も問題はないが、間違ってほしくないのは美しいの基準はひとそれぞれだということ。

それに美しい"もの"と美しい"ひと"という表現には慎重になるべきだし、さらに、美しくないひとと"区別"をするのはそれこそルッキズムというもので、区別ではなく差別だ。"区別"は頭のなかで思うだけにとどめて、区別します!と高らかに宣言するものじゃない。正直に懺悔をしたつもりか知らないが、"美しいひと"にも"美しくないひと"にも、とてつもなく失礼な態度だと思わないのが、怖い。対象の目の前でいわないからいいという話ではないのだ。そんな態度をとる人間の存在だけで、私は恐怖を感じる。

美しいと思うなら、美しいとただ表現すればいいのだ。

美しくないと思うようなひとを前提として美しいと思うようなひとがいるわけではないのだから。

胸のうちをさらけだせば許されるわけではない。差別をしないというのは、理性をもって行動をしろ、という話だ。

2018-02-09

日記

何度話題になっても誰かしらに蔑ろにされてしまいうんざりする。ホモフォビアミソジニーが許された思想だと思われていることにうんざりする。

フリースタイルダンジョン自体は観ていないからそれについて言及はしないが、そこから波及した話題を見ると自分の心地よさを、誰かを傷つけてでも勝ち取りたいひとが見受けられてうんざりする。

性別や性的指向ひとつで馬鹿にしたり、それ自体を悪口としたり、何をいっているのか私には分からない。

そんなに女性や同性愛者が同じに見えるか。そんなに人間に向きあう気にならないか。ならそれでもいいが、悪くいっていい理由にはならない。

性ひとつで判断されることに何故こんなに怒っているかって、人権を否定されているからなんだよ。女性だからこうしろ、女性はふつうこうだ、女性はブスだ、女性はきれいだ、女性は花だ、どれもうんざり。うるさい。私にとっての性的対象は男性だけど、男性だからこうあれとか、私は要らない。男性というだけで自分の欲望を押し付けたりしない。もし押し付けたとしても、誰にもいわない妄想のなかだけ。それもごく少数の。それに男性が花として立たなくていい。男性がいつもみんなエロくなくていい。私が好きで私に対しエロくあってほしい男性にしかエロくなくていいしそれをその男性にいつ伝えてもいいとは思っていない。

阿呆なこという男性がいても、ただ阿呆な男性がいただけで、男性みな阿呆なわけがない。阿呆なこというラッパーがいたとしてラッパーがみな阿呆なわけがない。そのくらい判断できる。

男性は阿呆、ラッパーは阿呆といわれたら嫌でしょ。こんな簡単なことに反論したがり、自分の心地よさのために問題に目を背けるだけでなくわざわざ無視したいと公表したがるひともいたりして、どこまでもうんざりする。